第二新卒が転職を成功させるためにおすすめの転職エージェント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

第二新卒の人にとって、転職は初めての経験です。
新卒の就職活動とは違い、どんな会社で働いてどんな業務に携わったのかをアピールする必要があります。

合同の説明会などもなく、自分で求人を探して応募しなければいけません。
一人で転職活動を進めるにあたって、不安な部分もあるでしょう。

そこで今回は、第二新卒が初めての転職活動を成功させるための情報をお届けします。
おすすめの転職エージェントもご紹介していますので、最後まで目を通して参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
正社員で働きたい方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

第二新卒の転職、よくある失敗とは

第二新卒で転職を目指す人

まずは、第二新卒の転職に失敗しないための心構えをご紹介します。

◆初めての転職の悩みとは
初めての転職活動だからこそ、悩みや不安もつきものではないでしょうか。
まずは第二新卒に多い悩みを見ていきましょう。

・待遇の悪化
今勤めている会社よりも待遇が悪くなるのではないかという不安があります。
せっかく転職したのに、賞与の金額が下がって年収が落ちた、なんてことになったら困りますよね。

転職という大きな決断をするからこそ、増えることはあっても、収入が減るなど待遇面の悪化は防ぎたいところです。

・スキルがない
転職先で自分のスキルが通用するかどうかという不安を抱える人も多くいます。

学校卒業後、3年未満の人が一般的には第二新卒と呼ばれるため、即戦力と言えるほどのスキルや経験がない人が多いのではないでしょうか。

これからスキルを磨いていく成長途中の人材で、企業側もそれを知った上でポテンシャル採用をしているのですが、特に専門性の高い職種への転職を希望する人は悩むことが多い傾向にあります。

・転職が早い
まだ新卒で入社して1~2年しか経っていないのに「もう転職するなんて」と周りから言われることもあるかもしれません。

「どんなに嫌でも3年は続けるべき」と言われたり、「4年目から仕事が楽しくなる」などと言ったりする人もいるでしょう。

周りからの意見というものも不安材料の一つになる傾向が多いと言えます。

・転職活動が会社にバレないか
転職活動をしていることが今勤めている会社にバレたらどうしようという不安もありますよね。

転職活動が発覚しても解雇になってしまうことはありませんが、会社に居づらくなる可能性はあります。

そのため、転職先から内定をもらって退職が決定してから伝えることをおすすめします。

◆会社を辞めることが転職の目的に
多くの転職希望者は、今の会社に何らかの不満を持って転職を目指します。
しかし不満があるからと言って、それだけで転職をしてしまうと失敗することになりかねません。

例えば待遇や給与に不満がある場合、転職でそれを解消しようとすると今よりも条件の良い企業ということになり、選択肢の幅が狭くなります。

複雑な人間関係を理由に転職しても、また同じような悩みを抱えたら転職することになります。

ネガティブな理由は、環境を変えて一時は改善されたとしても、また同じような悩みを抱えることがほとんどです。

退職のための転職ではなく、転職してどう変わりたいのかという、ネガティブな理由からポジティブな理由に変えてみることが大切です。

スキルアップや将来のキャリアプランのため、キャリアチェンジのためなど、前向きな転職理由につなげることが転職成功への近道となります。

◆新卒と第二新卒は同じではない
第二新卒は20代の若手ではありますが、新卒と同じではないというとことで悩む人もいます。

短期間とは言え、社会人としての経験をしているため、基本的なビジネスマナーは身についています。

即戦力とまではいきませんが、仕事の進め方、気を付けるべきことなどは把握しています。
同世代でも新卒者とは違うため、ある程度の責任感を持って転職に臨む必要があります。

◆自分の強みを把握できていない
自分の強みは何かを把握できていない人もいるでしょう。
スキルや経験はもちろん、自分の長所や短所など、性格上の特性を理解しておかなければいけません。

