30代の女性におすすめしたい転職エージェント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録
30代の女性が転職をしたいと思った際、「希望の会社に30代でも採用されるのか」「転職条件が20代より不利にならないか」などの不安を抱える人は珍しくありません。

この記事では、結婚や出産などライフイベントが多い30代の女性が、転職を成功させるためにおすすめの転職エージェントを紹介します。

なぜ転職エージェントが30代の女性におすすめなのかも解説しているので、併せて参考にしていただき、理想の転職を実現させましょう。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

30代女性の転職は厳しい?


転職エージェント 30代 女性の画像

30代の女性というと、採用されにくいイメージがありますが、本当に転職するのは、厳しいのでしょうか。

まずは30代の女性が転職する際のさまざまな状況について考察してみましょう。

◆30代女性の転職は20代と比べて厳しいか
30代の女性の転職は20代と比較して、決して厳しいわけではありません。

ただし30代の女性とひとくくりにはできず、「30代前半」と「30代後半」で企業の求める人材像が異なるため、分けて考える必要があります。

・30代前半の女性に企業が求めること
30代前半の女性は社会経験をある程度積んでおり、さまざまなスキルや資格を持っています。

そのため企業は今までのスキルや経験を活かせる、即戦力となる場合は30代前半の女性を採用するのです。

スキルや経験は20代よりも多く積んでいる場合が多く、企業も期待しているでしょう。

・30代後半の女性に企業が求めること
30代後半の女性はスキルや経験だけではなく、組織にどれだけ貢献してくれるかも重要視されます。

たとえば今までのマネジメント経験を活かして人材を育成できる、といった指導を任せられるのも、20代にはできないことです。

企業に入社した後、「どのように貢献できるのか」「活躍できる自分のアピールポイントはなにか」などを企業に伝えると、転職も成功しやすくなります。

反面、スキルや経験のない分野への転職は、成功しにくいといえるでしょう。

◆転職は結婚していたら厳しいか
一般的に30代の女性は結婚や妊娠など、ライフイベントが多くあります。

そのため30代での転職は難しいのではと、感じる人も多いでしょう。

企業としては時間に縛りがなく、即戦力として活躍してくれる人を採用したいと考えている傾向は強く、既婚女性よりも独身女性のほうが転職に有利な場合はあります。

しかし既婚女性だからといって採用されない、というわけではなく、「時短勤務で働きたい」「在宅ワークできる企業で働きたい」といった自分の希望に沿った働き方を実現できる企業を探せば、転職できる可能性は高まるのです。

◆大手企業とベンチャー企業のどちらが転職しやすいか
・大手企業に転職する場合
安定を求めて大手企業に転職を希望する人は多く、さまざまな求職者の中から勝ち抜くためには企業にアピールできる実績が必要です。

たとえば「営業で好成績を収めた」「売上をアップさせた」などといった実績を持っている場合は、積極的にアピールしましょう。

また大手企業は有給休暇や時短勤務、育休・産休制度などの取得についてマニュアルが作成されている場合が多く、取得している実績も多い傾向です。

しかしマニュアル化されいるが故に、自由な働き方は行いにくいといえるでしょう。

たとえば「時短勤務ができない部署」や「残業が必須の部署」など、働く部署によってもルールが異なる場合もあるのです。

大手企業に転職しやすい人は、

・企業にアピールできる実績を持っている
・有給休暇や育休・産休制度を活用したい
・フルタイムで働き続けたい

といった方です。

・ベンチャー企業に転職する場合
そもそもベンチャー企業とは、新しいビジネス展開を行っている企業のことで、主に成長過程にある小規模から中規模の企業を指します。

ベンチャー企業は成長段階であるため、福利厚生や有給休暇、育休・産休制度などの充実には至らない場合があり、制度を活用した従業員も少ないことが多いでしょう。

ただしベンチャー企業は大手企業ほどの従業員がいないため、仕事の幅が広がりやすく、さまざまな仕事にチャレンジできる可能性があります。

幅広い分野に興味がある人やさまざまなスキルを身に付けたい人にはおすすめです。

またベンチャー企業はマニュアル化されていないことも多く、交渉次第ではテレワークや時短勤務などを行いやすく、ライフスタイルの変化が激しい30代の女性にはおすすめの企業といえるでしょう。

