【デザイナー転職】40代におすすめの転職エージェントは?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

40代がデザイナーに転職しようと思ったとき、「年齢的に採用してくれる企業はあるのか」「未経験からでもチャレンジできるのか」と悩みを抱える人は少なくありません。

年齢を重ねたことで、転職に失敗したくないという思いも強くなるでしょう。

この記事では、40代がデザイナーに転職する際におすすめの転職エージェントを紹介します。

40代でも転職を成功させるコツや未経験でも転職できる方法も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

40代デザイナーの転職市場


転職サイト デザイナー 40代の画像

そもそもデザイナーの転職市場は、どういった状況なのでしょうか。

転職市場を理解して、これからの対策を立てていきましょう。

◆デザイナーは転職しやすい市場
デザイナーの転職市場は、デザイナーという職種のニーズが非常に高いことや経験値のあるデザイナーが少ないことを理由に、企業はデザイナーの採用に苦戦している状況で転職しやすい職種だといえます。

デザイナーという職種は専門的な知識を必要とするため、誰でもできる仕事ではありません。

また学歴社会の日本では4年制の大学へ進学する人が多く、デザインの専門学校へ進学する人が少ないのが現状です。

そのためデザイナーという仕事はWeb上にまで活躍の場を広げているにも関わらず、デザイナー不足になっています。

経験値のあるデザイナーが少ないため、企業は求める人材を確保できずに、経験の少ないデザイナーを採用したり、デザイナー業務の経験がない人材を確保したり、妥協しながら人材を確保している状況です。

参考:リクルート進学総研|高校生と保護者の進路に関する意識調査
   文部科学省|【参考資料1】参考資料集

◆インハウスデザイナー需要が増えている
インハウスデザイナーとは、デザイン業務をほかの企業に外注するのではなく、自社内でデザイン業務を担当するデザイナーのことです。

近年ではインハウスデザイナーの需要が増えており、デザイナーを募集する企業も少なくありません。

デザインを外注した場合、なかなかイメージを伝えにくかったり、コンセプトまで把握してもらえなかったりと、さまざまなデメリットがあります。

しかしインハウスデザイナーであれば、商品やサービスの企画から携わることができ、商品やサービスが販売された後の顧客の反応まで確かめられるようになります。

企画段階から関わることで仕事にも取り組みやすく、商品やサービスについての理解度も深まるため、デザインにも反映しやすくなるでしょう。

長期的に1つのブランドを作り上げたい場合は、インハウスデザイナーであれば長期的な戦略も立てやすくなります。

インハウスデザイナーを採用すれば、デザインに関するノウハウが自社内に蓄積されます。

たとえばデザインに関する知識や戦略などは、外注していればわからないことといえるでしょう。

◆デザイナーの仕事の種類
・グラフィックデザイナー
グラフィックデザイナーはポスターや商品パッケージなど、印刷物をはじめとする平面のデザインを行う人のことです。

デザイナーの中でも人気が高く、イラストレーターやコピーライターとともにチームを作って作業を行うこともあります。

・Webデザイナー
WebデザイナーとはWebサイトをデザインする仕事のことで、Webサイトを一から作成することもあります。

Webデザイナーはクライアントが求めるWebサイトを作成できるように構成から考え、ユーザーが使いやすいようにデザインを行います。

Webサイトに表示されているボタンやバナーなどを作成することも業務内容に含まれており、Webサイトの魅力が最大限伝わるWebサイトを作成するのが仕事です。

・CGデザイナー
CGデザイナーとはコンピューターグラフィックを使用して、映像やデザインを作成する仕事のことで、ゲームや映画はもちろん広告やアニメーションでも活躍できます。

CGデザイナーの仕事内容はキャラクターを作ったり、作成したキャラクターに動きを付けたりと多岐に渡ります。

・DTPデザイナー
DTPデザイナーとは雑誌や広告といった紙媒体の原稿作成や編集、レイアウトなどをパソコン上で行う仕事です。

今までアナログで行っていた作業をパソコン上で行うようになったため、時間短縮しながら高品質な原稿ができるようになりました。

DTPデザイナーは紙媒体に印刷してしまうと修正を行えないため、専用のソフトを使用しながら理想の完成品となるよう作成します。

・そのほかのデザイナー
上記のデザイナー以外にも、さまざまなデザイナーがいます。

ただし上記のデザイナーほど求人は豊富ではなく、中途採用はデザイン会社などで技術を身に付けた人が採用される傾向です。

・ゲームグラフィックデザイナー:ゲームに関するデザインを作成する

・インダストリアルデザイナー:自動車やカメラなどの工業製品をデザインする

・エディトリアルデザイナー:本やマニュアルといった文章がメインの紙媒体でデザインを行う

・インテリアデザイナー:家具やカーテンなど内装のデザインや企画、設計を行う

・プロダクトデザイナー:家電や食器といった身の回りにある製品のデザインを行う

・カーデザイナー:車のデザインを行う

詳しくはこちら:中高年の転職!デザイナーの仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは?

