40代未経験の女性がCADオペレーターへ転職!事務経験も活かせる求人とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>人生後半の転職・独立起業・セカンドキャリアに、45歳からの実践型キャリア自律スクール

人生後半も活躍し続けたい40代・50代のビジネスパーソンには、キャリア自律のパーソナルトレーニング「ライフシフトラボ」がおすすめ。ライフシフトラボは、複業・社外活動を足がかりに転職・独立起業・定年後のセカンドキャリアなど、人生後半のキャリア自律を叶えるオンラインビジネススクールです。

人材業界に精通するキャリアコーチがマンツーマンで伴走支援し、キャリアプランニングから強みの棚卸し、あなたの豊富な経験を活かした複業デビューまで、体系的に学び実践できます。

※ 勤め先が複業禁止の場合でも受講いただけます。

キャリア自律のためにオンライン無料説明会に申し込む

40代は男女問わず働き盛りの年代ですが、女性は家庭を築いて家事や育児をするために仕事から退いている人が少なくありません。

家事や育児が落ち着いてから仕事に復帰したいと考えている人には、新たなキャリアの選択肢のひとつにCADオペレーターがあります。

設計支援ツールのCADの操作を専門的に行って図面の修正や調整をするCADオペレーターは、建設業界に必要不可欠な仕事といえるでしょう。

CADオペレーターはスキルを身に付けることで職場の第一線で活躍できる仕事であるため、一度仕事のキャリアを中断した40代の女性でも未経験からチャレンジしやすい仕事のひとつです。

この記事ではCADオペレーターへ転職する方法、求められるスキル、転職成功の秘訣などを紹介します。

これから手に職をつけたいと考えている方やCADオペレーターの仕事に興味を持っている人は参考にしてください。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

実は女性向き?!CADオペレーターの仕事とは

40代,40代 転職,40代女性,cad,CADオペレーター,事務,未経験,求人,転職 の画像

CADオペレーターは、設計士やデザイナーの指示に従ってソフトを使い、図面の修正や調整する仕事です。

ものづくりの現場では男性向きの仕事が多いと思われがちですが、実はCADオペレーターという職種は、女性向きと言われています。

まずはその仕事内容から、見ていきましょう。

◆主な仕事内容
CADオペレーターは、CADソフトを使って図面を修正したり調整したりする専門職で、設計士やデザイナーの指示通りに正確な図面を作成する仕事です。

パソコン上で必要な情報を入力し、作成した製図データを何度も修正や確認を行います。

設計が必要な建築や設備などの現場では、必要不可欠な職種です。

【CADの種類】
平面図や立面図の図面を描く場合は2次元CADを使い、住宅やビルといった立体の図面には、3次元CADを使います。

3次元CADを使えば2次元の図面を自動計算して出力できるため、導入している企業は多いでしょう。

また専用CADと呼ばれるソフトは建築・土木・配管など特定の分野の製図や設計を効率よく行えるように作られたもので、反対に汎用CADはどの分野でも使える機能を備えたCADのことです。

【主要なCADソフト】
・Jw-cad(ジェイダブリューキャド)
建築の分野で使われることが多く、2次元汎用CADソフトです。

無償で使うことができることから、多くの人に使われています。

・AutoCAD(オートキャド)
2次元から3次元まで作成できる機能があり、建築・土木・機械など専門分野に特化した専用CADもあります。

・VectorWorks(ベクターワークス)
Macintosh版のCADソフトで、デザイン事務所やインテリアデザイナーがよく使うソフトです。

・REVIT(レビット)
建築に特化したCADソフトで、複数人が同時に編集できるという機能があります。

・Inventor(インベンター)
機械に特化したCADソフトで、細かな図面を効率よく作成でき、プラスチックや金属製品などの設計がしやすい機能があります。

・CATIA(キャティア)
機械に特化したCADソフトで、ライセンス料が高く、主に自動車や輸送機械業などの大手企業が導入しています。

・SOLIDWORKS(ソリッドワークス)
CATIAと同じ企業が開発した機械に特化したソフトで、CATIAほど高額ではありませんが使いやすさや機能には定評があります。

汎用性のあるソフトもあれば、その業界に特化したソフトも多く、どのソフトが使えるかも転職の際には重要です。

【CADオペレーターとして活躍できる業界】
手書きの図面に比べてCADを使って図面を作成すれば、修正やデータの管理もしやすく、ものづくりの現場では必要不可欠な仕事です。

