50代の転職活動はどうすればいい?仕事探しの方法を紹介

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代から転職活動を始めた場合、10代~30代の頃とは求められるスキルや人物像、応募できる求人の種類など、転職市場における自分の評価が大きく異なっていることに気づくはずです。

転職活動を始めたばかりで右も左も分からない状況の中では、自分に合った仕事を探すにはどうすればいいのか、分からなくなることもあるでしょう。

この記事では、50代から転職活動を始めるにあたって「効率的に仕事探しをするにはどのような方法が適切なのか」を解説します。



目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代が仕事を探す方法とは?

50代 仕事探しの画像

50代から仕事探しを始めるには、どのような方法があるのでしょうか。

大まかな仕事探しの方法6つを見ながら、具体的にどのような方法があるかを解説します。

◆転職サイトで仕事探し

転職サイトとは、求人募集をまとめたWeb上の情報サイトのことです。

転職サイトごとに公開される求人が異なるため、多くの情報を集めたい方は複数の転職サイトに登録すると、さまざまな種類の求人情報をチェックできます。

転職サイトでは希望条件に合った求人を検索できるほか、登録したプロフィールを見た会社からのオファーを受けられる機能もあり、自分が検討していなかった会社からオファーが届くことで就職先の選択肢が広がる可能性もあるのです。

ほとんどの転職サイトが無料で会員登録でき、パソコンやスマートフォンから手軽にアクセスできるため、転職活動をスタートさせやすいメリットも存在します。

転職サイトを利用しての転職活動は自分のペースで仕事探しができる反面、選考の日程調整は自分自身で行わないといけません。

履歴書や職務経歴書といった提出物のスケジュール管理や面接の日程調整など、自己管理が苦手な人には向いていない方法といえるでしょう。

◆転職エージェントで仕事探し

転職エージェントとは民間の就職支援サービスで、専任のアドバイザーが相談者一人ひとりに合った仕事を紹介してくれます。

転職サイトで求人を掲載していない非公開求人を紹介してくれたり、応募書類の添削や面接対策をしてくれたりといった、転職活動に関する手厚いサービスを受けられることがメリットです。

運営会社によっては若年層向けや女性向け、専門職特化や派遣会社特化など、相談者のターゲットが異なるため、利用する転職エージェントを間違えてしまうと逆に転職活動の効率が下がってしまうでしょう。

転職エージェントを探す際には、自分の希望やプロフィールが転職エージェントの得意分野とマッチしているかを確認してください。

◆企業の公式Webサイトで仕事探し

駅やコンビニに設置されているフリーペーパーや、新聞に折り込まれている求人広告から仕事を探す方法もあります。

フリーペーパーに掲載されている求人広告は地域に密着した求人が多く掲載される傾向にあり、地元で働きたい人に向いている仕事探し方法といえるでしょう。

ただし誌面の広告スペースが限られているため掲載している求人数が少なかったり、詳しい労働条件が公開されておらず、給与や応募条件などの最低限の労働条件しか記載されていなかったりする場合があります。

また転職サイトのように情報の更新ができないため、応募時点では情報が古くなっているかもしれません。

志望する求人に応募する前に、求人情報に記載されている電話やメールアドレスなどから問い合わせを行い自分で応募先に最新の情報を確認しましょう。

◆ハローワークで仕事探し

ハローワークは全国各地に設置されている、公的な就職支援機関です。

誰でも無料で利用できるため、仕事の探し方がわからない方は転職活動を始めるにあたってまずはハローワークを訪れてください。

ハローワークでは、設置されているパソコンを使って求人を検索できるだけでなく、窓口のスタッフに相談することも可能です。

転職に関するプロの視点からアドバイスをもらうことで、仕事探しがスムーズに進むでしょう。

ハローワークは扱う求人数が多い分、労働環境や給与形態が劣悪なブラック企業が潜んでいる可能性があります。

ブラック企業であることに気づかずに応募することのないように、応募先の企業について調べたりハローワークの相談窓口に問い合わせたりするなど、応募する前に十分に企業のことを調べることが必要です。

