50代がのんびり働けるおすすめの仕事とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代に入り、環境の変化や体力の衰えから 「今の仕事が自分に合わなくなった」「今よりも落ち着いた環境の仕事に就きたい」と考え始めた人もいるのではないでしょうか。

この記事では、今の環境を変えたい、自分の体力に見合ったのんびりした仕事に転職したいと考えた際、どのような仕事に転職できるのかを紹介します。



目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代がのんびり働きたいと思う要因

50 代 仕事 のんびりの画像

加齢に伴う考え方や家庭環境の変化に伴い、50代を迎えた人がのんびり働きたいと考える理由にはさまざまな要因があります。

まずはじめに50代がなぜのんびりと働きたいと考えるのか、大きく2つの理由からみていきましょう。

◆家庭環境の変化でのんびり働きたい

50代になると家庭環境が大きく変わる人も多く、仕事にストレスを感じやすくなります。

20〜30代で子供が産まれた家庭では、50代に突入した時点で子供は成人しているでしょう。

20〜30代の頃は、家庭を支えるためにがむしゃらに働いて仕事について深く考える時間もなかったかもしれませんが、50代になって時間の余裕が出ると、自分の仕事や残りの人生について考え始める時間と心の余裕が出てくるのです。

「子供が成人して家庭的な負担も減った分、趣味に使える時間を増やしたい」「定年後に備えて今から準備したい」などと考え、現状と理想との剥離からストレスを感じるようになります。

家庭状況は仕事に大きな影響を及ぼし、家庭環境の変化はストレスの原因となるため、のんびりとした仕事への転職を考えるようになるのです。

◆体力が低下しのんびり働きたい

人生の折り返しを過ぎた50代は老化が始まり、体力や運動能力の低下など身体に変化が現れてきます。

体力や運動能力が低下した分、今まではしんどいと感じていなかった力仕事もつらく感じるようになる人もいるかもしれません。

現職で力仕事をしている人からすると「この先今の仕事を続けられるのか」「今の体力だといつか大けがするのではないか」などと考え不安になることもあるでしょう。

加えて50代を過ぎると、休んでも疲れがなかなか取れにくくなり、だるさを残したまま仕事をすることになるため、仕事にストレスを感じることから転職を考えるようになるのです。

50代がのんびり働くための仕事の条件

50 代 仕事 のんびりの画像

家庭環境の変化や体力の衰えといった理由から、50代からのんびりした仕事に転職したいと 考えるようになることがわかりました。

では「のんびりとした仕事」とは、どのような仕事が挙げられるでしょうか。

次項ではのんびりした仕事とは何か、のんびりした仕事の条件を紹介します。

◆責任が重くない仕事

のんびりした仕事の条件の1つに、「責任が重くない仕事」であることが挙げられます。

責任が重い仕事では自分がもし失敗すると大きな損失が生まれるなど、大小問わず代償を払わなければいけません。

例えば保育士や教師といった子供に関わる仕事や、介護士や看護師のような他人の命を預かるような仕事は、一般的な仕事よりも仕事に対する責任が重いといえるでしょう。

他にも、営業職のようなノルマを達成しないと給料がもらえない仕事も、成果に対して大きな責任がある仕事といえます。

仕事上の責任が重くなればその分プレッシャーがのしかかり、仕事上のストレスの原因となるのです。

さまざまな責任やプレッシャーが重くのしかかる仕事では、どうしても精神的に負担が大きくなってしまうため、逆に業務上の責任が重くない仕事は楽だといえるでしょう。

◆単純作業の仕事

のんびりした仕事には、「仕事内容や作業が単純」であることも条件の1つです。

例えば、工場のライン工やシール貼り作業といった単純作業が「のんびりした仕事」に該当します。

単純作業の仕事は、慣れれば頭を使って考える必要がないですし、新しいことを覚える必要もありません。

仕事内容が多岐に渡る上に複雑な場合、常に頭を使う必要があるため、エネルギーを多く消費するのです。

「仕事内容や作業が単純な仕事」に該当する仕事は、業務内容が基本的に一定で変化のない職業も該当します。

マニュアルが適用できず、ひとつの作業ごとにいちいちやり方を考えなければならない仕事は、頭を使って考えなくてはいけませんしプレッシャーも大きくなるでしょう。

逆に、マニュアルが定められて業務内容が基本的に一定な仕事は、イレギュラーな事案が少なく単純作業で仕事を進められるのです。

◆労働環境が良い仕事

「労働環境が良い」ことも、のんびりした仕事の条件の1つに挙げられます。

良い労働環境に該当する環境はさまざまで、例えば「残業が少ない」「職場の雰囲気が良い」「休みが取りやすい」「職場へのアクセスが良い」「給料やボーナスの条件がいい」などが考えられるでしょう。

