40代での転職は厳しいのか?転職成功の方法とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録
40代での転職は一般的に難しいと言われています。

その中に飛び込んでいくのはなかなか難しいように思えますが、業種や20代・30代にないスキルがあれば、転職は不可能ではありません。

むしろ自身の経歴をしっかりアピールし、マッチする企業を見つけることでキャリアップ転職を果たした人もいます。
今回は、40代からの転職を成功させる方法を詳しく解説します。
目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代の転職が難しいと言われる理由

40代転職の壁を表す階段 40代の転職が難しい理由は複数あります。

それは年齢が原因の場合もありますが、それらをきちんと理解することによって、問題を回避して成功につなげることはできます。

年齢をマイナスに捉えるのではなく、自身の強みとして考えていきましょう。

◆40代向けの中途採用の求人が少ない
40代が転職に苦戦する一番の大きな理由は、そもそも40代向けの中途採用の求人が少ないということです。
年齢が上がるにつれ、転職意欲のある人が減ったり、ポストに空きが出なかったり、企業が人件費を心配して40代向けに求人を出さないようにしたりするため、求人そのものの数が少ない傾向にあります。

40代では、年齢的にマネジメント職が増えていく年代のため、特に管理職のポストは40代では、1/4程度の枠しかないと言われています。

また、40代になると年齢的に職種や業界未経験の仕事は少なくなります。
それは、20代や30代のような高い順応性が少なくなっていると思われているからです。

さらに企業は、採用した人に長く働いて欲しいと思っています。
40代では定年が60歳だとすると20年ほどしか働けないことになります。

これらのことから、40代ではなく、さらに若い人を優先する側面があるのが実情です。


◆求められるスキル、経験のレベルが高い
求人自体が少ない点に加えて、40代転職者では企業が求めるスキル・経験が高水準であるということがあります。 中途採用を行う企業は、30代・40代の転職者に即戦力となる人材を求めています。
大まかには、マネジメント経験、高い専門スキル、同業種での経験です。

プロジェクトリーダーとして、事業を推進できるマネジメント経験のある人材を求める傾向は強くなっています。
また、40代は一般的に給与水準も高くなるため、企業側の要求レベルも自然と高くなってしまいます。
そのため、特段のスキル・経験がない方の転職は非常に難しいものになるでしょう。

◆年上の部下は扱いづらい
40代ともなると、これまでの社会経験から、給与や働き方にこだわりがあって扱いづらいという印象を与えることもあります。
40代での転職となると、転職先では年下の上司や社長が存在する可能性もあります。
その年下の上司が扱いづらいと感じると、採用は難しいです。

中途採用でいい人材を採用したいという反面、既存社員と良好な関係を築けるかどうかも重視されます。
そんな企業側の希望も考慮し、面接において年下の上司を想定するような質問がきた場合の問答を考えておくと良いでしょう。
年齢による経験をアピールするだけでなく、謙虚な姿勢を示すことが重要になってきます。
人間性の部分もアピールするのがおすすめです。

◆年収が下がる可能性が大きい
40代であるあなたは、20代や30代の若い人と比較すると、高い年収を得ている可能性があります。
その高い年収にこだわり過ぎると、それだけ転職の選択肢を狭めてしまうことになります。
実際に転職する業界の給与水準と、現在もらっている給与水準を比較しておきましょう。
もちろん業界の給与水準よりも多くもらっていれば、給与が下がる覚悟が必要です。
また、転職は新たなスタートであるため、給与が下がることは十分に考えられます。
つまりは、今までの水準で転職できるとは限らないと認識しておくことが重要になります。
内定をもらってから「年収が落ちるので家族が養えない」といった事態にならないように、事前に家族とも話し合いをしつつ、最終的に譲歩できる年収額を決めておくことをおすすめします。
実際に求人に何社か応募したが、希望の年収と企業側が考えている年収との差が大きく、転職を諦めるケースは多いです。
入社後の頑張り次第で年収を前職と同等に戻した人や、年収がアップした人もいます。
企業側もあなたの実績を評価して採用したものの、どれだけの収益を上げられるかは未知数なため、採用時と入社後の成果を出した後の収入には差をつけている場合があります。

40代が転職しやすい業界

40代転職しやすい業界 職種によって40代での転職が難しいところと、転職しやすいところの差が大きいことがあります。
ここでは、一般的な4つの職種を取り上げ、どのような職種なら40代で転職しやすいのか見ていきましょう。


◆営業職
営業職はコミュニケーション能力が重視される職種になります。
40代ならこれまで営業職の仕事をしたことがない人でも、それなりに対人スキルを身につけているでしょう。
業務において、臨機応変な対応を求められることも多く、経験豊富な40代にとって有利と言われる職種と言えます。
また、これまで営業職の経験がある人なら、業界が違ってもその経験をアピールできます。
営業職自体は幅広い業界で必要とされているため、求人の数も豊富にあるメリットがあります。

