50代が使うべきオススメの転職エージェント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録
50代 転職希望の男性イメージ

一般的な定年退職を迎えるまで、あと10年ほどをのこした50代での転職は、あなたの仕事人生を満足できるかたちで終えられるかを左右する、重要な分岐点となります。

いざ転職しても、転職先の企業風土や仕事内容が、あなたの希望・経歴とかけ離れたものであっては後悔してもしきれません。

だからこそ、50代での転職活動には転職サイトよりも、しっかりと転職先が見定められる転職エージェントを使うのがおすすめです。


今回は、50代を含むアラフォー以上を対象とした求人に強い私たち「From40」が、転職失敗を防ぐために50代がエージェントを活用すべき理由を解説していきます。

ミスマッチを減らし、いまのあなたに合った転職先を見つけるためのヒントと利用してほしいエージェントのリストも紹介しています。

ぜひ最後まで目を通し、あなたの50代での転職活動でエージェントを活用するための検討材料としてください。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

50代は転職サイトよりも転職エージェントがオススメ

転職サイトや転職エージェントに登録する女性

まずは、50代の転職活動にエージェントの利用をすすめる理由を説明していきます。

◆転職エージェントと転職サイトの違い
「転職サイト」と「転職エージェント」は、同列に紹介されることの多いサービスです。

このため、転職サイトと転職エージェントを混同し、どちらを利用しているのかわからないまま転職活動を進めている人も多いのではないでしょうか。

しかし、転職サイトと転職エージェントの基本的な仕組みやサービス内容は、以下のように異なります。

《転職サイトの基本的な仕組み、サービス》

基本的な仕組み ・サイトに登録した求職者は、掲載されている求人を自由に検索、閲覧、応募できる
・求人情報の提供と併せて、求職者の転職成功をサポートするための情報(応募書類の書き方や適職診断、面接突破のコツなど)も発信している
・求職者が登録したプロフィールを企業側に公開し、声がかかるのを待つスカウト機能を併設するところも多い
・企業側から広告料を受け取っているため、求職者の利用は原則無料
サービス内容 ・企業側からは求人情報を集め、サイトに一括掲載する
・求職者に向けては求人情報を公開し、検索や応募ができる場を提供する
・サイト側から求職者に対して、直接コンタクトを取ることは基本的にない



《転職エージェントの基本的な仕組み、サービス》

基本的な仕組み ・登録した求職者に対し、「コンサルタント」や「アドバイザー」などと呼ばれる専任担当者が付いて転職支援をしてくれる
・求職者が自身で求人の検索や応募をするのではなく、あらかじめ伝えた条件に合わせ担当者が紹介してくれる求人を閲覧、応募するシステム
・求人は基本的に非公開であるため、求職者が閲覧できる範囲には限界がある
・求人への応募は、原則として専任担当者から紹介を受けるかたちでないとできない
・求人紹介が成功した場合に企業側から報酬を受け取るため、求職者の利用は原則無料
サービス内容 ・企業側からは求人を預かり、条件に合ったマッチング度の高い人材を紹介し採用支援
・求職者側へは、企業から預かる求人のなかから条件に合うものを探し、紹介する転職支援
・面接日時や入社の条件の交渉、円満に退職するための助言まで行ってくれる
・求人探しから応募、書類添削、面接対策まで担当者が積極的に関わり、求職者と一緒にパートナーとして転職活動を進めていく


つまり、求職者自身が主体的に求人を検索・閲覧・応募して使うのが転職サイト。

対してサイト側の担当者からの支援・紹介を受け、求職者と担当者が一緒に利用し転職活動を進めていくためのサービスが、転職エージェントということになります。


上記の特徴を踏まえると、以下のような人はエージェントよりも転職サイトの利用の方が、向いていると言えるでしょう。

【転職サイトの利用に向いている人の特徴】
・転職活動に、第三者からの支援を求めていない
・自分のペースを守り、自分の中の基準を最重視して転職活動を進めたい
・求人の検索や閲覧、応募はすべて自分のタイミングで実行したい
・過去に転職した経験があり、転職活動には比較的慣れている
・転職したい職種や業界、企業がはっきりと決まっている



