50代男性の転職事情とは?失敗しないテクニックを紹介

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代の男性が転職を考えた際に、年齢がネックになるのではないかと気になったことはありませんか?

50代という年齢を考えると、定年間近の年代です。

果たして転職先が見つかるかどうか、不安になる人もいるのではないでしょうか。

今回は50代男性の転職事情や、転職に失敗しないテクニックを詳しく解説します。

50代男性におすすめの仕事も紹介していますので、最後まで目を通して、転職の参考にしてください。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

数字で見る50代男性の転職事情

客観的な転職事情を把握しておくことが大切です。

まずは、50代男性の転職事情を数字で見ていきましょう。

50代で転職する人の割合は?
厚生労働省の「平成30年の労働力調査」によると、転職者の総数に対して50代で転職する人の割合は、約4%となっています。

年代問わず、年々転職者数は増えていますが、数字を見ればわかるように、50代の転職者数も増加傾向にあると言えるでしょう。

男女で比べてみると、女性の方が転職者の比率は高い傾向にありますが、これはパートタイムなど非正規雇用への転職も含んでいるため数字が高くなっています。

◆50代は正社員の転職ができる?
正社員としての採用率が最も高くなる世代が30代でしょう。

50代は正規雇用が28.7%、非正規雇用が24.5%となっており、非正規雇用での採用も多いのが現実です。

50代の採用率が最も高まっているのは、従業員数60~299人規模の企業となっています。

非正規雇用での採用率が高いのは、従業員数300人以上の企業です。

正社員としての採用を狙う場合は、大手企業より中小企業の方がいいのかもしれません。

◆50代の転職活動の期間はどれくらい?
次に、転職活動期間の目安ですが、実は50代の転職活動期間は、半年程度が最も多く、次いで3ヵ月程度、1~2ヵ月程度となっています。

この傾向から考えると、半年程度を目安とすると良いでしょう。

ただし、これは数字の上での目安でしかありません。

50代の転職活動は長期化する可能性があることも念頭に置いて、進めるようにしてください。

50代の転職後の年収はどうなる?
50代での転職は、年収が下がる傾向にあり、50代でも後半になると、実にふたりにひとりは転職で年収が下がる結果となっています。

50代なら家族を持つ人も多いため、経済的に無理な年収での転職は避けた方が良いでしょう。

ただし、ある程度の妥協は必要なため、どこまであきらめるのか迷うところではあります。

50代の転職が厳しいと言われる理由はここにあると言えるでしょう。

50代男性に企業が求めることは?

次に、企業が50代の男性に求めるスキルや人物像はどんなものか、詳しく見ていきましょう。

◆即戦力になれる知識と経験
企業が50代を採用する一番の理由は、即戦力かつマネジメントも任せられる人材が欲しいからです。

そのため、それまで培ってきた専門的な知識はもちろん、経理やセールス・マネジメントといった周辺分野のスキルも重要視されるでしょう。

知識や経験を求めていないのであれば、企業としても給料が少なくてすむ若手を選ぶはずです。

さらに自分の給与はもちろんのこと、その数倍の利益を上げて会社に貢献してくれるような、経営者目線を持つ人材であれば、多少人件費が高くても採用したいという企業はあります。

◆積極的な姿勢
50代となると若手のように手取り足取り教える必要はないと思われるため、自分から考え、仕事に取り組める人材が求められます。

むしろ入社して20代や30代といった若手社員の教育をしたり、事業をけん引してくれるような人材でなければ採用には至りません。

主体的に動き、仕事を生み出すくらいの積極性がなければ高い評価を得ることはできないでしょう。

◆人から好かれる印象
それまでの実績も素晴らしく、会社に収益を与えてくれる即戦力だったとしても、人とうまくコミュニケーションが取れない人は採用されません。

どんなに優れたスキルや経歴があっても、転職先では新人です。

そのことを念頭に置いて、年下の先輩や上司など、誰に対しても謙虚な姿勢で接することができなければ、「扱いづらい」と思われてしまいます。

仕事はひとりでするのではなく、チームワークが大切です。

「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえる印象を持ってもらえるように心がけましょう。

◆若手人材の育成力
人材育成はどの企業も力を入れているため、後輩や部下のマネジメント経験があれば、いずれ何らかの役職が与えられるのは間違いありません。

まだ人材育成の研修や体制が整っていない中小企業やベンチャー企業であれば、なおさらマネジメント能力のある人材を放っておかないでしょう。

これまで培ったマネジメント経験が、転職先とマッチしているかどうかも重要です。

事前にしっかりと確認し、アピールするようにしてください。

50代男性が転職を成功させるテクニック

ここでは、50代が転職を成功させるためのポイントについて詳しく見ていきましょう。

◆転職活動は働きながら行う
50代は働きながら転職活動を行うようにしてください。

厚生労働省の「令和2年度転職者実態調査」によると、転職活動において「離職期間なし」と答えた人は約26.1%となっています。

働きながら転職活動を同時に行うことは忙しく負担もかかりますが、50代が離職期間を作ってしまうと「1度リタイアしたのではないか」と疑念を持たれてしまう可能性があるので注意が必要です。

