40代の転職が「厳しい」「地獄」と言われる理由と対処法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

40代で転職するとき、年齢が壁となって企業に採用されることが厳しくなる可能性があります。

また、採用されても職場の雰囲気と自分の考え方が合わなければいわゆる「地獄」を見ることになるかもしれません。

それでも「厳しくても、今よりも良い条件の企業に転職したい」、「地獄を見ないように効率的に転職を成功させたい」という方もいるでしょう。

この記事では40代の転職が「厳しい」や「地獄」と言われる理由と対処法を紹介します。

40代の転職において地獄を見ないためにも、事前に対策を立てて効率的に40代の転職を成功させましょう。


目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代の転職が「厳しい」「地獄」だと言われている理由

40代 転職 厳しい 地獄の画像

40代の転職は厳しいだけでなく地獄だと言われているのには、理由があるのです。

ここでは、40代の転職が厳しく、地獄だと言われている理由を5つに分けて紹介します。

◆40代向けの求人が若手向けと比較すると少ない
40代の転職が難しい理由のひとつに、20代から30代の若手と比較すると求人の数が少ないことが挙げられます。

というのも、ハローワークや転職サイトの求人では企業が長期的なキャリアを見据えて、35歳以下の応募という年齢制限をかけていることが多いため、40代向けの求人が少ないのです。

厚生労働省の従業員を雇う場合のルールと支援策では、求人募集や採用で年齢制限をかけることは原則として禁止されています。

しかし以下の条件を満たせば年齢制限を設けてよいとなっているのです。

<年齢制限を設けていい条件>
・雇用期間の定めがないこと
・職務経験が必要ないこと
・長期的なキャリアを見据えていること



求人の年齢制限をかける条件を使って、求人を掲載している企業が少なくないため、必然的に40代の求人数は限られてきます。

また、ポテンシャルや次期マネージャー候補として採用の多い20代・30代に対して40代では高い専門性やマネージャー、管理職での採用が多いため、求人数が比較的少なくなるのです。

◆40代は若手と比較すると採用されにくい
企業は、自社の風土や環境になじめる柔軟性を持ち、長期的に働ける人材を求める傾向があります。

40代の人材は、前職の社風や業務に関する考え方がある程度固まってしまっており、やり方を変えていける柔軟性を欠いていると判断されやすく、一方で企業は柔軟性と長期雇用のできる人材として20代・30代を想定しやすいため、スキルが同等な20代と40代から応募があれば、20代を採用する場合が少なくありません。

さらに採用担当者が20代・30代と年下の場合、「自分よりも年上だと現場では扱いづらいかも」と感じてしまい、採用を見送られる可能性があります。

またスキルや経験の少ない40代では、求人に書かれた「未経験歓迎」や「未経験OK」という言葉だけで応募したとしても採用されることは難しいでしょう。

というのも、20代と同じように、やる気や熱意だけで面接を乗り切ることは若手のころより難しくなり、企業も20代・30代の若者を一から育てる想定の元で求人を出している可能性もあるため、採用のミスマッチが起こりやすいのです。

◆40代はマネジメントスキルが求められる
40代の転職が厳しい理由は、40代の転職が、これからスキルアップを狙えるモチベーションの高い20代・30代と違い、ある程度スキルや経験を持っている40代であることからマネジメントスキル(管理職スキル)を求められているからです。

企業は20代・30代の場合、組織の単純な戦力である「プレーヤー」として力を発揮してもらうことを想定しています。

さらに40代のプレーヤーよりも若い世代であればあるほど長く働いてもらえるため、組織への貢献度も高いと見込まれているのです。

プレーヤーとしての20代・30代に対して、企業が考える40代は単なるプレーヤーとしての戦力だけではなく、コミュニケーション能力・問題解決能力・指導能力などといったマネジメントスキルを重要視しています。

