50代の転職は難しい!?転職を成功させる方法を解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

「50代での転職」について「50代での転職は厳しい」「なかなか転職先が決まらない」という厳しい印象を持っている方もいるでしょう。

この記事では、50代で転職しようと思う理由や、50代での転職の現状、転職が失敗する例に加え、転職が失敗しないための対処方法や成功率を上げるコツについて解説します。

「50代での転職は難しい」と思っている方こそ、この記事を最後まで読んで、自身の転職活動に生かしてください。



目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代転職者に聞いた「転職理由」とは

50代 転職の画像

50代で転職する理由はさまざまですが、ここでは50代で転職を考える主な理由を5つ説明します。



◆理由1:収入が少なかった
女性は結婚・出産のために職場を離れる可能性が男性よりも高いです。

50代になり子育てが落ち着いてパート社員として働き出したものの、正社員のような収入が望めない場合もあるでしょう。

また新入社員や20代前半のころとは異なり、50代になると男性も女性も業種や学歴・スキルによって会社からの評価に差がつきやすくなります

年功序列の企業は年々減っているため、昔のように長く勤めれば給料が自動的に上がるわけではありません。

ボーナスの額も50代の人が20〜30代だった好景気の時とは異なり、少なくなっている企業がほとんどでしょう。

周囲の50代や同僚、好景気時の年収と比較し、「自分の給与は少ない」「自分の働きが給与に見合っていない」と感じることが転職理由につながるのです。



◆理由2:人間関係が合わなかった
マイナビの「動向調査2022年度版」によると、転職理由の1位は「職場の人間関係が悪かったこと」でした。

50代での転職も同様で人間関係がきっかけで転職を考えており、50代女性の転職理由の3位は「職場の人間関係が悪かったこと」です。

50代 転職の画像
引用元:マイナビの動向調査2022年度版

職場でのコミュニケーションは仕事を進める上でも重要なため、人間関係が悪いことが転職を考える大きな理由になります。

人間関係が良好でないと、業務の相談もしにくくなったり、コミュニケーションが取れずに仕事が円滑に進まなかったりする、といった弊害が出る可能性が高まるのです。



◆理由3:やりがいのある仕事をしたい
「やりがいのある仕事とは何か」は人によって答えは変わりますが、50代の人は20〜40代に比べ、仕事のやりがいを重視する人が少なくありません。

その理由のひとつに「若手の頃の仕事の充実感」を覚えていたり、「もう一度達成感を味わいたい」といった気持ちがあるのではないでしょうか。

「やりがいのある仕事」は周囲が決めるものではありません。

自分自身が「充実感」や「社会に貢献している」「周囲に頼りにされている」と感じることでやりがいのある仕事になっていきます。



◆理由4:ライフステージの変化
男性よりも、出産がある女性の方がライフステージの変化の影響を受けやすいと言えるでしょう。

たとえば20代後半〜30代で出産し、約20年後に親の手を離れると、50代女性はまたライフステージが変わるため転職活動を始める人が少なくありません。

また男性女性問わず50代になると、自身の親の介護が始まる人もいます。親の介護のために今の職場では働けなくなり、転職を迫られることがあるのです。

子育てに目途がつき親の介護が始まってライフステージが変わり、自分自身の残りの人生を考えた時に、転職を決意する人が出てくるのでしょう。



◆理由5:会社の業績に不安を感じた
以下は帝国データバンクが2022年10月に発表した「新型コロナウイルス関連倒産の発生累計件数」です。

新型コロナウイルス感染流行の影響で倒産した企業は年々増加しています。

50代 転職の画像

倒産まで至らずとも、新型コロナウイルスが流行する前と比較し、経営不振に陥っている企業の数はさらに増える可能性があるのです。

50代ともなれば、今までの経験や社会情勢から会社の経営状況を敏感に読み取り、売り上げが減ったり、今まであった福利厚生がなくなったり、ボーナスが減ったりすることで会社の業績に不安を感じることもあるでしょう。