◆なぜ50代に転職エージェントがオススメなのか
求職者に対し、手厚く転職支援をしてくれる転職エージェントのサービス。
そんな転職エージェントの利用が、50代にこそ推奨される理由は以下の通りです。

《プロの視点から評価し、売り込み方を考えてもらえるから》
転職活動を成功させるには、自身の転職市場での価値を適切に見極め、これに沿った応募先選びや自己PRをしていく必要があります。

特に50代の転職活動においては、いかに自身のスキルや経験を企業側に高く売り込めるかが、成否を左右するポイントとなります。

しかし、自身を客観的に評価するのは非常に難しいもの。

特に過去に転職した経験がなく、ひとつの会社で長く働いた50代の場合は、所属していた企業の評価基準に強く影響されて、自分のことを適切に評価できないケースが多いです。

50代の人材が、転職市場でどういう立ち位置なのか。採用する企業側が、50代の人材を採用するうえでどんな魅力やリスクを感じているのか。

これを理解できなければ、50代が若く将来性がある人材との競争に勝ち、転職を成功させるのは非常に困難でしょう。


だからこそ、50代には個人の主観だけで転職活動を進めるサイトではなく、転職成功のコツをよく知る専任担当者からの支援を受けられる、転職エージェントがおすすめなのです。

《公私ともに忙しい50代求職者に代わり、転職活動を進めてもらえるから》
先述したように、転職エージェントでは求職者の条件に合った求人探しや紹介、面接日時の設定、入社時の条件交渉などまで行い、転職を支援してくれます。

つまり、あなたが仕事や家庭の事情で忙しくしている間にも、転職エージェントの担当者が代わりに転職活動を進めていてくれるのです。

もちろん、転職するのは求職者本人ですから、積極的に転職活動に臨む姿勢は必要です。

しかし、疲れているときはどうしてもやる気が出ず、ひとりで求人を検索できない日もあるはずです。

予定が立て込んでいて時間が取れず、転職活動ができない期間も出てくるでしょう。

忙しいなかでも転職への熱意を失わず、継続的に転職活動をしていくためにも、転職エージェントのサポートが役に立ちます。

《非公開求人を紹介してもらえることで、転職先の選択肢が広がるから》
ほとんどの転職エージェントのサイトは、公開求人より多くの非公開求人を抱えています。

非公開求人とは、以下のような理由から企業が秘密裏に人材の募集を行っているもの。

・公開するととんでもない数の応募が殺到するため、応募者を厳選したい
・未発表のプロジェクトに必要な優秀な人材を、こっそり集めたい
・本当に自社のニーズに合う、マッチング度の高い人材の応募だけが欲しい  など


つまり、非公開求人にはどの転職サイトにも載っていない優良案件が、たくさん含まれているのです。

また、求職者自身が考えていなかったような業界・職種の優良案件を、エージェントの担当者から紹介される可能性もあります。

50代を対象とした求人数は、20~30代向けに比べると圧倒的に少ないのが現実です。

自身とマッチング度の高い求人と少しでも多く出合うために、非公開求人の多い転職エージェントはぜひとも利用すべきサービスでしょう。

50代が転職エージェントを使うメリットとデメリット

50代の転職エージェント利用 メリット・デメリット

転職事情に詳しい担当者からの支援を受けられること、非公開求人と効率的に出会えることから、50代の転職成功率アップに役立つ転職エージェント。

しかし、どんなサービスにも良い点・悪い点の両方があります。
ここからは50代が転職エージェントを利用する上で生じるメリット・デメリットを、それぞれ理解していきましょう。