ここでは、CADオペレーターとして活躍できる業界について、見ていきましょう。

・建設業界
住宅やビル、橋の建設など、構造物の図面を描くためにもCADは非常に役立っています。

専門性が高いため、構造物の設計や製図についての知識も求められるでしょう。

・内装・インテリア業界
住宅や建物の内装のデザインにもCADは使われています。

デザインの大枠は設計士やデザイナーが考えますが、細かなデザインはCADオペレーターに任されることもあるため、デザインの知識もあるとよいでしょう。

・介護・福祉業界
バリアフリー対応の設計のために、介護や福祉業界でもCADオペレーターの需要は高まっています。

建築のほか、介護や福祉に関する知識も求められるため、専門性の高い分野と言えるでしょう。

・自動車・航空・機械・家電業界
さまざまな製品や部品の図面を作成するために、自動車・航空・機械・家電業界でもCADオペレーターの活躍の場はあります。

複雑な形状や細かなデザインが求められるため、高機能のソフトを使う場合が多いです。

また、他の製品製造用のソフトと連携して使う場合もあるため、幅広い知識と経験が必要となります。

・アパレル業界
アパレル業界では、パターンメイキング、グレーディング、マーキングという3つの用途でCADが使われることがあります。

アパレル業界で使われるソフトは他の分野とは種類が違うため、アパレル業界で働きたい場合はそのための勉強が必要でしょう。

・ジュエリー業界
ジュエリー業界でも、デザインを3D画像としてパソコン上で描くためにCADが必要です。

ジュエリーのデザインについての知識も必要になります。

===================================

CADオペレーターはさまざまな業界で活躍の場があることが把握できたでしょうか。

業界によって専門的な知識が求められることもあります。

どの分野で働きたいのかによって身につける知識や扱うソフトも違ってくるため、キャリアに合わせて検討してみてくださいね。

次にCADオペレーターが女性に向いていると言われる理由について、見ていきましょう。

◆女性に向いている理由
・細やかなコミュニケーションスキルが必要
CADオペレーターの仕事は、ただ指示に従って図面を描くだけではありません。

設計士やデザイナーの意図を汲み取り、それを反映していく必要があります。

ただ人とのコミュニケーションが得意というだけではなく、女性特有とも言える相手の気持ちを汲み取る細やかなコミュニケーションスキルが求められます。

・業務のほとんどがデスクワーク
CADオペレーターはパソコンでの作業がほとんどです。

設計士やデザイナーと打ち合わせることはあっても、ほぼ社内でのデスクワークのため、体力的にも内勤を望む女性に向いている職種と言えます。

・気配りが高評価につながる
CADオペレーターは図面を描く以外にも、製品や建物の仕様書作成といった事務業務を兼務する場合があり、CADの業務しかしないという人より、まわりのことにも気を配り、幅広い業務のできる人が求められます。

・雇用形態がさまざまある
CADオペレーターは、実務経験があれば出産や育児などでブランクがあっても再就職しやすい職種です。

雇用形態もさまざまあり、一般事務よりも給与も高めに設定されているため、その時のライフスタイルに合わせた働き方が選びやすく、女性に向いていると言えます。

===================================

このようにCADオペレーターは、女性の長所を活かすことができる仕事と言えます。

新たなキャリアとして、検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい:
需要大なCADの仕事!必要資格や40代転職&求人探しのコツは?

40代未経験からCADオペレーターへ転職する方法

40代,40代 転職,40代女性,cad,CADオペレーター,事務,未経験,求人,転職	の画像

CADオペレーターの仕事内容や、CADオペレーターは女性向けの職種ということが理解できたと思います。

ここからは40代未経験からの転職ができるかどうかを見ていきましょう。

◆基本的な知識を身につける
今CADオペレーターとしてバリバリ活躍している人も、最初は未経験からスタートしているように、誰もが最初は未経験からのスタートです。

まずは、CADのソフトや働きたい業界について、さらにその業界で求められる知識を身につけることが必要になります。

独学で難しい場合は、専門のスクールに通うなど、少し時間とお金を使ってでも知識を身につける努力をしましょう。

企業にとっては、20代や30代を採用したいと思うかもしれません。

そのマイナスをカバーして余りあるのが、熱意や専門的な知識なのです。

あなたのやる気と努力こそ、40代未経験からの転職を成功に導くカギとなります。

◆アルバイトなどから経験を積む
未経験からの転職はハードルが高いため、まずはアルバイトやパートなどの非正規雇用からスタートするのもひとつの方法です。

未経験からアルバイトなどで経験を積み、ゆくゆくは正社員へのステップアップや、正社員での転職を目指す道もあります。

40代という年齢を考えても、短期間で転職できると思わず、焦らず自分のスキルや経験を磨いて転職成功への道を進んでいってください。

次に、40代女性で未経験からCADオペレーターとして転職に成功した人の事例を紹介します。

ぜひ転職の参考にしてみてくださいね。

《未経験からCADオペレーターに!転職成功事例》
・転職までの経緯
40代半ばになり、子育ても一段落。

今までは家事や育児との両立を考えてパート勤務をしていたが、また正社員として働きたいと思った。

一般事務などの経験はあったが、その他特別な専門知識やスキルはなく、正社員への転職は難しいと感じていた時、エクステリアのCADオペレーターの養成講座を見て一念発起し、3ヵ月の講座に通う。

