40代未経験からケアワーカーへ転職!役立つ資格や転職成功の方法を解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

超高齢化社会の日本で、今後ますます需要が高まっていく介護業界。

心身に障害のある人や高齢者の日常生活をサポートする介護の仕事に興味を持ったことはありませんか?

介護業界の仕事はさまざまありますが、今回は40代未経験から転職するのにおすすめのケアワーカーの仕事について、ご紹介していきます。

介護の仕事には、ケアワーカーのほかにもソーシャルワーカーや介護福祉士といった職種があります。

今回は介護業界でのほかの職種との違いや、資格の有無、未経験から転職する方法について詳しく解説していきます。

介護業界で新たなキャリアを築きたいと考えているなら、役立つ情報が満載です。
最後まで目を通して、今後の転職やキャリアプランの参考にしてみてくださいね。

目次

ケアワーカーとは?

ケアワーカーの仕事をする人

まずはケアワーカーとはどういう仕事をするのか、ほかの職種との違いなどもふくめて詳しく見ていきましょう。

◆広い業務を指す「ケアワーカー」
ケアワーカーは、心身に障害のある人や高齢者など、日常生活を送るためのサポートを必要としている人に対して、食事や入浴といった介護を行う人のことを指します。

資格の有無に関わらず介護に携わる人を「ケアワーカー」と呼ぶことが多く、介護士や介護福祉士も「ケアワーカー」と呼ばれることもあります。

◆ケアワーカーの仕事内容
《身体介護》
利用者の食事、排せつ、着替え、入浴、歯磨きや洗面といった日常生活での身の回りのサポートを行います。

人によってどんな動作が困難なのかは異なるため、一人ひとりに合わせた介護を行うことが求められます。

《生活援助》
食事の調理や配膳、下膳、洗濯、掃除、必要なものの買い物代行など、日常で必要とされる家事の援助を行います。

特に調理や掃除、買い物の代行などは人にとって好みも違うため、うまく対応することも必要になります。

利用者やその家族が、その人らしい生活ができるようニーズをくみ取って介護を行います。

《相談・助言》
日常生活でサポートを必要としている利用者の多くは、施設から外出するのも困難な場合があります。

そんな利用者にとって介護にあたるケアワーカーは、外の世界の大切なつながりになります。

介護の合間に雑談を交わしたり、相談や悩みを聞いたり、密にコミュニケーションを取ることもケアワーカーの仕事です。

また利用者や家族から、介護に関する相談をされたり、アドバイスを求められることもあります。

答えられる範囲でのアドバイスはしますが、場合によってはケアマネージャーなどに相談することも必要です。

日々お世話をしているケアワーカーだからこそ話しやすいという場合もあるため、ほかスタッフとの懸け橋としての役割も担っています。

《ケアワーカーのタイムスケジュール例》
8:00 出社、夜勤スタッフからの申し送りなど
8:30 朝食の配膳、食事の介助、下膳など
10:00 体操などのレクリエーション活動
12:00 昼食の配膳、食事の介助、下膳など
13:00 口腔ケア
14:00 順次交代で昼休憩
15:00 買い物代行、部屋の掃除
17:00 夜勤スタッフへの申し送り、介護記録の記載など
17:30 退社

◆ケアワーカーの勤務先
ケアワーカーの主な勤務先としては、介護施設や障害者施設、病院などがあります。

入居者のいる施設では、24時間365日の介護が必要になるため、シフト制や夜勤があることなども知っておきましょう。

◆ケアワーカーと介護福祉士の違い
介護の仕事という点では、利用者の身体介護や生活援助をするため、違いがないように見えますが、ケアワーカーと介護福祉士ではできる仕事の領域が違います。