企業が成長するためにも部下や同僚とのコミュニケーション、プロジェクトの把握や問題を解決して成果をあげられるスキルを持った人材が選ばれる傾向にあるのです。

◆40代の転職は年収が下がる可能性がある
40代での転職の場合、年収が転職前と比べて下がってしまう可能性があります。

ここで、40代の転職事情を賃金の変化を中心に見てみましょう。

厚生労働省の調査によると、40代の転職者のうち約30%は賃金が減少し、変わらないと解答したのが約30%です。

つまり、40代の転職者の半分以上が年収増加を実現していない、もしくは減少しているということになります。

40代で転職するのであれば、年収が下がる可能性が高いことを十分認識しておきましょう。

◆上司が年下になるケースがある
業界や転職先にもよりますが、40代で転職したとき、上司が自分よりも10歳以上年下の人間である可能性があります。

マネジメントをしていた立場から、逆転してマネジメントされる側となるかもしれないため、会社での立ち位置が難しく人間関係作りに苦労するかもしれません。

上司が年下となってしまったときは、割り切って上司を苦手とする分野をサポートしていき、よい関係を築いていきましょう。

40代の転職を「厳しい」「地獄」から「成功」に変えるための方法

40代の転職は厳しい上に地獄だ、と転職を考える上で消極的になるような説明をしてきましたが、対策をとっておけば成功に変わるかもしれません。

ここからは40代の転職を「厳しい」「地獄」から「成功」に変える方法を紹介します。

◆転職活動を定期的に行っておく
まずはじめに、時間に余裕がある限り定期的に転職活動を行いましょう。

定期的に転職活動を行うことで、転職市場の傾向や、40代の転職で求められているスキルがわかります。

また、転職事情や求められているスキルを理解することで、自分自身のスキルの棚卸ができ、これまでの仕事だけでなくこれからの仕事の取り組み方を見直すきっかけにもなるでしょう。

定期的に転職活動をしていると、職務経歴書や履歴書などの書類を新たに書き直す時間を削減することにもつながるため、スムーズに転職活動を行えるメリットがあります。

◆過去の経験やスキルが活かせる職場を選ぶ
40代の転職を成功させるためには、過去の経験やスキルを活かせる職種を選ぶことも必要です。

即戦力を求めるベンチャー企業や管理職の欠員募集の場合、年齢よりも経験が重視される傾向にあるため、転職先で活躍できるスキルや経験が十分にあれば年齢が不利に働くことが少なくなります。

転職先の企業選びのためにもこれまでのキャリアを振り返り、自分の強みを客観的に把握しておきましょう。

◆転職で実現したいことの優先順位を決める
転職を考えるときは、転職することで実現したいことの優先順位を決めましょう。

年収を上げたい、もっといい待遇に恵まれたい、やりがいが欲しいなどと多くを望んでしまうと、希望の条件に合った求人は見つかりにくくなります。

すべてを叶えようとはせず、転職したい今の自分にとって一番実現したいことは何か、を決めましょう。

ただし「休日の多い職場」という条件を優先させるのであれば、給与は下がる可能性が高まってしまうように転職でひとつのことを実現させるには別の条件を諦める覚悟も必要になってきます。

転職するときに譲れる条件と譲れない条件を明確に整理して転職活動をより効率的にしましょう。

◆効率的に進めるために転職エージェントを活用する
40代で転職するとなると、自力で行うことに限界があるかもしれません。

思うように転職活動が上手くいかず、転職活動に疲れてしまうこともあるでしょう。

40代の転職においては、効率的に転職活動を続けるために転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが求職者と企業の間に入り、転職を成功させるように支援するサービスです。

転職エージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが希望条件やスキルに合った求人の選定や、面接日の日程調整などのサポートをしてくれるため、若い世代より苦労の多い40代の転職では転職エージェントを効率的に活用しましょう。

