在宅ワークのネット環境料金を節約する方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>人生後半の転職・独立起業・セカンドキャリアに、45歳からの実践型キャリア自律スクール

人生後半も活躍し続けたい40代・50代のビジネスパーソンには、キャリア自律のパーソナルトレーニング「ライフシフトラボ」がおすすめ。ライフシフトラボは、複業・社外活動を足がかりに転職・独立起業・定年後のセカンドキャリアなど、人生後半のキャリア自律を叶えるオンラインビジネススクールです。

人材業界に精通するキャリアコーチがマンツーマンで伴走支援し、キャリアプランニングから強みの棚卸し、あなたの豊富な経験を活かした複業デビューまで、体系的に学び実践できます。

※ 勤め先が複業禁止の場合でも受講いただけます。

キャリア自律のためにオンライン無料説明会に申し込む

在宅ワーク ネット環境 節約の画像


新型コロナウイルスの影響を受け、「在宅ワークをする人が増えた」といわれています。


在宅ワークを会社に出勤しているときと同じように快適に行うためには、自宅にインターネット環境が必要です。


「在宅ワークを命じられたため、自宅に新しくインターネット環境を導入しなければならない」「ネットの支払いを見たら、あまりの高さに驚いた」という人もいるのではないでしょうか。


この記事では、ネット環境の整備や維持にかかる料金を節約する方法を紹介します。


目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

在宅ワークに必要なネット環境とは

在宅ワーク ネット環境 節約の画像


まず在宅ワークに必要なネット環境について説明します。


その上で自分にもっとも適しているネット環境を選択しましょう。


 

◆固定回線(光回線)

固定回線(光回線)は光ファイバーを利用したインターネット回線で、利用できるデータ容量に上限がない上、速度制限がありません。


回線(有線)を自宅に引き込むため電磁波の影響を受けず、通信の安定性が高いことから、テレワークに適していると言えます。


固定回線(光回線)は通信速度が速いことが最大のメリットで、一般的には下り1Gbpsの最大速度で利用可能です。


回線状況も比較的安定しているため、オンライン会議や大きなデータのダウンロードも安心して行うことができます。


固定回線(光回線)のデメリットは、自宅に光ファイバーが備わっていない場合は回線を引き込む工事が必要になるため、場合によっては開設までに時間を要する点です。


集合住宅であれば光回線を共有して使うこともあり、建物内での利用者が多ければ通信速度が落ちてしまう可能性がある点も考慮しておきましょう。



◆無線回線(モバイルWi-Fi)

無線回線(モバイルWi-Fi)を契約すると、Wi-Fiルーターなどの通信機器を利用してインターネット環境を作ることができます。


モバイルWi-Fiルーターは小型で手のひらサイズのものが多いため、設置スペースを確保する必要がありません。


無線回線(モバイルWi-Fi)のメリットは、工事不要ですぐに利用開始できる点です。


また、電波が届く場所であればどこでも利用できるため、自宅だけでなく外出先でも利用できます。


一方でデメリットは、無線回線(モバイルWi-Fi)には一般的にデータ通信量の制限があることが少なくない点です。


さらに固定回線に比べると無線回線(モバイルWi-Fi)は通信の安定性が劣ることがあり、大容量の通信利用にはあまり向いていない点は理解しておく必要があります。



◆在宅ワークのネット環境の課題点

ネット環境を導入する前に、在宅ワークのネット環境にはどのような課題があるのか知っておきましょう。


セキュリティが整っている会社のネット環境と違い、在宅ワークを行うときは自分で十分なセキュリティ対策をとる必要があります。


セキュリティ対策済みのパソコンを利用したり、特定の人のみが利用できるVPNと呼ばれる専用のネットワーク接続を行ったりして、サイバー攻撃のリスクに備えることが大切です。


コアタイムと呼ばれる利用者が集中する時間帯は、回線の種類に関わらず通信速度が遅くなることがあります。


利用者が増えるのは夜20時以降が多いため、可能であればネット環境を利用する人が少ない時間帯に作業しましょう。


在宅ワークで起きた通信トラブルは、頼れる人がいないため自分自身で対応する必要があります。


ネットの速度が落ちて不安定になってしまうと業務に支障をきたす可能性があるため、Wi-Fiルーターの設置場所を変えたり、中継器の設置やプロバイダーの変更などをして対応しましょう。