ベンチャー企業に転職しやすい人は、

・さまざまな仕事にチャレンジをしたい
・幅広い分野の知識を身に付けたい
・ライフスタイルに合わせて柔軟に働きたい

といった方です。

詳しくはこちら:女性の働き方の悩みとは?解決する方法も紹介

30代女性に転職エージェントをおすすめする理由


転職エージェント 30代 女性の画像

転職エージェントは、女性の働き方ならではの「仕事とプライベートを両立させたい」や「結婚・子育てを経ても職場復帰したい」などの条件にあった会社を探してくれます。

ここでは、なぜ転職エージェントがおすすめなのかを詳しく紹介します。

◆30代女性は転職エージェントを必ず使おう
・転職のプロであるアドバイザーからのサポート
転職エージェントは転職のプロであるアドバイザーが担当に付いてくれ、さまざまなサポートを行ってくれます。

まず転職エージェントに登録したら、担当のアドバイザーと面談を行い、これまでの経験やスキル、転職の希望条件などを伝える仕組みです。

そこで転職者の希望と、企業の求める人材像が合ったときに紹介してくれます。

担当のアドバイザーは求人を紹介してくれるだけではなく、履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削やアドバイス、面接の対策を行ってくれるため、1人で転職活動を行うよりも効率的に転職先を見つけられるのです。

プロのアドバイスを聞くことで、気づいていなかった自分の強みや弱み、アピールポイントなどを把握することができるでしょう。

ほかにも内定が決まった後もサポートしてもらえます。

たとえば自分では言いにくい条件の交渉や、入社までに必要な手続きの代行、退職に関するアドバイスまで行ってもらえます。

実際に入社するまでに行う手続きのほとんどを転職エージェントが代行してくれるため、転職活動に集中できるのもメリットといえるでしょう。

・非公開求人が豊富
転職を行う際は、転職サイトを活用する人もいるでしょう。

しかし転職サイトを活用するよりも、転職エージェントを利用するほうが転職の成功率を高められます。

転職成功率を高められる理由として、転職エージェントには非公開求人が豊富に取り扱われていることです。

非公開求人とは一般には公開されていない求人のことで、転職エージェントに登録した会員にのみ紹介される求人を指します。

たとえばAの転職エージェントにしか求人が出されていない、ということがあり得るのです。

なかには公開求人よりも、非公開求人のほうが扱っている数が多いということもあります。

より豊富な求人に出会えることで、転職の成功率も高められるでしょう。

◆転職エージェントを使う際に注意すべきこと
転職エージェントを活用する際は、以下のことに注意しながら活用しましょう。

・エージェントとこまめに連絡を取る
企業から求人応募の依頼きた際、転職エージェントに登録している会員の中から、条件に当てはまる人はいないか検索をかけます。

検索結果に当てはまった人のうち、転職エージェントに接触した日時が新しい人から順番に求人の案内が届く仕組みなのです。

転職エージェントに連絡をしないでいると、求人案内の連絡すら届きにくくなり、転職のチャンスを逃がしていることになります。

そのため良い求人に出会う確率を高めるためにも、2週間に1回を目安に連絡するようにしましょう。

・経歴やスキルは正直に伝える
転職エージェントに登録した際に、経験やスキルなどのプロフィール情報を提示するのですが、アドバイザーの評価を高めようと嘘の経歴やスキルを伝えるのは厳禁です。

アドバイザーに経験やスキルを伝えるのは、あくまで自分の経験やスキルに合った転職先を見つけてもらうためです。

そこで嘘を付いてしまうと、アドバイザーに「嘘を付く人は紹介できない」と判断されたり、転職先が見つかったとしても自分では対応しきれない仕事を任されたりとさまざまな影響をもたらします。

そのため今まで経験してきたことやスキルは正直に伝え、自分のレベルに合った転職先を見つけましょう。

・合わなければアドバイザーを変更する
転職活動を行ううえで、さまざまなサポートをしてくれるアドバイザーが合わないと感じる場合もあるでしょう。

たとえば「性格があわない」と感じたり、「親身になってくれない」と不安に思ったりすればアドバイザーではなく、転職エージェントに直接連絡して相談します。

特に初めて転職活動を行う場合は不安に感じることも多いため、疑問があれば相談するのがおすすめです。

もしも転職エージェントに相談するのも難しい場合は、別の転職エージェントを活用するのも一つの方法でしょう。

・複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない
複数の転職エージェントに登録しているとやってしまいがちな間違いではあるのですが、同じ求人応募に複数の転職エージェントから応募するのはやめましょう。

