20代にオススメの転職エージェント【未経験・第二新卒】

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

20代は経験やスキルが足りないことも多く、やりたい仕事が明確になっていない人も少なくありません。

「転職したいけどスキルがない」「どんな仕事があっているのか自分ではわからない」などと悩む人は、転職エージェントを利用すると効率よく転職活動を行えるためオススメです。

この記事では転職エージェント の使い方やオススメの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントをうまく活用して、自分にあった転職先を見つけましょう。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

20代の転職に転職エージェントをオススメする理由

転職エージェント 20代の画像

なぜ20代が転職する際に、転職エージェントの利用がオススメなのでしょうか。

まずは20代に転職エージェントをオススメする理由を解説します。

◆自分にピッタリの転職先を見つけることができる
転職エージェントとは転職のプロであるキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるサービスのことで、求職者が抱える悩みに対して、応募書類の添削や面接の日程調整などさまざまなサポートしてくれます。

20代の多くは転職活動に不慣れなため、「転職活動を行うのは大変」「自分にあっている企業や職種がわからない」「自己分析ができない」など多くの悩みを抱えているでしょう。

転職エージェントは各企業の人事担当とつながりがあるため、求人広告に掲載されている情報以外に、働く社員の様子や社風、経営者の人柄など、求職者が本当に知りたい情報を収集して伝えてくれるのです。

そのうえで求職者の悩みを共有しながら、 求職者に合った転職先探しをサポートしてくれます。

自分では気付きにくい自身の強みや弱み、魅力の伝え方など、客観的に求職者の分析を行ってくれるため、「自分が何をしたいのか」「どんなことに興味があるのか」など、新たな発見につながり、自分にあった就職先を見つけやすくなるのです。

◆転職活動を効率よく行うことができる
求人情報を自由に閲覧できる求人サイトは、気になった企業に自由に応募でき、マイペースに転職活動を行える一方、転職先や面接の調整などすべて自分で行う必要があります。

転職エージェントを利用すれば、求職者の希望に沿った転職先探しや面接の日程調整なども代わりに行ってくれるため、効率よく転職活動を行えることが特徴です。

特に仕事をしながらの転職活動は時間を確保しにくいこともあるため、嬉しいサービスといえます。

転職エージェントに登録すれば専属のキャリアアドバイザーが担当に付いてくれ、転職に関することは何でも相談でき、初めての転職でも不安を抱えることなく転職活動が行えるでしょう。

たとえば履歴書や職務経歴書といった求人に応募する際に必要な書類は、自分で考えて書くと「何が正しい書き方なのか」「自分の魅力を伝えられているのか」などの疑問は少なくありません。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるキャリアアドバイザーに応募書類の添削を行ってもらえるため、プロの目線で改善すべき点を判断してもらうことができ、選考の通過率もアップしやすくなるでしょう。

このように転職エージェントを利用すれば、効率よく就職活動を行うことができます。

詳しくはこちら:中途採用に使うべきサービスはコレ!業界別サイトを徹底比較

転職エージェントを利用する流れ

転職エージェント 20代の画像

転職エージェントの多くは無料で利用できます。

ここからは初めて転職エージェントを利用するであろう20代でも、スムーズに活用していけるように転職エージェントの利用方法を解説します。

◆転職エージェントを利用するには
転職エージェントを利用する手順は、「転職エージェントの登録」「面談・求人紹介」「求人応募・面接」「内定・入社」の4ステップです。

