女性の働き方の悩みとは?解決する方法も紹介

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>女性活躍中企業&女性が働きやすい求人アリ◎きめ細やかなサポートで望む転職成功を叶えよう!

自分らしい転職を成功させたい女性にオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの強みやライフスタイルを考慮し、希望に合う求人を厳選して紹介。遠隔サポートで安全に活動できるのも魅力です。
サポート内容は提出書類の添削から円満退社のアドバイスまで幅広く、初めて転職する方や忙しい方でも安心♪転職のプロによる充実の無料サポートを希望する方は、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

女性が長く働くには、ライフステージの変化や家事・育児との両立など、悩みは尽きないものではないでしょうか。

今回は、女性にとって働くことの意味や、どんな働き方があるのか、働き方の悩みを解消する方法まで詳しく解説します。

最後まで目を通して、あなたの働き方を検討し直す参考にしてみてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

女性にとって「働く」とは何か

女性に多い働き方の悩み

そもそも女性にとっての「働く」とはどういうことなのか、何のために働くのか、悩みを解決する前に知っておくことは重要です。

悩みの根源とも言える「働く」ことを客観的に見ていきましょう。

◆何のために働いているのか?
マイナビウーマンの「女性が働く理由」から、働く理由を見ていきましょう。

《9割の女性が「働く理由がある」と回答》
アンケートの実に9割の女性が、働く理由を感じていると回答しています。

・お金のため
昔のように女性は働いてもすぐに結婚して退職する時代ではなくなった今、学生を卒業すれば大きな目的な理由はなく、自分で働いて収入を得ることが当たり前になっています。

生活のためや趣味を充実させるためなど、自分や家族のためにお金を稼ぐ意識を持つ女性がほとんどです。

・やりがいのため
仕事を通しての成長や社会貢献など、やりがいを見出している人も多い傾向にあります。

キャリアを築いて責任ある仕事を任されたり、昇給や昇格など社内での立場を上げたりすることにやりがいを感じる人も多くいます。

・働くことが楽しい
憧れの仕事に就くことができたなど、その仕事自体が楽しいという人もいます。
そんな天職とも言える仕事や職場を見つけられた人は理想的な働き方ができる可能性があります。

・働く理由がない人が1割いる
理由があって働く女性が9割いる中、1割の人は特に理由なく働いています。
働くための理由はなくても、もちろん問題ありません。

働きながら目標を見つける人もいれば、日々理由などなくてもしっかり仕事をこなせる人はたくさんいます。

しかし、もし働く理由がなくて悩んでいるなら、次に解説している「働く理由の見つけ方」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

◆働く理由の見つけ方
ステップ1:働く理由はなくてもいい
働く理由は、焦って見つけようとすればするほどわからなくなってしまいます。
働く理由として多かった「お金のため」も、人それぞれなので、それが一番良いというわけではありません。

まずは「働く理由がなくても大丈夫」という意識を持って、今の自分を認めるところからスタートしてみましょう。

ステップ2:感情を客観的に見てみる
日々仕事をしながら感じた自分の感情を、細かく分析してみてください。

何をしている時に自分は喜んだのか、嫌な気持ちになったのかなど、感情の動きを知ることで、それまで気づかなかった自分を発見できることがあります。

ステップ3:自己分析をする
自分の感情を客観的に分析できれば、仕事に対する自己分析もできるでしょう。
本当にやりたい仕事が何か、それは今の職場で叶えることができるのかなど、見つめ直す材料になります。

働く理由はなくても大丈夫ですが、もし働く理由を持てたら、もっと仕事が楽しく充実したものになる可能性があります。

女性に多い働き方の悩み

働き方に悩む女性

女性で働き方に悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、エン・ジャパンの「仕事の悩み」をテーマにしたアンケートを基に、働き方の悩みについて検証していきましょう。

◆よくある女性の働き方の悩み
アンケートの結果、97%の女性が仕事に悩みがあると回答しています。
・第1位「給与が低い」
仕事の内容は同じでも総合職と一般職では給与が違う、任されている仕事量や責任に対して給与が低い、などの理由が挙げられていました。