◆実績や経験をまとめておく
50代に限ったことではありませんが、転職活動を行う場合、これまでの実績や経験を分かりやすくアピールする必要があります。

特に20代・30代といった若い年代と比べて豊富な経験を持つ50代は、ダラダラ経歴を書き連ねるのではなく、わかりやすくアピールポイントを絞った書き方をしなければいけません。

うまくまとめてアピールすることができれば、より良い条件で転職先を見つけることができるでしょう。

◆経験が活かせる仕事を探す
50代という年代は、一見転職は不利だと思う人も多いかもしれません。

しかし、これまでの経験や実績を活かして活躍できる可能性が高いとも言える年代です。

経験のある業界や職種に応募すれば、スムーズに転職活動を進めることが可能になります。

◆転職したい理由を明確にしておく
50代で転職活動をするのであれば、転職理由は明確にしておく必要があります。

厚生労働省が発表している「令和2年度転職者実態調査の概況」の転職者が転職を決心した理由を見てみましょう。

転職した理由は「自己都合」が最も多く、「労働条件や待遇がよくなかったから」、「満足のいく仕事内容ではなかったから」などが多い傾向です。

しかし、本当に転職する必要があるのかを改めて考えてみてください。

それまでのキャリアや経験を活かした転職とは言っても、長年築き上げた立ち位置や時には役職も捨てることになりかねません。

転職理由を明確にしておかなければ、後々後悔する可能性があります。

◆真摯で謙虚な気持ちを持つ
50代の転職活動は、20代や30代と比べても特に真摯で謙虚な気持ちで面接に臨むことが重要です。

一般的な50代は、企業の中でも管理職や役職に就いている人が多く、新しい会社に転職すれば、それまでの管理職や役職の肩書きが通用しなくなります。

だからこそ、本来持っているスキルや経験、人柄で勝負しなければいけません。

◆選択肢は広く持っておく
50代が転職活動をする場合、他の年代に比べると採用のハードルは高くなります。

そのため、正社員以外の非正規雇用も視野に入れて転職活動してください。

非正規雇用の雇用率は、50代と他の世代を比較してもあまり格差はありません。

雇用形態よりも転職することを重要視するなら、選択肢を広げてみることも必要です。

◆人脈を活用して転職を探す
50代であれば、経験やスキルのほかにも、これまで築いてきた人脈を活用することができます。

人の紹介であれば、若い年代と比較すると高待遇での転職を狙うことも可能です。

転職活動を本格的に始めたら、これまでの人脈を活用して人材を必要としている企業がないか聞いてみるのも転職成功の秘訣と言えます。

◆複数の転職サービスに登録する
50代で転職活動を成功させたいなら、転職サービスを複数活用することをおすすめします。

複数のサービスを使うことで、情報を多く集めることができ、採用の可能性も高くなるでしょう。

求人を紹介してもらえるチャンスが増え、複数のキャリアコンサルタントから多角的な意見をもらうこともでき、メリットは多いと言えます。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代男性におすすめの仕事

50代から転職するなら、現職と同業種が手っ取り早い方法ですが、どうしても未経験で転職したい場合におすすめの仕事を見ていきましょう。

◆営業職
営業や接客といった業種は、未経験でも始めやすい代表的な仕事と言えます。

年収が比較的高いとされる不動産や金融業界でも、社会人経験で得た提案力や対応力を発揮することができるため、営業で活躍するチャンスはあるでしょう。

◆警備員
警備員の平均年齢は高く、50代・60代も活躍している業界で、50代未経験でも採用の可能性はあります。

「警備員指導教育責任者」などの資格を取得することで、給与アップができる企業もあるため、転職後に収入を上げることも可能です。

◆ドライバー
車の運転が苦でない人なら、タクシードライバーや運送業といったドライバーの仕事への転職がおすすめです。

トラックドライバーは、重い荷物を運ぶ場合もあるため体力に自信がある人に向いています。

タクシー運転手は二種免許が必要ですが、普通免許を持っていれば、取得費用を負担してくれる会社もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

◆介護職
介護職は人手不足で50代以上の未経験でも転職しやすい業界です。

資格がなくても働くことができ、少子高齢化が進む今、その需要は増加傾向にあります。

全国どこでも介護施設があるため、転職のために遠方に行く必要がなく、自宅の近所で探すことも可能です。

◆清掃業
掃除や単純作業が好きな人に向いている仕事です。

公共交通機関や、宿泊施設、オフィスビル、商業施設なさまざまあり、ひとりで作業することが多いため、コミュニケーションが苦手な人におすすめの仕事と言えます。

まとめ

50代男性の転職はさまざまなハードルが伴いますが、自分の経験やスキルを明確にしてアピールできれば、転職は不可能ではありません。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事