厚生労働省が調査した「令和2年高年齢者の雇用状況集計結果」によると60歳で仕事を定年退職する人は減り、60歳を超えても働く人が増えました。

50代でも仕事をするのが「残り10年」ではなくなったため、会社の経営状況に不安を感じ、今後の人生のために転職を考える人も増えたと考えられます。



数字で見る50代の転職事情

50代 転職の画像

ここからは50代の平均年収や正社員への転職率、他業界・他業種への転職率について具体的な数字を用いて説明します。



◆50代の平均年収
国税庁が発表した令和2年分「民間給与実態統計調査結果 年齢階層別の平均給与」によると、50代の平均年収は以下です。



年齢 男性の平均年収 女性の平均年収
50~54歳 656万円 319万円
55~59歳 668万円 311万円


50代でも男性と女性の平均年収には2倍以上の差があることや、50代前半と50代後半の年収は大きく変わらないことがわかりました。

平均年収のピークを50代後半で迎えることが以下の、国税庁が発表した令和2年分「民間給与実態統計調査結果 年齢階層別の平均給与」でわかります。

60歳で平均年収が下がる要因として、60歳になり定年を迎えることの影響が大きいといえるでしょう。

企業によっては60歳で定年を迎え、再雇用されたとしても年収が大きく下がってしまいます。



50代 転職の画像
引用元:国税庁発表令和2年分「民間給与実態統計調査結果 年齢階層別の平均給与

◆50代の正社員転職率
マイナビ「転職動向調査2022年度版」によると、正社員への転職率は50代男性・女性ともに3.3%です。

他の世代に比べ50代は正社員への転職が難しい現状があります。

50代 転職の画像

50代での正社員への転職率が低い要因として、年齢のほかに高くなっている年収の問題があるでしょう。

50代の転職では前職の年収を加味した年収を提示する傾向があります。

また現職と同じくらいの役職を望む場合、候補が絞られてしまうことも50代の正社員への転職率が低い要因です。

しかし新型コロナウイルス流行前の2019年と比較し、2020年は全世代で転職率が低くなり、2021年は全世代で転職率が回復傾向にあります。

50代にとっても転職のチャンスです。年収が高い人はその根拠を示し年収の交渉に使用したり、年収や役職といった条件を見直せる人は見直したりして、前向きに転職活動に励みましょう。

◆50代で他業界・他業種への転職率
マイナビ「転職動向調査2021年度版」によると、50代で未経験の異業種に転職した人は、男性平均41.4%、女性平均32.6%でした。

全世代異業種への転職平均は48.8%のため、50代男女ともに全世代の平均より低い結果となっているのが現実です。

ただ見方を変えれば「3割〜4割の人は未経験業種への転職を成功させている」ともいえるでしょう。

経験での転職の中でも、例えば介護や福祉業界といった資格や経験がなくとも比較的転職しやすい業界もあるため、50代で未経験の業種への転職は可能といえます。

また未経験でも今までいた業界の知識が生かせる業種だと、より転職がしやすいでしょう。

例えば銀行のローン関係で働いていた人は、不動産業界では未経験でも、住宅ローンの知識があれば、銀行での経験を生かし50代でも転職できる可能性が高まります。

50代で未経験業種への転職は難しい現実はありますが不可能ではないため、業種を考慮したり、自分の強みを生かせる業界を選んだりすることが重要です。

50代での転職の現状

50代 転職の画像

50代での転職は「地獄」と言われることもあり、現状を知らずに転職活動を始めるとなかなか転職先が決まらず「地獄」と感じるような現実に直面するかもしれません。

ここでは50代の採用に企業が積極的かどうかや、50代での転職活動平均期間、転職後の年収増減について説明します。

◆1:多くの企業では40代から50代の採用に消極的
企業は50代の採用をどのように受け止めているのでしょうか。

厚生労働省が作成した「中途採用に係る現状等について(令和元年)」によると、45歳以上55歳未満の採用を「あまり採用は考えていない」と回答した企業は48.9%、55歳以上の採用は67.0%という結果でした。