◆在宅ワークのネット環境に求められること

自宅でリモート会議や大きなデータの送受信を行うためには、目安として上り下りともに1~8Mbpsの通信速度が出るネット環境が必要です。


在宅ワークの通信には速度だけでなく安定性や品質も重要であるため、「ネットが途切れる」「遅延が発生する」などのトラブルが少ない回線を導入しましょう。


サイバー攻撃へのセキュリティ対策として、セキュリティソフトとVPN接続の導入が最低限必要です。


ネット回線の月額利用料金の目安は固定回線(光回線)の場合5000円~6000円ほど、無線回線(モバイルWi-Fi)の場合は3000円~4000円ほどが一般的ですが、オプションの有無やデータプランによっても異なります。



あわせて読みたい:
40代も始めやすい在宅ワーク!魅力と自分に合う求人の見つけ方
女性が活躍できるリモートワークの会社に転職する方法
40代の主婦でも家事のスキマ時間に稼げる!在宅ワークの仕事とは


在宅ワークのネット環境の料金はどっちが負担?

在宅ワーク ネット環境 節約の画像


在宅ワークを行うためにはパソコンやプリンタといった周辺機器を揃える費用以外にも、ネット環境を維持する費用がかかります。


コロナ禍での在宅ワークは仕方がないとはいえ、通信のための費用は安いとはいえないでしょう。


ここでは在宅ワークにかかる料金は会社負担なのか、個人負担なのかについて説明します。



◆ネット環境の通信費の負担

ネット環境を新たに開設する場合、契約手数料や光回線であれば工事費用などが通信費として必要です。


通信費は在宅ワークでは必要不可欠であると判断されやすいため、会社側の全額負担になることが少なくありません。


ただ、在宅ワークになる以前からすでにネット環境があり、特に家族や同居人と共有で使っているケースであれば一部負担の可能性が高くなるため、契約やプランの見直しなどをして節約することが重要です。



◆パソコンや周辺機器費の負担

パソコン機器の購入代金に関しては、会社の全額負担になることが多いです。


また、パソコン本体だけでなく、マウスやWeb会議用のWebカメラなどの周辺機器も会社負担になることがあるため、会社に請求することを考えている場合は自分で購入する前に確認しましょう。


普段会社で使っているパソコンやスマートフォンを持ち帰り、在宅ワークで利用するケースもありますが、自宅のパソコンや端末を活用する場合はセキュリティ対策を整えておく必要があるため注意が必要です。



