40代未経験から介護福祉士の資格取得へ!求人の探し方&転職成功のコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

介護の仕事に転職したいと思ったことはありませんか?

でも40代という年齢がネックになるのではないか、介護職の経験や資格がないことなど、今の自分でも転職できるのかどうか、気になることはたくさんあるのではないでしょうか。

特に40代という働き盛りの年齢では、それまで積み上げてきたキャリアや人生経験などがあったり、家族ができたりと、20代や30代ではなかった環境も関わってきます。

今回はさまざまな条件の中で、40代未経験から介護の仕事に転職するためのお役立ち情報をお届けします!

未経験から転職できるのか、介護で活かせる介護福祉士の資格や仕事内容について、さらに40代未経験から求人を見つけるコツなどを詳しくご紹介しています。

最後まで目を通して、40代未経験から介護職への転職を成功させる参考にしてみてくださいね。

目次

40代から介護福祉士に転職できる?

介護の仕事をする人たち

介護業界は資格や経験はなくても働くことができます。
しかし、資格を取得しておけば、待遇やキャリアにプラスになります。

心身の障害により日常生活をひとりで行うことが困難な人に対して、食事や入浴といった身の回りのお世話をサポートする介護の仕事。

その専門職の介護福祉士として転職できるかどうか、詳しく見ていきましょう。

◆40代未経験からでも採用の可能性は大!
介護業界では人手不足の施設が多いため、40代未経験からでも採用してもらえる可能性は大いにあります。

しかし、通常の転職市場から考えれば、40代というと転職するにはかなりハードルの高い年齢です。

さらに未経験ともなれば、教育して戦力になるまである程度の時間が必要になります。
それでも40代未経験が採用される理由としては、離職率も高い業界であることがあげられます。

離職の理由としては、体力面でハードだったことが原因になることありますが、それは業務内容をしっかり把握しておくことで対処することができます。

体力面でハードと思われがちな入浴や着替えなどの補助といった業務は確かにありますが、力の入れ方といったコツを身につければできるようになります。

また、そうした介護業務は一部で、利用者の話し相手になったり食事の準備や介護方針の相談やアドバイスといった幅広い業務に携わります。

40代の人が持つコミュニケーション能力や豊富な経験を活かすことができるため、40代未経験からでも採用の可能性が高いと言えます。

◆入社後のキャリアアップを目指す!
しかし未経験で転職する場合は、経験者に比べて給与や待遇面で低めのスタートになることは覚悟しておかなければいけません。

即戦力とはなり得ないため、正社員での採用が難しい場合もあるかもしれません。
しかし入社後、知識と経験を積むことでキャリアアップの可能性もあります。

介護業界は高齢者を対象とした施設が多いため、40代でも若く見られる傾向にあります。
もう一度若手に戻ったつもりで、新しい業界で経験を積んでいきましょう。

◆資格取得の支援がある勤務先もある!
人手不足の業界で経験者からの応募が少なく、広く人材を募集しているため、勤務先によっては資格取得の支援をしてくれる場合もあります。

また介護業界に特化した派遣会社でも、登録スタッフに資格取得支援の制度を設けているところもあり、資格取得と同時に勤務先も紹介してもらえるなど、一人で転職活動を行うよりはるかに効率的に進められる場合もあります。

◆資格を取得するなら介護福祉士がおすすめ!
介護業界でのキャリアアップを目指すなら、国家資格の介護福祉士の資格がおすすめです。

単に身の回りのお世話をするだけではなく、利用者がその人らしく生活するためにさまざまなサポートを行う達成感のある仕事です。

40代未経験からでも、働きながら資格取得を支援してくれる転職先を探したり、転職活動の前に資格取得を目指したり、介護福祉士として転職する道は多々あります。

次に、介護福祉士の資格や仕事について詳しく解説していきます。

介護福祉士の資格ってどんなもの?

介護の仕事をする人

ここでは介護福祉士の資格や仕事内容について、詳しく見ていきましょう。

◆介護福祉士の仕事
まずは実際にどんな仕事をするのか、業務内容を詳しく見ていきましょう。

《利用者に対する介護業務》
・身体介助
心身の障害がある人や高齢者に対して、その人らしい生活が送れるように食事や入浴、排せつ、歩行などの介助を行います。

・生活援助
調理や食事の準備、掃除や身の回りのお世話などを行います。

・メンタルケア
利用者の話し相手をしたり、施設内でのイベントを開催したり、他サービス利用者や近隣住人との交流を促したりします。

また介護についての相談やアドバイスも行います。

《利用者の家族に対する業務》
介護方針の相談に乗ったり、介護用具を使う時の指導をしたり、自宅介護を希望している家族にはその相談やアドバイスなどを行います。

《介護スタッフに対する業務》
介護福祉士の仕事は、利用者とその家族に対してだけではありません。
施設で働くメンバーの指導やタスク管理といったマネジメント業務も求められます。