◆ドライバー
ドライバーも40代で転職しやすい職種の1つに挙げられています。
一言にドライバーといっても2種類あって、荷物の配達などの業務に従事するドライバーと、タクシーやハイヤーなどの人を運ぶドライバーがあります。
どちらも常に人手不足ため、40代未経験でも転職しやすいと言われています。
特にタクシードライバーは働いている人の年齢層が高く、40代ならむしろ若いという職場も多い傾向にあります。
ドライバーの仕事は免許が必要ですが、入社後に会社負担で免許を取得できることが多く、配達などのドライバーであれば、普通一種免許のみでできる場合もあります
これまでの経験と紐付けしやすいため、車の運転が好きな人なら向いているかもしれません。
未経験でも採用されやすく、働きやすい職場環境を整えて人材確保に力を入れている企業も多くあり、一度求人を見てみることをおすすめします。

◆介護職
介護職は人手不足の傾向にあり、若い人だけでなく40代の未経験者も歓迎している介護施設が多いという現状になっています。
介護施設では、高齢者の身の回りのお世話や生活の介助が主な業務のため、20代・30代の若い人よりも、コミュニケーション能力に優れている40代の方が有利になりやすい職種です。
直接人の役に立てる仕事で感謝されることも多いため、やりがいを感じやすい仕事になります。
さらに高齢化が進む日本においては、これからも介護職の需要は高く業界全体としても伸びていく傾向があります。
特に体力に自信がある人は、転職先の候補として検討してみてください。

◆接客業
接客業はコミュニケーション能力が重視されている職種になります。
社会人としてこれまで培ってきた経験を活かせるため、40代には最適だと言えます。
イレギュラーな場面も多く、そこでの対応力は、若い人よりも40代の方が優れており、歓迎されることでしょう。
接客の職種は主に飲食店や小売店などで募集が多いのですが、それ以外にもセレモニーホールなどのスタッフも接客の職種に含まれます。
接客関連の求人もぜひチェックしてみてください。

40代が転職を成功させるための注意点

40代転職の注意点 転職活動を行う際に、事前に気をつけておくべき注意点がいくつかあります。
事前にしっかりと準備しておくことで、直前になってうろたえないようにしておきましょう。

◆希望の条件を具体的に考えておく
40代の転職では、企業が求める人材に当てはまることが少なくなるのが実情です。
その中で、理想を持ちすぎるとなかなか求人が見つからないという事態になります。
そのため、希望条件を具体的に考えた後は、それぞれに優先順をつけるようにしてください。
例えば、雇用形態は正社員なのか、通勤時間はどこまでか、年収は下がってもよいのか、下がるのはいくらまでなのか、などを考えておく必要があります。
さらに優先順位も付けておくと良いでしょう。
もし希望条件に少しでも当てはまれば、まずは応募してみる積極的な姿勢を持つようしてください。
その積極的な姿勢が採用に近づく第一歩になります。

◆転職が決まるまでは退職しない
転職が決まるまでは退職しないということは、とても重要なことになります。
人によっては、退職して時間に余裕を持ってゆっくり転職活動をしようと考えている人もいるかもしれません。
しかし、転職先が決まるまでは、可能な限り会社を辞めないようにしてください。
退職後の就職活動は、収入が一定期間途絶えるため、貯金を切り詰めての生活を強いられるケースが想定されます。
失業保険があると思われるかもしれませんが、自己都合退職の支給は退職から3ヵ月後になる場合もあります。
金銭的余裕がなくなると生活が苦しくなり、精神的に余裕がなくなり、早く就職先を決めなければいけないという焦りが生まれて、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

◆肩書や年収にこだわりすぎない
40代にもなれば、役職についている人もいるでしょう。
そして、転職を希望する人にも肩書を重視するという人も多くいるのも実情です。
さらには、40代でそれなりに評価されている立場にいれば、高い年収をもらっている人もいるでしょう。
しかし、肩書や年収にこだわりすぎないようにしてください。
転職を機に、さらに高い地位や年収を求めてしまうことは危険です。
事前に、転職する業界の平均的な給与を確認して、自分の経験と照らし合わせてどのくらいの年収なら希望できそうか、確認しておくことをおすすめします。
年収や肩書きを重視しすぎると、なかなか転職がうまくいかないことになります。

▼合わせて読みたい! キャリアアップを目指す40代が転職を成功させるポイントとは ハイキャリアを目指す40代が転職を成功させるコツとは

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
ここまで、40代の転職が難しい理由と、それらを回避して転職を成功させるポイントを解説してきました。
まずはしっかりと40代の年齢の特徴を把握することで、あなたの強みに換えていきましょう。
そのための転職サービスも多々あります。
転職サービスやさまざまなツールをうまく利用して、履歴書や職務経歴書の作成から面接での対策まで、しっかりと行っていきましょう。

今回の記事を参考にして、難しいと言われる40代の転職を成功に導いてくださいね。
年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new