◆企業の公式Webサイトで仕事探し

友人や知人に紹介してもらうのも、仕事の探し方のひとつでしょう。

社員の推薦により採用を検討する「社員紹介採用(リファラル採用)」を採用している会社は増加傾向にあります。

リファラル採用であれば社員からの推薦があるため求職者の人物像を把握しやすく、採用につながりやすくなるのです。

友人や知人に紹介してもらう場合、求人募集を公開していない会社に入社できる機会が得られたり、紹介先企業の内部情報を詳しく聞けたりするメリットがあります。

幅広い企業の紹介を得られるように普段から人脈を広げ、友人との交流や取引先との信頼関係を深めておくとよいでしょう。

しかし友人や知人の紹介だからといって必ず採用されるわけではないため、採用面接の際には友人や知人とのつながりに頼らずに、気を引き締めて臨むことが重要です。

あわせて読みたい:

50代での転職!最適な求人に出会うための探し方のポイントとは

50代が仕事を探す時に重視しておきたい条件

50代 仕事探しの画像

50代から転職活動を始める際には、自分の希望する条件を明確にすることで就労条件で妥協できるラインや譲れないポイントを定めることができます。

また応募先とのマッチングのずれを生じさせないようにすることで、自分に合った仕事を見つけやすくなるでしょう。

どのような条件で仕事探しを行えばいいのか、条件別に詳しく解説します。

◆仕事内容を重視した仕事探し

仕事内容を重視して仕事探しを行う場合、自分の経験やスキルが応募先の企業が求める条件とマッチしているかがポイントです。

自分が今まで行ってきた仕事内容を「いつ(When)」「どこで(Where)」「誰が(Who)」「何を(What)」「なぜ(Why)」「どのように(How)」の5W1Hの要素に分けてで整理し、自分の強みを採用担当者に説明できるところまで言語化するとよいでしょう。

自分の今までの経験と応募先企業の仕事内容がマッチしているかを確認するために、自己分析と自分の強みの言語化を行いながら、応募先の仕事内容とすり合わせていくことが重要です。

◆企業理念を重視した仕事探し

企業への共感を転職における企業選びで重視する場合には、応募先の企業が掲げている理念やビジョン、ミッションなどを企業の公式Webサイトなどで確認するのも重要ですが、応募先企業の社内に理念やビジョンがどれほど浸透しているのかをチェックすることもポイントです。

応募先での面接では、所属している社員が日々の仕事の中で何を大事にしているのか、理念やビジョンの実現のためにどのようなことを行っているのかを聞きましょう。

特にスタートアップやベンチャー企業、中小企業のような組織の規模が小さい会社では、社長の考え方や創業時の思いが社風に色濃く反映されている傾向にあります。

事業を通じて何を実現したいのかといった思いへの共感は、仕事探しを行う際に重要な要素なのです。

◆人間関係を重視した仕事探し

転職における企業選びで人間関係を重視する場合、人間関係においてまったく不満のない会社はないことを念頭に置いて、「自分にとって働きやすい職場とはどのような社風か」「社内ではどのようなコミュニケーションを取るとよいか」を具体的に考えましょう。

例えば以下の2つの例を見てわかるように、同じ仕事でも働き方や評価のされ方は大きく異なり、働き方や評価のされ方で人間関係の成り立ち方も大きく異なります。

例1)社内にさまざまな分野のスペシャリストが多く、一人ひとりが任された業務領域を自分のやり方で進めることが評価される会社
例2)チームワークが重視され、業務の進捗状況を頻繁に共有しながらチームで成果を上げることが評価される会社


人間関係の情報は企業の公式Webサイトからではなかなか分からないため、選考の中で折に触れて必ず確認しましょう。

入社後の社風や人間関係をイメージできるように、選考の段階から入社後に一緒に働く同僚や上司の方との面談をお願いして、実際にどのような雰囲気で仕事をしているのかをあらかじめチェックしておくことがポイントになります。

◆福利厚生を重視した仕事探し

福利厚生を重視して仕事探しを行う場合、福利厚生の条件は環境変化に応じて変化していくことを念頭に置くことがポイントです。

今ある制度がこれからもずっとあるとは限らないという前提で、年収や勤務時間帯、勤務する場所、転勤の有無など、転職する上で譲れない条件はどれかを一度整理し、自分の条件と合致する求人を検索しましょう。