検定に合格し、講座を運営していた企業から正社員でのオペレーターの仕事を紹介してもらい、転職に成功した。

・転職成功ポイント
未経験の職種だったため、お金と時間をかけて確かな知識を身につけた。

養成講座を終えてそのまま仕事の紹介を受けることができたことが転職成功につながった。

独学で学んでいると、知識も転職活動も一人で行わなければならないが、こうしたサポートを受けるのもひとつの方法。効率よく勉強から転職活動までできた。

=========================

未経験からでも、きちんとした知識を身につければ40代から転職成功できる可能性はあります。

また、少しずつステップアップするなど、時間をかけて自分のキャリアを積んでいくこともできるため、あなたの希望に合う働き方や業界をよく検討して、転職までの道を探すことが転職成功のポイントです。

CADオペレーターに求められるスキル&資格

CADオペレーターの仕事をする女性

次に、CADオペレーターに求められるスキルや資格について見ていきましょう。

【CADオペレーターに求められるスキル】
・CADソフトのスキル
CADオペレーターは、設計士やデザイナーの指示を汲んで、ソフトを使って正確に図面に反映させていかなければいけません。

CADソフトのスキルが必須なことはもちろん、イメージ通りに素早く作図ができる能力が求められます。

また前述の通り、業界や勤務先によって扱うソフトが異なる場合があります。

あなたの希望する業界や企業が導入しているソフトのスキルを上げておくことも必要です。

実践を積んでスキルを磨いていきましょう。

・業界の知識やスキル
CADオペレーターはさまざまな業界で活躍できる職種です。

建設業界やインテリアはもちろん、家電業界やアパレル業界など多岐に渡り、その業界で作図をするためには、製品や業界の知識も必要になります。

入社してから勉強するという方法もありますが、40代未経験から転職するのであれば、転職活動中に独学で勉強を始める、もしくはすでに働いた経験のある業界を選ぶという選択肢も視野に入れておきましょう。

・集中力
設計図の修正など、ミリ単位のズレも許されない細かな作業が多いため、作業は集中して行います。

高い集中力と、適度に休みを入れてオン・オフをうまく切り替えるコツを知っていることがベテランオペレーターの共通点でしょう。

【CADオペレーターに向いている人】
・幅広い業務がこなせる人
CADオペレーターは作図をするだけではありません。

CAD以外の事務業務ができる人が歓迎される場合もあり、通常の事務作業の経験がある人や、書類作成、電話の応対ができる人は転職の際に有利になる可能性があります。

CAD以外でできることはないかどうか、自分のスキルをしっかりと見極めておきましょう。

・コツコツ作業ができる人
コツコツと地道な作業を続けることができる人に向いており、丁寧に業務に取り組むことができる人は、周囲からの信頼も得ることができます。

・明るい対応ができる人
CADオペレーターは1人黙々と作業するというイメージが強いかもしれませんが、設計士やデザイナーとの打ち合わせもあります。

人とコミュニケーションを取ることはもちろん、明るい対応ができる人はさまざまな企業から歓迎されるでしょう。

【CADオペレーターに役立つ資格】
CADオペレーターは資格がなくてもできる仕事です。

しかし当然のことながら未経験でCADオペレーターとして転職しようとしても、経験がないため採用は難しいでしょう。

未経験からの転職に役立つ資格を紹介します。

・CAD利用技術者試験
民間の資格で、「3次元CAD利用技術者試験」「2次元CAD利用技術者試験」「2次元CAD利用技術者試験基礎」の3種類があります。

それぞれレベル別に試験があり、1級や準1級では実地試験も行われるため、実務経験がなくてもある程度の技術があることを示すことができるでしょう。

女性CADオペレーターの今後はどうなる?

