IT業界で50代から転職するには?転職成功する人の共通点3つ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

50代になって、IT業界で転職するのは無理ではないかと諦めてはいませんか?
50代からでも転職成功の可能性はあります。

今回はIT業界で50代から転職するための情報をお届けしています。
転職成功する人の共通点や、転職の切り札ともいうべき「ポータブルスキル」とは?

最後まで目を通して、転職活動の参考にしてくださいね。

目次

50代からの転職はできるのか

IT業界へ転職した人

まずは、50代からの転職が可能かどうかを見ていきましょう。

《50代を採用する企業が増えている理由》
今は労働力不足が激しくなっており、若手を採用したくても若い世代では補えないシーンが増えています。

加えて、比較的新しいIT業界では若手では経験やスキル不足のため、経験豊富なミドル世代を積極採用する企業も増加傾向にあります。

特に中小企業やベンチャー企業では若手育成にかける労力も人材も不足しがちなため、プレイヤーとして即戦力となる40代や50代を求めるケースもあります。

《50代で転職する人に期待している》
また、企業は50代という年齢から転職しようという前向きな人材に期待を寄せている可能性もあります。

50代と言えば企業でもある程度安定したポストや収入を得ている人が多く、あえて転職してキャリアをやり直したりキャリアアップを目指す積極的な人に仕事を任せたいという起票も増えていると言えます。

このように、転職市場が40代や50代といったミドル層にも広がっている今、50代でも転職のチャンスはあります。

▼合わせて読みたい!
転職検討中の50代女性必見!成功のために利用すべきサイト5選

50代がIT業界で転職成功する人の共通点3つ

50代で転職成功する人の共通点

次に、50代でIT業界での転職成功した人の共通点を見ていきましょう。

◆自分のキャリアを把握できている
IT業界では、どんなプロジェクトに携わってきたのか、どの工程に関わってきたのかが重要になります。

自分のキャリアを客観的に見て、何ができるのか、どのスキルが最も大きな武器になり得るのかを把握していることが転職成功のカギとなります。

◆モチベーションがある
50代からの転職は、人によっては数百社応募する人もいれば、転職に数か月から数年かかる人もいます。

積極採用してくれる企業が増えているとはいえ、簡単に決まらないのが50代の転職。

根気強く転職活動を続けていくことができるモチベーションを持っている人でなければ成功することはないでしょう。

◆自分のスキルに合った転職先を探せている
自分のスキルに合う転職先を見つけることは、転職成功の大きなカギとなります。

そのために転職サイトやスカウトサービスなど、さまざまなサービスを活用して情報収集を行いましょう。

《50代でIT業界へ転職するなら絶対登録しておきたいスカウトサービスはコチラ》

▼合わせて読みたい!
50代女性の転職の分かれ道とは?転職成功する人の共通点3つ
50代転職を成功させたいなら必見!成功・失敗する人の特徴とは

転職の切り札になる?!ポータブルスキル

転職成功して働く人

50代の転職では、その人にしかないスキルで若い世代に差をつけたいところです。
その切り札とも言うべきポータブルスキルについて、見ていきましょう。

◆汎用性の高いポータブルスキルとは
ポータブルスキルとは、直訳すると「持ち運びできるスキル」という意味。
業界や職種といった垣根を超えて、どんな職場でも活用できる汎用性の高いスキルのことです。

環境の変化に対応できる能力や迅速な判断力、周囲のスタッフのモチベーションを上げて仕事を進めることのできるリーダーシップなど、測定や視覚化することが困難なスキルです。

このポータブルスキルは、豊富な経験から培われることが多く、自分でも気が付いていないスキルを身につけている50代も多いと言われています。

ポータブルスキルこそ、50代からの転職を有利にしてくれる切り札となる可能性があります。

自分のポータブルスキルを見極めて、転職の武器にしてみてはいかがでしょうか。

▼合わせて読みたい!
難しさの理由から探る、50代転職成功のための2つの対策とは

50代からのIT業界での転職には、厳しい面は多々あります。

しかし自分が転職で何をしたいのか、その後どんなキャリアを築いていきたいのかといった意欲こそ、転職成功に必須と言えます。

今回の記事を参考にして、IT業界への転職を成功させてくださいね。

新着記事