40代のエンジニアが活用したい転職エージェント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録
40代エンジニアが転職を考える際、「40代でも転職できるのだろうか」「転職の成功率を上げるにはどうしたらよいか」など、悩みを抱える人は少なくありません。

この記事では、40代のエンジニアが転職する際の注意点や成功させるためのポイントを紹介します。

おすすめの転職サービスも紹介しているので、希望に沿った転職先を見つけましょう。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

40代エンジニアの転職市場


転職サイト エンジニア 40代の画像

転職活動を行う前に、40代エンジニアの転職市場を確認しましょう。

転職市場を理解することで、より転職に効果的な対策を立てやすくなります。

◆40代エンジニア市場は人材不足の状況
そもそもIT業界は年代を問わず人材不足が続いている状況で、有効求人倍率(※)も高い水準となっています。

人材不足が続いている理由として、IT市場やWeb業界が急成長していることや、技術の変化が激しいために技術者がついていけないなどの理由が考えられるでしょう。

ほかにもシステムに異常が起きた際、長時間労働させられるといったネガティブなイメージも影響していると考えられます。

そのためエンジニアは売り手市場となっていますが、人材不足が故に即戦力を求める企業が多いのも現実です。

企業が求めるスキルに達していない場合は採用に至りにくいため、厳しい転職活動を行うことになりかねません。

転職活動を行うのであれば企業が求めるスキルを習得するか、自分が持っているスキルを求めている企業に転職するなど、状況に応じて見極めることが大切です。

※有効求人倍率とは求人数を公共職業安定所(ハローワーク)に登録している求職者の数で割った数値のこと。

有効求人倍率が1よりも大きい場合は求人数が多く人材不足であることを示しており、1より小さい場合は就職が困難な状況であることを示している。

参考:厚生労働省|一般職業紹介状況(令和3年4月)

◆40代エンジニアの求人数は若手と比べて少ない
40代エンジニアを募集する求人数は、20代や30代の求人数と比較すると多くありません。

40代になると中堅社員や役職のある立場になる人も増え、転職せずにそのまま働き続けようと考える人が多いためといえます。

そのため40代エンジニアを新たに採用しようと考える企業は、あまり多くないのも納得できるでしょう。

その一方、40代で転職を考える人が少ないのも現実のため、求人の競争率は高くないと判断できます。

つまり若い世代より求人数は少ないものの、ライバルも少ないということになるのです。

◆マネジメントスキルがあればなおよし
40代になるとエンジニアとしてのスキルだけではなく、チームをまとめたり新人を教育したりするマネジメントスキルが求められます。

