出版・印刷関連の40代・50代のミドルシニア転職求人情報

出版・印刷関連の転職・求人情報1

NEW
正社員
派遣社員
アルバイト

【出版・印刷関連の求人多数】優良非公開求人もあり!

募集職種出版・印刷関連
仕事内容未経験の方の挑戦や、経験を活かした働き方ができます!
勤務地
全国47都道府県の求人があります。
給与
転職後に、約80%の方は年収アップに成功!
■転職後の年収アップ例
450万円→600万円【42歳・男性】
650万円→680万円【51歳・男性】
340万円→420万円【46歳・女性】
応募条件特にありません。未経験歓迎の求人もあります!
NEW
正社員

【年収600万以上!】管理職・マネージャークラスの人材急募!

募集職種
全職種に対応しています。
■職種例 事業統括/経営企画/コンサルタントなど
仕事内容企業の中心となるポジションや、コンサルタントとして
アドバイスを行うポジションの募集です。
勤務地全国47都道府県の求人があります。
給与
転職後に、約87%の方がキャリアアップに成功!
■転職後のキャリアアップ例
・ソフトウェア系 システム開発(820万円)
→ソフトウェア系 執行役員(1,100万円)47歳男性
・経営コンサルタント(570万円)
→経営コンサルタント チーフ(900万円)48歳女性
応募条件これまでのご経験を活かして、挑戦したいと思っている方
正社員採登用有
募集職種
クリエイティブ系
出版・印刷関連/編集者
仕事内容≪超高齢・人口減少社会が抱える社会課題の解決を目指す弊社で、クライアントと向き合い、マーケティング&プロモーションを制作面でお手伝いする仕事をしてみませんか?≫ 弊社は2009年に「そろそろ親のこと」をキーワードに、40代~50代の子世代とその親(70代~80代超)に向けた市場を創るべく事業をスタートしました。 介護離職が10万人を超え、生産労働人口も減少する中、2020年頃には団塊ジュニアが50代に差し掛かるというタイミングですが、従来のやり方、従来の考え方では、これからの時代を乗り切ることはできません。 そこで、それを突破するための、新規事業計画をスタートし、商品(サービス)をリニューアルする今年、人員も強化(増員)します。 特に、ウェブやマガジンなどの自社媒体は弊社のとっては消費者との間をつなぐ大切なブリッジとなりますので「親のコト」「家族のコト」そして、次世代につながる付加価値創造型の企画・制作に関心のある方を募集します。 広告代理店やプロダクションでクライアントに向き合って広告制作・PR誌制作、ウェブ運用(企画・コンテンツ担当として)をご経験された方などを歓迎いたします。 「仕事は自分で創りだすもの」、これまでの仕事に達成感を感じられなかった」という方にはやりがいのある仕事になると思います。 【募集の背景】 急速に進む人口減と高齢化で、市場が縮小する中で、市場創造型商品を投入する当社。 今後のスピーディーな体制拡充展開を踏まえ、企画~制作、ディレクションを担当する人材を確保するため増員いたします。 【仕事の内容】 • オヤノコト.マガジンの特集企画・制作のディレクション業務 • クライアントや広告代理店との制作内容やスケジュールなどの調整 • 取材・撮影など、制作ブレーンの手配、立会い、ディレクション • 上記にともなう一切の業務 【必要スキル】 同種職経験3年以上  ワード・エクセル・パワーポイント 媒体や広告制作の知識と経験 【雇用形態】 契約社員(正社員登用可能性有)
勤務地〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-6-4エアマンズビル市ヶ谷1階
給与年収350万円~600万円 ※経験・能力を考慮の上、決定します。 ※昇給あり(業績による)
会社概要株式会社オヤノコトネットは、”一人でも多くの「オトナ親子®」を笑顔にしたい” というミッションで、 親子が安心して暮らすため自社媒体やリアルイベントを通じて、よりよい環境作りをめざしています。 離れて暮らす親のこと、一緒に暮らす親のこと。親子で安心して暮らすために、知っておきたい暮らしのこと。 そして、サービスや商品のこと。忙しい「オヤノコト」世代の読者の皆さんに代わって、 「オヤノコト」世代を応援するパートナーを取材し、情報を交換し、よりよい環境作りを目指します。 情報誌「オヤノコト.マガジン」とWEB「オヤノコト.net」にて、 親世代と「オヤノコト」世代のための情報をお届けしています。

出版・印刷関連のおすすめコラム

クリエイティブ系でお探しの方へ

【仕事内容】

何か物を作ったり企画したりする職種のことをクリエイティブ職と言いますが、これはとても大雑把にまとめた表現で、そこに属している職種はかなり多岐に渡ります。
例えば、洋服や建物などのデザインを考案する職はデザイナー、テレビ番組やWebサイトで企画やスケジュールの管理をするのはディレクター、製作を行うのはクリエイター、雑誌やWebサイトの記事を書くのは記者やライターなど、これらはすべてクリエイティブ職と言われています。

【向いている人】

どのようなクリエイティブ職でも、考えたことを形にすることは楽しくもあり難しくもあります。頭の中で考えたことを実際に形にしていくためには綿密な計画と細かな作業がないと出来上がりのクオリティに影響するため、根気がある方が向いていると言われています。また、今ある価値観にとらわれないということも大切です。今までとは違った発想を生み出すことができるというのは、クリエイティブ職に大切な要素と言えます。

【転職のコツ】

クリエイティブ職への転職は、どの仕事を選ぶかによって変わってきます。例えば多くのクリエイターをまとめるプロデューサーは、経験や専門スキルが必要とされます。逆に、プランナーやコピーライターなどは未経験でも挑戦することが可能です。
どちらにしても好きでなければ務まらないのがクリエイティブ職です。転職を希望するのであれば専門職に特化している転職サイトを利用した方がいいでしょう。

出版・印刷関連の詳細項目から探す

勤務地から探す

職種から探す

営業系

事務・経営管理系

企画、マーケ、経営企画系

販売・サービス系

飲食・フード系

ビューティー系

技術系(IT・通信)

クリエイティブ系

建築・土木系

製造・設備・運輸系

技術系(電気電子・機械・半導体)

技術系(医薬・食品・素材)

医療・福祉・保育系

専門職(コンサル・金融・不動産など)

その他(公務員、講師など)

雇用形態から探す

close
Banner neo modal