◆家賃や光熱費の負担

家賃や光熱費はどこまでが業務のために使われたのかの判断が付きにくいことから、会社の負担額に関しては会社ごとに差が生じています。


特に実家暮らしであるケース、あるいは複数人で暮らしている場合の家賃や光熱費に関しては、会社負担になりにくいかもしれません。


在宅ワークではパソコンやネット環境のほか、細かい文具類も必要になることがあります。


文具類の購入費は基本的に会社の負担になるため、在宅ワークのために買いそろえた文具類があれば控えをとっておき会社に経費として申請しましょう。


ネット環境の料金を節約するコツ3選

在宅ワーク ネット環境 節約の画像


ネット費用を節約するコツのひとつは、ネット環境の乗り換えです。


ここではネット環境の乗り換えのほか、どのような方法でお得になるのかを解説します。



◆ネット環境の料金を見直して節約

ネット回線やプラン内容で差はありますが、ネット環境の料金は5000円前後が平均額だと言われています。


平均額に近い通信料金でネットを利用しているのであれば、ネット環境の見直しをすることでより低料金で利用できるプランが見つかり、費用を抑えられるかもしれません。


さまざまな会社のネット回線を比較したり、割引やコストパフォーマンスを調べたりして、ネットの利用料金を節約しましょう。



◆ネット回線の乗り換えで節約

現在支払っているネット回線の月額料金が高いと感じたときは、ほかの回線への乗り換えを検討しましょう。


申し込みの特典でキャッシュバックや月額料金の割引を行っている回線があるため、特典を利用すればネット費用を節約できるかもしれません。


ネット回線の契約は自動更新が多く、更新月以外に解約してしまうと違約金が発生することがあります。


乗り換え先の回線で違約金負担のキャンペーンを行っている場合もあるため、さまざまな回線の契約内容や特典について調べてみるのがおすすめです。



◆その他のネット環境料金の節約方法

ネット回線の乗り換え以外でネット環境の料金を見直す方法には、「スマートフォンとのセット割引を利用する」「不要なオプションを外す」「モバイルルーターを活用する」などの方法があります。


携帯会社が提供しているネット回線を利用している場合、同じ会社で携帯やスマートフォンを契約してセット割引を受けるとお得です。


携帯電話やスマートフォンのプランにもよりますが、500円~1000円ほどの割引を端末の台数分受けられることがあります。


ネット回線を契約した際に、言われるがままオプションに加入したものの活用していない人もいるでしょう。


一度オプションを見直し、不要なものは外してしまった方がお得です。


光回線などの固定回線でネット利用をしている場合、比較的料金が安いモバイルルーターに変更すると節約になります。


ネット料金を見直して、賢くネット環境を利用しましょう。



40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

在宅ワークにおすすめのインターネットサービス

在宅ワーク ネット環境 節約の画像


ネット回線はいくつもの会社や利用プランがあるため、どの回線を選べばいいか悩む人もいるでしょう。


ここでは在宅ワークにおすすめのインターネットサービスを、それぞれメリットとデメリットを含めて紹介します。



◆ソフトバンク光

在宅ワーク ネット環境 節約の画像


ソフトバンク光は、大手通信会社である株式会社ソフトバンクが提供するインターネットサービスで、NTTフレッツ光の回線を利用したコラボ光と呼ばれる回線のひとつです。


ソフトバンク光は最高速度(下り)が1Gbpsの高速サービスであるため、Web会議や大量のデータを扱う業務の在宅ワークでも安心して利用できます。



《ソフトバンク光のメリット》

● IPv6高速ハイブリッド接続ができる

光BBユニットというソフトバンク提供のルーター機器をレンタルすれば、混雑の起きにくい接続方法のIPv6高速ハイブリッドを使用することが可能です。



● 携帯電話とのセット割引がある

携帯電話をソフトバンクで契約している場合、ネットとのセット割引の「おうち割り」が適用可能です。


家族含めて最大端末10台まで割引を受けることができるため、携帯電話の月額料金の節約にもなります。



● 開通工事前にWi-Fi機器を無料レンタルできる

ソフトバンク光は開通に工事を伴いますが、開通工事までの期間は無料でWi-Fi機器のレンタルを行っており、すぐにネット環境を整える必要があっても安心です。



● 他社からの乗り換えキャンペーンがある

他社からの乗り換えであれば工事費用がキャッシュバックで返ってくる「SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン」を受けることができるため、ぜひ活用しましょう。


「あんしん乗り換えキャンペーン」という他社回線からの乗り換えユーザー向けのキャンペーンでは、他社回線の解約時の違約金や撤去費用の還元を行っています。



《ソフトバンク光のデメリット》

● 通信速度が遅いことがある

通信速度の低下の原因は、回線の混雑や障害などソフトバンク側の問題から、パソコンやスマートフォンのスペック、LANケーブルやルーターの劣化などの利用者側の問題までさまざまです。


ソフトバンク光は独自のWi-Fiルーター、「光BBユニット」をレンタルしていないとIPv6高速接続を行えないため、速度が遅くなってしまいます。


ネット環境を快適に利用できないと感じている人は、光BBユニットではなく自分で購入したルーターを使っている可能性が高いです。



● 契約の途中で解約すると違約金が発生する

ソフトバンク光の契約には2年自動更新プランと、光テレビ利用者向けの5年自動更新プランがあり、更新月のタイミング以外で解約してしまうと契約解除料が発生します。


しかし契約の自動更新はソフトバンク光回線以外のほとんどのネット回線の契約においても適用されるため、ソフトバンク光特有のデメリットではありません。


ネット回線の自動更新なしのプランは、自動更新ありのプランに比べて料金が割高に設定されていることが多いため、長期的にネット利用の予定がある場合は自動更新ありプランでの契約がおすすめです。



