50代の女性が理想の求人を上手に探すポイント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代から仕事を探そうと思ったことはありますか?

しかし50代という年齢を考えると、求人数が少ないのが現状です。

数が少ないからこそ、コツをしっかり押さえた求人探しで、理想の仕事を見つけることができるでしょう。

今回は50代女性が求人を見つけるポイントや、転職成功の方法、おすすめの仕事をまとめて紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代の女性の求人応募に潜む厳しい現実

まずは50代女性の転職が厳しい理由から見ていきましょう。

◆50代女性にとっての理想の求人が少ない
厚生労働省の令和2年3月「一般職業紹介状況」の年齢別新規有効求人倍率によると、20代から30代の求人倍率が2倍を超えるのに対し、50代の求人倍率は約1.8倍となっています。

50代女性向けの求人数は若い世代と比較すると少ないのが現状です。

特に女性は出産や子育てといったライフスタイルの変化で、仕事にブランクが空いてしまうことがあります。

一定期間ブランクがあると即戦力として復帰することが難しいと判断されることが多く、求人数が少なくなる傾向です。

また、50代女性向けの求人があっても求職者の応募が多数集まるため、転職のハードルは上がるでしょう。

◆若い世代と比較されてしまうから
50代という年齢を考えると、20代や30代の若い世代と比べられてしまうのは仕方のないことです。

スキルや経験があっても、企業はできるだけ長く活躍してくれる人材を求めることが多いため、50代よりも20代や30代の方が転職に有利と言えます。

また、年齢が上がると体力や記憶力といった身体機能が低下してしまい、任せた仕事を正確にできないのではないかと考える企業もあるかもしれません。

◆柔軟性が無いという印象があるから
50代女性は一般的に、人生経験が豊かでコミュニケーション能力が高い人が多い傾向です。

しかし人生経験が豊富だからこそ、ひとつのやり方に固執してしまったり、余計なコミュニケーションを取ってしまったりすることも少なくありません。

企業にとって、そういう人材は組織の中では「扱いづらい」と思われがちです。

もちろん全員がそういうタイプではありませんが、扱いづらい50代女性は一定数いるため、求人選考の際には50代女性が警戒される可能性があります。

◆仕事にブランクがあるから
女性は結婚や出産、子育てなどのライフスタイルの変化に合わせて、一定期間仕事にブランクが空く人が多いでしょう。

経験があっても職歴にブランクがあると、即戦力を求める企業側にはマイナスイメージを持たれてしまう可能性があります。

50代であれば育児はいったん落ち着いているかもしれませんが、仕事と家事の両立を希望して、残業ができないなどの制限が多い場合は、企業の条件に見合わないと判断されてしまうこともあるでしょう。

50代の女性が理想の求人を見つけ転職に成功する方法

50代女性の現実を理解したところで、次に理想の求人を見つけて転職を成功させる方法を詳しく見ていきましょう。

◆自分の経験が活かせる求人を探す
正社員での転職を希望する場合は、これまでの経験が活かせる仕事から探すことをおすすめします。

50代の転職では、即戦力としての活躍が期待されるでしょう。

ブランクがあっても過去に経験があれば、それを評価してくれる可能性は高くなります。

自分がアピールできる経験やスキルを明確にしておくことも必要です。

業務に役立つ資格などがあれば、強い武器になります。

スキルアップできる資格があれば、勉強しておくと有利になるかもしれません。

◆ライフスタイルにあった求人を探す
通勤のしやすさや通勤時間、勤務時間や曜日など、ライフスタイルに合った求人から探すのもひとつの方法です。

50代で体力も落ちているため、昔と同じように働けるとは限りません。

体への負担や自分のライフスタイルも考慮して求人を探すと良いでしょう。

◆長く働ける条件の揃った求人を探す
勤務時間だけではなく、成果で判断してくれる企業なら、時短勤務などができる可能性があり、長く働きやすい環境と言えます。

週に何度か在宅勤務や、フルリモートで働けるなら通勤の負担や時間もかかりません。

また、女性比率や女性管理職の数が多い会社を選ぶと、女性が長く活躍できる企業と判断できるため、長く働ける可能性が高くなります。

◆正社員にこだわらずに幅広く求人を探す
正社員に強いこだわりがない場合は、アルバイトやパート、派遣といった非正規での働き方を考えてみても良いでしょう。

企業は優秀な人材をできるだけ安く採用したいという考えも持ち合わせているため、フルタイムではない採用を検討する企業も増えています。

50代という年齢ではある程度の年収を支払わなければいけないと思って採用を躊躇する企業もあります、が時短勤務や週3勤務であれば高い年収ではなくなり、採用のハードルは下がるでしょう。

