広報・IRの40代・50代のミドルシニア転職求人情報

広報・IRの転職・求人情報1

募集職種
広報・IR
仕事内容未経験の方の挑戦や、経験を活かした働き方ができます!
勤務地全国47都道府県の求人があります。
給与
転職後に、約80%の方は年収アップに成功!
■転職後の年収アップ例
450万円→600万円【42歳・男性】
650万円→680万円【51歳・男性】
340万円→420万円【46歳・女性】
応募条件特にありません。未経験歓迎の求人もあります!
募集職種
全職種に対応しています。
■職種例 事業統括/経営企画/コンサルタントなど
仕事内容企業の中心となるポジションや、コンサルタントとして
アドバイスを行うポジションの募集です。
勤務地全国47都道府県の求人があります。
給与
転職後に、約87%の方がキャリアアップに成功!
■転職後のキャリアアップ例
・ソフトウェア系 システム開発(820万円)
→ソフトウェア系 執行役員(1,100万円)47歳男性
・経営コンサルタント(570万円)
→経営コンサルタント チーフ(900万円)48歳女性
応募条件これまでのご経験を活かして、挑戦したいと思っている方
募集職種
事務・経営管理系
広報・IR/広報
仕事内容

【募集職種】
==============
PR・ゲーム広報担当

【仕事内容】...

勤務地
東京都目黒区
給与

【給与】
想定年収:400~450万円
※前職給与をベースに経験・能力を考慮の上決定します...

広報・IRのおすすめコラム

事務・経営管理系でお探しの方へ

【仕事内容】

経営管理事務の主な役割は、現在の会社の置かれている状況をデータを使って分析する事です。具体的には売上やコストなどの実績を前年実績や計画値と比較することで、会社の運営が予定通りに進んでいるかを把握します。また、計画や前年の数値と大きく乖離する場合は、その要因を調査し、経営層に報告したり、具体的な解決策を提示する役割も担っています。

経営管理事務は「経営者の右腕」、「会社の頭脳」といっても過言ではなく、会社の舵取りを行なう重要なポジションと言えます。

【向いている人】

経営管理事務に向いているのは、数値を読み解く力を持っている人です。決算書類の読解力はもちろん、販売実績などのデータから異常値を素早く見つける能力も必要と言えます。また、性格的には冷静沈着で、物事を客観的に判断できる人が向いています。

そのほか、文書作成能力に優れている人も適正があります。経営管理は経営者のために報告書をまとめる機会も多いため、簡潔で分かり易い文章を書ける人は重宝されるからです。

【転職のコツ】

経営管理事務の仕事に転職するコツは、経験者の場合、自己啓発で財務関係の勉強をしておくことです。特に、中小企業診断士の資格取得に向けた勉強をしておけば、財務だけでなく経営に関わる幅広い知識を身に付けることができます。経営管理事務の未経験者でも、資格を持っていれば大きなアピールポイントとなります。

広報・IRの詳細項目から探す

勤務地から探す

職種から探す

営業系

事務・経営管理系

企画、マーケ、経営企画系

販売・サービス系

飲食・フード系

ビューティー系

技術系(IT・通信)

クリエイティブ系

建築・土木系

製造・設備・運輸系

技術系(電気電子・機械・半導体)

技術系(医薬・食品・素材)

医療・福祉・保育系

専門職(コンサル・金融・不動産など)

その他(公務員、講師など)

雇用形態から探す

close
Banner neo modal