ケアワーカーは資格の有無に関わらず介護を行う人のことを指しますが、介護福祉士は国家資格です。

名称独占と呼ばれる資格で、国家試験に合格した人だけが、介護福祉士を名乗ることができます。

◆ケアワーカーに向いている人
次に、ケアワーカーに向いている人の特徴を見ておきましょう。

介護の仕事に向いているのは、やはり利用者に寄り添う思いやりのある人です。

特に高齢者が増えている今、お年寄りの小さな変化に気づいたり、細やかな気配りができる人が求められています。

また高齢のため食べるのが遅かったり、持病を患っていたりと、自分とはまったく違うペースで日常生活を送る人が多いため、一人ひとりに合わせた介護が必要です。

大切な命を預かる仕事のため、責任感も持っていなければいけません。

そして、「ありがとう」という感謝の言葉にやりがいを感じることができる人にも向いていると言えます。

▼合わせて読みたい!
40代で介護福祉士へ!必要資格や仕事内容、給料アップ方法を解説
40代福祉の仕事に転職!内容や勤務先、やりがい、求人まで詳しく解説

ケアワーカーの資格

LICENSEの文字

次にケアワーカーの資格について、見ていきましょう。

ケアワーカーとして働くのに資格は必要ありません。
未経験で無資格でも始められる職種です。

しかし、もちろん資格を取っておく方が有利になります。
ケアワーカーとして働くために役立つ資格にはどんな資格があるのか、詳しく見ていきましょう。

《ケアワーカーの仕事に役立つ資格》
・介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
在宅、施設を問わず介護職としての基本の知識や技術が取得できる資格です。
130時間の講義と演習を経て、全課程修了後の修了試験に合格することで取得できます。

介護の仕事を続けるなら、まず取っておくべきとも言える資格です。

・介護福祉士
介護系の資格で唯一の国家資格です。

受験資格には養成施設に通うか、3年以上の実務経験を積むことが必要で、知識や技術でも高い専門性を保有していると認められる資格です。

資格を取得することで仕事の幅が広がり、専門職としての信頼も高くなるためキャリアアップになります。

・ケアマネージャー
都道府県が管轄している介護支援専門員実務研修試験に合格する必要があります。

受験資格には5年から10年の実務経験か、介護福祉士などの国家資格があり5年以上の実務経験があることが求められます。

ケアマネージャーになれば、ケアプランを作成できるため、介護福祉士の資格を取り、経験を積んでからケアマネージャーの資格取得を目指す人も多くいます。

資格はなくてもケアワーカーとして働くことができますが、より専門的な知識や技術を身につけ、手厚い介護をしたいという人は資格取得を目指すことをおすすめします。

未経験で転職できる?ケアワーカーのなり方

転職しようとする人

ケアワーカーの仕事や、あれば役立つ資格について見てきました。
ここでは、未経験から転職するための方法を見ていきましょう。

◆雇用形態にこだわらない
ケアワーカーは資格がなくても働くことができる職種です。

40代未経験からでも、介護業界は人手不足の施設や事業所が多いため、採用の可能性はあります。

ただ、未経験で無資格でチャレンジするなら、最初は雇用形態にこだわらず、派遣やパートなどからスタートするのもひとつの方法です。

未経験で無資格でも20代や30代なら正社員での採用も多いかもしれませんが、40代という年齢を考えると、難しくなるかもしれません。

まずは雇用形態にこだわらず、経験を積んでスキルアップしてから正社員登用を目指すのもおすすめです。

働きながら資格取得を支援してくれる勤務先や派遣会社もあるため、自分に合った働き方ができる企業を見つけましょう。

◆ケアワーカーの年収
次にケアワーカーの年収を見ていきましょう。

・月給 15万円~25万円程度
未経験なら10万円台からのスタートになることが多いようです。
経験や資格の有無によっても異なります。

・時給 1100円~1500円程度
派遣やパートで働く場合は、ほかのパートよりも少し高めの時給に設定されていることがほとんどです。

◆年収をアップさせる方法
ケアワーカーとして年収をアップさせるには、経験を積んでいって少しずつ収入を上げていく方法もありますが、やはり何らかの資格を取得することが一番の近道です。

資格手当のある勤務先を探すのもひとつの方法です。

また、ある程度の経験を積んでからその勤務先での収入アップが見込めない場合は、より収入の高い会社に転職するという方法もあります。

《未経験でケアワーカーに転職した成功例》
次に、未経験からケアワーカーに転職成功した人の体験談を見てみましょう。

40代男性が未経験から転職成功
前職は不動産会社で営業として勤務。母親が認知症になったことから介護の勉強を始める。母親の介護はもちろん、介護業界の人手不足や人の役に立ちたいという思いが強くなり、介護の仕事に転職を決意。営業で培ったコミュニケーション能力を活かして、最初は未経験で資格もなかったが、老人ホームで働きながら介護福祉士の資格を取得。今では管理職として働きながら介護の仕事に従事。前職に比べて収入は下がったが、充実した日々を送っている。
次はケアマネージャーの資格取得を目指している。

