自分に合う資格が見つかる!50代からの転職に生かせる資格7選

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録
50代からの転職に、資格が必要だと感じたことはありますか?

資格は転職に有利だと言われていますが、50代という年齢を考えた時に、資格を持っているだけでは強い武器になることはありません。

自分の経歴やスキルに合わせて強みになる資格を選ぶことが重要です。

今回は、転職パターン別の資格の生かし方や、経歴にプラスしたい資格を解説しています。

さらに未経験からの転職に役立つ資格もご紹介しますので、最後まで目を通して、自分に合う資格を見つけてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

資格の生かし方

資格を生かして仕事をする人

資格を取得すれば、それだけですぐに仕事が見つかるわけではありません。

まずは、資格を将来のキャリアに生かすためのポイントを見ていきましょう。


◆これまでの経験と掛け合わせる
取得した資格を単体で生かそうと思っても難しい場合もあります。

それまでの自分の経験と合わせたキャリアアップを目指す方法を検討してみましょう。

資格を取得してからの経験はなくても、それまでのキャリアと組み合わせれば新たな転職先が見つかる可能性があります。


◆資格はアピールポイントのひとつと心得る
実績の伴わない資格は、いくら難易度が高くてもそれだけで転職が有利になるとは限りません。

あくまでアピール材料として使うようにしましょう。

資格の有無よりも、転職先を見据えて勉強して知識を得たことや、そこから企業の市場価値など視野の広い考え方をアピールすることをおすすめします。


◆将来を見据えた生かし方を考える
転職後すぐに役立たなくても、その先の独立や再就職などを見据えたキャリアプランを検討してみることもおすすめです。


経歴にプラスして生かせる資格

士業の資格を生かして仕事をする人

ここでは、それまでの経験にプラスして生かせる資格を見ていきましょう。


◆ファイナンシャルプランナー
お金の生活設計を行うファイナンシャルプランナーは、保険や金融業界の経験にプラスすれば転職が有利になる場合があります。

将来的には独立も目指せる資格と言えるでしょう。


◆中小企業診断士
中小企業の経営状態を調査・分析し、的確なアドバイスなどを行う経営コンサルタントを行う中小企業診断士は、幅広い業界で重宝される国家資格です。

将来はコンサルタントとして独立も目指せます。


◆社会保険労務士
健康保険や雇用保険など各種社会保険の書類作成や提出などを行う社会保険労務士は、人事や労務などのエキスパートとして転職が有利になる可能性があります。

実務経験にプラスαで取得しておくと強い武器になると言えるでしょう。


==========================================

上記のような士業関係の資格は、もっているだけでは転職につながるとは限りません。

これまでの経歴やスキルを合わせて、自分に合ったものを取得することをおすすめします。


あわせて読みたい:
40代50代転職に本当に役立つ資格とは?!資格を取ったのに就職できない?!現役コーディネーターが教える


未経験の転職に生かせる資格

介護の仕事をする人

次に、50代未経験からでも生かせる資格を見ていきましょう。

◆管理業務主任者
マンション管理人は50代からでも積極的に採用されることが多く、活躍の場も広がります。

また仕事をしながら資格取得することが可能なため、未経験からの転職におすすめです。

同時にマンション管理士の資格も取得しておくといいでしょう。

不動産業界で人気のある宅地建物取引士は、50代から取得しても転職の強い武器になることは少ないため、転職に役立つ資格としては現実的とは言えません。


◆普通自動車二種免許
普通自動一種免許を取得している人は多いと思いますが、普通自動二種免許があればタクシードライバーへ転職することが可能です。

免許取得を支援してくれる会社も多く、未経験の50代や女性ドライバーも増えています。

勤務形態も日勤のみや夜勤と合わせたシフト制など、会社によってさまざまです。

タクシードライバー以外にも、会社の役員を乗せるドライバーや介護タクシードライバーといった道もあります。


◆警備業務検定
50代での採用も多い警備員では、警備業務検定という国家資格を取得してキャリアアップを目指すことができます。


《警備業務の資格の種類》

・施設警備業務
・交通誘導警備業務
・雑踏警備業
・貴重品運搬警備
・核燃料物質等危険物運搬警備
・空港保安警備


資格には種類があるため、どれがいいかわからない場合は働きながら取得するのがおすすめです。


◆介護職員初任者研修
介護業界でも50代の採用は増えています。

まずは介護職員初任者研修の資格を取得し、経験を積みながら介護福祉士やケアマネジャーなどの上位の資格を取得して、キャリアアップを目指す道も検討してみてください。


あわせて読みたい:
転職検討中の40代が知っておくべき、未経験から狙える20の資格

40歳から未経験職種に転職したい!成功しやすい職種&資格リスト


40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

転職に生かせない資格

50代 転職 国家資格の画像

50代の転職においてキャリアに合った資格を持っていると、大いに転職に生かすことができます。

しかし資格によっては、経験さえあればまったく重視されなかったり、逆に持っていても転職に優位に作用しなかったりすることもあるのです。

最後に、50代からの転職に生かすことができない資格を紹介します。


◆ITパスポート
ITパスポートとは、ITの基礎的な知識を証明する国家資格です。

国家資格とはいえ合格率50%前後と、比較的容易に取得できます。

ITパスポートは独占業務資格ではないため、医師や弁護士のように資格を持っていないと仕事ができない資格ではありません。

ITの基礎的な浅く広い知識を証明するだけであり、専門的な知識はなくても取得できる資格のため、取得してもIT関係の仕事に必ず就職できる資格ではないのです。

もちろん一般企業で「ITパスポート取得」と履歴書に記載があれば、ITの基礎的な知識は持っていると認識してもらえるため、無駄にはならないでしょう。


◆キャリアコンサルティング技能士
キャリアコンサルティング技能士をおすすめしない一番の理由は、資格取得および資格維持に係る費用が高額だからです。

それに加えて受験資格は実務経験や養成講座の受講を修了するだけで得られ、合格率は60〜70%と高く国家資格にしては容易に取得できる資格であることも、資格の取得が重宝されない理由といえるでしょう。

現状キャリアコンサルティング技能士の認知度が低いうえに、キャリアコンサルティング技能士でないとできない業務がないことも、転職に生かせない資格といわれる理由です。

その上、キャリア支援は資格がなくても業務ができるため、資格を持っているから年収がアップするケースは今のところほとんどないでしょう。

現状では需要が少ないことから、50代からのキャリアコンサルティング技能士を生かした転職は難しいものになる可能性が高いです。

将来的にキャリア支援という仕事の認知度が上がれば、状況が変わるかもしれませんが、現時点では50代からの転職では生かせない資格といえます。


まとめ

50代 転職 国家資格の画像

50代からの転職では、経歴やスキルに合った資格を持つことが転職を成功に近づけるといえるでしょう。

一方で経歴やスキルがあれば、資格が重視されない職種もたくさんあります。

まずは自分が興味のある資格にチャレンジしてみるのも転職を成功させる方法のひとつです。

資格を取得することは転職先でキャリアを積んでいくステップになります。

将来のキャリアプランを立てて、どの資格を取るべきか検討してみましょう。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事