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

40代未経験でもデザイナーに転職できる?


転職サイト デザイナー 40代の画像

ここからは40代でデザイナーの経験がない人でも転職できる方法を紹介します。

◆未経験でもデザインの知識は身に付けておく
デザイナー不足のため、企業は未経験であっても採用することがあります。

ですが、未経験からデザイナーになるのは簡単ではありません。

誰でも挑戦できるからこそ専門の知識を身に付け、変化の早いIT業界についていけるように努力することが大切です。

・Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)といったグラフィックソフトは使えるようにする
グラフィックソフトとはパソコン上で図形や画像を扱うために必要なソフトのことで、デザイナーにはIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)が基本のソフトです。

Illustrator(イラストレーター)とは文章と画像を組み合わせたレイアウトの作成や、デザインや線などを組み合わせたレイアウトの作成を行えます。

Photoshop(フォトショップ)は、撮影した写真の編集や合成などを行えるソフトです。

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)の基本的な使い方をマスターしておくだけでも、転職に有利になります。

・デザイナーの種類に応じた知識を身に付けておく
デザイナーの種類に応じて必要な知識は異なります。

たとえばWebデザイナーを目指すのであれば、HTMLやCSSといったプログラミング言語を学んでおきましょう。

どちらもWebサイトを作成するために必要なプログラミング言語のため、Webデザイナーを目指す人にとっては必須スキルとなります。

・スクールやWebセミナーなどを活用する
デザイナーに必要なスキルをスクールやWebセミナーなどを活用して学ぶことができます。

必要な知識を効率的に学べるため、転職に活かしやすくなるでしょう。

ただし受講料が発生するため、費用を抑えたい人はインターネットを活用することで独学できます。

◆作品集、ポートフォリオを作成する
ポートフォリオとは今までの実績をアピールするための作品集のことで、デザイナー業界に転職する際は履歴書や職務経歴書とともに必要になることが一般的です。

デザイナーの経験がなく、何も実績を持っていない人は、「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシング(※)を利用して実績を作るのがおすすめです。

クラウドソーシングでは未経験でも行える仕事が多数あるため、自分が行えそうな仕事を受注して行うとよいでしょう。

履歴書や職務経歴書以外にもアピールできるポイントを作っておくことで、転職活動を進めやすくなります。

※クラウドソーシングとは仕事を依頼したい企業や個人と、仕事を受注したい個人を結んでくれるサービスのこと

詳しくはこちら:40代でデザイン業界への転職!成功のポイントとポートフォリオの作り方

◆デザイナー転職に使える資格を取得しておく
デザイナーの経験がない場合は、デザイナーのスキルを証明できる資格を取得しておくことがおすすめです。

実績がなくても資格をアピールすることで、転職が有利になるでしょう。

・DTPエキスパート
DTPとは雑誌やマニュアルなどの紙媒体をパソコン上で編集する作業のことを指し、DTPエキスパートとは公益社団法人「日本印刷技術協会」が行っている資格で、印刷技術に関する知識を習得できます。