それには自己分析をする必要がありますが、第二新卒ではまだ難しいと思う人もいるかもしれません。

その場合は転職エージェントや、あなたをよく知る知人に相談してみてもいいかもしれません。

第二新卒は転職エージェントを使うべき理由

第二新卒で転職成功した人

転職活動の経験が浅い第二新卒こそ、転職エージェントの活用がおすすめです。
ここでは、その理由を解説していきます。

◆転職エージェントの仕組みとは
転職エージェントは、転職サイトと違ってさまざまな転職サポートを受けることができるサービスです。

《転職サポート》
・キャリアの相談
エージェントにはキャリアコンサルタントが在籍し、求職者が登録すると面談をして、転職先の希望やキャリアの相談などをすることができます。

転職のプロに相談できるため、不安なことがあれば伝えておきましょう。

・求人の紹介
求職者の希望やスキルに合わせて求人を探して、合う企業を紹介してくれます。

自分で探す手間が省ける上、コンサルタントが合うと思った企業を紹介してくれるため、マッチング率は高いと言えます。

また一般には公開されていない非公開求人も多数扱っているため、優良求人を紹介してもらえる可能性があります。

非公開求人の紹介の場合は、書類審査なく面接を受けることができる場合もあります。

・応募書類の添削
履歴書など応募書類の添削もしてもらえます。

職務経歴書は履歴書と違ってフォーマットが決められていないため、初めて作成する第二新卒者には不安材料の一つかもしれませんが、フォーマットを含めて内容の見直しなどのアドバイスをしてもらえます。

・面接対策
企業情報に詳しいコンサルタントが、企業に合わせた面接対策のアドバイスをしてくれます。

面接日の調整や、面接に同行してフォローしてくれることもあり、手厚いサポートがあります。

・待遇などの交渉
内定が決まれば、給与や待遇などの細かな交渉があります。

通常であれば企業から提示された給与や待遇になるところですが、エージェントを介している場合は、コンサルタントが待遇面の交渉をしてくれる場合があります。

自分では言いづらい金額面の交渉もお任せできるため、エージェントの利用はおすすめと言えます。

《エージェントの仕組み》
・サービスは無料で受けることができる
転職エージェントのサポートは基本的に無料で受けることができます。

エージェントによっては有料プランがある場合もありますが、手厚いサポートのほとんどは無料です。

・採用が決まればエージェントに収益が入る
転職サイトは掲載の際に料金がかかったり、採用ごとに料金がかかったりしますが、エージェントは採用後に、採用された人の年収の何割かがエージェントの収益になります。

収益は求人募集している企業から得る仕組みになっており、採用に至らなければ収益にはならないため、手厚いサポートを無料で受けることができます。

◆第二新卒が転職エージェントを使うメリット
・無料で活用できる
前述の通り、転職エージェントはほとんどが無料でサポートを受けることができます。
中には有料プランを設定しているエージェントもありますが、ほとんどは無料です。

・企業との折衝もしてくれる
企業の内部情報や応募の事前情報なども知ることができ、また企業との折衝もお任せできます。

一人ではなかなかできないサポートがあります。

・キャリアプランが描ける
キャリアの相談をすることができ、キャリアプランに沿った求人を探してくれるため、エージェントを利用するとキャリアプランが描きやすいと言えます。