転職エージェント同士でつながりがなくても、応募した企業には「違う転職エージェントから応募している」ということはバレてしまいます。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募した場合、企業にも転職エージェントにも不信感を与えてしまい、転職につながりにくくなるのです。

そのため複数の転職エージェントに登録している場合は、自分がどの企業の求人に応募したのかわかるようにしておき、ほかの転職エージェントから紹介された場合は断りましょう。

◆転職成功率をあげるためにしておくこと
転職の成功率を上げるためには、いくつかポイントがあります。どのようなポイントがあるのか、確認しましょう。

・スケジュールを立てておく
転職活動を行う際は、転職全体のスケジュールを決めてから行動しましょう。

スケジュールを決めておくと、「今何をすべきか」「いつまでに何を決めるべきか」などが把握しやすくなり、 転職へのモチベーションも維持しやすくなります。

スケジュールを決める方法として、まず転職する日を決めて、そこから逆算をしていきます。

たとえば10月までに転職を終えたいとき、退職の準備期間として2カ月要すると仮定したら、8月には転職先を決めておかなければいけません。

応募や選考に2カ月かかると仮定して8月に転職先を決めるためには、6月には候補である転職先をピックアップしておくのがよいと判断できます。

ピックアップするのにも1カ月~2カ月ほどかかると予想されるため、4月か5月には転職活動をスタートしなければいけない、という計算になるのです。

余裕を持ったスケジュールを決めておけば、無理のない転職活動を行えるほか、程よい緊張感が生まれ、「〇月までに転職するためには、今頑張ろう」と思うきっかけにもなるでしょう。

・転職理由を明確にしておく
転職しようと思ったきっかけは、なにか明確にしておきましょう。

たとえば「仕事がつらくて辞めたい」と感じたならば、同じ業種に転職していいのか考える必要があります。

一方、「スキルアップしたいから転職を決心した」という場合なら、同じ業種を選ぶ必要があるでしょう。

「なぜ転職しようと思ったのか」または「転職してどうなりたいのか」を明確にすることで、今転職する必要があるのかを判断できるのです。

もしも転職理由について深掘りしたときに、転職は今じゃないと結論が出れば、そのまま転職活動を辞めるのは問題ありません。

また転職する理由が明確になれば、何を優先条件として転職先を見つければよいかの参考になるでしょう。

たとえば時短勤務や残業なし、スキルアップ、年収、制度など、転職先に求める条件はたくさんあると思いますが、それらをすべて満たす転職先を見つけるのは困難です。

そのため条件に優先順位を付けて、優先度の高い条件を満たす転職先を見つけるのが効率的といえます。

併せて自己分析を行っておけば、「どんな仕事をしていきたいか」「やりたい仕事は希望条件を満たすのか」などを判断しやすくなるでしょう。

・応募先の情報収集を行う
自分の希望の条件ややりたい仕事などがわかれば、転職に関する情報を集めましょう。

たとえば「希望する業界の求人は豊富にあるのか」「どのような求人が出ているのか」などを、転職サイトや転職フェア、ビジネスに特化したSNSなどを活用して情報を集めます。

