40代転職のための職務経歴書の作り方!便利なテンプレートの使い方ガイド

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

採用時に重要な役割を果たす職務経歴書を、どのように作成すればいいか悩んでいませんか?

職務経歴書はインターネット上で入手できるテンプレートを使用することで、スムーズに過不足なく作成することができます。

今回は、これまでテンプレートを活用したことがない人にも知ってほしい、職務経歴書の作成ポイントを詳しく解説します。

最後までしっかり目を通し、転職活動を効率的に進めてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

職務経歴書のテンプレートとは

1490142518_54204.jpg

まず職務経歴書のテンプレートにどのような種類があるのか見ていきましょう。

◆職務経歴書の種類
職務経歴書には3つの種類があるため、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

・編年体
入社・退社の古いものから時系列に記載していくもので、もっとも一般的な書き方です。

・逆編年体
古い順に書く編年体に対し、新しいものから遡って書いていく方法です。

・キャリア式
順番に関係なく、キャリアごとにまとめて記載する方法です。

それぞれの形式の詳しい特徴はこちらのコラムを参考にしてください。

◆テンプレートを使うメリット・デメリット
テンプレートは、長所・短所をそれぞれ理解した上で使いこなしましょう。

【メリット】
・必要な項目がまとまっている
書かなければいけない内容を書き漏らしてしまうなどのトラブルを避けられます。

・見やすいレイアウトに整っている
すっきりまとまった職務経歴書で、きちんとした好印象をアピールできます。

【デメリット】
・どれも同じに見えてしまう可能性がある
自分らしさを充分にアピールできず、埋もれてしまう可能性があります。

・自分に合うものを見つけるまで時間がかかる
インターネット上では、さまざまなテンプレートが検索できます。
その中から自分の履歴やアピールポイントに適したものを見つけるのに、時間がかかるかもしれません。

テンプレートのHow to

1490142523_36739.jpg

ここからは、職務経歴書のテンプレートを初めて利用する人も安心の、テンプレートの使い方を詳しく紹介していきます。

◆選び方
自分の経歴や応募先企業にぴったりなテンプレートを選ぶことで、より効果的にアピールできます。

まずは自分のタイプに合わせた選び方をチェックしておきましょう。

【職務経歴が長い場合】
職務経歴欄が表になっているものを選べば、長い職歴も見やすくまとめることができます。

職務経歴を一覧で記載したあと、最もアピールしたい経歴や実績について、端的にまとめるとより効果的です。

【職務経歴が短い場合】
業務内容や自己PRがたくさん書けるものを選ぶことで、内容を充実させましょう。
ブランクがある場合も同様のタイプのテンプレートがおすすめです。

【パート・アルバイトの場合】
職務経歴欄は短めで、これまでの経験やスキルについて書くやすいテンプレートがおすすめです。
できるだけ簡潔なものを選び、空白ができないようにしましょう。

◆使い方
自分の経歴に適したテンプレートが見つかったら、さっそく次の手順で内容を書き込みましょう。

1 ダウンロードする
職務経歴書のテンプレートを自分のパソコンにダウンロードします。

ダウンロードの詳しい手順や印刷のポイントはこちらのコラムを参考にしてください。

2 基本情報を記載する
ダウンロードしたテンプレートに、自分自身のデータを入力していきます。
パソコンでも手書きでも、どちらでも使うことができます。

職務経歴書の詳しい書き方はこちらのコラムを参考にしてください。

3 自分のアピールしたい項目を追加する
テンプレートにない項目でも、アピールポイントになりそうな内容は項目を増やしてしっかり記載しましょう。

4 不要な項目を削除する
反対に、アピールできない項目や余分な項目は削除してかまいません。
余計な空白はなるべく作らず、すっきりと見やすいものにしましょう。

◆送り方
完成した職務経歴書は、応募先の企業からの指定に合わせて送ります。
送付する際には、最低限のマナーは押さえておきましょう。

【印刷して提出する場合】
A4の上質紙に印刷し、左上をクリップなどで留めて封筒に入れ、郵送します。

【データで提出する場合】
テンプレートはWord形式がほとんどです。

職務経歴書もビジネス文書と同じ扱いになるため、書き替えのできないPDFに保存し直し、指定のメールアドレスに添付して送信します。

いかがでしたか?

▼合わせて読みたい!
結果が変わる!転職に役立つ自己分析&職務経歴書作成ツールとは
50代の転職!成功のために知っておきたい考え方や心構えとは
40代の転職に大切なこと!求人年齢のボーダーラインをクリアするには
40代転職に使える!職務経歴書ダウンロードの上手な活用術&印刷のコツ

便利なテンプレートをうまく活用すると、職務経歴書の作成はスムーズに進みます。
採用の鍵となる職務経歴書を効率よく作成して、転職成功へ導いてくださいね。

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1490142550_11863.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、ミドルの求人を探してみませんか?

東京都の求人  ◆大阪府の求人  ◆神奈川県の求人
埼玉県の求人  ◆愛知県の求人  ◆福岡県の求人

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

年収

新着記事

関連する記事