50代が未経験からの転職で成功するコツを解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代から未経験の仕事に挑戦しようと思ったことはありませんか?

年齢から考えると、未経験での転職はかなりハードルが高くなるでしょう。

しかし未経験の仕事への転職も不可能ではありません。

今回は50代から未経験で転職に成功する対策、失敗しない求人探しのコツなどをまとめて解説します。

あなたがこれまで培ってきた社会人経験やコミュニケーション能力などを活かして、業界や職種を超えて活躍できる道を見つけてください。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代から未経験の仕事に転職するということ

50代 新しい道

まずは、50代で未経験職種に転職するのはどういうことか、考えていきましょう。

◆50代でも未経験の仕事に転職することは可能、だが…
雇用の流動化もすすみ、近年では40代50代で転職するケースも増えてきているため、50代から未経験の職種に転職することも可能でしょう。

しかし、30代までの若年者向けと比べると50代OKの求人はかなり少なく、さらに50代向けの求人は職種経験のある即戦力を求めるものがほとんどです。

50代になると、どうしても若い頃より物覚えも悪くなります。

まったく経験のない職種に50代から転職するなら、リスクがあることを理解し、相応の覚悟を持って臨む必要があるということです。

◆50代、未経験職への転職によるリスク
50代から未経験職種に挑戦するにあたって、考えられるリスクには以下のようなものがあります。

あらかじめ理解しておきましょう。

・50代での転職は、転職活動が長期化する傾向がある
・正社員ではなく、非正規雇用になる可能性も高い
・転職によって、前職よりも収入が減るかもしれない



50代での転職成功が、難しいとされる本当の理由

転職に思い悩む50代男性

50代転職の現状について理解できたところで、次は、50代での転職成功が難しくなる理由について、企業側の目線から考えてみましょう。

◆年齢が高い=人件費が高くつくから
キャリアが長い分、前職で高額な給与をもらっていたケースも多い50代の転職者の雇用には、30代までの若手を雇用するよりも高額の人件費がかかると考えられています。

このため、企業側も「高額の人件費をかけてまで雇用するメリットがあるのか」を見極めるため、どうしても50代の転職者を精査する目が厳しくなるのです。

◆プライドが高くて扱いづらいイメージがあるから
年齢と一緒にキャリアを重ねてきたからこそ、過去の栄光から自己流の仕事の進め方などにこだわりができ、上司や会社からの指示に従わないのではないかと懸念されています。

配属先の上司・先輩が年下である可能性も十分考えられるため、企業側が現場で扱いづらいであろう50代のベテランの採用を控える傾向があるのです。

あわせて読みたい:
40代50代男性の仕事探しや転職・・・ホントのトコロ

50代が未経験職種への転職成功のためにできる対策

50代転職成功の対策を考える男性

次に、50代の転職者が、未経験職種への転職成功のためにできる3つの対策を以下に紹介しますので、参考にしてください。

◆自分のキャリアを洗い出し、丁寧に自己分析する
たとえ未経験の職種であっても、過去の経験や在籍していた業界など、少しでも応募先企業との親和性が見つけられれば、転職成功の可能性は高くなります。

これまでの経歴と培ってきたスキルを丁寧に洗い出し、転職を希望する職種・企業にマッチする部分がないか探してみましょう。

あわせて読みたい:
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

◆今後のキャリアプランを踏まえた転職先を探す
50代の転職なら、転職先には一般的な定年の60歳までのこり10年、生涯現役を目指す人なら20年以上務めることになるかもしれません。

転職先には、長期的に見て体力的・精神的に続けられそうなところを選んでください。

あわせて読みたい:
女性が自分らしく、幸せなキャリアを築くための考え方とは

◆雇用形態、働き方の選択肢は幅広く持つ
冒頭で述べたように、50代で未経験職種へ正社員として転職するのは難しいです。

転職活動の長期化を避けるためにも、雇用形態や働き方に対する視野は広く持って、変化には柔軟に対応できるようにしておきましょう。

あわせて読みたい:
40代の仕事探し、転職のため視野を広げて不安を吹き飛ばすコツ
希望にあわせて働き方自在!シニア派遣の魅力とおすすめサイト7選

50代での転職!その成功率はどのくらい?

転職に成功した50代

総務省統計局発表の「労働力調査 平成29年(2017年版)平均(速報)結果の概要」をもとに、50代での転職成功率を見ていきましょう。

◆50代での転職者割合は、20~30代の半分程度
統計によると、現在なんらかの仕事に就業していて、かつ過去1年以内に離職を経験した人の25~64歳までの世代別割合(男女計)は、以下の通りです。

25~34歳 7.0%
35~44歳 4.6%
45~54歳 3.4%
55~64歳 3.7%


50代を含む40代後半~60代前半までの転職率が、20代後半~40代前半までの半分程度であることから、若年層に比べて50代の転職が難しいという現状が見えてきます。

◆50代以降の転職者は、男性よりも女性がやや多い傾向あり 次に、前述の45~64歳の転職者のうち、男女の割合を見てみましょう。

男性 45~54歳:2.3%
55~64歳:3.8%
女性 45~54歳:4.6%
55~64歳:3.5%


このように、40~50代の中年での転職者に男性よりも女性が多い背景には、子育てを終えた女性たちが非正規職員として雇用され、働いてきたことがあげられます。

逆に、男性はこれまで終身雇用が一般的であったため転職者自体が少なく、50代男性の転職者・転職成功者の割合が低くなっていると推測できるでしょう。

あわせて読みたい:
50代女性も正社員に転職できる!成功するための4つのコツとは
50代女性が転職を成功させるには?リアルな転職事情を解説!

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代転職を失敗しない!求人探し成功のコツ

最適な求人を選ぶ50代

最後に、50代の転職希望者が自分にあった求人と出会うために覚えておいてほしいポイントを2つ紹介します。

◆求人検索の前に、しっかりと自己分析をする
50代の転職において最大の武器となるのは、年齢と共に着実に積み重ねてきた「経験」と「知識」、そしてこれらを根拠とした「即戦力性」です。

自らの武器を最大限に生かした転職を成功させるためには、自分の武器を知り、その武器を最も評価してくれる企業・職種・業界を選ばなければなりません。

このため、50代の求人探しの前には、自分の武器を知り存分に生かすための徹底的な自己分析が必要になります。

あわせて読みたい:
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

◆自分の経歴・希望職種と親和性の高いキーワードと検索する
転職したい職種名や業界名とあわせて、自分の経歴から親和性の高い分野や、キーワードなどを一緒に検索すると、マッチング度の高い求人がみつかりやすくなります。

求人検索するときは、営業職に転職するなら「法人」や「飛び込み」、接客業になるなら「接客」「店舗販売」など、具体的な関連キーワードと一緒に検索してみましょう。

あわせて読みたい:
50代が未経験から転職できる仕事はコレ!男女別おすすめ職種4選
40代の仕事探し、転職のため視野を広げて不安を吹き飛ばすコツ

まとめ

50代から未経験の仕事へ転職するには、「即戦力」であるという一番の武器を使うことができません。

あと10年もすれば定年退職する人材を、雇いたいと思う企業は少ないでしょう。

しかし、自分のキャリアや経験をがどう活かせるか、どこをアピールすれば企業の求める人材になり得るかをしっかり把握することができれば、転職を成功させることも不可能ではありません。

失敗しない求人探しのコツを踏まえながら、自己分析を行い、広い視点で転職活動を行ってください。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new