▼あわせて読みたい
中高年が厳しい現実を乗り越えて転職成功へ!必ずやるべきこと3つ

40代の転職で「地獄」を見ないためにやってはいけないこと

40代 転職 厳しい 地獄の画像

40代の転職となると、失敗すればやり直すことも苦労するでしょう。

ここでは、失敗して地獄にならないようにやってはいけないことを4つ紹介します。

◆転職先の情報収集をせずに転職する
転職が成功するかどうかは、情報収集で決まると言っても過言ではありません。

転職の要ともいえる情報収集を怠ると、日々移り行く転職市場の動向を知らないまま自分の希望の条件にあった求人を逃してしまう恐れがあります。

情報収集で不利にならないように転職情報を多く集めるためには、複数のサービスや人間関係を利用して転職に関する動向を確認し続けなくてはいけません。

転職活動の情報収集源とそれぞれのメリットは以下の通りです。

・友人/知人
1:同世代で転職した人から実際に面接で聞かれた質問や転職活動での注意点が聞ける

2:応募したい企業に働いている、もしくは働いていた友人から企業についての生の声が聞ける

3:知り合いに転職者がいない場合、SNSでのコミュニティを利用すると同世代同士での情報共有や地域にこだわらない転職事情が聞ける



・転職サイト
1:インターネット検索できる媒体があればいつでも自分の希望に合った求人探しから応募までを気軽に行える

2:すぐに転職する気がなくても自分のペースで転職活動を続けられる

3:複数のサイトに登録しておけば掲載されている求人がサイトによって異なるため、より自分の希望の条件にあった求人が見つかる可能性があがる



・転職エージェント
1:転職エージェントでしか知りえない企業担当者からの直接的な情報や求職者の面接に同席したときにしか聞けないような生の情報が聞ける

2:一般的に公開されていない非公開求人や、転職エージェントでしか応募できない独占求人がある

3:自分の経験やスキルにあった求人を探して提案してくれるため、効率的に転職活動を進められる



◆転職先が決まる前に会社を辞める
40代で、転職先が決まる前に勢いに任せて会社を辞めるのはかなり危険な行動といえます。

というのも、40代が転職先を決める前に辞めたとしても次の転職先が見つかるとは限らないためです。

現職を辞めてから失業期間が長引くと自身の持っていたスキルが陳腐化してしまったり、転職への意欲が減退してしまったりして精神的な負担がかかる恐れがあります。

さらに次の転職先が見つかるまで、収入面でも追い詰められる可能性があるため、40代で転職活動をするのであれば、在職期間のうち約6ヵ月の長期戦を目安に転職活動をして、転職先が決まってから退職しましょう。

◆家族に伝えずに転職を決める
自身のパートナーや家族と相談せず、転職が決まってから伝えるのは、これまでと同じような生活リズムが続けられるとは限らないため、避けた方がいいでしょう。

例えば引っ越しの可能性や、給与面の減少を考慮しなければなりません。

特に子供がいるとなると給与面の減少によって生活費に加えて学校の選択肢が限られたり、引っ越しによる環境の変化に子供が馴染めなかったりする可能性があります。

自分の退職がパートナーや家族の暮らしに影響するため、自分がなぜ転職をしようと思っているのか、今後のキャリアプランをどう考えているのかを転職先を決める前にパートナーや家族に伝えて転職することが家族にとって最善の方法かどうか、話し合いましょう。

◆中見出し: 自分の経験やスキルを過信しすぎる
過去の経験やスキルといった、いままでの自分の功績を活かせる職場を見つけることが転職成功への近道ではありますが、過去の実績や自分の能力を過信してしまうと、書類選考や面接などで応募先の企業からの評価との差が開くことがあるため、希望通りに転職することが難しくなるでしょう。

さらに前職が大企業だったことや年収が高かったなどの過去の実績やプライドから同じような規模の企業に就職したいと思っていると、選択肢を狭めてしまうかもしれません。

また、たとえ転職できたとしても業務内容でできないことが多いといった採用のミスマッチにつながる怖れもあります。

▼あわせて読みたい
中高年の転職・再就職を成功へ導く秘訣アリ!イマドキ仕事探し術



40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代の転職におすすめの転職サービス

40代が転職を成功させるためには、転職サービスを使うこともおすすめです。

ここでは、40代の転職におすすめの転職サービスを4つ紹介します。

自分の希望する条件に合いそうなサービスを見つけて、効率的に転職活動を進めましょう。

◆リクルートエージェント
リクルートエージェントとは、株式会社リクルートが運用する2019年度時点で年間登録者数約125万人の日本最大級の転職エージェントサービスです。