40代女性が専業主婦から転職成功
以前はメーカーの事務として勤務していたが出産を機に退職。以降は家事と育児に奮闘してきたが、子どもが小学生になった時にもう一度社会に出て働きたいと思うようになり、パートを探す。経験のある事務を探していたが、介護施設で働くママ友から意外と働きやすく、資格と経験があれば転職もできると聞いて応募。未経験だったが、家事や育児の経験が評価されてパートとして採用される。まだ子どもが低学年のためパート勤務をしているが、高学年になった時に正社員へのステップアップを目指し、介護福祉士の資格取得を目指して勉強中。

50代女性が未経験から転職成功
平日はスーパーのレジでパートをしていた女性が、知人から誘われて土日だけ介護施設でパートの掛け持ちをスタート。もともと人と接することが好きだった性格もあって、介護の仕事が合っているのではないかと思うようになった。仕事に慣れてきたころ、施設の上司から資格取得を進められて介護職員初任者研修を取得。資格支援もあり、取得後は資格手当ももらえてさらにモチベーションも上がった。その後も働きながら実務経験を積み、介護福祉士の資格も取得。施設のサービス提供責任者として正社員として雇用された。

◆転職成功のカギ
転職成功例からもわかるように、40代や50代で未経験からチャレンジする人も少なくありません。

また、経験を積むまではパートや派遣などで働いたり、ほかの施設と掛け持ちで働く人もいます。

転職に成功した人の共通点の1つに、長期的な目線で転職を見ていることがあげられます。

たとえ人手不足と言われる介護業界でも、40代未経験からいきなり高待遇で迎えてくれる企業などありません。

未経験ならまずは知識と経験を積むことが大切です。

そして、勉強を怠らないこと。

介護の仕事は無資格でもできますが、仕事の幅を広げてやりがいのある業務に携わるためには、資格取得は欠かせません。

利用者からの信頼も高くなるため、本当に介護業界でのキャリアを考えているなら資格取得を視野に入れて勤務先を探すことをおすすめします。

◆介護業界の面接で気を付けるポイント
次に、介護業界での面接で気を付けておきたいポイントを見ていきましょう。

介護の仕事は人と接することが多いため、面接が重視されます。
適度に親しみやすさがあり、しかしフランクになりすぎない距離感が望ましいでしょう。

また質問に対して速く回答することより、ゆっくりと丁寧な受け答えを心がけましょう。
焦って早口になったり、よく考えず話してしまうよりは、誠実さを見せたいところです。

ケアワーカーの求人の探し方と注意点

FIND JOBの文字

ここでは、ケアワーカーの求人を探すコツと注意するべき点をご紹介します。
自分にぴったりの勤務先を探すためにも、目を通しておいてくださいね。

◆求人の探し方
《介護に特化した求人サイトで探す》
転職サイトはたくさんありますが、まずは大手転職サイトではなく、介護業界に特化した求人サイトや転職サイトを活用してみましょう。