◆50代が転職エージェントを使うメリット

・担当者のアドバイスや企業からの声掛けから、自身の強みを知ることができる
・同じく担当者のアドバイスから、自身の弱みと現実的な市場価値も理解できる
・自身のキャリアや人生、価値観を客観的に分析し、一緒に棚卸してもらえる
・担当者や企業の反応から、自身がめざすべき転職先の現実的な条件が見えてくる
・30年のキャリアで培ってきた、自身のスキルや経験の活かし方を知ることができる
・自分では思いもよらなかった業界や職種の求人と出合い、転職できる可能性がある
・スキルや経験など人材としての魅力を、企業に響くかたちでうまく伝えてもらえる
・キャリアや経歴以外にも、自身の人間性や仕事観に重きを置いた転職活動を成功させるにはどうしたらいいか、一緒に考えてくれる仲間を得られる


まとめると転職活動を一緒に進められる心強いパートナーを得られること、そして適切な方法で人材としての評価・売り込みをしてもらえる点が、メリットだと言えそうです。

◆50代が転職エージェントを使うデメリット

・担当者と一緒に転職活動を進める必要があるため、自分のペースでは進めづらい
・こちらの経歴とエージェント側が抱える求人の内容によっては、自身が希望する求人に応募できない可能性がある
・魅力的な求人の紹介をなかなか受けられず、転職活動が長期化してしまうことも
・閲覧できる、または紹介してもらえる求人数が少なく、不安や不満を感じる可能性がある
・担当者との相性によっては、連絡を取ることや転職活動が苦痛になる恐れがある
・担当者の考え方や自身との相性により、サービスの質が大きく変わる可能性がある


転職するペースや閲覧・応募できる求人数に制限が出ること、また担当者との相性次第で転職活動の質と満足度が左右される点が、デメリットだと言えるでしょう。

50代の転職活動にエージェントを利用するということは、あなたの人生最後の転職を他者の意見を聞きながら進めていく、ということでもあります。

このため、利用した転職エージェントとの相性が悪いと、その後の転職活動にも良くない影響が及ぶかもしれません。

転職エージェントを利用するなら、このデメリットもよく理解しておいてくださいね。

50代に強いオススメの転職エージェント

50代に強い転職エージェントに登録する男性

エージェントを活用した転職に成功できるかどうかは、いかに50代、またはあなたの経歴や希望に合った求人を有する媒体を選ぶことができるかにかかっています。

ここからは50代におすすめの転職エージェントを、以下2つのカテゴリ別に紹介します。

《1》50代向け求人の取扱数が多く、初めてまたは未経験職種への転職におすすめ
《2》年齢相応の経験・スキルが活き、年収アップを狙えるハイクラス向け求人多め


あなたが転職先に希望する条件に合わせ、複数登録してくださいね。

◆求人件数が多い転職エージェント
求人数を考えた場合、まず利用してほしいのが知名度の高い大手エージェントです。

知名度が高く、ブランド力のある大手エージェントほど、大企業からの求人獲得に強いもの。

とにかくたくさんの求人に触れて選択肢を増やしたい、担当者と一緒に自身の可能性を探りたいという50代は、とりあえず以下から2つ以上選んで登録すると良いでしょう。

《パソナキャリア》
転職エージェントのなかでも、特に「コンサルタント」と呼ばれる担当者の対応が丁寧で、親身なサポートに定評がある媒体。

あなたの希望や転職への不安に寄り添った、転職支援を期待できます。
特に初めての転職や、未経験職種への転職で不安がいっぱい、転職活動にあたり相談できる人が欲しいという50代におすすめのエージェントです。

ただし、他の大手エージェントに比べると取扱い求人数は少なめなので、他の転職サイト・転職エージェントとの併用がマストでしょう。

《dodaエージェント》
未経験歓迎の求人数が公開分だけでも4,000件前後(2021年4月時点)と多いこと、応募書類の添削や面接対策など、実践的なアドバイスが魅力と評価されているエージェント。