【主な勤務先】
介護福祉士の主な勤務先はどんなところがあるのかを見ていきましょう。

・介護施設
特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設などの介護施設で活躍の場があります。

また、グループホームなどの地域密着サービスでは主に認知症の利用者を対象にした介護を行う場合もあります。

・居宅サービスの事業所
在宅で介護を必要とする人に向けた訪問介護やデイサービスなどを行います。

勤務先によっても仕事内容は異なるため、あなたが希望する業務を明確にしておくことも必要です。

【1日のタイムスケジュール例】
《有料老人ホームでのタイムスケジュール》
8:30 朝食の介助や片付け、部屋の掃除、排泄介助、健康チェックや夜勤スタッフからの申し送りなど
10:00 入浴介助、介護記録の記載、外出介助、洗濯
11:30 昼食の準備と食事介助、外食希望者の外出支援、排泄介助、入浴介助
14:00 交代で昼休憩
15:00 おやつの準備、レクリエーションや散歩などの支援
16:00 身体測定
17:00 夜勤スタッフへの引継ぎ、介護記録の記載

《デイサービスでのタイムスケジュール》
8:30 利用者の送迎
9:00 健康チェック(血圧、脈拍、体温測定など)
10:00 入浴介助
11:30 昼食の準備と食事介助
13:00 体操や機能訓練
14:30 散歩の外出支援
15:30 おやつの準備と介助
16:00 帰宅の準備、トイレ誘導
16:30 お見送り(送迎)
17:00 明日の準備、介護記録の記載

《訪問介護でのタイムスケジュール》
9:00 直接利用者宅へ訪問
10:00 身体介護、朝食の配膳と介助
10:30 2件目の利用者宅へ移動
11:00 部屋の掃除、昼食の調理
13:00 休憩、3件目の利用者宅へ移動
13:30 入浴の介助と部屋の清掃、洗濯
16:00 事業所へ戻り業務報告、明日の訪問先予定確認
17:30 帰宅

介護施設で働く場合は入居者の細かな介護業務や夜勤もあります。

訪問介護の事業所で働く場合は、利用者宅を1日数件訪問することがあり、移動も多くなります。

施設内でじっくり介護に集中するのか、移動しながらさまざまな利用者宅へ訪問介護をするのか、自分に向いているかどうかも明確にしておくとよいでしょう。

◆未経験から介護福祉士の資格を取得する方法
こうした介護の仕事に役立つのが介護福祉士の資格です。
介護福祉士とは、社会福祉専門職の介護に関する国家資格です。
初任者研修やケアマネジャーと違い、現時点では介護・福祉系の資格の中では唯一の国家資格です。

資格試験に合格して登録することで、介護職として国に認められたことになります。
介護に関する専門的な知識も有しているとみなされるため、より高度な知識や技術を要求されます。

【資格取得への道】
40代未経験から介護福祉士の資格試験を受けるためには、資格取得の方法は気になるところだと思います。

介護福祉士の資格を受験するには実務経験が3年以上必要になるため、働きながら最短で資格取得しても3年はかかることを知っておきましょう。

他の介護系の資格を持っていれば別ですが、未経験から介護福祉士を目指すには3つの方法があります。

・実務経験から資格取得を目指す
介護施設で働きながら国家資格を受験する方法は、最も多い方法と言えます。

前述の通り、資格取得支援のある勤務先もあるため、費用面でも負担が少なくなる可能性があります。

働きながら資格取得を目指すことができ、最短3年での取得を目指すことができます。

・養成施設へ通う
養成施設へ通うと、介護福祉関係の学校を出ていなくても2年で受験資格を得ることができます。

働きながら実務経験を積んでも最短3年かかりますが、養成施設ならさらに短期間での資格取得を目指すことができます。

ただし学費を払って通うため、経済的、時間的に余裕のある場合の選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

もう1つは福祉系の高校を卒業して試験を受ける道もあります。もし福祉系の学校を卒業した人は、受験資格を確認してみるとよいでしょう。

◆介護福祉士国家試験の勉強法
続いて、試験の勉強方法について見ていきましょう。
介護福祉士の試験は、合格率50~60%程度と言われており、国家資格の中では難易度は高くはありません。