・第2位「上司・同僚との人間関係」
転職したばかりでまわりになじめない、上司の態度が横柄などの理由がありました。

・第3位「雇用が安定しない」
派遣や契約社員など非正規での雇用のため、正社員を目指して転職を考えている人もいるようでした。

◆男女差がある働き方の悩み
・男性との待遇差
男性と同じ仕事をしていても、同期と比べて昇給や昇格が遅い場合も少なからずあるのではないでしょうか。

実際に筆者の知人で医療従事者の女性は、後輩が先に昇進した理由を上司に聞くと「男性だから」と言われたことがあったそうです。

かなり以前から「男女平等」と言われてきましたが、実際にはいまだに平等ではない職場もあるようです。

・上司や同僚からのハラスメント
近年ではセクハラやパワハラ、モラハラに対する意識が変わってきていますが、実際にはゼロとは言えないでしょう。

同じ社内の人が相手だからこそ、「大事にして働きづらくなるよりは少しくらい我慢しよう」と自分一人で抱え込んでしまう人もいるのではないでしょうか。

・家事や育児との両立
独身なら急な残業などができても、結婚や出産・育児などライフステージの変化によって。働き方を大きく変えなければいけない女性がほとんどです。

子どものお迎え時間に合わせて時短で仕事を済ませて帰らなければならない、子供の急な病気による欠勤なども余儀なくされる場合があります。

共働きであっても、こうした育児に関する悩みを抱えているのは、圧倒的に女性に多い傾向にあります。

女性の悩みがない働き方とは

働き方に悩みながら仕事をする女性

ここでは女性の働き方に対する悩みを解決する方法を見ていきましょう。
悩みのない働き方を実現するためにも、しっかり目を通してくださいね。

◆女性の働き方の悩みを解決する方法
・本当のやりがいを見つける
結婚や出産の有無に関わらず、長く仕事を続けていきたい女性は今後のキャリアについて悩みを抱えていることが多いと言えます。

同期の男性に比べて社内での昇格が遅ければ、自分の仕事や実績に問題があったのではないかなどと考える人も少なくありません。

昇格や昇給といった目に見える形で評価されることは、仕事を続ける上でモチベーションアップのためにも大切なポイントです。

しかし、役職や収入だけでは仕事は長続きしません。
その仕事に誇りを持って取り組めば、必然的に充実していくはずです。

そうした真摯な姿勢は評価にもつながり、良い結果につながっていくでしょう。

・キャリアパスの悩みは社内の人に相談する
女性のキャリアパスについて不安を覚えたら、まずは社内で役職についている女性を見つけましょう。

管理職になっている女性がいれば、キャリアアップの可能性がある会社だということがわかります。

またその女性に相談するのもおすすめです。
女性同士の仕事の悩みは共通していることが多いため、親身になって耳を傾けてくれるでしょう。

女性特有の相談であれば、やはり男性より女性相手の方が解決の糸口が見つかる可能性が高いと言えます。

・家事や育児との両立は、パートナーと協力する
共働き世帯で仕事と家庭を両立させるには、お互いの協力が不可欠です。

女性が時短勤務で働いている場合でも、家事と育児のすべてを一人ですると負担が大きくなりすぎてしまい、長く働くことが困難になるでしょう。

働き方や状況に合わせてパートナーとしっかりと話し合い、協力し合うことが必要です。

・働き方を変える
家庭との両立が難しいからと言って退職すると、ゼロからの再就職となり、これまでのようにキャリアを築くことが難しい場合もあります。

仕事のやり方や使うシステムなども日々進化しているため、ブランクがあれば取り戻すのに時間がかかります。

時短勤務やリモートワークなど働き方を柔軟にして、将来フルタイムに戻るための足掛かりを残しておくことをおすすめします。

◆働き方の悩みの解決には相談も重要
仕事や働き方の悩みは、誰かに相談するというのも一つの解決法です。

人に話すことで客観的に考えるきっかけになったり、ただ話すだけでストレス解消になってスッキリしたりするものです。

また友人の意見を聞いて対策をしたり、視野が広がったりすることもあるでしょう。

ここでは、エン・ジャパンの「仕事の悩み」をテーマにしたアンケートを基に、誰にどんな相談をする人が多いのかを見ていきましょう。

・友人
最も多いのが、友人に相談する人です。
普段からいろんな話をして相談しやすい相手でもあり、同じ悩みを抱えている場合は相談し合うこともできます。

・パートナーや家族
友人に次いで多かったのが、パートナーと家族です。
プライベートの事情もよくわかっていることや、助けてもらえる相手でもあるため、相談相手としては上位にきています。