それぞれのステップを詳しく確認しましょう。

1.転職エージェントに登録
転職エージェントを利用するためには、Webサイトやアプリで職歴や学歴、希望年収、希望勤務地などのプロフィール情報を登録します。

このとき今まで経験してきた仕事内容やスキルなどをできるだけ詳しく記載しておくと、幅広い求人の中から自分にあった転職先を見つけてもらいやすくなるためおすすめです。

プロフィール情報を登録したら、数日以内に担当のキャリアアドバイザーから連絡があるため、面談の日程を組んでいきましょう。

2.面談を行い、企業を紹介してもらう
担当のキャリアアドバイザーと面談を行い、これまでの仕事内容や経験、価値観、ライフスタイル、希望の条件などを伝えます。

面談は対面や電話で行うことが一般的で、自身の弱みや強みを客観的に判断してくれたり、転職活動の不安や疑問などにも答えてくれたりするのです。

ほかにも「いつまでに転職を行いたいか」「転職で実現したい目的はなにか」など転職活動の方向性を具体的に決め、退職から転職までの大まかなスケジュールを決定します。

特に仕事を継続しながら転職活動を行う場合は、面接に割ける時間も限られるため、「土日しか面接へ行けない」「平日の場合は有休を取得する必要がある」などの要望はあらかじめ伝えておきましょう。

また転職しようか迷っている場合や、自分がどのような企業に転職すればよいかわからない場合などもキャリアアドバイザーに相談でき、あやふやなまま転職活動を行って後悔しないように適切なアドバイスを受けられます。

キャリアアドバイザーとの面談を行う時点で求職者に適した求人があれば、紹介してもらうことも可能です。

3.希望の求人が見つかれば求人応募や面接を行う
希望の求人が決まったら、履歴書や職務経歴書などの必要書類を準備します。

転職エージェントでは応募書類の書き方や自己PR文など、企業に自身の魅力を伝えられる書類を作成できるように、キャリアアドバイザーが添削を行い、求職者に合わせたアドバイスを受けられるのです。

「どのように自分の強みをアピールするのか」「読まれる書類の書き方」など、転職のプロだからこそわかる知識を身に付けられ、より魅力的な書類を作成できます。

面接についても過去に同じ企業や職種に応募した人の情報を元に、面接で聞かれる内容を想定して教えてもらうことが可能です。

模擬面接も行ってもらえるため、面接の雰囲気に慣れることもでき、話し方のポイントや作法についても学べます。

そのため今まで履歴書や職務経歴書を書いたことや面接の経験が少ない人でも、安心して転職活動が行えるのです。

4.採用が決まれば内定・入社の準備
内定が決まった後は、自分では言い出しにくい給料の話や待遇、勤務開始日などを求職者に代わって、転職エージェントが交渉してくれます。

また円満に退職できるよう、退職届の書き方や引継ぎ方法などもサポートしてくれるため、退職もスムーズに行なえます。

◆キャリアアドバイザーとの面談が重要
転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリングを受けられます。

キャリアカウンセリングとは、キャリアアドバイザーと共通の目標(転職)を達成するために「求職者の情報を共有する」時間のことで、キャリアアドバイザーに自分を良く見せて転職を有利にするのではありません。

ありのままの自分をさらけ出し、現在の仕事内容や経歴、キャリアプラン、転職理由などを伝えることが大切で、その情報を元にキャリアアドバイザーは求職者の強みや弱み、職種の適正診断、自己PRの方法などのアドバイスを行うのです。

つまり、キャリアカウンセリングを受けることで、転職活動がスタートするといっても過言ではありません。

自分の希望に沿った転職先を見つけるためにも、自分自身を客観的に判断してもらいましょう。

転職エージェントの上手な使い方

転職エージェント 20代の画像

転職エージェントを活用すると「応募書類の添削」「非公開求人の紹介」「人事からのフィードバック」など、得られるメリットが少なくありません。

転職の経験の少ない20代だからこそ、転職エージェントを活用することで得られるメリットを、うまく利用して効率よく転職を行いましょう。

◆履歴書や職務経歴書を添削してもらおう
履歴書や職務経歴書といった企業に提出する応募書類の添削や面接対策を受けると、選考を通過しやすくなります。

応募書類の添削や面接対策は、キャリアアドバイザーの得意とする分野でもあり、今までのノウハウが蓄積されているため、自分では気付けないアドバイスをもらえるメリットがあるのです。

企業が欲しているスキルや経験があるにも関わらず、応募書類や面接で伝えきれていない場合も多く、選考からの漏れを防げるように転職エージェントを活用します。

応募書類で伝えられる情報量や面接の時間は決まっており、限られた時間の中で自身の魅力を伝えるためには客観的なアドバイスも必要です。

転職エージェントは企業の実情も把握している場合が多く、企業がどのような人材を探しているかも知っているため、効率的な転職活動を進めるためにも、企業に応募書類を提出する前や面接前に、ぜひアドバイスを受けておきましょう。