とはいえ簡単な試験というわけではありません。
しっかり勉強しておくに越したことはありません。

春ごろから基本的な知識を身につけるところから始めることをおすすめします。
独学で始めるなら介護福祉士受験対策の問題集などを購入し、知識をつけていきましょう。

秋ごろになると少しずつ過去問にも取り組み、自分の苦手分野や試験の傾向を知ることも進めていきましょう。

そして試験直前の時期になると、本番と同じように時間を図って問題に取り組むなど、より試験に近い対策を取っておきましょう。

秋から冬ごろにかけて模試が開催されることもありますので、それを受けてみるのもいいでしょう。

40代で学生時代から時間が経っているため、勉強や暗記が難しいと感じることもあるかもしれませんが、自分のキャリアのために必要なこと、それも仕事の一部と思って取り組みましょう。

40代未経験から資格取得をするには、働きながら実務経験を積む方法、養成施設へ通う方法の2つが挙げられます。

しかし40代ともなれば、家族がいたり経済的に働かなければいけなかったりと、学生時代のように勉強だけに時間とお金を使うことが難しい場合もあります。

また、働きながら資格取得を目指す場合は、実際の業務を経験できるため「こんな仕事だと思わなかった」といった転職後のギャップを避けることもできます。

今のあなたの環境を考え、一番よい方法を見つけてくださいね。

▼合わせて読みたい!
40代で介護福祉士へ!必要資格や仕事内容、給料アップ方法を解説
未経験の40代女性への需要大!ヘルパーなど介護職への転職とは?

40代で介護福祉士に転職するメリットとデメリット

メリットとデメリット

次に、40代という年齢から経験のない介護福祉士の仕事に転職するメリットとデメリットを見ていきましょう。

本当に自分に合っているのかどうかの判断材料にもなりますので、よく目を通してくださいね。

◆メリット
・仕事の領域が広がる
介護の仕事は、無資格でも働くことができます。
実際に無資格・未経験から介護業界で働いている人はいます。

しかし介護福祉士の資格を取得することで、できる仕事の領域を広げることができます。

たとえば介護業界の資格に介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)もありますが、できる仕事の内容や勤務先でも違ってきます。

多岐に渡って利用者の支援に携わりたいと思う人なら、介護福祉士の資格を取得することをおすすめします。

・収入が上がる
介護福祉士は勤務先の選択肢が広がると同時に、正社員での採用が多いため、収入や待遇のよい転職ができる可能性があります。

国家資格であるため、他の介護系資格よりも優遇される場合もあり、資格手当が出る勤務先もあります。

・管理職として働くことができる
介護福祉士は専門知識や技術を活かして利用者の生活をサポートするほか、ほかの介護スタッフのマネジメント業務を務めることもできます。

多くの施設や事業所では、介護福祉士の資格を有していなければ役職を与えない場合があります。

管理職として働くことで仕事に対する見方も広くなり、成長を実感できることも多いと言えます。

・さらなるキャリアアップの可能性がある
介護福祉士での経験を積んでケアマネージャーや認定介護福祉士など、さらなるキャリアアップの可能性もあります。

40代から介護業界でのキャリアを検討するなら、介護福祉士は取っておいて損はない資格と言えます。

◆デメリット
・最初は無資格者と変わらない
介護福祉士の資格を取得すれば、無資格の人とは違って将来役職につくなどキャリアアップの可能性が高くなります。

できる仕事の領域も広くなりますが、いくら資格があっても未経験であれば最初は無資格者と仕事内容は変わりません。

それは未経験から新しい業界に転職したため、仕方のないことです。
仕事を覚えて経験を積み、仕事の幅を増やしたり役職につけるよう頑張ることが大切です。

・同僚や上司が年下の場合がある
40代という年齢を考えれば、転職先の同僚や先輩、上司が年下の可能性は高いです。

年下にあれこれ言われたくない、という人は、40代から未経験の仕事に転職するには不向きかもしれません。

しかし、介護の業界でやっていくという人は、それくらいのことは気にならないのではないでしょうか。

自分のキャリアのために努力することは、どんな環境でもどんな業界でも同じです。

40代未経験から転職するには、最初から不利な状況にあることを理解しておきましょう。

だからこそ、介護系で唯一の国家資格である介護福祉士の資格を取得することは大きな武器になります。

前述の資格取得の方法を参考にして、頑張ってくださいね。

《介護福祉士に向いているのはこんな人!》
・人と接することが好きな人
介護福祉士は利用者やその家族はもちろん、介護スタッフなど常に人と接する機会の多い仕事です。

人と接することが好きな人には向いていると言えます。

・ストレス発散のうまい人
利用者や家族からの相談や時には苦情を言われることもあります。
そうしたストレスをうまく発散することも必要です。

・相手の立場に立って考えられる人
介護福祉士の仕事は利用者やその家族に寄り添うことが必要です。

どんなことで困っているのか、その悩みを解決するにはどうすればいいのか、真摯に向き合って考える人に向いています。

介護の仕事は人の役に立つことができ、社会貢献度も高い仕事です。
そこにやりがいを感じて頑張れる人にこそ、向いている仕事と言えます。

介護福祉士の求人の探し方

FIND JOBの文字

介護福祉士の資格や仕事内容、メリット・デメリットは理解できたでしょうか。
ここでは介護福祉士として働きたい人に、効率のよい求人の探し方をご紹介します。

◆介護に特化した求人サイトを活用する
今や求人を探す媒体はさまざまあり、ハローワークなどでも紹介してもらえますが、介護に特化した求人サイトは情報量が比較にならないほど多い傾向にあります。

