30代・40代の転職希望者は必見!参考にするべき転職成功事例5つ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>求人数は約10万件!専任のキャリアアドバイザーが40代のあなたの転職をしっかりサポートしてくれます。

40代で後悔のない転職をするためには、自分に合った求人を見つけることが大切です。より多くの求人情報からあなたにピッタリの会社と出会うために、まずは『doda』に登録しましょう。

非公開求人を含む求人数は約10万件!専任のキャリアアドバイザーによるサポートの質の高さも評判で、あなたの適性や希望に合った求人を紹介してくれます。
多くの求人を比較したい、高い質のキャリアサポートを受けたい方はぜひ利用してみてください。

doda公式サイトで会員登録

40代で転職を考えた時、気になるのは「本当に転職した人がいるのかどうか」ではないでしょうか。

今回は、30代と40代の転職成功者の事例をもとに、転職成功の秘訣を解説しています。

これから転職を考えている人は必見の内容です。
ぜひ最後まで目を通して、参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 「転職サイト」と「転職エージェント」の両方の求人が掲載されているの、求人数が圧倒的に多い
  • 色んな求人を見て働き先を探したい方
    におすすめ
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
管理部門・士業向け
  • 管理部門(経理、総務など)やスペシャリスト(弁護士、税理士など)向けのサービス
  • 大手上場企業や金融機関など幅広い求人があり、扱う求人数は業界トップクラス
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

転職希望者は必見!転職事例5つ

転職成功した女性

まずは、実際に転職を叶えた30代、40代の人の成功事例をご紹介します。

《40代女性》派遣社員から正社員へ転職
2ヶ月を目標にして転職活動をスタート。
週に20社応募を必須にして活動し、当初は週に2~3件の面接が入るも徐々に減少。
一時は正社員を諦めかけたものの、若手を希望していた企業にダメ元で応募したところ、面接をしてもらえることに。
そこで人柄やスキルを買われて内定へ。

《49歳女性》経理正社員から同職種へ転職
当初はハローワークからの紹介案件ばかりに応募していたが書類が全く通らず、面接に至らなかったため、転職サイトや求人誌、新聞求人欄などで情報をチェック。
さらに応募書類を見直し、自己PR文や写真もプロに撮り直しをしてもらって応募し、面接から内定へ。
特に手直しした自己PR文がよかったと採用後に言われた。

▼もっと詳しく知りたい方は、こちらも参考にしてくださいね。
40代女性の転職に役立つ!成功事例と進め方のポイント&心得3つ

《30代前半女性》ベンチャー企業から大手IT企業営業職へ転職
大手広告代理店を結婚・出産を機に退職。ベンチャー企業で週3日のパートタイム勤務を経て、時短社員へステップアップ。
約2年のキャリアを積み、ネット広告の営業実績と知識、人脈を築いて転職活動をした結果、その実績が認められて大手IT企業への転職成功に至った。

《30代後半女性》アパレルのプレスからベンチャー企業の広報へ転職
大手アパレル企業のプレス担当として勤務後、結婚と同時に引っ越したため退職。
業界は違っても「広報のキャリアを生かしたい」という強い希望があって、派遣勤務時代に転職活動をスタート。派遣勤務などを経てベンチャー企業の広報に転職。
育児との両立のため時短勤務制度を活用し、キャリアを積んでマネージャーに昇進。

《30代半ば女性》派遣社員からベンチャー企業のメディア編集へ転職
大手出版社で雑誌の編集や広告制作を経験。
結婚と出産を機に退職し、約3年のブランクを経て派遣社員勤務の後、ベンチャー企業のWEBメディア編集のパートを経て、時短勤務の正社員へステップアップ。

▼もっと詳しく知りたい方は、こちらも参考にしてくださいね。
30代で子持ちの女性も転職できる!成功事例から見る転職のコツ

事例から学ぶ!転職成功者に共通する特徴5つ

転職成功でキャリアアップイメージ

次に、事例から転職成功した人たちに共通する特徴を見ていきましょう。

◆週に20社以上は応募する
転職活動の際には、とにかく本命の企業を含めてたくさん応募しておきましょう。
少しでも希望条件に合う求人があれば、書類や面接の練習にもなります。

◆年齢で諦めない
40代が求められていないと思っても、ダメ元で応募するだけでもしておきましょう。
どうしても働きたい意欲と実績を見て、面接まで進む可能性があります。

◆キャリアに一貫性を持たせる
キャリアに一貫性があれば、転職回数が多くてもマイナスにはなりません。

少し違う職種であっても、長い目で見た自分のキャリアプランを立てて一貫性を持たせるようにしておきましょう。

◆ベンチャー企業を活用した
人気のある大手企業ではなく、ベンチャー企業への転職を選ぶのも転職成功への近道です。

また、いったんベンチャー企業で実績を積み、さらなるキャリアアップをはかって大手に転職するという道もあります。

◆身だしなみには気を使う
30代、40代といっても、年齢より若く見えることは好印象になります。
服装や身だしなみには気を使い、特に履歴書の顔写真はプロに撮影してもらいましょう。

▼合わせて読みたい!
40代の転職はうまくいく!成功のためにおさえるべき3つの秘訣
不安の先に転職成功がある!40代での転職、不安の原因と解消法
40代の女性が転職で成功するヒケツ!面接の質問と身だしなみのノウハウ
40代の転職でスーツはどう着る?女性の身だしなみノウハウを公開

まとめ

40代での転職は厳しい現実がありますが、希望する職種や企業への転職を実現した人もいるのです。

転職も一度で決めるのではなく、いったん転職してさらにそこで実績を積んで再転職する人もいます。

転職活動のやり方は人それぞれですが、自分のキャリアプランを考えて、転職成功者の特徴を参考にして活動してみてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new

関連する記事