40代ITエンジニアの転職なら要チェック!採用を勝ち取るコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

40代でITエンジニアとしてのキャリアアップを目指したことはありませんか?
40代となると、IT業界での転職は厳しいものになりますが、不可能ではありません。

40代エンジニアの転職が難しい理由から、採用を勝ち取るコツまで詳しく解説します。
さらに転職後のキャリアパスもご紹介しています。

最後まで目を通して、エンジニアとしてのキャリアの参考にしてくださいね。

目次

40代ITエンジニアの転職が難しい理由

ITエンジニアに転職した人

まずは、40代ITエンジニアの転職が難しいと言われる理由から見ていきましょう。

◆柔軟性がない
長いキャリアを持つ40代は、新しい職場環境やシステム、仕事の進め方になじめないのではないかという不安感を持たれがちです。

経験を生かすことは大切ですが、前職でのやり方や知識に固執していると柔軟性がないと判断されかねないため、注意が必要です。

◆伸びしろが少ない
20代や30代と違って、これからどれだけ新しい知識やスキルを身につけることができるのか、そして企業に貢献してくれるのかといった伸びしろで評価されにくいと言えます。

伸びしろに変わるスキルや強みを持っておく必要があります。

◆体力がない
40代はまだまだ働き盛りとはいえ、IT業界は急なトラブルや案件などで残業が続く場合もあります。

そんな時に心配されるのが体力面です。
日頃から規則正しい生活をし、健康管理には十分に注意しておきましょう。

40代エンジニアが採用を勝ち取るコツ

採用を勝ち取るコツ

次に、転職が難しい理由から、40代エンジニアが採用を勝ち取るコツを見ていきましょう。

《応募書類のコツ》
・職務経歴書にこだわる
エンジニアとして転職成功のカギになるのが、応募書類です。

中でもどんな経歴を持ち、具体的にどんなシステムに関わってきたのかを示す職務経歴書やポートフォリオなどは重要視されます。

経歴を時系列に並べるのではなく、自分の得意分野や応募先企業に合うプロジェクトなどを特筆して記載しておきましょう。

そのためにも、企業ごとに作成し直す必要があります。
それほど職務経歴書にはこだわることが、転職成功の秘訣です。

・写真はプロに撮ってもらう
顔に影ができてしまったり、暗い印象に写ってしまうような顔写真はNG。
履歴書に添付する顔写真は、プロのカメラマンに撮ってもらうことをおすすめします。

40代とは言っても、見た目の印象が年齢より若かったり、好印象の方が書類選考も有利になる可能性があります。

▼合わせて読みたい!
40代転職!履歴書と職務経歴書の作成から送付まで丸分かりガイド

《面接時のコツ》
・服装は固すぎずカジュアル過ぎず、上品に
服装は第一印象を決める重要なポイントです。
スーツが無難ですが、もう少しカジュアルにジャケットを羽織るくらいでもいいでしょう。

特に女性の場合は、明るめのインナーやジャケットを取り入れ、顔の印象が華やかに見える色を選んでみてください。

あまりにきっちりしすぎると、固い印象を与えてしまうかもしれません。
40代の落ち着きや品格を意識して、固すぎずカジュアル過ぎない大人の服装を心がけましょう。

・話し方は親しみやすく丁寧に
話す時は相手の目を見て聞き取りやすい声で、親しみやすく丁寧に話すことを心がけましょう。

40代であれば、面接官が年下という可能性もあります。

年齢に関係なく特に言葉遣いは丁寧に、「この人ともっと話したい」「一緒に働きたい」と思ってもらえるような対応をすることが、面接のコツです。

▼合わせて読みたい!
40代《エンジニアの求人》職種やスキル、キャリアアップの道とは?
40代転職時に『面接』を成功させるには?面接前に知って得する6つの成功ポイント!
解説!面接官の第一印象がアップする40代の転職面接に適した服装とは?

40代エンジニアのキャリアパス

パソコンとスマホなどのデバイス

ここでは、40代エンジニアにどんなキャリアパスがあるのかを見ていきましょう。

◆正社員として転職する
転職に際しては、やはり正社員を希望する人が多いかと思います。
高い年収アップは望めなくても、安定した雇用や収入を確保できる可能性があります。

組織でもうまくやっていける自信のある人や、会社でのステップアップを目指す人にはおすすめです。

《40代からITエンジニアに転職するなら、絶対登録しておきたいスカウトサービス》

◆契約社員や派遣など非正規雇用で働く
正社員の他にも、契約社員や派遣、アルバイトなどの非正規雇用で働く道もあります。

不安定だからと敬遠されがちですが、ダブルワークで自分のやりたい仕事を見つけられる可能性もあり、充実した働き方ができるかもしれません。

◆フリーランスを目指す
エンジニアの仕事では、業務委託で働く道もあります。

案件ごとに報酬をもらうフリーランスは、収入の不安定さなどもありますが、自宅や外出先など自分の好きな場所で仕事をしたり、休みの調整もひとりでできるなどのメリットもたくさんあります。

スキルに自信のある人は、フリーランスという選択肢も視野に入れてみましょう。

いかがでしょうか。
40代のITエンジニアの仕事は、さまざまなキャリアパスがあります。
転職のコツなどを参考にして、自分にぴったりの道を見つけてくださいね。