他に人間関係が安定している職場も、労働環境が良い仕事といえます。

人間関係が安定している職場は、仕事で行き詰っても周囲に助けを求めやすいため、1人で悩みを抱え込むことなく仕事ができ、精神的にも楽に仕事を進められるのです。

労働環境や働く条件がいい会社は心身ともに安定して勤務できるため、「楽な仕事だ」と感じる人も多いでしょう。

労働環境が良い仕事は、ストレスやしんどさが減るので楽と言えるのです。

◆体力的にキツくない仕事

のんびりした仕事に「体力的にキツくない」であることも条件の1つです。

体力的にキツい仕事には「1日中立ちっぱなしの仕事」「ものを運んだり持ち上げたりする仕事」などが挙げられます。

例えば1日中立ちっぱなしの仕事には、工事現場の作業員、ものを運んだり持ち上げたりする仕事はスーパーの品出し、引っ越し作業員などが考えられるでしょう。

体力がある若いうちには力仕事に対してしんどさを感じませんが、50代になると体力の低下から力仕事に対してキツさを感じるようになるのです。

そのため、デスクワークのような座り仕事は体力的にキツくなくのんびりした仕事だといえるでしょう。

50代がのんびり働ける仕事とは

50 代 仕事 のんびりの画像

のんびりした仕事である条件はさまざまですが、実際にどのような仕事がのんびりした仕事でしょうか。

ここからは、のんびりした仕事に該当する具体的な職種をみていきましょう。

◆クリエイター

小説家やイラストレーター、デザイナーなど、何かしらを生み出す仕事です。

ものづくりが好きな人に向いている仕事で、フリーランスとして独立できれば時間や人間関係に縛られずに仕事ができます。

創作するものによっては、在宅ワークが可能な職種です。

◆農業

1人で黙々と作業したい人には、農業という選択肢もあります。

農業と聞くと準備の大変さや収穫量の不安定さなどからハードルが高い仕事と感じるかもしれませんが、農林水産省の発表した令和2年新規就農者調査結果によると、平静25年以降から農業の新規参入者が増加しており、脱サラや定年退職後の選択肢として農業を始める人が増えているのです。

収穫まで一通り終わったオフシーズンは、のんびり過ごすことができることも魅力でしょう。

参考:

令和2年新規就農者調査結果 | 農林水産省

◆清掃員

ビルやデパートなどの清掃を受け持つ仕事で、清掃員は決められた場所に派遣され、割り当てられたスペースを清掃するのが一般的です。

清掃に関するマニュアルが整備されており、清掃中は基本的に人とコミュニケーションを取ることが少ないため、マニュアル通りに仕事を進めたい人や対人関係が苦手な人にピッタリな仕事でしょう。

◆技術者

配管工や大工、整備士などの何かしら技術を活かす仕事です。

技術を身に着けるには費用と時間がかかりますが、現場では黙々と作業をすすめられることがメリットでしょう。

特に住宅設備の修理や点検を行う技術者であれば、1人で現場を訪問して作業することも少なくありません。

◆受付

オフィスや施設などの受付に立ち、受付案内をする仕事です。

主な職場としては、企業の受付やデパートのインフォメーションセンター、イベントスタッフなどが挙げられます。

来客の対応が必要となるものの、来客の対応で急かされて焦るような場面はほとんどなく、基本的にはマニュアルに沿った対応となるため、淡々と仕事を進められるでしょう。

◆内職

パートタイムで働きたい場合やお小遣いを稼ぎたい場合は、内職も選択肢に挙がります。

商品の袋詰めやカプセル詰めを行う仕事ですが、内職の多くはそこまで収入は期待できません。

内職で会社員程度の収入を得ている人もいますが、のんびり進めることを考えると高収入は難しいでしょう。

しかし、家にいるちょっとした時間で黙々と進められるのは内職の魅力です。

◆管理人

マンションやビルの管理人も、のんびりした仕事の1つに挙げられます。

管理人は自分で物件を持つ必要がないため、元手が無くても始められるのがメリットで、定年後のセカンドジョブとしてもおすすめです。

基本的に1人での仕事となるため、人間関係のしがらみがない事も魅力でしょう。

◆指導員

指導員には介護指導員や保育指導員、塾講師などさまざまな職種があります。

指導員は教える立場であるため、指導のやり方や教えるペースはある程度自分で決められる点が魅力的です。

また、指導員には「取引先」といった概念がないため、仕事の関係者に振り回されるようなことも発生しにくいこともメリットでしょう。

◆ドライバー

荷受けや引き渡しの際以外は1人で悠々とドライブできるため、ドライバーは運転が好きな人に向いている仕事です。

ドライバーは女性の進出が進んでいないことや、長時間拘束される場合もあることから人手不足が深刻化しています。

厚生労働省が発表した統計からみるトラック運転者の仕事によると、通常の仕事に比べてドライバーの仕事は有効求人倍率が約2倍となっているため、転職しやすいこともメリットです。

参考:

統計からみるトラック運転者の仕事

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

在宅ワークは50代がのんびり働くには最適

50 代 仕事 のんびりの画像

自分のペースでのんびり働きたいなら、在宅ワークが最適な選択肢でしょう。

ここからはなぜ在宅ワークが最適なのか、3つの理由から紹介します。

◆自分のペースで働きやすい

在宅ワークは、とにかく自分のペースで働けることが魅力的です。

周りの人とのコミュニケーションが最低限で済み、周りの目を気にしないで静かな場所で作業できるため、集中して作業に取り組めます。

また好きなタイミングで休憩をとれるため、自分のペースを作りやすいこともメリットです。

◆出勤が無いので通勤時間分のんびりできる

在宅ワークは自宅での勤務になるため、通勤時間が存在しません。

そのため、通勤時間にあたる時間をそのまま自分の時間として使うことができます。

出勤時間にあまりとらわれずのんびり仕事を始められることも、在宅ワークの魅力の1つです。

◆働く場所を選ばない

在宅ワークは自宅だけでなく、ネットカフェや喫茶店など働く場所を選ばないこともメリットでしょう。

インターネット環境が整っていれば、海沿いや山の中でも仕事ができるため、実家や自然豊かな田舎など、自分の好きな環境で仕事ができます。

地方に住みながら都心部の仕事ができるため、給料を維持しながら生活コストを下げることも可能です。

まとめ

50 代 仕事 のんびりの画像

のんびりした仕事に転職したいと考えた際、自分がどのような仕事に就けるかの選択肢を確認することがポイントです。

今までとは違う職種に転職するのも良いですが、今と同じ職種で忙しくない職場を探すことも、のんびりした仕事にありつく方法といえるでしょう。

この記事を参考に、のんびりとした仕事への転職を検討してみてください。



年収

新着記事