◆非公開求人を紹介してもらおう
非公開求人とはその名の通り公開されていない求人のことで、ほとんどの転職エージェントは非公開求人を持っています。

非公開求人は即戦力のある人材を求めている場合が多く、有名企業や大手企業の求人や幹部候補クラスの求人もあるなど、条件の良い求人に出会いやすくなります。

また幅広い人を採用したいと考えているのではなく、専門的な経験やスキルを持った人を求めている場合が多いため、自分の経験やスキルに該当した求人に出会えやすいのです。

なぜ転職エージェントに多くの非公開求人が集まるのかというと、企業が新規事業や新しい市場への挑戦といった業務の内容を公にしたくない場合に非公開で求人応募を行います。

たとえば新規事業の立ち上げメンバーを募集しようと思った際、公開求人を出してしまうと競合他社に事業内容が伝わってしまう恐れがあるのです。

ほかにもスピード重視で人材を集めたい場合や企業の人事担当の負担を減らすために、非公開で求人応募を行うときもあります。

非公開求人だからといって特別な資格は必要ないため、自分にあう求人を紹介してもらった際は挑戦するのもよいでしょう。

以下に非公開求人を活用するメリットやデメリットを紹介します。

・非公開求人のメリット
非公開求人を利用する企業は求める経験やスキルが明確になっている場合が多く、即戦力となる人材を探している場合が少なくありません。

そのためキャリアアップを目指している人や、得意なスキルを用いてスキルアップしたい人には非公開求人がおすすめです。

転職エージェントは企業が求める人材にマッチしてる人に非公開求人を紹介するため、たとえ経験の少ない20代でも、公開求人より効率よく転職活動ができることもメリットといえるでしょう。

また大手企業は非公開求人で人材を確保する場合が多いため、大手企業に転職したい人は転職エージェントを活用する必要があります。

・非公開求人のデメリット
非公開求人は求職者の経験やスキルが足りなければ、紹介してもらえないことが一般的です。

非公開求人は即戦力を希望している場合が多く、求められる経験やスキルも高いため、企業の募集内容にマッチしない、経験の少ない20代では、求人を紹介してもらえる可能性が低いです。

ほかにも非公開求人は転職エージェントを通じての情報しかわからないため、事前に企業について調べたり、具体的な仕事内容、勤務条件などを把握できなかったりと、自分の関心ある企業に転職したい求職者にはデメリットといえます。

◆人事からのフィールドバックをもらおう
求職者自身が求人に応募した場合は、なぜ面接を通過できなかったのか確認できる機会はほとんどありません。

しかし企業とつながりのある転職エージェントを活用すると、「なぜ面接を通過できなかったのか」「次に活かせるところはどんなところなのか」などのフィールドバックがもらえる場合が多く、次の面接に活かせるのです。

そのため面接が終了したら、担当のキャリアアドバイザーに連絡を入れて「面接で聞かれた質問はどんなことで、何と答えたか」を具体的に伝えましょう。

そのほかにも企業の雰囲気や働く人の印象や感じたことを伝えておくと、次の求人応募を探す際の参考にしてもらえます。

詳しくはこちら:大手5社を徹底比較!転職スカウトサービスの違い&活用法とは?

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

20代にオススメの転職エージェント

転職エージェント 20代の画像

新卒や第二新卒向けにおすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントによって特徴が異なるため、それぞれの違いを理解し、自分に合った転職エージェントを活用しましょう。

◆ウズキャリ(UZUZ)
ウズキャリは経歴やスキルなど、個性に合わせたオーダーメイド型の転職サポートを行ってもらえるため、入社半年後の定着率が96.8%と納得のいく転職をしている人が多数います。

ただの転職サポートサービスではなく、キャリア教育まで提供してくれる精度の高い転職エージェントといえるでしょう。

ウズキャリのキャリアアドバイザーは就職で挫折したり、短期離職を経験したりと就活に苦労してきた人が行っているため、求職者の悩みを共有しながら同じ目線で転職のサポートを行ってもらえることが特徴です。