未経験から転職する場合は介護業界の知識や経験もないため、募集要項や条件だけで絞り込むと入社後のギャップを感じることがあるかもしれません。

より詳しく勤務先の情報を得るためにも、介護に特化したサイトの方が効率よく詳細な情報を集めることができます。

《おすすめの求人サイト》
きらケア介護求人

かいご畑

ジョブメドレー

カイゴジョブ

マイナビ介護職

《新聞やフリーペーパーで探す》
新聞の求人欄やフリーペーパーなどの求人誌から探してみるのもおすすめです。

求人サイトのように検索できないぶん、手間がかかりますが、自分の希望条件とは違う求人を見ることで求人の内容を読み取る力が身につきます。

さまざまな求人に目を通すことで、今の自分に合うのはどんな条件なのかもわかることがあります。

また、新聞の折り込みチラシには住んでいる住所に近い企業の求人が掲載されていることがほとんどです。

通勤時間の短い勤務地で探すにはぴったりの媒体です。

《ハローワークで探す》
ハローワークで求人を紹介してもらうという方法もあります。
ハローワークは失業中の人ばかりが職を探しに行くところではありません。

現在働いている人でも求人を探したり紹介してもらうことが可能です。
また相談するだけでも受け付けてくれるため、利用してみるのもいいでしょう。

ハローワークで紹介される求人は「急募」といった案件もあり、そうした企業は条件などが合えば早急に採用される場合もあります。

◆求人を探す時の注意点
次に、求人を探す時に注意するべきポイントを見ていきましょう。

・「20代・30代活躍中」には要注意!
40代という年齢を考えた時、まず気になるのが募集している年齢ではないでしょうか。

しかし雇用対策法で年齢制限を設けた求人応募ができないため、年齢に関する記載はほとんどありません。

ただし「年齢制限を行う場合の例外事由」が記載されている場合は制限を設けることが可能です。

年齢制限の記載はないけど、求人欄に「20代・30代活躍中」「平均年齢30歳」といった文言が入っている場合は、その企業が本当に募集しているのは20代から30代の若い世代ということです。

20代・30代を求めている企業に40代が応募してきても、実際には年齢で落とされる可能性が高くなるため注意が必要です。

・未経験から高収入に要注意!
未経験からのスタートで高収入の求人にも注意が必要です。

未経験の職種や業界では、まず仕事を覚えさせる研修が必要になります。
さらに一緒に仕事をしながら指導する教育係もつけなければいけません。

つまりある程度の業務を覚えてひとりで任せられるようになるには、時間も労力もかかるということです。

そんな未経験の新人に高収入を提示している求人は、魅力的ではありますがしっかり企業について調べる必要があるでしょう。

例えば離職率が高いとか、残業時間が長いなどといった可能性もあります。
世の中そんなにオイシイ話はないと思って、安易に受け取らないように気を付けましょう。

◆求人で見るべきポイント
では求人欄で見るべきポイントはどこなのか、見ていきましょう。

・基本給
求人欄に記載されている月給は、基本給プラス諸手当の金額です。

そのため、月給としては高く思えても含まれる諸手当を確認しておかなければ、基本給が低く賞与や年収が低くなる場合があります。

・勤務時間
夜勤のある施設などの場合は、シフト制を導入していることがほとんどです。
日勤と夜勤のバランスなど、無理のないよう働けるかどうかも見ておきましょう。

・福利厚生や待遇は要チェック!
しっかりチェックしておきたいのが福利厚生や待遇面です。

社会保険や交通費、残業代はもちろん、資格手当や家族手当があるかどうか、昇給や賞与、社員が働きやすい制度があるかどうかなどを確認しておきましょう。

文字数の限られた求人欄ではそこまで掲載されていない場合もありますが、気になる企業があった場合は、ホームページなどで検索してみましょう。

・夜勤手当
入居者のいる介護施設の場合は、夜勤があることがほとんどです。
夜勤手当は起業によっても異なるため、金額も確認しておきたいところです。

・資格取得支援制度の有無
未経験から働きながら資格取得を目指す場合は、資格取得支援の制度の有無も確認しておきたいところです。

資格取得やその後の社員研修なども充実している企業なら、長く働ける人材を育てていきたいという企業と言えます。

本気で介護業界でキャリアを積みたい人は、チェックしておくべき点です。

・職場の雰囲気
募集の条件がいい企業が働きやすいとは限りません。
職場の雰囲気や一緒に働く人も大切です。

しかし職場の雰囲気までは求人欄からはなかなか把握できません。

ホームページを見たり、時間があれば勤務先の施設を見学したりして、実際に働く人たちを見てみるのもおすすめです。

求人の注意点やチェックしておくべきポイントは把握できたでしょうか。
条件なども大切ですが、自分が何を優先したいのかを明確にしておくことも重要です。

その上でぴったりの求人を探すことが転職成功へのカギになります。

▼合わせて読みたい!
もっと知ってほしい!需要が高まり続ける介護業界への転職を解説
40代から介護職へ!キャリアアップの方法&使える求人サイト6つ

まとめ

ケアワーカーの仕事やキャリアアップのための資格などについて、把握できたでしょうか。
ケアワーカーは広く介護職に就く人の総称であり、資格がなくても働くことができます。

しかし資格があれば、仕事の幅も広がり、責任ある仕事を任せてもらえます。

利用者のケアプランを作成するケアマネージャーや、スタッフの管理職を担うことができる介護福祉士など、資格を得ることで責任もやりがいもある業務に携わることができます。

40代という年齢は通常の転職市場では不利になる場合がありますが、介護業界では40代未経験からの採用も不可能ではありません。

介護業界は40代からのキャリアチェンジにもおすすめの仕事と言えます。
これを機に、新たな業界へチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事