無料で利用できるリクルートエージェントに登録すると、専任のキャリアアドバイザーから面接対策や応募書類の添削などの転職支援を受けられます。

20代から50代までの幅広い年齢層から相談できるため、40代でも転職のサポートを受けられるでしょう。

また、年収や職種だけでなく、労働環境や福利厚生まで自分の希望に沿った求人を提案してくれるのも魅力です。

もうひとつの魅力として、10万件以上の一般的に公開されている求人に加えて10万件以上の非公開求人があり、取り扱う求人数が業界では最多ということが挙げられます。

充実した転職対策を受けたい、安心して転職活動をしたい方におすすめです。

◆doda
dodaは、パーソルキャリアが運営する業界では最大となる会員数約600万人の利用無料の大手転職情報サイトです。

海外に拠点を持っているため、海外の求人にも対応しており、日本国内の大企業だけでなく地方にも対応しています。

dodaは業種が多いだけでなく、すべての業種に 転職実績があり、自分の希望やスキルに応じてキャリアアドバイザーが転職先を紹介してくれるため、40代でも安心して転職できるでしょう。

キャリアアドバイザーのカウンセリングも手厚く、履歴書や職務経歴書などの応募書類の書き方、面接のアドバイスが受けられます。

応募書類の提出や面接の日程調整を代行してくれるため、現職が忙しいために手早く効率的に面接に挑みたい方、dodaは特にIT・WEB業界の求人が多いためIT・WEB業界に転職したい方におすすめです。

◆キャリアカーバー
キャリアカーバーは株式会社リクルートが運営する幹部、管理職のような年収800万円以上と、高年収の求人を扱うハイクラスの転職求人サイトです。

登録者数は公開されていませんが完全無料でサービスを利用でき、職務経歴書を登録すると、経歴書にかかれたスキルや職務経歴を見たヘッドハンターと呼ばれる多くの企業情報や求人情報を持つ人からスカウトメッセージが個人に送られるヘッドハンティング型がキャリアカーバーの特徴となります。

基本はスカウトを待つだけですが、ヘッドハンターのプロフィールにある業界経験年数や転職成功実績などから自分でヘッドハンターを指名して相談を受けることができます。

無料で充実した管理職への転職がしたい方、手軽にかつ失敗のリスクを減らして転職活動したい方におすすめです。

◆ビズリーチ
ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営する幹部・管理職を中心とした登録者約100万人以上のハイクラスの転職サイトです。

基本無料で登録ができ、ヘッドハンターや優良企業が登録された履歴書や経歴書を見て直接スカウトするヘッドハンティング型のサイトでありながら、求人案件のほとんどは年収が高い傾向にあります。

また、有料のプレミアムステージでは自分が希望する業界に強いヘッドハンターを選んで求職支援してもらえるのも特徴のひとつです。

自分と相性のいいヘッドハンターを選んでおけば、効率的に希望の条件にあった求人を見つけられるでしょう。

今より年収をあげたい方、自分の市場価値を知りたい方におすすめです。

▼あわせて読みたい
ビズリーチの評判:転職に「使える」かを徹底調査

まとめ

40代での転職は対策を講じておかないと厳しく、地獄を見る可能性があるのが現状です。

40代で効率よく転職するためには、自分の希望の条件に優先順位をつけたり、自身の経歴やスキルにあまり過信せずに客観的に時には転職エージェントを利用したりして応募書類の作成や面接対策などに挑むことが求められます。

自分に合った転職サイトや転職エージェントをうまく活用して、「厳しい」「地獄」と言われる40代の転職を、明るく効率のよい転職活動にしましょう。

年収

新着記事

関連する記事