40代,40代 転職,40代女性,cad,CADオペレーター,事務,未経験,求人,転職	の画像

女性CADオペレーターの今後や将来について不安に感じている人がいるかもしれませんが、結論をいうと今後も必要な職種です。

女性は男性よりも共感力が高く、相手の意図を汲み取ることに長けているため設計者やデザイナーの指示を忠実に実行する能力が求められるでしょう。

CADオペレーターは知識や技術を身に付けることにより、年齢性別問わず一生涯現役で働くことができます。

ここからは、CADオペレーターの仕事の将来性、キャリアアップの方法、CADオペレーターの需要を詳しくみていきましょう。

◆CADオペレーターの将来性
CADオペレーターは、コンピューター上に現実と同じ建物の立体モデルを再現するBIM化やAI技術の進歩によって需要がなくなっていると思われがちですが、今後も必要な職種です。

とはいえ、建築士が自らCADソフトを使用して図面を修正や調整をすることが多くなってきたため、CADを使って設計者に言われるがままの図面を作成するCADオペレーターの今後は厳しいといえます。

企業が求めるCADオペレーターは、作図作業以外に専門的な知識や技術を有する人材です。

例えば、AutoCAD、jw_cad、VectorWorksといった多くの設計事務所が使用しているCADソフトを使いこなせたり、PhotoshopやIllusutratorのような画像を扱うソフトを使えたりすると、CADオペレーターとしての需要が高まるでしょう。

女性がCADオペレーターに向いているのは、設計仕様書の作成や物量計算などの事務作業を任されることが多いことや、女性は男性よりも配慮や気配り力が高いとされるために、細かい図面チェックや正確な作業に長けているからです。

◆CADオペレーターとしてキャリアアップするには
女性がCADオペレーターとしてキャリアアップするためには、図面の修正だけでなく設計者からの指示以上のクオリティのものを図面に反映させるスキルが必要です。

設計の業界には、ドラフター(製図台)による手描き図面からCADを使ったデジタル作図へ移行したことにより、パソコンスキルのない知識や技術を持つ多くの年配の設計士を、CADオペレーターがサポートしていた背景があります。

しかし現在では、当時若手だったパソコンに強い世代が第一線で設計士として活躍しているため、図面の作成や修正ができるだけのCADオペレーターは需要がなくなってきているのです。

これから女性のCADオペレーターが正社員として活躍するためには、設計の領域で知識やスキルを身に付けることが求められます。

設計者と同じスキルや技術を身に付けるのは時間がかかりますが、作図作業の中で図面の間違いを見つけたり、設計者やデザイナーを目指す前提でCADを習得したりしてキャリアアップを目指しましょう。

◆CADオペレーターという職業は今後も残っていく
現在では単純な図面を作成するだけであれば、CADオペレーターに指示を出すよりも直接CADソフトを使って図面を引きなおす設計者が増えました。

しかし設計士の仕事は修正作業が非常に多いため、CADオペレーターを繁忙期に期間限定で雇いたい企業や設計者も増えてきていることから、CADオペレーターの需要は高まっています。

さらにAIの進歩やBIMなど新技術が開発されたことによって作図作業の自動化が進んでいますが、設計作業は複雑なものが多く、人の手による細かな修正や調整は必須なため、CADオペレータという職種は今後も残っていくでしょう。

建設業界のような「もの作り」の仕事は、作ることもあれば直すこともあるため需要がなくなることは考えにくく、人手は常に欲しい状態です。

CADソフトを操作する技術だけでなく、関連する職種の専門的な知識や一般事務などのスキルを身につけておくことでキャリアアップにつながり、企業から重宝されるCADオペレーターになれます。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

CADオペレーターの求人の探し方&転職成功の秘訣

40代,40代 転職,40代女性,cad,CADオペレーター,事務,未経験,求人,転職	の画像

ここではCADオペレーターの求人を効率よく探す方法と、転職成功の秘訣を見ていきましょう。

◆CADオペレーターの求人の探し方
【未経験求人を探す時のポイント】
求人を探す際には、「未経験歓迎」と書かれてある求人に目がいきがちですが、一概に「未経験」とあっても3種類の意味があります。

「業界未経験」
これは、募集している業界での経験はないが、別の業界でCADオペレーターとしての経験を持つ人のことです。

すでにCADオペレーターとしての経験があるため、業界の知識などを教えるだけで済むため企業としては貴重な人材と言えます。

「職種未経験」
これは上記とは逆で、同じ業界で別の職種での経験がある人のことです。

業界の知識を持っているため、即戦力とまでいかなくても教育の手間が省けるため、嬉しい人材でしょう。

「未経験」
これは業界も職種も、どちらの経験もまったくない人のことです。

CADの操作や業界の知識も一から教えなければならず、企業としては二の足を踏む可能性が高いと言えます。

経験がなくても20代や30代ならポテンシャルを見込んで採用される可能性もありますが、40代未経験から求人を探す場合は難しいと言わざるを得ません。

しかし今はCADオペレーターの需要が高まっているため、職種や業界未経験も積極採用する企業が増えており、そこに40代未経験からの転職希望者も入り込む余地があります。