さまざまなカテゴリ、業界、職種の求人を幅広く網羅しているため、あなたの能力を活かせる新たな仕事・職場に出合える可能性が高まります。

転職したいけれど希望が漠然としている、まずは転職に向けて面談や求人紹介を受けてみたいと考えているなら、とりあえず登録して担当者と話してみましょう。

《リクルートエージェント》
日本で非常に多くの求人を取り扱う、就職・転職業界の最大手リクルートグループが運営する転職エージェント。

この媒体の最も優れている点は、何よりも求人数が多種多様であること。母体数が多いため、あなたに合った求人を紹介してもらえる可能性が高いと言えるでしょう。

ただ、どちらかと言うと若手向け求人が多く、短期間での転職成功に注力しているのも特徴。
納得感や自分のペースを大切にし、時間をかけてでも条件の合う転職先を探していきたいという人には不向きかもしれません。

《マイナビエージェント》
就職・転職業界でリクルートグループに次ぐ知名度を誇る、大手の転職エージェント。

安定した経営基盤とブランド力、幅広いネットワークを有しているため、日本全国から多種多様な求人が集まってくる媒体です。

特にIT、Web業界には太いコネクションがあるとされるため、ITスキルを活かした転職を考えている50代には登録をおすすめします。

ただ全体として、20~30代の若手向け求人が多いようです。他の転職サイト・転職エージェントと併用して、うまく利用しましょう。

◆ハイクラス向けの転職エージェント
転職にあたり、年収の維持・向上を絶対条件とする50代は少なくありません。
そこで、以下には「ハイクラス」「エグゼクティブ」などと呼ばれる高年収、管理職経験者または候補者を対象にした求人を多く扱う、おすすめのエージェントを紹介します。

《ランスタッド》
年収800万円以上、外資系・海外企業のハイクラス求人をメインに扱うエージェント。

本社をオランダに置いている会社で、取り扱う世界39の国と地域の求人のなかから、マッチング度の高い求人を選び抜いて紹介してくれます。

ハイクラスな転職エージェントのなかでもコンサルの質が高いこと、また好条件な独自案件を保有しているところも、この媒体の特徴でしょう。

《ビズリーチ》
主に管理職や専門職として、年収600万円以上を受け取ることを条件に転職先を探す人から支持されているエージェント。

基本的にはエージェントからのヘッドハンティングを待つ、スカウト型のサイトです。

他のサイトやエージェントと大きく異なるのは、有料会員のシステムがあること。
基本的な登録、求人検索、スカウトは無料プランでも受けられますが、求人への応募やプラチナスカウトの受け取りなど一部機能を利用するには、有料プランへの加入が必要です。

《キャリアカーバー》
日本最大手の就職・転職関係企業、リクルートグループ運営のハイクラス、エグゼクティブ求人特化型のエージェント。

ヘッドハンティング型であるため、エージェントからの紹介よりも、主に求職者が登録する情報をもとに企業やエージェントからのスカウトを待つかたちで利用します。

求人紹介に比べ時間がかかる傾向がありますが、魅力的な経歴やスキルを持つ50代で、じっくり転職活動していきたいという人にはおすすめです。

《エンワールド・ジャパン》
エン・ジャパングループが営む、アジア太平洋地域6か国に拠点を持つ転職エージェント。

「入社後活躍」をミッションとし、世界の企業・求職者から信頼されるリクルーティングパートナーをめざし、グローバル人材と企業とのマッチングを行っています。

海外関係企業、外資系企業の求人全般に強みを持つ媒体ですが、経営層やシニアリーダー向け求人を扱う部門も有しているため、50代向けの求人も見つかりやすいはず。

《JACリクルートメント》
管理職、技術職、専門職求人に特化した転職エージェント。担当として求職者を支援するのは、基本的に紹介する求人の業界・職種の実務経験者です。

またロンドンをルーツに持つ会社であるため、日系企業だけでなく海外企業、外資系企業の求人に強いのも特徴と言えます。

狙う業界・職種、役職の転職上に詳しい専門家から実践的なアドバイスを受けつつ転職先を探したいなら、登録してみましょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