● コールセンターにつながりづらい

ソフトバンク光はユーザー数が多く、時間帯によっては問い合わせ窓口のコールセンターになかなかつながらない可能性があります。


サポートページでよくある問い合わせへの回答を確認できたり、チャット機能を使ってオペレーターに相談することもできるため、電話がつながらないときはほかの問い合わせ方法を活用しましょう。



◆ドコモ光 GMOとくとくBB

在宅ワーク ネット環境 節約の画像


ドコモ光は、大手通信会社である株式会社NTTドコモが提供するインターネットサービスで、NTTフレッツ光の回線を利用したコラボ光と呼ばれる回線のひとつです。


ドコモ光はプロバイダが24社あり、好みに合わせて選択できます。


24社あるドコモ光のプロバイダの中でも特におすすめなGMOとくとくBBについて、メリットとデメリットを説明しましょう。



《GMOとくとくBB光のメリット》

● プロバイダの中で最も安く利用できる

ドコモ光のプロバイダの中で最も安価な料金で利用できるのが、GMOとくとくBBです。



● IPv6接続のルーターが無料レンタルできる

高速のIPv6という方法で接続できるルーターを無料でレンタルできるため、ルーターに関する費用を抑えることができます。



● セキュリティソフトを1年間無料で利用できる

GMOとくとくBBでは「マカフィー・マルチアクセス」というセキュリティソフトの利用オプションを1年間無料で提供しています。


1年後は月額550円が必要ですが、最大3台の端末に設定可能なため、急遽在宅ワークでセキュリティを強化しなくてはいけない場合は活用しましょう。



● 高額キャッシュバックキャンペーンがある

Web申し込み限定でキャッシュバックキャンペーンを行っており、他社からの乗り換えであれば2万円を、スカパー!やdTV、光テレビなどの映像コンテンツを同時契約であれば5500円~2万円をキャッシュバックで受け取ることができます。



● 通信速度の改善への取り組みが手厚い

GMOとくとくBBは高速通信の提供に力を入れており、ユーザーの利用速度データをホームページで毎月公開しているため、最大速度だけでなく実際に利用したときの平均速度の目安が確認可能です。


またGMOとくとくBBのプロバイダでドコモ光を利用し、速度が100Mbpsを下回った場合は100円相当のポイントの受け取りができるため、速度が遅いと感じた場合は指定の速度測定サイトで速度を測ってみましょう。



《GMOとくとくBB光のデメリット》

● ルーターレンタルには手続きが別途で必要

高速Wi-Fiルーターを無料レンタルできるGMOとくとくBB光ですが、ドコモ光の申し込みと別で申し込みを行う必要があります。


ドコモ光の工事日の前日までに申し込みを行わなかった場合は開通から7日営業日後を目途にWi-Fiルーターが発送され、光回線が通ってもWi-Fiで利用ができない期間が生じるため、注意が必要です。



● サイトからの申し込みはドコモユーザーのみ

GMOとくとくBB光のホームページからの申し込みは、ドコモで携帯電話やスマートフォンを契約している人しかできません。


ドコモユーザーでない人は、ドコモショップや家電量販店で契約の申し込みが可能です。


まとめ

在宅ワーク ネット環境 節約の画像


在宅ワークには、セキュリティ対策の整ったパソコンや安定性のあるネット環境を揃える必要があります。


特にネット回線は安価とは言い難い費用がかかるため、会社・個人どちらの負担になるのか必ず確認しましょう。


ネット回線には大きく分けて固定回線(光回線)と無線回線(モバイルWi-Fi)があり、それぞれ料金や特徴も違う上に回線提供会社によってキャンペーン内容もさまざまです。


ネット回線を乗り換えてキャンペーンを受けたり、スマートフォンとまとめてネットを契約したりすると、ネット費用を抑えられる可能性があります。


さまざまな回線や契約内容を調べて、自分の状況にあったネット環境を節約しつつ利用しましょう。


年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new