転職サイトや転職フェアはさまざまな業界の情報を得られるため、転職先が決まらない人にもおすすめです。

さまざまな企業から話を聞いたり、求人を見たりすることで、興味のある分野が見つかるかもしれません。

また口コミサイトを活用すれば、実際に働く人の生の声が聞けるため、入社後のミスマッチを防ぎやすくなります。

・選考対策を行う
転職先の希望が決まれば、履歴書や職務経歴書といった応募書類の作成や、面接の対策を行っていきましょう。

転職エージェントを活用すれば、書類や面接の対策サポートを受けられます。

転職エージェントは企業とのつながりが強く、企業ごとに合わせた対策をアドバイスしてもらえるため、事前に相談するのがおすすめです。

30代女性におすすめの転職エージェント


転職エージェント 30代 女性の画像

ここからは30代の女性におすすめの転職エージェントを紹介します。

女の転職@type
女の転職@typeは、正社員で長く働きたい人向けの転職エージェントです。

さまざまな職種を取り扱っていますが、なかでも事務職や営業職、企画系、サービス系、販売系の求人が豊富に揃っています。

女の転職@typeは閲覧履歴や応募履歴から、転職者に合った求人情報を表示してくれるため、自分の興味や関心の高い求人を見つけやすい仕組みです。

企業が求める人材に当てはまると判断された場合はスカウトメールが届くことから、プロフィールを充実させておくことが転職への近道といえるでしょう。

マイナビ WomanWill
マイナビ WomanWillはマイナビが運営する女性専用の転職エージェントで、キャリアアップや年収アップしたい人向けになっています。

マイナビ WomanWillに在籍しているアドバイザーがすべて全員のため、女性目線でアドバイスをもらいやすく、女性の悩みである育休・産休休暇の取得や、時短勤務といった仕事の条件も相談しやすいでしょう。

またマイナビ WomanWillで扱う求人の約80%が非公開求人のため、ほかでは見つけられない求人を紹介してくれる可能性があります。

リクルートエージェント
リクルートエージェントはほかの転職エージェントより豊富な求人数を所有しており、非公開求人だけでも10万件以上の取り扱いがあります。

リクルートエージェントではアドバイザーに育成に力を入れているため、優秀なアドバイザーが転職までサポートしてくれるでしょう。

今までの豊富な実績を元にさまざまなアドバイスを行ってくれるため、転職したい業界が決まっていなくても気軽に利用できます。

詳しくはこちら:リクルートエージェントの評判:転職に「使える」かを徹底調査

パソナキャリア
パソナキャリアは、転職者の67.1%が年収をアップさせた実績を持つ転職エージェントです。(2018年9月時点)

パソナキャリアはほかの転職エージェントと比較すると、求職者に時間をかけてアドバイスを行ってくれるため、転職エージェントから手厚いサポートを受けたい人におすすめといえるでしょう。

専門のアドバイザーが親身になってサポートしてくれることから、転職後の満足度が高いことも特徴です。

詳しくはこちら:女性の転職におすすめの転職エージェント見分け方&厳選サイト3つ

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

キャリアアップしたい30代女性向けの転職エージェント


転職エージェント 30代 女性の画像

次はキャリアアップを目的とした、転職を行いたい人におすすめの転職エージェントを紹介します。

ビズリーチ
ビズリーチは30代の転職後の平均年収が840万円(2021年1月時点)となり、 年収をアップさせたい人におすすめの転職エージェントです。

ビズリーチは企業からスカウトしてもらうことがメインの転職エージェントで、ある程度のキャリアを持った人がさらにキャリアアップするために特化しています。

管理職や海外勤務などの求人情報もあり、これからもっと仕事に力を入れたい人におすすめです。

JACリクルートメント
JACリクルートメントは30代~40代の転職に強く、これからスキルアップを目指したい人におすすめです。

JACリクルートメントが扱う求人の約60%は非公開求人で、なかでも年収600万円以上向けの転職サポートに力を入れています。

扱う業界はさまざまですが、特に外資系企業や海外勤務、金融系企業の求人に豊富にあるのが特徴です。

マイナビエージェント
マイナビエージェントは業界ごとに専任のアドバイザーがいるため、深い知識を持ったアドバイザーにサポートしてもらえます。

アドバイザーは各業界に精通しており、求人情報には載っていない社風や働く人の様子などを事前の確認しやすいでしょう。

面談ではしっかりと要望を聞いてサポートしてくれるため、初めての転職でも不安なく転職活動を行いやすくなります。

まとめ


転職エージェント 30代 女性の画像

30代の女性は経験やスキルを積んでいることから、今までの経験をアピールした転職活動が有利といえます。

30代の女性はライフスタイルに変化が起きやすいため、自分の将来設計に合わせた転職先を見つけることで長く働ける職場でに出会いやすくなります。

また転職を行う際は、プロのアドバイザーにサポートを受けながら転職活動が行える、転職エージェントの活用がおすすめです。

この記事を参考に自分に合った転職エージェントを活用し、理想の転職先を見つけましょう。

年収

新着記事

関連する記事