50代が仕事を探す上で狙いたい業界

50代 仕事探しの画像

今までの経験を生かして同じ業界への転職を狙った方が転職の成功率は高いですが、別の業界へ転職を考えているのであれば、どの業界への転職を狙えばよいのでしょうか。

転職を成功させるために、50代でも狙える業界を紹介します。

◆介護業界

介護業界は高齢者の増加から人手不足の状況が続いているため、未経験の50代でも採用される可能性が十分にあるでしょう。

就業するためには介護に関する資格が必要ですが、介護の仕事に従事しながら取得できる施設もあるため、まったくの未経験でも転職できる業界です。

◆タクシー業界

深夜や早朝の勤務があるため、50代から始めるとなると体力的に厳しい面はあるものの、未経験でも採用されやすい仕事がタクシーの運転手です。

タクシー業界は平均年齢が約60歳と高く、50代は業界内での高齢の年齢層には入らない傾向にあります。

第二種運転免許が取得できれば採用される可能性があるため、未経験でも十分に採用される可能性がある業界です。

参考:第19章 労働・賃金

◆運送業界

運送業界は年々増加傾向にある物流需要から人手不足が問題となっているため、50代の未経験でも応募可能です。

業務内容によっては年収600万以上の高収入が望めることから、高い年収を狙う50代の女性も活躍している業界になります。

参考:運送会社の給与トップ5を大公開!高収入会社への転職方法と注意点とは? - ドライバーズ・マガジン

◆清掃業界

収入よりも業務内容を重視して、気楽にそこそこ働きたい50代の人には清掃業界がおすすめです。

年下の部下や同僚から指示されることも少なく、自分のペースで黙々と仕事ができます。

清掃業界は50代以上をターゲットにした求人が多く、若年層との競争が発生しないので転職しやすいでしょう。

◆警備業界

警備員の仕事は50代の未経験でも応募できる求人が多く、未経験の中高年でも採用されやすいでしょう。

また給与水準も他の未経験職種に比べると高い傾向にあるのが警備業界の特徴です。

警備業界は50代でも同世代が多いため、職場に溶け込みやすいメリットもあります。

あわせて読みたい:

50代が未経験から転職できる仕事はコレ!男女別おすすめ職種4選

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代が仕事を探すために使いたい転職サービス

50代 仕事探しの画像

転職成功のためには、転職サービスを活用するのがおすすめです。

ここからは、50代向けの求人が掲載されている転職サービスを4つ紹介します。

◆マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニアは大手求人サイト「マイナビ転職」の派生サイトで、40~60代のミドルシニア層がターゲットです。

大手求人サイトの派生サイトであるため、全国各地のさまざまな業種の求人情報が集まっており、地元で希望の業種へ転職することも期待できるでしょう。

◆リクナビNEXT

リクナビNEXTは、企業登録数約40,000件を誇る転職業界大手の転職サイトです。

膨大な量の求人情報から詳細に条件を設定して検索することができるうえ、企業からのオファー機能があるため、今までの経験を活かしたり未経験の業種へ挑戦したりと幅広い選択肢を模索しながら転職活動ができます。

◆女の転職type

女の転職typeは女性の転職に特化したサイトで、「女性管理職在籍中」「育児との両立」のような女性の関心が高い項目について詳細に検索ができる求人サイトです。

未経験の人への教育や研修が充実している求人もあるため、50代からの未経験転職も期待できます。

◆FROM40

FROM40はミドルシニア層向け求人に特化した転職サイトです。

介護業界や警備業界のような狙いやすい求人のほかに、年収600万円以上が狙えるハイクラス求人も揃っているため、キャリアアップを目的とした転職にも活用できます。

あわせて読みたい:

50代が使うべきオススメの転職エージェント

まとめ

50代 仕事探しの画像

50代から仕事探しはさまざまな方法が考えられますが、自分にはどのような方法が合っているのかを模索することがポイントです。

今までの経験や希望する条件を明確にすることで、どのようなやり方が自分にマッチしているのかが見えてくるでしょう。

この記事を参考に、50代からの仕事探しを始めてみてはいかがでしょうか。



年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事