好条件の求人を探すなら必ずチェックしておきましょう。

介護を専門にしたアドバイザーが相談に乗ってくれたり求人を探してくれるため、介護業界が未経験でも安心です。

さらに面接の同行や待遇などの交渉といった自分ではやりづらいこともお任せできます。

《おすすめの求人サイト》
きらケア介護求人
介護専門の派遣・紹介サイトとして実績のあるサイト。

専任のアドバイザーがついて、希望に合った求人を探してくれるほか、給与や夜勤などの交渉もしてくれます。

職場の詳しい内部情報を知ることができ、転職後のアフターサポートも充実しているため、未経験から介護業界への転職を検討している人にはおすすめです。

かいご畑
通常なら10万円以上かかる資格、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士(受験対策)など初級~上級資格まですべて無料で取得できます。

専任のコーディネーターが転職相談からサポートしてくれます。

ジョブメドレー
全国の介護系求人が掲載されており、地方での転職を検討する人におすすめです。
事業所からのスカウトを受けることもでき、効率よく転職活動を進めることができます。

マイナビ介護職
介護専門のアドバイザーが希望に合わせた求人を紹介してくれます。
さらに職場見学や応募、面接などすべてアドバイザーが調整してくれます。

◆ハローワークやフリーペーパーを活用する
ハローワークやフリーの求人誌から探す方法もあります。

求人サイトの方が簡単に検索することができますが、数多くある求人の中から自分で条件を絞り込んで検索するため、ほかの条件の求人を目にすることがありません。

効率よく希望に合った求人を探すならそうした求人サイトはぴったりなのですが、時にはほかの媒体を使って、広く情報収集することもおすすめします。

複数の媒体で求人を比較することで、自分に合っていると思った条件や勤務先が変わる可能性もあります。

また、複数のサイトやフリーペーパーで長期間求人募集を掲載している企業は注意が必要です。

長期間掲載しているということは、慢性的な人手不足や離職率が高い企業の可能性もあります。

情報は複数から集めることをおすすめします。

◆転職したい勤務先のことをよく調べる
介護に特化したサイトでアドバイザーに相談したり、職場見学などもひとつの方法ですが、転職したいと思った勤務先のことは自分でもよく調べることをおすすめします。

求人の募集要項に書かれている文面や写真だけでは、わからないことの方が多いものです。

一緒に働くスタッフがどういう人たちなのか、職場環境や雰囲気はどんな感じなのか、知っておくとよいでしょう。

また勤務先の教育体制やキャリアアップ制度、資格取得支援制度なども確認しておきましょう。

実務経験を積みながら資格取得を目指す人は資格取得支援制度のある勤務先を選びたいところです。

またキャリアアップ制度があれば入社後のモチベーションアップにもつながり、今後のキャリアにも影響します。

求人の内容だけではなく勤務先のホームページをチェックしたり、一度見学や下見に行ってみるのもおすすめです。

見学や下見では、実際に働いているスタッフの表情や利用者の雰囲気なども見ることができるため、入社後のイメージがわきやすくなります。

また施設内の掃除が行き届いているか、といったこともチェックしておきましょう。

▼合わせて読みたい!
40代から介護職へ!キャリアアップの方法&使える求人サイト6つ
50代必見!50代こそ、転職で介護求人に挑むべき6つの理由

まとめ

超高齢化社会の日本では、今後ますます介護を必要とする人が増加する傾向にあります。
同時に介護や福祉の分野で支援を行う人材も必要になります。

若い世代よりも高齢者世代が多くなる中、介護用の道具やロボットの開発も進んでいくでしょう。

AIが導入され、より効率よく体力仕事をサポートしてくれるため、介護業務の負担が軽減されていくかもしれません。

しかし、どんなにAIが発達しようとも、介護は人と人との信頼関係やコミュニケーションが大切な仕事です。

ロボットや新しい道具も活用しながら、よりより支援やケアができる介護福祉士が求められていくでしょう。

介護を利用する人が増えれば増えるほど、またAIといった便利な道具や機能が充実すればするほど、質の高い介護福祉士が必要になります。

志を持って利用者に寄り添う介護を目指す人であれば、年齢や経験に関係なくいい介護サービスを提供する介護福祉士になれる可能性があります。

これから転職を検討しているなら、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事