「就職に苦労している若者のための会社」としてウズキャリは始まっているため、ただ転職先を紹介して終わりではなく、 目標をしっかりと持ち、20代の若い世代でもチャンスを掴めるような転職サポートをしてもらえます。

◆ハタラクティブ
ハタラクティブは20代特化型の転職エージェントで、求人サイトやほかの転職エージェントでは扱わない求人も多数取り扱っています。

「20代の若い世代を育てたい」「幅広い人材を確保したい」のように、これまでの経験やスキルで判断するのではなく、人柄を重視して採用する企業が多く登録していることが特徴です。

未経験でも正社員に転職できる求人が豊富に揃っており、登録者の多くが2週間~1カ月程度で転職を決めているため、早く転職したい人におすすめの転職エージェントといえます。

◆就職Shop
就職Shopの登録企業は1万社以上で、すべて未経験歓迎の求人を取り扱っています。

利用者の9割が20代で、未経験かつ若い世代の可能性を信じて育成していく企業を紹介してもらえることが特徴です。

経験や資格などを見る書類選考がなく、直接面接を受けられるため、経歴より人柄ややる気を見てもらえ、正社員経験のない人でも挑戦しやすい求人が多いといえます。

求人先の企業はすべて直接訪問して取材しており、労働環境や従業員の教育体制など、入社しなければわからない情報を教えてもらえるため、安心して転職活動を行えるでしょう。

◆ワークポート
ワークポートは転職に役立つサービスが充実しており、Web上で履歴書や職務経歴書を簡単に作成できる「レジュメ」 や、転職活動の進捗がひと目でわかるアプリ「eコンシェル」など、さまざまな角度から転職をサポートしてくれます。

紹介してもらえる求人数が多く、特にITやゲーム業界に強いため、未経験でIT業界に転職したい人にはおすすめの転職エージェントです。

IT業界の経験がないけど、エンジニアを目指したい求職者には、「みんスク」というエンジニアスクールが用意されています。

プログラミングのスキルを身に付けたうえで、転職活動を行いたい求職者におすすめのサービスで、みんスクを受講後のキャリア選択が大きく広がる可能性があるのです。

◆マイナビエージェント
マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制のため、各業界や職種に熟知しており、経験のない業界にもチャレンジしやすいことが特徴です。

キャリアアドバイザー以外に、企業の人事担当と直接やり取りを行うアドバイザーも在籍しているため、求人情報に掲載していない職場の雰囲気や、経営者の人柄などの情報ももらいやすくなります。

マイナビエージェントが抱える求人のうち、80%が非公開求人のため、今まで出会えなかった求人を紹介してくれる可能性もあるでしょう。

◆リクルートエージェント
リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、有名企業を含めた求人数が20万件以上と圧倒的に多い求人を取り扱っています。

扱っている業界や職種も豊富にあり、地方に住んでいても希望の求人を見つけやすいといえるでしょう。

非公開求人だけでも10万件以上の取り扱いがあり、自分で探しても希望する仕事が見つからない人にはおすすめです。

取り扱う求人が多いからこそ、幅広い業界の知識を持ったキャリアアドバイザーが在籍しており、希望の条件やスキルなどに合った求人を紹介してくれます。

詳しくはこちら:女性の転職におすすめの転職エージェント見分け方&厳選サイト3つ

まとめ

転職エージェント 20代の画像

転職に不慣れな20代は、さまざまなサポートを受けながら転職活動を行える転職エージェントがおすすめです。

自分で気付けない強みや弱みなどを教えてもらうことができ、応募書類の添削や面接対策も行ってもらえます。

ほかにも非公開求人の紹介や退職のポイントなどもサポートしてもらえるため、効率よく転職活動が行えるでしょう。

「自分のやりたいことがわからない」「転職活動に不安がある」などといった悩みを抱えることが多い20代だからこそ、転職エージェントを活用して自分にあった職場を見つけましょう。

年収

新着記事

関連する記事