キャリアに悩んでいる人は、相談してみるといいでしょう。

・現職を円満に退社しやすくなる
転職活動が初めての第二新卒にとって、退社も初めての経験です。

同僚や上司にどう伝えればいいのか、引き留められたらどう対応すればいいのか、思いもよらなかったトラブルが起こる場合もあります。

こうしたトラブルを避けて円満に退社するためのアドバイスもしてもらえます。

第二新卒はどんな転職エージェントを使うべきか

第二新卒で転職のコツをチェック

今や転職エージェントは数多くありますが、第二新卒におすすめの転職エージェントの特徴を詳しく見ていきましょう。

◆第二新卒が使える転職エージェント
転職エージェントにはいくつかの種類があります。

全職種を網羅した総合型や未経験向けのエージェントについては後ほど詳しく解説します。

・特化型
転職サポートをする年代や職種を絞り込んだ特化型のエージェントもあります。

エンジニアやグローバルなど、希望する職種がある場合は、特化型のエージェントで、専門知識を持つコンサルタントにアドバイスをもらうと良いでしょう。

・ハイクラス型
年収が600万円以上など、ハイクラス求人ばかりを扱うエージェントもあります。

ハイクラスエージェントでは、求職者にも高い実績やスキルなどが求められるため、第二新卒ではハードルが高いかもしれません。

・女性向け
女性に特化したエージェントでは、女性を求める企業ばかりのため、女性は採用の可能性が高くなります。

さまざまなジャンルがあるため、自分に向いている種類のエージェントを選ぶ必要があります。

◆総合型の転職エージェントの特徴
リクナビエージェントやマイナビエージェント、dodaなど大手企業が運営するエージェントサイトです。

全職種を網羅した総合型のエージェントは大手企業が運営していることが多く、エリアも全国に展開しています。

年収アップにつながることも多く、まずは登録しておいた方がいいでしょう。

経験のある職種も含めてキャリアに悩んでいる人は、総合型で幅広く求人を紹介してもらうことをおすすめします。

また今住んでいるエリアではない地域への転職活動も可能です。

◆未経験に特化した転職エージェントの特徴
転職エージェントでは経験者向けの求人がほとんどですが、未経験特化型のエージェントは20代を中心に「未経験OK」や「短期離職者OK」などの求人を紹介してくれます。

企業も未経験やスキル不足を前提として募集しているため、第二新卒の転職が成功しやすいと言えます。

特に第二新卒であれば経験が浅いぶん年齢が若いため、未経験へのチャレンジがしやすい年代です。

デメリットとしては、求人数が総合型に劣るという点です。
未経験に特化しているため、幅広い求人を扱う総合型に比べると待遇などの面でも劣る求人が多くなります。

それを踏まえて、未経験へのチャレンジをしたいという人は、ぜひ登録してみてくださいね。

◆転職エージェントをどう使うのがベストか
次に、転職エージェントをどう使うのかを詳しく見ていきましょう。

・スキルに自信がある人は総合型
職歴が2年以上ある第二新卒の人で、前職である程度のスキルを身に着けているという自信のある方は、総合型のエージェントを一社登録しておくことをおすすめします。

総合型は未経験や第二新卒向けの求人ばかりではなく、即戦力となる人材向けの求人もありますが、スキルに自信があるなら見ておいて損はありません。

多少経験が浅くても採用になる可能性のある求人も見つかるでしょう。

・複数社を併用する
総合型や未経験型など、ジャンルの異なるエージェントを複数併用することをおすすめします。

併用することで情報の偏りをなくし、幅広く情報を集めることができます。
転職活動にとって情報量は何よりも重要です。

エージェントに登録しておけば、一人では見つけられない求人を紹介してくれることもあります。

併用すればもらえるアドバイスや求人紹介の量も増えます。
そもそも無料のサービスなので、デメリットはほとんどありません。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
正社員で働きたい方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

第二新卒におすすめの転職エージェント

パソコンでサイトを探す第二新卒

ここでは、第二新卒におすすめの転職エージェントを、その特徴を含めてご紹介していきます。

エージェント選びの参考にしてみてくださいね。

・リクルートエージェント
幅広い業界や職種の求人を抱える、総合型のエージェントです。
業界のリーディングカンパニーだけあって求人数は非公開求人も含めて豊富です。

全国エリアに展開し、地方への転職サポートを受けることができるため、U・Iターンを検討している人にもおすすめです。

また若いキャリアアドバイザーが活躍しているのも、リクルートエージェントの特徴の一つです。

若く経験は浅いかもしれませんが、リクルートは給与も仕事に対するハードルも高いため、大きな収益を担う事業部でアドバイザーとして活躍している人材は、選りすぐりの精鋭と言っていいでしょう。

