50代女性も正社員に転職できる!成功するためのコツとは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代女性で転職したいと思った時に、正社員で転職できるかどうか不安に感じたことはありませんか?

一般的に見て、50代女性の転職期間が50代男性よりも長くなることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

結婚や出産、育児や介護などライフステージによってキャリアを中断された女性も多く、即戦力としての活躍が未知数というのも理由のひとつです。

しかし正社員として働くことは不可能ではありません。

これまでの仕事の経験はもちろん、家事や育児で培った経験も活かした女性ならではの転職のコツを詳しく解説します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代女性の転職は厳しく長期化する傾向

正社員に転職が決まって握手している女性

50代の転職は、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。

まずは目安となる期間から見ていきましょう。

◆転職が決まるまでに要した期間
・1ヵ月半以内 9.5%
・3ヵ月以内 21.1%
・6ヵ月以内 46.3%
・7ヵ月以上 23.2%
※エンジャパンによる2014年12月「転職活動期間に関する調査」参照

上記の結果の通り、50代の約半数が転職を決めるまでに半年ほどかかっていることがわかります。

さらに7ヵ月以上かかった人も2割を超えており、50代の転職には時間がかかると言えるでしょう。

それだけの期間がかかるため、現職と並行して転職活動を行うことが必要です。

逆に言えば、それだけの期間をかければかなり高い確率で転職を決めることができるという結果でもあります。

あわせて読みたい:
50代女性が転職を成功させるには?リアルな転職事情を解説!
50代女性の転職の分かれ道とは?転職成功する人の共通点3つ

正社員として働いている50代女性の割合は?

正社員の50代女性

50代で正社員として働いている女性は、どのくらいいるのでしょうか?

総務省統計局の「平成27年国税調査 就業状態等基本集計結果 結果の概要」によると、50代男女の正社員割合は、それぞれ以下の通りです。

男性 50~54歳:75%
55~59歳:69.5%
女性 50~54歳:37.4%
55~59歳:34.5%

参考:総務省統計局「平成27年国税調査 就業状態等基本集計結果 結果の概要」

男性はおよそ7割が正社員であるのに対し、女性の正社員割合は男性と比べると半分程度の3~4割にとどまっています。

一方で、パートなどの非正規職員として働く50代女性の割合が5割近くになっていることから、正社員以外の働き方をしている人が多いと言えるでしょう。

この原因としては、まず男性に比べて女性の方が結婚・妊娠・出産・介護などのライフイベントにあわせて働き方を変える傾向が強いことが挙げられます。

さらに、今の50代が若い頃には結婚退職が一般的で、女性的な役割分担を強く求められる時代背景があったことも、50代女性に非正規職員が多い理由のひとつです。

正社員への転職成功率を上げる3つのステップ

正社員に転職した女性

女性が正社員を目指す理由を詳しく見てきました。

ここでは、正社員への転職成功へのステップを見ていきましょう。

◆スキルや経験の棚卸をする
まずは、自分自身のスキルや経験をしっかりと見直すことから始めましょう。

何を強みにするべきか、転職市場での価値やアピールポイントを明確にすることで、応募書類や面接でのトークも変わり、採用に近づくことができます。

◆自分に合った転職サイトを活用する
20代や30代向けの転職サイトを使っていても、自分に合う企業を効率よく探すことは困難です。

効率よく情報得て、マッチングする企業を探すためにも、年代や希望職種などに合った転職サイトを活用しましょう。

◆スケジュールを立てる
求人情報を集めると同時に、大まかな転職活動の計画を立てておきましょう。

・最初の2~3ヵ月は、情報収集と応募に専念する。
・次の面接と同時進行
・面接がいくつか入りだしたら応募はいったん止める
・書類選考で落ちる場合は応募書類や応募企業の再検討

など、数ヵ月単位での計画を立て、進み具合によって検討し直すことも必要です。

アラフォー女性でも、まだまだ正社員での採用の可能性はあります。

しっかりと計画を立てて、正社員としての転職を目指してください。

あわせて読みたい:
ミドル女性も正社員になれる!成功のためにできる2つの対策とは
正社員志望の全世代の女性必見!求人探しにおすすめのサイト11選
ミドル女性の正社員求人探しを応援!利用すべきおすすめサイト8選

経験を生かす!50代女性が転職成功するコツ

経験を生かして正社員に転職した女性

次に、それまでの経験を生かして50代女性が転職成功するためのコツを見ていきましょう。

◆中小企業やベンチャーを探す
経験を生かして転職するとしても、大手企業への転職はかなり難しいでしょう。

しかし中小企業やベンチャー企業なら、経験豊富な人材なら50代女性でも歓迎する企業もあります。

待遇や条件面では妥協しなければいけなくなるかもしれませんが、個人への裁量も増えるためやりがいのある仕事ができる可能性もゼロではありません。

◆幅広い業務に携われることをアピールする
それまで経験してきた部署や業務内容を示し、限られた業務のみならず、部署や職種を超えた幅広い業務に携われることも50代女性の強みのひとつです。

特に個人や部署の役割が明確になっている大手企業と違い、中小やベンチャー企業では個人がさまざまな仕事を受け持つ場合があります。

そういった意味でも“使える人材”であることは、転職の際に有利になる可能性があると言えるでしょう。

あわせて読みたい:
50代女性も正社員に転職できる!成功するための4つのコツとは

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

業界未経験でも転職成功するコツ

未経験から正社員に転職した女性

次に、未経験の業界で転職成功するコツを見ていきましょう。

◆中小企業を狙う
大手企業やおしゃれなオフィスに入っているベンチャー企業などは、若い女性からの応募も集まる可能性が高いため、50代女性が採用される確率は低くなってしまうかもしれません。

古くからある中小企業や、同僚は年配男性が多い、といった若い女性が敬遠しそうな中小企業を狙うのも転職成功のコツです。

◆都心部や駅から遠い企業を狙う
都心や駅に近い場所にオフィスを構える企業ではなく、駅から遠い場所や都心から外れた場所にあるオフィスを狙うのもおすすめです。

駅近で便利な企業よりは、不便な場所の方が応募数も減るため競争率がぐっと下がります。

◆職種を限定せずに「年齢不問」の求人に応募する
求人を探す際に、職種を限定することなく「年齢不問」の求人を探し、応募していきましょう。

50代で未経験となると、正社員での転職数はかなり少なくなります。

どうしても正社員を目指すのであれば、職種や条件を多少なりとも妥協する覚悟を持つことも必要です。

◆派遣や契約社員から正社員登用を目指す
正社員での採用が難しければ、まずは派遣社員や契約社員から入社し、実績を積んで正社員登用を目指す道もあります。

その場合は、紹介予定派遣や正社員登用の可能性のある求人を探すようにしましょう。

あわせて読みたい:
50代女性も正社員に転職できる!成功するための4つのコツとは
50代女性の求人が増えているって本当?採用されるコツ3つ

50代から正社員での転職は、ハードルは高くなりますが不可能ではありません。

諦めることなく、長期戦になることを覚悟の上で転職活動を進めてみてください。

まとめ

50代の女性であれば、仕事の経験はもちろん、仕事以外の経験も豊富です。

あなたの持つスキルや経験を明確にし、最適な業界や職種を探しましょう。

求人探しのコツとしては、大手企業や都心部にある企業を避け、「年齢不問」や「50代歓迎」などの求人を中心にすることで、採用の可能性を上げることができます。

また正社員スタートに限らず、派遣や契約社員から正社員登用を目指すのもおすすめです。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new