50代の転職は転職エージェントがおすすめ!その理由と活用方法とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代に限らず、転職活動をする際は何らかの転職サービスを活用すると効率よく進めることができます。

特に経験豊富な50代であれば、転職エージェントを活用することがおすすめです。

なぜ50代転職にエージェントがいいのか、その理由を、メリット・デメリットを踏まえて詳しく解説します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

転職エージェントと転職サイトとの違いとは

まずは、転職エージェントと転職サイトはどう違うのか、それぞれの特徴を見ていきましょう。

◆転職エージェントの特徴
転職エージェントとは、求職者と1対1で面談し、それまでのキャリアや転職先への希望条件などを洗い出し、最適な求人を紹介してくれる転職のプロです。

キャリアアドバイザーと呼ばれる人が担当についてくれて、転職活動の相談ができます。

あなたの経歴や希望を踏まえた求人をピックアップしてくれますが、募集する企業の事情にも通じているため、書類選考で落とされることはほとんどありません。

さらに応募書類の書き方や面接対策はもちろん、面接の日程調整や同行をしてくれる場合もあります。

内定が決まれば給与や待遇などの交渉も希望に合わせて代行してくれるという、手厚いサポートがあり、そのすべてが基本無料です。

キャリアアドバイザーとの面談や企業との面接時間は、現職を考慮して平日の仕事終わりや土日などに設定してもらうこともできるため、働きながら転職活動をする人には活用しやすいと言えるでしょう。

また一般には公開されていない非公開求人を紹介してもらえることもあり、ひとりで転職活動をするよりは各段に効率的かつより良い転職先が見つかる可能性があります。

◆転職サイトの特徴
転職サイトは数多くの求人が掲載されているサイトです。

Web上で会員登録をするだけで、基本無料でさまざまなサービスを利用することができます。

大手のサイトであれば、全国エリアのあらゆる職種を検索することができ、広く情報収集をするのにおすすめです。

基本的に自分で検索して応募するスタイルのため、求人探しを一からしなければいけません。

ただし自由に閲覧できるので、気になる求人をじっくり比較検討したり、とりあえずチャレンジ応募してみたりすることもできます。

業界や職種など未経験歓迎の求人も多数掲載されていますが、50代で未経験歓迎の企業は少ないでしょう。

最近はスマホで閲覧できるため、時間や場所を問わず会社の通勤時間など、空き時間に自分のペースで転職活動を進めることができます。

大手の転職サイトは20代や30代の転職希望者をメインターゲットにしている場合が多くなりますが、50代の求人がないわけではありません。

また、50代に特化したサイトもあるため、ひとつではなく複数のサイトを活用すると良いでしょう。

50代が転職エージェントを使うメリット

転職エージェントと転職サイトの違いがわかったところで、ここでは50代が転職エージェントを活用するメリットを見ていきましょう。

◆50代に寄り添ったサポートが受けられる
転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーがついてくれます。

転職のハードルが高い50代ならではの悩みも、キャリアアドバイザーに相談できるため、転職に不安がある人にはぴったりのサービスです。

転職のプロが相談に乗ってくれる機会はなかなかありません。

転職理由や志望動機、自身のキャリアの棚卸をはじめ、応募書類の書き方、面接対策、企業との条件交渉まで、さまざまなサポートを受けることができます。

◆50代を探している求人を紹介してもらえる
転職が当たり前になってきた昨今でも、やはり中途採用するのは20代や30代がいい、という企業も少なくありません。

原則、求人に年齢制限はNGとなっているものの、やはり50代という年齢で書類選考に通らない場合もあるでしょう。

しかし転職エージェントであれば、そういった事情も加味して、50代の人材を採用したがっている企業の非公開求人の紹介を受けることができます。

50代を採用したがっている企業側には、「〇〇部長の代わりになる人がほしい」「今度スタートするプロジェクトをやってほしい」といった明確な意図があり、そこにマッチすれば採用を得ることも難しくありません。

そういう求人は、募集人数が少ない場合や、求めている人物像が具体的な場合があるため、非公開求人でエージェントを通して探すことが多くなります。

◆条件交渉をおこなってもらえる
転職エージェントを通して内定が決まったら、担当者が転職先の企業とやり取りし、給与や待遇面の条件交渉を代わりに行ってくれるメリットも大きいでしょう。

転職エージェントは、これまでにも数多くの転職を成功させてきたプロです。

企業との信頼関係もできているため、求職者では難しいデリケートな条件交渉も、安心して任せられるのが魅力と言えます。

場合によっては転職後もしばらくはサポートしてくれることもあり、活用して損はないサービスです。

◆推薦状を書いてもらえる
転職エージェントでは、応募する際に、企業に求職者の「推薦状」を書いてくれます。

それは、キャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書などの応募書類だけでは伝わらない求職者の情報などを書くもので、応募書類でのアピール不足を補う役割を果たしてくれるでしょう。