40代から50代での採用を、企業は積極的に考えておらず転職が厳しいことがわかります。

企業が積極的に50代を採用しない理由は「育成しにくいイメージ」や「頭が固そうなイメージ」など、50代は他の世代に比べ「扱いが難しいイメージ」があるのかもしれません。

◆2:長期戦になる
以下の表は、エン・ジャパンが作成した『ミドルに聞く「転職活動期間」実態調査』です。

50代 転職の画像

一般的な転職期間は3ヶ月と言われていますが、3ヶ月で転職できた50代の人は24%と全体の平均より少なく、半年以上かかった人の割合が半数以上を占めるという厳しい現実があります。

50代での転職が長期化する理由のひとつは、企業が他の世代を採用する場合より、50代を採用する場合に求めるものが高いためです。

企業が50代に求めている能力を満たせていない場合、転職活動が厳しいものとなり長期化する傾向があります。

◆3:年収が下がりやすい
50代の転職は年収が下がりやすいことも「地獄」と言われる理由のひとつです。

厚生労働省が行った「令和3年上半期雇用動向調査 表8転職入職者の賃金変動状況」が以下です。

50〜54歳での転職で賃金が減少した人が31.3%、55〜69歳での転職では半数以上の51.1%の人が賃金が減少したと回答しています。

50代 転職の画像

50代での転職も経験やスキルがある場合、転職後の年収が上がる可能性もありますが、経験やスキルがない場合は年収が下がってしまうでしょう。

企業が50代の求人募集を行うとき、スキルや経験を求めていない職種であることも少なくありません。

また前職での年収が高い場合、ベンチャー企業や中小企業、未経験業種に転職すると、年収が下がってしまう傾向があります。

年収が下がることは自分だけでなく家族の生活にも直結するため、転職はできたものの、生活は転職前に比べ苦しくなってしまうことも50代での転職は地獄と言われる理由です。

50代の転職が失敗する例とその対処法

50代 転職の画像

ここからは50代での転職において失敗する原因となる考え方を、具体的に説明します。



◆1:プライドが邪魔をして選択肢を狭めている
50代の転職において今までの経験やスキル、役職にプライドを持っている人は、転職で失敗しがちです。

前職での年収や役職を転職後も同様に望んだり、前職との企業規模を比較したりすることで、自分の選択肢を狭めてしまい、結果として転職がうまくいかなくなるのです。

前職と転職後の会社は別と割り切り、比較することはやめましょう。

プライドが邪魔をして、選択肢を自ら狭めてしまうのは失敗に通ずる道です。

これまでのプライドを捨てることで転職が成功する可能性が広がります。

◆2:これまでの経験に固執している
50代は好景気を経験しているため、大きな仕事を任されたり、華やかな経歴を持っていたりする方もいるでしょう。

しかしこれまでの経験にこだわりすぎると、転職活動が失敗する原因となります。

これまでの経験を生かして転職をしたいと考えるのは良いことですが、固執しすぎは良くありません。

経験が生かせることばかりに固執するあまり、転職が決まらなくなってしまいます。

素晴らしい経歴や経験を持っていたとしても、転職後は一から積み上げる覚悟で転職活動に臨みましょう。

◆3:自分の適性を把握せず転職活動をしている
自分の適性を分析せず転職活動を始めた場合、50代での転職は失敗に終わる可能性が高まります。

「長年社会人をしているため、自分の適性は把握している」と考えるかもしれませんが、意外と自分のことは見えていないものです。

適性のない仕事に転職して困るのは自分だけではありません。

適性のない自分には無理な仕事に転職すると、採用した会社にも迷惑がかかります。

自分のキャリアについて第三者の客観的な意見を聞いたり、周囲と比較し自分を客観視したりすることで、自分の仕事の適性を把握しましょう。

50代での転職を失敗に終わらせないために、適性を把握し、無理のない仕事に転職してください。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代からの転職成功率を上げる5つのコツ

