50代からの転職を有利に進める!本当に役立つ資格の生かし方

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

50代からの転職は難しいと思って諦めていませんか?
そんなミドルの転職を有利に進めてくれるのが、資格です。

今回の記事では、50代からの取得におすすめの資格と、転職活動での資格の生かし方を詳しく解説していきます。

50代からの転職に本当に役立つ情報が満載です!
最後まで目を通して、参考にしてくださいね。

目次

転職が有利になる資格一覧

資格を取得して転職した人

まずは、50代からの転職におすすめの資格を見ていきましょう。

《50代におすすめの資格》
・司法書士
個人や企業からの依頼で法律に関する書類作成や手続きを行います。

・行政書士
官公庁に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類作成や亭主ル手続きなどを行います。

・社会保険労務士
健康保険や雇用保険など各種社会保険の書類作成や提出などを行います。

・宅地建物取引士
不動産の取引に対して購入者の利益の保護や公正で誠実に法に定める事務を行います。

・中小企業診断士
中小企業に適切な経営の診断や助言を行います。

・土地家屋調査士
土地や建物の所在や形状、利用状況などを調査し、登記の申請手続きなどを行います。

・ファイナンシャルプランナー
個人の収支や負債、家族構成や資産状況などをもとに将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスなどを行います。

・介護福祉士
身体介護や生活援助などの社会福祉業務に携わります。

・社会福祉士
身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由によって日常生活を送ることが困難な人の福祉に関する相談に応じて、アドバイスや指導、援助を行います。

・福祉住環境コーディネーター
高齢者や障害者に対して自立した生活ができる住環境を提案します。

・危険物取扱者
ガソリン、軽油、灯油など身近な危険物を取り扱うことができます。

・第二種電気工事士
住宅や小規模店舗の照明の取り付けや屋内外の配線工事などを行います。

・二級ボイラー技士
一般的な製造設備や冷暖房、給湯用のエネルギー源としてのボイラーを取り扱います。

資格はさまざまなジャンルがありますが、自分の興味のある業界から選ぶことをおすすめします。

▼合わせて読みたい!
転職検討中の40代が知っておくべき、未経験から狙える20の資格
40代女性の転職を成功に導く!転職後の目的別おすすめ資格11選
40代転職で資格を取るならこれ!男女で違う適性とお勧め資格とは
大学?専門学校?通信講座?医療事務資格の学校・講座の選び方

資格の生かし方

資格を生かして仕事をする人

資格を取得すれば、それだけですぐに仕事が見つかるわけではありません。
ここでは、資格を将来のキャリアに生かすためのポイントを見ていきましょう。

◆これまでの経験と掛け合わせる
取得した資格を単体で生かそうと思っても難しい場合もあります。
それまでの自分の経験と合わせたキャリアアップを目指す方法を検討してみましょう。

資格を取得してからの経験はなくても、それまでのキャリアと組み合わせれば新たな転職先が見つかる可能性があります。

◆資格はアピールポイントの一つと心得る
実績の伴わない資格は、いくら難易度が高くてもそれだけで転職が有利になるとは限りません。

あくまでアピール材料として使うようにしましょう。

資格の有無よりも、転職先を見据えて勉強して知識を得たことや、そこから企業の市場価値など視野の広い考え方をアピールすることをおすすめします。

◆将来を見据えた生かし方を考える
転職後すぐに役立たなくても、その先の独立や再就職などを見据えたキャリアプランを検討してみることもおすすめです。

50代の転職に生かせる資格まとめ

自分の実績に合う資格を見つけて、50代の転職に生かしてくださいね。

50代の転職は、転職先を見つけることがゴールではありません。
資格を取得することは、あくまでもキャリア構築のための手段のひとつです。

転職を新たなスタートと考え、そこからどんなキャリアを築いていきたいのかを明確にした上で転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

▼合わせて読みたい!
40代転職成功のコツ!履歴書の免許・資格欄はこう書く!アピールするポイント

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new