そのためマネジメントスキルを活かした仕事を行ってきた場合は、転職の際にアピールできるポイントといえるのです。

ただしマネジメントスキルがなくても、転職は可能です。

選考でマネジメント力を見込まれることもありますし、高いスキルがあれば企業も欲しいと考えています。

選考の際は、自分のアピールポイントを見極めておきましょう。

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

40代エンジニアが転職する際の注意点


転職サイト エンジニア 40代の画像

40代エンジニアが転職に失敗しないように、知っておくべき注意点を紹介します。

40代は年齢的にも転職に失敗すると、さらに厳しい転職活動を強いられる可能性が高いため、あらかじめ注意点を確認しましょう。

◆転職が本当にベストかを考える
40代は求人数が減ることもあり、若い世代と比較すると転職しにくい傾向です。

そのため転職活動を行う前に、「本当に転職してよいのか」をよく考えましょう。

・転職したい理由はなにか
そもそも転職したい理由が、そのときの感情に左右されている場合があります。

たとえば「仕事で失敗をした」「上司や部下とうまくいかない」といった理由で転職を考えることもあるでしょう。

感情的になっているときは転職することしか考えられませんが、一旦冷静になって転職したい理由を考えると「転職する必要はない」と感じる場合もあるのです。

そのため転職したいと思ったときは、「本当に今転職したいのか」を明確にするためにも、冷静な気持ちで転職したい理由を書き出してみましょう。

書き出すことで気持ちが整理され、今本当に転職すべきなのかを判断しやすくなります。

・転職することで問題解決となるか
転職したい理由が一時的な感情ではなく、問題が生じたことで考える人もいます。

たとえば「上司と合わない」「希望していない部署に異動になった」「転勤が決まった」など、職場の環境によって転職を考えることもあるでしょう。

問題が生じている場合、抱えている問題を解決するためには、転職以外の解決方法がないか考えてみるのがおすすめです。

人事に相談する、部署の異動届を提出する、など会社に相談すれば解決することもあるかもしれません。

ほかの方法で問題が解決できれば、転職する必要性がなくなります。

転職は最終手段と考えて、ほかの解決方法を模索するのもひとつの方法です。

・転職後の生活を考えているか
転職したからといって、今よりいい生活を送れると決まっているわけではありません。

たとえば転職することで出勤時間や退勤時間、通勤時間などにも変化が出るでしょう。

ほかにも年収や待遇が今より悪くなる可能性もあります。

転職する際はどのような変化を生じるか、または収入が下がった際はどのような生活になるのかなどを考えておくことが重要です。

また今の仕事を行いながら転職活動を行う際は、仕事を休んで面接に行くことも考えられるため、収入が不安定になることも予想されます。

仕事を退職してから転職活動を行うのであれば、転職先が決まるまでは収入もなくなります。

仕事と並行しての転職活動は、とても大変で肉体的にも精神的にも負担がかかりやすくなるでしょう。

そのため転職活動を行う前に転職することでのメリットやデメリットを比較して、より自分が納得できる道を選ぶことが大切です。

◆転職をすべき人の特徴
転職すべき人は、「スキルが高い人」または「マネジメントスキルがある人」です。

なぜ転職すべきなのか、それぞれ解説します。

・スキルが高い人
スキルに自信がある人は、転職することで年収や待遇がよくなる可能性があります。

たとえば20代~30代が転職する際、企業はこれからの成長に期待している場合が珍しくありません。

転職する時点でスキルや経験が少なくても、転職後に身に付けてもらおうと考えているのです。

ですが40代のエンジニアにはこれからの成長に期待するのではなく、「今の時点でどんなスキルを持っているのか」「何ができるのか」など現在の力を重視しています。

40代エンジニアは今までの社会経験により、20代や30代にはないスキルを持っている人は少なくありません。

特に技術の変化が激しいエンジニアではスキルや能力が高ければ、採用したいと考える企業は多いため積極的にアピールするとよいでしょう。

・マネジメントスキルがある人
40代エンジニアが転職した場合、何らかの役職につくことが考えられるため、マネジメントスキルは必要だといえます。

たとえば転職先の企業が20代~30代のチームでできている場合、40代のエンジニアを確保できればチームをまとめてもらおうと考えているかもしれません。

チームをまとめることは誰にでもできることではなく、マネジメント力が必要となるのです。

そのため今までマネジメント力を活かした業務経験があれば、積極的にアピールするのがおすすめです。

なおかつ今までのスキルを活かしてもらえると判断されれば、転職も成功しやすくなるでしょう。

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

40代エンジニアが転職を成功させる方法


転職サイト エンジニア 40代の画像

40代のエンジニアが転職を成功させるためには、「自身のキャリアを把握する」「応募先の企業について詳しく調べる」「自身のキャラクターを把握する」の3つがポイントです。

それぞれのポイントについて、詳しく確認しましょう。

◆自身のキャリアを把握しておく
40代のエンジニアは今までさまざまなプロジェクトに関わり、たくさんの経歴を積んでいるでしょう。

そのため転職を行う際は、自身のキャリアを客観的に評価し、今後のキャリア設計を具体的に行うのが重要です。

たとえば職務経歴書を埋めようとする際、今まで行ってきた業務やプロジェクトの内容をこと細かに記載する人がいます。

今までの経験を書くことで、転職先の企業に「どんなスキルや経験があるのか」「どのような仕事ならできるのか」などをアピールすることはできるでしょう。

しかし企業としては今までの経験だけではなく、「そのプロジェクトはどんな考えを持って取り組んだのか」「なぜそのような考えの元でプロジェクトに関わったのか」といった仕事に対する考え方や価値観を知りたいのです。

そのためただ経験を羅列するのではなく、「その行動に至った経緯」や「問題に対する考え方」など、経験したからこその考え方を伝えるのが大切だといえます。

詳しくはこちら:40代でエンジニアへの転職を目指す!採用担当者が見ているポイントとは?