キャリアアドバイザーとの面談で自分の経験やアピールポイントをうまくまとめる必要があります。

一度で納得いかなければ、何度か面談の場を設けてもらってもいいかもしれません。

50代が転職エージェントを使うデメリット

次は、転職エージェントのデメリットを見ていきましょう。

メリットだけでなくデメリットも理解した上で活用することで、リスクの軽減や転職成功の近道になります。

◆高いスキルや経験が求められる
50代となると、企業から求められる経験やスキルが高くなる傾向にあります。

これまでの経験やスキルに見合わなければ、紹介してもらえない可能性があるかもしれません。

50代なら年収が600万円以上などハイクラス求人を扱うエージェントも多いため、できるだけ複数の転職エージェントを使ってみて、自分に合う転職エージェントを見つけることが大切です。

複数から情報を得ることで、チャンスを広げられるよう工夫する必要があります。

◆50代の求人が少ないこともある
転職エージェントによっては、20代・30代の転職支援に強いエージェントもあります。

若年層の転職サポートに強い転職エージェントでは、50代向けの求人数が少なく、希望する求人を紹介してもらえない可能性が高くなるでしょう。

「50代の転職に強い」「50代の転職支援に特化している」といった転職エージェントを見つける必要があります。

事前に、転職実績などをチェックして、どんな求職者を転職させたかを見ておくと良いでしょう。

◆キャリアアドバイザーとの相性がある
面談をしてみて、相性の合わないキャリアアドバイザーが担当者として付く可能性もゼロではありません。

自分に合わない求人ばかり紹介されたり、やり取りしていて話がかみ合わなかったりするなど、時として相性の問題は起こりえます。

そんな時は、転職エージェントの相談窓口に伝えて、キャリアアドバイザーを交代してもらうことが可能です。

「担当を変えてもらうなんて失礼になるのではないか」など、心配する必要はありません。

お互いに仕事の上のことだから、そこははっきり伝える方が良いでしょう。

◆サポート期限があることもある
転職エージェントには、サポート期限が決められている場合があります。

たとえば、リクルートエージェントは約3ヵ月と決められていて、それまでの間に転職が決まらなければサポートを受けることができなくなるでしょう。

そのため、転職活動に時間がかかりやすい50代は、不利になる場合もあるため、エージェントの選択には注意が必要です。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

転職エージェントを活用するテクニック

ここでは、転職エージェントを賢く活用して転職を成功に導くテクニックを紹介していきます。

◆転職エージェントは複数登録する
複数の転職エージェントを活用することで、求人の選択肢を増やすことができます。

また、より多くの情報を入手することもできるため、同時に併用することがおすすめです。

転職エージェントは、それぞれ得意・不得意な分野があります。

大手企業が得意だったり、中小企業とのつながりが強かったり、地域に密着していたりと得意分野が異なるのも特徴のひとつです。

だからこそ複数の転職エージェントを利用することで、「これが当たり前じゃないんだ」という認識ができたり、「この人はより親身になってくれる」などといった違いが見えたりしてくるでしょう。

◆スキルや経験はなるべく詳しく入力する
転職エージェントに最初に登録する際には、スキルや経験などをなるべく詳しく記入しておきましょう。

情報が不十分だと紹介できる企業が少なく、転職エージェントから連絡が来ない可能性もあります。

特に職歴については、具体的にどんな業務の経験があるのか、リーダーなどのポジション経験やマネジメント経験があるかなど、詳細に記載しておくのがポイントです。

◆経歴や希望は細かく正しく伝える
希望の仕事や勤務地、待遇などについては、まずは希望として正確にすべて伝えるようにしましょう。

転職に不利になるかもしれないと思って、経歴や退職理由などを偽ったりせず、現職への不満などがあれば正直に伝えておくことも重要です。

転職に不利になりそうな情報については、対処法を教えてくれる可能性もあります。

◆アドバイザーとの関係性を大事にする
キャリアアドバイザーに正しい情報を伝えることは、信頼関係を築く上でも重要です。

信頼関係を築くことができれば、より多くの情報を教えてもらえる可能性が高くなります。

また、こまめに連絡を入れたり相談したりするなど、転職への強い意欲を見せることでアドバイザーもサポートがしやすくなるでしょう。

◆いろいろなアドバイザーがいると認識する
キャリアアドバイザーは、転職を成立させてこそ利益を得ることができる仕事です。

そのためアドバイザーの中には、自分の成績のために希望と違う求人を無理に紹介するような人もいるかもしれません。

そのアドバイザー以外の人で、自分に合う転職先が見つかる可能性はあります。

転職エージェントを併用することで、いろいろなアドバイザーの意見を聞き、自分でも転職サイトなどで応募してみたりするのもひとつの方法です。

まとめ

50代の転職では、転職のプロのサポートを受けることをおすすめします。

働きながら転職活動を進めるのは負担が大きくなる上、50代の求人を探すには手間も時間もかかるからです。

しかしエージェントを活用することで、転職の相談や手厚いサポートを受けることができ、より良い転職先が見つかる可能性が高くなります。

賢く活用して、転職を成功させてください。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事