50代 転職の画像

ここからは、50代での転職成功率を上げるコツを5つ説明します。



◆1:企業が50代に求めているスキルを理解する
企業は、50代に豊富な経験やマネジメントスキルを求めている場合が多いです。

企業が求めているスキルと自分が発揮したいスキルが一致すると、50代での転職も成功に近づきます。

新入社員や20代の若手社員と異なり、50代は社会人経験や人生経験も豊富なため、今までの豊富な経験を存分に生かし、若手やプロジェクトを牽引していくことが求められるケースが多いでしょう。

「自分が生かしたいスキル」ではなく「企業が求めているスキル」をしっかりと理解しアピールすることが、転職を成功させるコツといえます。

◆2:年収ダウンを恐れない
誰しも年収が下がることは望んでいませんが、年収が下がることを恐れすぎると転職活動が停滞する原因となります。

50代での転職は、転職後年収が下がってしまう場合が少なくありませんが、ずっと転職直後の年収というわけではありません。

いくらまでなら年収が下がっても問題ないのか考え、最低希望年収を下回らない年収なら転職し、入社後徐々に年収を上げる努力をする姿勢が転職を成功に導きます。

◆3:中小企業やベンチャー企業を狙う
50代の人には中小企業やベンチャー企業は、不安に思えるかもしれません。

しかし中小企業やベンチャー企業を転職の選択肢から外してしまうのはもったいないのです。

中小企業やベンチャー企業にはメリットもあります。例えば、経営者の近くで仕事ができたり、自分の裁量の幅が広かったり、実力次第で年収も上がりやすいといったことです。

50代でさまざまな経験があるからこそ、中小企業やベンチャー企業でも能力を発揮できるかもしれません。

採用募集を大々的に行っていない企業もあるため、競争率も低く採用される可能性も高くなります。

◆4:正社員以外も視野に入れる
50代の人が転職を行う場合、正社員以外の選択肢を考えないことが少なくありません。

しかし正社員でないといけないのか、メリットとデメリットを踏まえ、再度考えてみましょう。

正社員の中途採用は求人数も少なく、求人倍率も高く、なかなか採用されない現実がありますが、非正社員も選択肢に追加すると求人数がより多くなり、求人倍率も下がります。

非正社員はデメリットばかりではありません。

親の介護や自身の病気で転職する場合、正社員ではない方が時間の都合がつきやすい場合があります。

すでに前職を退職している場合や、今すぐ転職しなければならない事情がある場合、正社員より非正社員での転職の方が比較的早く見つかるというメリットもあるでしょう。

50代での転職を正社員にこだわりすぎず、柔軟に考えることで転職活動が成功に近づきます。

◆5:50代向けの求人も多い転職サイト・エージェントを使う
転職活動は1人で行う必要はありません。転職活動をスムーズかつ成功させるために転職のプロである転職サイトやエージェントを使う方法があります。

50代での転職活動を成功させるには、より多くの情報を活用し自分を客観視して正しいアプローチを行うことが必要です。

転職サイトやエージェントを選ぶ場合、50代での転職ということを踏まえて選択しましょう。

50代で転職したいのに、20代向けの求人が多い転職サイトやエージェントに登録しても望んだような効果は得られません。

例えば、From40は40〜50代の転職に強い転職サイトです。

50代の求人情報も多く、履歴書の書き方などの転職支援サービスも充実しています。

転職サイト・エージェントを効果的に活用し、転職活動を成功させましょう。

※あわせて読みたい→【50代の転職にハローワークは有効?メリットやデメリットを解説】

まとめ

50代 転職の画像

「50代での転職活動は地獄」「50代で転職なんて無理」と諦めていた方もいるのではないでしょうか。

確かに50代での転職を成功させるのは難しいものの、この記事で、転職を成功させる方法もあることがわかりました。

転職時に望むものすべてが、転職直後に手に入るわけではないかもしれませんが、転職後に年収や労働環境は変えていけます。

一見デメリットに思えることも、考え方次第ではメリットになるかもしれません。

この記事を読んで、転職時の注意点や成功するためのコツをつかみ、50代での転職をぜひ成功させてください。

年収

新着記事

関連する記事