仕事のイライラなどもぶつけやすく、「話したらスッキリした」という人も多いのではないでしょうか。

・職場の同僚や上司
会社の状況や仕事のことなどをよく理解してくれている職場の人は、親しい人なら相談しやすく、的確なアドバイスをもらえる可能性があります。

ただし信頼できる人に限ります。
あなたの相談内容がどこかから別の人に漏れる恐れもあることは、心にとどめておいてくださいね。

・社内外のキャリアカウンセラー
仕事のプロであるキャリアカウンセラーに相談することで、自分の仕事への考え方などと向き合うことができる可能性があります。

それによって解決策を見つけることができる場合もあります。

・転職エージェント
転職を見据えてエージェントサイトに登録し、キャリア相談をするという方法もあります。

エージェントなら転職時期が決まっていなくても相談でき、転職市場や業界にも詳しい専門家のため、違った視点でのアドバイスをしてくれることがあります。

ただしエージェントのコンサルタントは転職を成功させてこそ収益になるため、無理やり転職させようとする担当者には注意してくださいね。

仕事の悩みは、一つ解決できたとしても、また働いていると何かしら悩みは出てくるものです。

その都度、適切に対応したり、しかるべき人に頼ったり相談したりすることで、うまく乗り切っていってくださいね。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

働き方の悩みを解消するには転職もあり

悩まない働き方を探す女性

悩みに合わせた解決法をご紹介してきましたが、いろいろ試してみても今の会社での問題が解決しない場合は、思い切って転職するという方法もあります。

◆転職して働き方の悩みを解決する
転職して環境を変えることで悩みを解決するために、やっておくべきポイントを見ておきましょう。

《転職活動の前にやっておくべきこと》
・転職理由を深く掘り下げる
いろいろな悩みを抱えて転職を決断することかと思います。

しかし、マイナスな転職理由だけではなく、そこからどうなりたいのか、どんな働き方がしたいのかというプラスに取れる方向へうまく気持ちを変換してみてください。

例えば人間関係が原因なら、上司や同僚と円滑にコミュニケーションが取れる職場で働きたい、女性の意見や提案を積極的に取り入れてくれる企業でキャリアアップを図りたいなど、前向きな転職理由に変えてみましょう。

・スキルの棚卸をする
今自分に何ができるのかを客観的に見ておくことも大切です。

今の会社にいるからできることではなく、転職先でも即戦力として活躍できるスキルは何かを明確にすることで、どんな転職先が合っているのかもわかってくるはずです。

・将来のビジョンを描いておく
将来どうなりたいのか、転職してどんなキャリアを身につけたいのかも、描いておくと良いでしょう。

将来のキャリアのために、今必要なことも明確になります。

◆女性にオススメの転職サイト
・リクルートエージェント
女性の転職希望者も多く利用しているエージェントサイトです。

求人数の豊富な転職サイト・リクナビNEXTとも連携しており、情報量が豊富で幅広い職種を扱っています。

情報収集のためにも、転職活動のスタートに登録しておいて損はありません。

・LiBzCAREER(リブズキャリア)
女性の転職に特化したエージェントサイトです。
年収400万円以上の正社員の求人を紹介してくれます。

女性のワークライフバランスを大切にしながら活躍できる求人を多く扱っているため、働き方で悩んでいる女性は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

・マイナビエージェント
豊富な求人数の中で20%しか公開せず、厳選した案件を紹介してくれることで定評のあるエージェントサイトです。

正社員勤務の経験がない人や、経験年数が浅くて転職に迷っている人などの転職も丁寧に相談に乗ってくれます。

キャリアアップで悩んでいる人も、相談しやすいエージェントと言えます。

・女の転職type
正社員で長く働きたい女性のための転職サイトです。

都心部の求人が多く地方の求人には少し弱いかもしれませんが、女性を採用したい求人ばかりが集まっているため、効率よく求人を探すことができます。

転職活動に不安がある人は、type女性の転職エージェントにも登録して、キャリアの相談をしてみてもいいかもしれません。

《転職サイト・エージェントの活用法》
最近では転職サイトと転職エージェントを同じ企業が運営していることが多く、同時に併用するとキャリア相談や転職のサポートも受けられるし、自分でも求人検索ができるというメリットがあります。

転職サイトと転職エージェントを使うなら、連携の取れる同じ運営会社のサイトにしておく方が良いでしょう。

女性のキャリアには、結婚や出産、育児などさまざまなイベントがついてきます。
自分の中で何を最優先するのかを明確にし、自分にぴったりの働き方ができる企業を探してくださいね。

まとめ

仕事の悩みを解消した女性

女性の働き方には、さまざまな悩みがつきものです。

自分一人では解決できない場合もありますが、誰かに相談したり、頼ったりすることで改善することもできます。

どうしても環境を変えたい場合は、転職という選択肢があります。

転職回数は少ない方がいいと言われていますが、転職は決してネガティブなものではありません。

転職先の企業やビジネスプランに一貫性があれば、きちんと実績は評価されます。

今回の記事を参考にして、あなたにぴったりの職場を見つけてくださいね。


年収

新着記事

関連する記事