DTPエキスパートとはDTPの専門家という意味ではなく、印刷の強みを活かしながら良い印刷物を作るための必要な知識を身に付けていると証明できる資格です。

そのためDTPエキスパートの資格を取得すれば、DTPの基礎知識や応用力を学べ、DTPを活かしながら印刷業界で活躍できる人材になれます。

・ウェブデザイン技能検定
ウェブデザイン技能検定とは厚生労働省認定の国家資格で、Webデザイナーを行ううえで必要な知識や技術が問われる試験です。

Webサイトを設計したい人やWebに関わる仕事を行ううえでは、必須ともいえる資格といえるでしょう。

ウェブデザイン技能検定は1級から3級まであり、3級は比較的合格しやすい試験といわれています。

1級になると難易度は上がり、幅広い知識や技術が必要で、デザイナーの実務経験があっても難しいと感じる人は多いでしょう。

・Webデザイナー検定
Webデザイナー検定とは公益財団法人「画像情報教育振興協会」が主催しており、Webサイト制作の流れを学べる試験です。

Webサイトの準備段階であるコンセプトからWebサイトのデザイン、運用に至るまでの知識を身に付けられます。

Webデザイナー検定を取得していれば、Webサイトの設計はもちろんクライアントやユーアーのニーズに答えられるWebサイトの運用ができると評価されるでしょう。

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

40代がデザイナー転職を成功させるコツ


転職サイト デザイナー 40代の画像

40代がデザイナーとして転職するには、いくつかのポイントがあります。

転職を成功させるコツを学んで、自分の希望に沿った転職先を見つけましょう。

◆ポートフォリオで差をつける
ポートフォリオは自分の実力や実績を伝えるための作品集ではありますが、ただやみくもに実績を並べても魅力は伝わりません。

作品のタイトルやコンセプト、ターゲットなどの設計思想を説明することで、ほかの求職者のポートフォリオに差を付けられるのです。

たとえばWebサイトを設計した場合、「なぜこのデザインを選んだのか」「サイトをリニューアルする際に情報移行をしやすいか」などの説明ができれば、企業も採用するかどうかを判断しやすくなります。

またポートフォリオのどこに何が掲載されているのかをわかりやすくするために、目次をつけておくのもよいでしょう。

ポートフォリオの内容は転職先の業種とマッチしているのがおすすめです。

関連性のある作品を見せることで、より採用した際のメリットをアピールしやすくなります。

◆Webと紙のポートフォリオを用意
Web業界への転職を希望していても、ポートフォリオを用意する際はWebと紙の2種類を用意しましょう。

Web上のポートフォリオは多くの情報を提示しやすいほか、コードの確認ができたり、情報の追加や修正などを行いやすいというメリットがあります。

ほかにも複数の人がデータを共有しながら面接できるため、スムーズなやり取りを行いやすくなるのです。

その一方、パソコンに不備が生じた場合にポートフォリオを提示できなかったり、パソコンを取り出す手間がかかったりと、Webならではのデメリットもあります。

紙のポートフォリオであればメモを取りながら面接を行えたり、不備が生じて見られないというアクシデントも起きなかったりと、Webのポートフォリオにはない魅力があるのです。

そのため両方のポートフォリオを準備し、それぞれのメリットを活用しながら面接に挑むのがおすすめです。

◆デザイナー面接のテクニック
デザイナーの面接はカジュアルなものも多いですが、ラフすぎる服装は相手に好印象を与えにくいといえます。

そのためカジュアルな面接であってもジャケットを羽織ったり、 パンツスーツを着たりときれいめな服装がおすすめです。

あらかじめ面接のシミュレーションをしておくと、本番で聞かれた際に答えやすくなります。

面接でよく聞かれる志望動機や自己PRは、いつ聞かれてもいいように練習しておくと安心です。

ほかにもマネジメント力などのアピールポイントがあれば、一緒に答えれるように準備しておきましょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

40代デザイナーの転職はレバテックキャリアがおすすめ


転職サイト デザイナー 40代の画像

40代がデザイナーに転職できる方法をお伝えしてきましたが、ここでは転職を成功させるために使いたい転職エージェント「レバテックキャリア」を紹介します。

◆レバテックキャリアとは?
レバテックキャリアは、IT系求人を多く持つ転職サイトです。リクナビエージェントやマイナビエージェントと比べると知名度は低いかもしれませんが、IT業界の転職では最大手です。

◆レバテックキャリアをおすすめする理由
・業界知識が豊富なエージェントが多い
レバテックキャリアをおすすめする理由としては、何を置いてもエージェントの「業界知識が豊富」というのが挙げられます。

IT業界に特化していることはもちろんのこと、レバテックキャリアの成り立ちとしてシステム受注から始まった会社ということもあり、業界の出身者が多く在籍しています。

・質の高い求人が多い
次に、「求人の質が非常に高い」のが特徴です。求人のほとんどがマネージャークラス以上で、年収も600万円と高単価のものが多いです。また、業界知識が豊富なエージェントが質の高いユーザーを紹介するため、質の高い求人が集まるというプラスのスパイラルが生まれています。非公開求人も取り扱っており、見えない質の高い求人も多数あります。

◆対応地域が限定されている
デメリットとしては、対応地域が限定されており、東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡のみになっている。

もちろんサポートが受けられない訳ではなく、リモートでのカウンセリングになってしまう。

レバテックキャリアに登録する

まとめ


転職サイト デザイナー 40代の画像

デザイナーは人材不足のため、40代でも転職することは可能です。

未経験の場合は資格を取得したり、最低限のデザインに関する知識を学んだりと、転職に向けて準備をしておくことが転職を成功させる秘訣といえます。

40代がデザイナーに転職する場合は、IT業界に特化した転職エージェント、レバテックキャリアがおすすめです。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new