専門職なら特化型転職エージェントがオススメ

50代転職と家族 イメージ

ハイクラス、エグゼクティブ分野以外にも、特定の業種や職種、地域などの求人を専門に取り扱う「特化型転職エージェント」は存在します。

ここからは以下2つのカテゴリ別に、50代におすすめの特化型転職エージェントをそれぞれ一覧表で紹介していきます。

《1》キャリアアップに効く、業種・職種特化型
《2》人生プランに合わせて使える、地域特化型


◆業種、職種に特化した転職エージェント
これまでに培ってきた専門知識やスキルを活かし、さらなるキャリアアップやスキルアップをめざすなら、以下エージェントの利用がおすすめです。

あなたが転職をめざす分野に強い特化型のエージェントを、ぜひ探してみてくださいね。

ものづくり系エンジニア特化型 ・メイテックネクスト…技術畑出身の担当者による、転職支援を受けられる
IT・Webエンジニア特化型 ・レバテックキャリア…各種ITエンジニアとしてのキャリアアップをサポート
金融業界のハイクラス求人特化型 ・KOTORA…銀行や不動産関連、投資関連、経営部門への転職支援が得意
経理や税務、会計部門特化型 ・JUSNET CAREER…組織内でお金を管理する専門家向けの求人を多数取り扱い
ファッション業界特化型 ・クリーデンス…販売員からプレス、デザイナーやパタンナーの求人まで見つかる
飲食業界特化型 ・エフジョブ…年収アップ、将来的な独立も見据えた手厚い転職支援をしてくれる


◆地域に特化した転職エージェント
家庭の事情や、将来的な目標を叶えるために50代の転職を機に地元に戻る、住処を移したいという人もいるかもしれません。

IJUターン転職を考えているなら、全国の求人を扱う「dodaエージェント」「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」への登録はマスト。

ただ、地方中小企業の多くは、大手エージェントへの高額な報酬を支払えません。

大手以外にも、転居先の地域求人に強い以下のような転職サイト・転職エージェントへも登録して、地方求人を幅広く集めましょう。

北海道・東北 ・リージョナルキャリア北海道
・HUREX
・キャリアクリエイト
・Be job Navi
・フクジンキャリアサポート
・キャリアマネジメント
・山形転職
・求人転職NAVI青森
中部 ・リージョナルキャリア富山
・リージョナルキャリア長野
・リージョナルキャリア静岡
・やまなし転職・就職ナビ
・ほくりくFIT転職
・にいがた就職応援団CAREER
・PERSONNEL
関東 ・キャリアプラス
・スターキャリア
・リージョナルキャリア栃木
・コネクトホープ
・FUJI HUMAN TEC
・ちばキャリ
関西 ・リージョナルキャリア三重
・なら就活ナビ
・コトコト
・WORKしが
中国・四国 ・キャプラ転職エージェント
・オカジョブキャリア
・四国転職ネット
・いつか徳島
九州・沖縄 ・リージョナルキャリア熊本
・アソウ・ヒューマニーセンター
・iNTERCROSS
・天職大分
・さがUターンナビ
・ながさき県内就職応援サイトNナビ
・求人かごしま
・JTB沖縄人材バンク


まとめ

50代 転職エージェント活用のコツまとめ

20~30代に比べ、50代向けの求人は圧倒的に数が少ないです。また、経験豊富な50代を募る求人は「非公開求人」として、秘密裏に募集がかけられることも少なくありません。

そんな状況のなか、50代での転職成功のために利用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、専任の担当者があなたの人材としての価値や50代だからこその魅力、売り込み方、求人の紹介、スケジュールや条件調整までサポートしてくれます。

自分では思いもよらなかった職種や企業との出合い、非公開求人の紹介も、転職エージェントを利用していればこそ得られるチャンスです。

本記事を参考に、複数の転職エージェントを有効活用して、50代のいまのあなたが納得のいくかたちで転職を成功させましょう。

年収

新着記事

関連する記事