◆応募先の企業を詳しく調べておく
求人に応募したい企業が見つかれば、「どのような企業なのか」「主力商品やサービスはなにか」「どのような経営理念を持っているのか」など詳しく調べておきましょう。

応募先の企業を詳しく調べることは、面接で有利となるほか、入社後のイメージを掴みやすくなるメリットがあります。

たとえば福利厚生や就労規則などを知れば、従業員を大切にしている企業かどうかがわかることもあるのです。

また現在働いている従業員の年齢層も確認しておくと安心です。

同年代である40代~50代が働いている職場であれば、今後も長く働き続けられる職場であると推測できます。

反対に20代~30代が中心の職場であれば、中堅社員にあたる40代にチームをまとめてもらうために募集している、といったことも推測できるでしょう。

このように求人情報に記載されていない情報を調べると、さまざまなことがわかってくる場合があります。

企業のことがわかれば、どのような対策を行って選考に望めばよいかといった準備を行いやすくなるのです。

◆自分のキャラクターを知っておく
内定はスキルや経験のみで決まるものではありません。

特に面接では人となりを確認し、「どのような人間性を持っているのか」などを見られています。

たとえ普段の自分を隠して、面接ではかっこよく見せようとしても、何気ない言葉遣いや仕草に普段の自分が現れてしまうのです。

そのため日常生活の中で「自分はどのようなキャラクターなのか」を理解することが大切です。

なかでも40代は年齢的にも落ち着きを求められる場合があり、余裕のなさが目立つと内定につながらないということもありえます。

日頃から精神的に落ち着いた状態を維持できるように努めておきましょう。

詳しくはこちら:システムエンジニアが転職で失敗しないために知っておくべきテクニック

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

40代エンジニアの転職はレバテックキャリアがおすすめ


転職サイト エンジニア 40代の画像

レバテックキャリアはIT・Webに特化した転職エージェント。マイナビエージェントやリクナビエージェントなどと比べれば、あまり耳にする機会がないかもしれませんが、IT業界の転職では最大手の転職エージェントです。

会社自体がもともとシステム関係であったこともあり、所属しているスタッフやアドバイザーにはエンジニア出身者が多く、技術的な知識が豊富なのが特徴です。

そういった技術的な知識があるために、エンジニア業界の企業からの信頼も厚く、人材に求める細かな要望までを叶えてくれると評判です。

もちろん、求職側も自身のスキルや求める希望にマッチした企業を、知識と経験が豊富なアドバイザーが紹介してくれるので、転職後の安心感も高いです。

◆レバテックキャリアの基本情報
・業種別求人率
レバテックキャリアの業種別求人率は2021年7月時点で、Web系(27.45%)、ソフトウェア系(21.8%)。Web・ソフトウェア系がほぼ半数を締めていることが分かります。

Web・ソフトウェア系以外は、コンサルティング(12.42%)、sler・通信(11.55%)、人材・教育(7.62%)、ゲーム・広告(10%)、その他(9.28%)となっています。

・職種別求人率
職種別求人率は、アプリケーションエンジニア(16.37%)、サーバーエンジニア(14.34%)、プロジェクトマネージャー(11.9%)、インフラエンジニア(11.47%)、サーバー・ネットワークエンジニア(5.08%)、社内SE(5.43%)、フロントエンドエンジニアリング(5.3%)となっており、エンジニア転職に強い転職エージェントであることがわかります。

・サポート地域
レバテックキャリアのサポート地域は、東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏、大阪、兵庫、京都の関西圏、福岡の3つのエリアです。

エリアが限定されているのは、エンジニアを必要とする企業が多いというのが背景にあるからです。

とはいえ、この地域以外では登録ができないわけではなく、サービスの登録時に希望を伝えることで、リモートでのカウンセリングを受けることができます。

◆ハイクラス求人がとにかく多い
レバテックキャリアは、ハイクラスのエンジニアの転職が特におすすめです。
なんと、求人の約75%が年収600万円以上という、ハイクラス求人を豊富に扱っている転職エージェントです。
キャリアアップや新しいポジションにステップアップしたい方は、必ず登録しておくべき転職エージェントと言っても過言ではありません。

ハイクラス求人が多いということは、未経験者への求人紹介が難しいケースが多いため、活用するのであればある程度の実績や経験が求められます。

「まだまだ経験が足りないかも」と自信がない方は、「レバテックルーキー」「レバテックビギナー」という未経験者に向けたサービスが用意されています。
また、さらにハイクラスのキャリア転職を目指すなら「レバテックエキスパート」というサービスもありますので、こちらもぜひ活用してください。

レバテックキャリアに登録する

まとめ


転職サイト エンジニア 40代の画像

40代のエンジニアが転職する際は、本当に転職がベストな選択なのかを見極めるのが重要です。

転職するのがベストだと判断できた場合は、自身のキャリアやキャラクターを把握し、 転職活動に備えていきます。

20代~30代にはないスキルや経験、マネージメント力をアピールするのも大切です。

40代がエンジニアに転職する場合は、IT業界に特化した転職エージェント「レバテックキャリア」がおすすめです。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new