資格で差がつく!医療事務の試験の種類と合格率・難易度を知ろう

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務の資格には、たくさんの種類があるのを知っていますか?

現在実施されている検定試験は、約35種類あると言われています。

医療事務は民間資格であり、資格がなくても医療事務として働くことはできますが、資格の保有は、相応の知識・技能があることの証明になります。

今回は、医療事務の試験の種類や合格率・難易度についてご紹介します。
これから資格取得を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

目次

医療事務の資格は1つじゃない!

1493267327_21444.jpg

医療事務は各種医療機関にかかる事務全般の呼び方であり、資格名ではありません。

では、具体的にどんな資格が存在するのでしょうか?

◆医療事務の資格はバリエーション豊富
医療機関団体・協会・公益法人など、民間の団体が認定している資格が豊富にあります。

勤務する病院やクリニックで実際に役立つかどうかで、目指す資格を選ぶと良いでしょう。

◆医療事務の資格のジャンルとは?
【レセコン系】
関連資格・・・医事コンピューター技能検定、医事オペレーター技能認定試験 など

レセコンとは「レセプトコンピューター」の略で、診療報酬明細書を作成するコンピューターを指します。

従来手書きで行っていたレセプト業務ですが、パソコン(レセコン)でできるようになってから、多くの医療機関で導入が進んでいます。

今後さらに普及が進むことが考えられますので、前もって勉強しておくと役に立つでしょう。

【介護系】
関連資格・・・介護事務管理士、ケアクラーク など

医療事務は病院だけでなく、介護施設でも必要とされます。
介護事務とも呼ばれ、受付やレセプトの他に介護報酬の請求業務なども行います。

【調剤系】
関連資格・・・調剤報酬請求事務専門士、調剤事務管理士、調剤事務実務士 など

調剤薬局で受付やレセプト業務を行います。
医科や歯科と違い、薬剤に関する事務業務を行います。

【歯科系】
関連資格・・・歯科医療事務管理士(R)、メディカルクラーク(歯科)、歯科医療事務検定 など

歯科医療事務は、受付やレセプトの他に器具の受け渡しやライトの調整など、診療の補助も行います。求人数が多く、残業が発生しにくいことから、学生や主婦に人気の仕事です。

◆「メディカルクラーク」が一般的
医療事務の資格として一般的に認知されているのは、医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)で、医科と歯科に分かれています。
医療事務といえば、この資格を思い浮かべる人が多いでしょう。

医療事務は、ジャンルごとに数々の仕事と資格が存在しています。
それぞれ必要な知識と技能を身につけるためのものであり、求職の際のアピールポイントとなります。

次項からは、一般に認知度の高い「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」を取り上げ、詳しくご紹介します。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)ってこんな資格!

1493267334_14073.jpg

ここからは、最も一般的な医療事務資格であるメディカルクラークについて、より詳しくご説明していきます。

◆どんな知識が得られるの?
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)は、さまざまな医療機関において幅広く共通する内容を押さえた医療事務資格であり、多くの人が受験しています。

では、資格を取得することでどんな知識が得られるのでしょうか。その一部をご紹介します。

【医療法】
医療保障制度の基礎用語や保険各法など、診療に関する法律や規則について学びます。

【医療保険制度】
健康保険、各種共済組合、国民健康保険など、医療保険の仕組みや制度について学びます。

【個人情報保護法】
医療機関では、大量の個人情報を扱います。
情報の取り扱いや保存、機密厳守などの情報の取り扱いについて学びます。

【接遇やマナー】
患者さんやその家族に対する態度や言葉遣い、接しかたなどについて学びます。

【カルテの管理】
外来や入院される患者さんのカルテの管理方法を学びます。

【診療報酬の計算】
診療報酬制度に基づき、ルールや算定条件に則った計算方法を学びます。


医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)に合格することは、これらの知識を習得した証になります。

より高度で専門的な現場で活躍したい方には、ステップアップとして関連資格の取得をおすすめします。

メディカルクラークの試験概要と合格率は?

1493267341_56180.jpg

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)がどんな資格か理解したところで、気になる試験概要と合格率を確認しましょう。

<試験日と受験料について>
■試験日 :毎月(年12回)開催
(該当試験日の2か月前から2週間前までの受付です。)
■実施場所:各都道府県の公共施設など
■受験料 :7,500円(医科・歯科)

<試験の合格率はどれくらい?>
学科試験、実技試験すべての得点が70%を越えれば合格となります。
合格率は60%~70%とされており、しっかりと勉強すれば合格に手が届くと言えるでしょう。

詳しくは「一般社団法人 日本医療教育財団」のホームページをご確認ください。

医療事務の魅力は、安定的なニーズと復職のしやすさです。

しかし就職において、経験者や資格を持っている人が歓迎されやすい傾向にあるのも事実です。

ご紹介した資格やポイントを参考に、医療事務合格を目指してください!

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1493254513_76605.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、求人を探してみませんか?

東京都の求人  ◆大阪府の求人  ◆神奈川県の求人
埼玉県の求人  ◆愛知県の求人  ◆福岡県の求人

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

◆「医療事務」についてもっと知りたい方はコチラ!
【お仕事内容&魅力】業務や勤務先、有利な資格や魅力まで「医療事務とは」を丸ごと解説
【資格&難易度】資格で差がつく!医療事務の試験の種類と合格率・難易度を知ろう
【男性医療事務】男が活躍できる職場!?医療事務における男性求人の実態と探し方
【転職&求人事情】医療事務への就職&転職!知っておきたいお仕事内容と求人事情