また、職種によっては業務委託で働いたりするという働き方もあります。

雇用形態にこだわり過ぎず、幅広い働き方から探してみてもいいかもしれません。


◆あわせて読みたい!
50代の転職は難しい!?転職を成功させる方法を解説

50代の女性がやってはいけない求人の探し方

ここでは、転職に失敗する人がやってしまいがちな求人探しの特徴を見ていきましょう。

あなたの転職活動の参考にしてみてください。

◆「とりあえず」求人を探している
今の職場に不満があるから、「とりあえず転職しよう」などと、後先を考えず転職する人は、高い確率で失敗します。

明確な目標もなく、志望動機も曖昧な状態では、採用される可能性は低くなるでしょう。

50代女性に企業側は一定の期待をしており、だからこそ転職のハードルも高くなります。

安易な転職をするのではなく、求人探しから計画的に進めていかなければいけません。

◆キャリアや経験と関係ない求人を探している
転職活動で、それまでのキャリアや保有している資格を活かし切れていない人も、なかなか転職先が決まらない特徴のひとつです。

20代や30代にはない経験と実績を持つ50代だからこそ、それを転職活動に活かさない手はありません。

自分の強みをさらに深堀すれば、あなたにマッチする企業が自ずと見えてくるでしょう。

自分の強みがわからない場合は、知人に相談したり、転職エージェントなどに登録してプロからアドバイスをもらったりしてみてください。

◆高すぎる条件で求人を探している
最初から高い条件で求人を探している人も要注意です。

例えば月給は今と同じ水準かそれ以上を希望したり、通勤は1時間以内を希望したりするなど条件を高くすると、いつまで経っても転職先どころか求人すら見つからないでしょう。

まずは待遇面での条件に優先順位をつけて、何を重要視するのかを明確にしてください。

そこから譲れる条件、譲れない条件を模索しながら求人探しを進めてみることをおすすめします。

特に年収面では、最初から高い金額を求めると求人は見つかりません。

入社してから頑張り次第で収入を増やすことができるため、入社後のキャリアプランも考えて求人を探してみてください。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代の女性におすすめの仕事

ここでは50代の女性が未経験でも成功しやすい仕事を見ていきましょう。

◆サービス業
サービス業は50代女性が転職しやすく、おすすめの転職先です。

販売や接客なら、女性向け、40代や50代向けといったお店を選ぶことで需要が高くなります。

特に、近年需要が伸びている家事代行では、料理や掃除といった家事で培った経験をダイレクトに活かせる職業です。

個人宅へ行くため、主婦経験のある女性なら依頼する方も安心できるメリットもあります。

実務経験を長く積んでいれば、コミュニケーションスキルや、きめ細やかな対応に自信がある人も多いでしょう。

◆介護
介護職は年代や性別を問わず募集されている業界です。

介護業界は慢性的な人手不足であり、今後ますます高齢化が進むため、需要はさらに高くなるでしょう。

40代や50代でも未経験からの募集もあり、50代女性の採用に積極的な企業も少なくありません。

後輩や部下の指導やマネジメントをしてきた経験や、チームでプロジェクトに取り組んだ経験などがあれば、積極的にアピールすると良いでしょう。

◆タクシードライバー
タクシードライバーは、50代以上も多く活躍している職種です。

未経験での求人も多く、50代や60代でも転職しやすい業界と言えます。

二種免許の取得支援制度を設けている企業も多く、二種免許の有無も問われることはほとんどありません。

一日中運転する仕事のため、運転が好きではない人には向いていませんが、運転が苦でなければ十分活躍できます。

女性ドライバーも増えており、細やかな気遣いができる点や、女性客などが安心できる点でも需要がある仕事です。

◆配送ドライバー
ドライバーの中でも、トラックを運転する配送ドライバーは常に人材不足と言われています。

タクシードライバー同様に、未経験での採用される可能性が高く、長く活躍できるでしょう。

長距離トラックは走行距離が長くなり、体力的な面で不安な人もいるかもしれませんが、しっかり休憩を取ることができ、ひとりでの業務のため煩わしい人間関係がなくて気楽という人も少なくありません。

もちろん納品先とのコミュニケーションは必要のため、まったく人と関わらないとは言えませんが、社会人としてのモラルやマナーを持ち合わせている人なら問題ないでしょう。

長距離だけではなく、中距離への配送や、宅配など近距離の仕事もあります。

軽い荷物であれば女性でも運びやすいため、運ぶ荷物で求人を探してもいいかもしれません。

まとめ

50代女性が理想の求人を見つけるためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

20代や30代と同じような転職活動では、時間と手間ばかりかかってしまうでしょう。

50代未経験でも転職しやすい仕事もあります。

これまでの経験やスキルと、年齢や女性としての強みをうまく掛け合わせることで、あなたにぴったりの転職先が見つかるはずです。


◆あわせて読みたい!
50代の転職は難しい!?転職を成功させる方法を解説
年収

新着記事

関連する記事