実務経験はなくても、CADのスキルを身につけること、また他のスキルや経験が重宝されることもあります。

明らかに「未経験でもいいから20代が欲しい」という姿勢が読み取れる求人は避け、「さまざまなスキルが活かせる」「幅広い業務に携わる」といった、何らかの経験者を欲しがっている企業を探しましょう。

【CADに特化した転職サイトを活用する】
大手転職サイトは情報量が多く、転職活動の際に使うことはおすすめしますが、合わせてCADオペレーターに特化した求人サイトも活用しましょう。

CADオペレーターに特化していれば条件も絞りやすく、掲載料が高額な大手転職サイトには掲載されていない中小企業などの求人を見つけることもできます。

いくらスキルを磨いても、40代未経験で大手企業への転職は難しいことですが、中小企業ならスキルがあれば転職成功の可能性が高くなります。

【40代に強い転職・求人サイトを活用する】
また、年齢に特化したサイトを活用するのもひとつの方法です。

40代・50代に特化した転職・求人サイトもあり、年齢で落ちることがないため安心して応募することができます。

【スクールに紹介してもらう】
CADの勉強をするためにスクールに通った場合は、検定合格後にスクールから仕事を紹介してもらえる場合があります。

紹介は通常の応募と違い、面接してもらいやすいためおすすめの方法です。

もし講座に通うことを検討している場合は、修了後に仕事紹介の有無もチェックしてみてくださいね。

◆転職成功の秘訣
・CADスキル以外のスキルを見極める
CADソフトは年々進化しており、使いやすくなっています。

そのため専門のCADオペレーターは雇わず、設計士やデザイナーが自分で図面の修正などを行う企業もあります。

今やただCADが使えるだけでは転職で有利にはなりません。

CAD以外のスキルが転職では強い武器になります。

業界の知識や兼務できる他のスキルなど、あなたの持つスキルを見極め、アピールすることが転職成功につながるでしょう。

・中小企業を狙う
前述の通り、大手企業に比べて中小企業ならスキルがあれば採用される可能性が高くなります。

またアクセスが不便な企業や、都心近くにない企業など、20代や30代が応募しなさそうな企業を探すのも成功率がアップします。

CADのスキルを磨き、それまでの豊富な経験を活かして転職活動に当たっても、40代未経験からの転職はハードルが高くなると心得て、狙いを定めていくことが肝心です。

・キャリアプランを明確にしておく
転職してどうなりたいのか、CADオペレーターとしてどのような経験を積んで、5年後や10年後にどうなっていたいのか、今後のキャリアプランを明確にしておくことも重要になります。

40代未経験から新たな職種にチャレンジするには、それなりの覚悟も勇気も必要になり、転職してこうなりたいという目標に向かって進むことが転職成功への道です。

・長い目で見る
何度も繰り返しますが、40代未経験からの転職は簡単ではありません。

そのことを認識し、転職活動を長いスパンで見ましょう。

数ヵ月で決まれば早いと心得ておき、半年や1年後を見据えて、自分のスキルを上げながら情報収集をしたり応募したりするなど、転職活動を進めていってください。

あわせて読みたい:
40代主婦も正社員採用を勝ち取れる!狙うべき仕事と成功のコツ
40代女性が押さえておきたい!人気の事務職へ転職するためのコツ
転職検討中の40代が知っておくべき、未経験から狙える20の資格

まとめ

40代,40代 転職,40代女性,cad,CADオペレーター,事務,未経験,求人,転職 の画像

CADオペレーターはこれからも建築業界を支える仕事であること、女性でも活躍できる職種であり、今後も求められる仕事です。

CADオペレーターは2022年現在でも需要があり、女性は結婚したあとは家庭と両立しながら自分のライフスタイルに合わせて働くことができ、出産で育休をしてもスキルや知識があれば再就職や職場に復帰しやすい仕事といえます。

長く勤めることを考えていたり、企業から求められるCADオペレーターになりたい、と考えたりしていしているのであれば、できるだけ早くCADの経験を積んで設計やデザインなどの専門的な知識を身につけておきましょう。

派遣社員の求人の中には図面の修正や作成のみを依頼している企業もあるため、CADオペレーターの知識や技術を身につけておくことで、さまざまな働き方を選ぶこともできるのです。

キャリアアップを目指す女性が年々増えている中、結婚や出産などライフスタイルが変化しやすい女性にとって、CADオペレーターは働き方の選択肢を増やせるため、魅力的な仕事といえます。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new