未経験の求人も多数扱っているため、総合型エージェントの一つとして登録しておいて損はありません。

・doda
求人検索がメインの転職サイトと、転職サポートがあるエージェントの両方のサービスが使える便利なサービスです。

自分でも求人を探しながら、並行してアドバイザーからのサポートも受けることができます。

非公開求人数も多く、企業が求職者に直接アプローチできる、ダイレクトリクルーティングを導入しているため、スカウトメールの数も多くなります。

ただしスカウトメールは、採用担当者からの本気のスカウトもあれば、登録者のほとんどに送られる軽めのスカウトもあります。

本気のスカウトを狙うには、登録情報を充実させる必要があります。

・マイナビエージェント
20~30代の転職に強い総合型のエージェントです。
第二新卒にも力を入れているため、登録してみてもいいでしょう。

ITやWebなどのエンジニア系、営業、メディカル系など分野ごとに分かれており、より専門的な知識と経験を持つアドバイザーが的確にアドバイスをしてくれます。

一人ひとりの転職やキャリアの相談、転職サポートも対応が丁寧で質が高いと定評があります。

・えーかおキャリア
20代に特化したエージェントです。

2018年に設立されたサービスで、実績や求人数では大手サイトに及びませんが、質の高いサポートや企業へのコンサルタントは業界でも注目されています。

求職者と企業の両方からしっかり要望を聞き、マッチングを大切にしているから、入社後1年の定着率が97%と高い結果につながっています。

・マイナビジョブ20’s
20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。
未経験求人も多く、経験の浅い第二新卒やキャリアチェンジを検討している人におすすめです。

年代を絞り込んでいるため求人数は総合型のエージェントに比べると少なくなりますが、20代の第二新卒向けの求人が多いため、求人探しの手間は省ける可能性があります。

・第二新卒エージェントneo
第二新卒や既卒、フリーター、高卒の20代に特化した転職エージェントです。

これまでの利用者の声が写真付きで掲載されていて、どんな経験を持つ人がどんな転職を成功させたのか、参考になるでしょう。

簡単な年収診断や、転職ノウハウの動画など、コンテンツが若者向けに作り込まれており、第二新卒の転職希望者には向いているサイトになっています。

《転職エージェントの選び方》
・自分に合っているかどうか
前述でいくつかエージェントをご紹介しましたが、転職サイトと同様にエージェントにも特徴があります。

特に第二新卒の場合は、第二新卒に特化したエージェントや20代メインのエージェントを選ぶことをおすすめします。

アドバイザーも第二新卒の求人に詳しい人がアドバイスをしてくれるため、一社は第二新卒向けのエージェントを選んでおきましょう。

・検索しやすいかどうか
サイトの使いやすさも重要です。
求人検索は転職活動に欠かせない作業です。

長期間検索するかもしれないため、細かい検索項目があったり、こだわりで探したり、直感で使えるサイトを選ぶと良いでしょう。

・担当のアドバイザーとの相性がいいかどうか
エージェントでは担当のキャリアアドバイザーがついてくれますが、このアドバイザーとの相性は重要です。

人間同士だからどうしても合わない人もいるでしょう。
その時は遠慮せずに、早めに担当を変えてもらうように伝えることをおすすめします。

《転職エージェントの活用法》
無料で手厚いサポートを受けることができるエージェントは、初めての転職活動において心強い味方です。

転職サイトと複数併用すると、効率よく転職活動を進めることができます。
エージェント活用の大きなメリットの一つは、非公開求人の案件を多く扱っていることです。

一般には公開されていない求人のため、転職の意志が強いことをアピールして、非公開求人を紹介してもらうようにしましょう。

ただしエージェントに登録すると、自分のペースで転職活動を進めることが難しくなります。

あくまでいい求人があれば転職したい、転職を焦っていない、という人には向いていないかもしれません。

《第二新卒の求人が増える時期》
第二新卒の求人が増える時期があるのをご存知でしょうか?

中途採用の求人は年中ありますが、第二新卒向けの求人は、1年に2回、春と秋に増える傾向があります。

春は、前年の新卒者で退職してしまった人、定年退職の人の補充があるからです。
第二新卒であれば新卒と一緒に初期研修を実施できるため4月入社を求める企業もあります。

求人は1月~3月ごろに増えていきます。

秋は異動や転勤に伴う募集が増える時期です。
また夏のボーナスをもらって退職する人もいるため、退職者の補充というケースもあります。

秋の求人は7~9月ごろにかけて増える傾向があります。

もし転職を考えているなら、第二新卒向けの求人が増える春と秋に向けて活動を始めてみてもいいかもしれません。

まとめ

第二新卒が転職するポイントまとめ

いかがでしょうか。
第二新卒は初めての転職になるため、悩みや不安を抱える人も多くいます。

もし一人で悩みを抱えるようなら、転職のプロに相談して進めていくことをおすすめします。

その時に無料で相談できるのが転職エージェントです。
今回の記事を参考にして、あなたにぴったりのエージェントを見つけてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new