ハイキャリアを目指す40代が転職を成功させるコツとは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

あなたのキャリアのために、転職を検討したことはありませんか?
40代はスキルも経験も豊富で、仕事での成功を収めるベストな年代です。

今回は40代ハイクラス転職を目指す人に、役立つ情報をまとめてお届けします。
転職成功のコツや、おすすめの転職サービスもご紹介しています。

最後まで目を通して転職活動の参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

40代が目指したいハイキャリアとは

ハイキャリアを目指す人

まずは、ハイキャリアとは何なのかを見ていきましょう。

◆ハイキャリアの定義とは
結論から言うと、ハイキャリアに明確な定義はなく、市場価値の高い人材が「ハイキャリア」と呼ばれています。

ここではハイキャリアと呼ばれる人材の特徴について詳しく見ていきましょう。

《ハイキャリアの特徴》
・高学歴
高学歴だから優秀というわけではありませんが、多くの優秀な人材は高学歴が多いと言えます。

学生時代に目標に向かって努力を積み重ねた経験を持つ高学歴の人は、大手企業や入社当初から期待されるなど成長しやすい環境に身を置く可能性があります。

ただし、高学歴だから仕事ができるとは限りません。
学歴に関係なくスキルや知識を身につけて成果を出す人もたくさんいます。

学歴はたくさんある特徴の一つと言えます。

・環境に関係なく成果が出せる
ハイキャリアと呼ばれる人の多くが、会社の規模に関係なく仕事で結果を残しています。
どんな環境でも活躍できる高いスキルを持ち、確かな成果が出せる人であると言えます。

ハイキャリアと呼ばれる人は転職経験を持つ人が多く、高いスキルを活かして転職を機にステップアップを目指すことができます。

・年齢に関係なく企業の中枢で活躍している
高いスキルを活かして実績を積んでいる人は、年齢に関係なく存在します。

最近ではひと昔前のような年功序列で、若手が大きな仕事を任されにくいということは少なく、実力主義で優秀な人材にはどんどん大きな案件を任せていく企業が増えています。

特に中小企業やベンチャー企業にその傾向が強く、企業規模に関わらず実績を残すことは可能です。

・年収が高い
高いスキルを持ち、企業の中枢で活躍する人材は、どの企業も高い評価をするでしょう。
必然的に年収が高くなります。

またそれだけの実力がある人材なら転職で年収を高くすることもできます。
年収はハイキャリアのバロメーターの一つとも言えます。

◆40代でハイキャリアと言われる経歴
次にハイキャリアと言われる人の経歴を見ていきましょう。

・年収700万円以上
明確な定義はありませんが、今の自分より高い収入を得ることができなければハイキャリアとは言えません。

人によっても異なりますが、スキルや実績のある40代であれば市場価値も高く、提示される収入も一般的に見ても高めに設定される可能性があります。

30代の転職であれば600万円以上でもハイキャリアと呼べるかもしれませんが、40代となると700万円以上が目安となることが多いでしょう。

・部長職以上の管理職経験
ハイキャリアでは管理職やマネジメント経験が求められる求人が多く、ある程度のポジションを経験しなければならないと思う人も少なくありません。

しかし実際には役職ではなく、どんな内容でどんな規模の仕事をしたのかという実績が重要視されます。

役職に捉われることなく、スキルや実績に自信のある人ならハイキャリアへの転職は不可能ではありません。

・大手企業での勤務経験
企業規模に関係なく、確かな実績があればハイキャリアへの転職は可能です。

もちろん大手企業や誰もが知る有名企業への勤務経験があれば、応募の際の印象がよくなる可能性はあります。

だからといって、中小企業での経験しかないからハイキャリア人材に当てはまらないというわけではありません。

・数値化できる実績
ハイキャリア転職において最も重要視されるのは実績です。
そのため前職での実績は大きなアピールポイントになります。

職種によっては数値化することが難しい場合もありますが、客観的に実績を提示することが大切です。

またそれができる人こそ、市場価値の高いハイキャリア人材と言えるでしょう。

これらの経歴は、あくまでもハイキャリアの目安です。
ハイキャリア人材に多く見られる経歴と思っておきましょう。

40代からハイキャリアになる方法

ハイキャリアを目指す40代男性

スキルや実績がある程度整ったと言える40代は、次のステップを考えている人も多い年代です。

ここではハイキャリア転職を後押しするためのポイントをご紹介します。

◆市場価値(キャリア)を上げる
まずは、キャリアアップのためにやっておきたいことを見ていきましょう。

・自己分析
長年の経験から「自分はこんな人柄で、こんなスキルがある」ということは認識している人が多いでしょう。

しかし今一度、自分を客観的に見つめ直し、改めて自己分析することが必要です。

これまでの経歴やスキル、実績に加えて長所や短所、人柄に至るまで徹底的に棚卸してみてください。

今までとは違う視点で新たな自分を発見したり、よりうまくアピールする方法が見つかったりする可能性があります。

・キャリアプランを考える
転職してさらなるキャリアアップを検討している人なら、自分のキャリアについて考えているのではないでしょうか。

中長期の目標やそれに至るまでに必要な短期目標などをより明確にすることで、ハイキャリア転職への道が見えてくるでしょう。

・スキルアップする
自己分析やキャリアプランを明確にした後は、それを実行していくだけのスキルを磨くことです。

現在の自分のスキルに満足していては、これからのキャリアを叶えることはできません。
上位の資格取得を目指す、語学力や最新の知識など、スキルアップを目指しましょう。

もし今の会社で難しければ、独学で勉強したりスクールに通うなどしてスキルを磨いてください。

・実績を上げる
前述でも解説した通り、ハイキャリア転職には実績が重要視されます。
実績を残せば現職での昇進も目指すことができ、転職をさらに有利に進める材料にもなります。

また転職の際には希望する企業が求める実績が必要です。
企業が何を求めているのかをしっかり見極めて、実績をアピールすることができれば転職成功が近づくでしょう。

◆キャリアになる企業へ転職する
今の会社ではこれ以上のキャリアアップができないと思ったら、転職を検討し、自分のキャリアを叶えることができる企業を探すことをおすすめします。

ここではキャリアアップできる企業の特徴を見ていきましょう。

・階層ごとの研修が充実している
研修は新卒や経験の浅い社員のものだけではありません。

5年目や10年目といったベテラン社員向けから、マネジメント研修、管理職向けのものまであります。

こうした階層に合わせた研修を実施している企業なら、40代からのキャリアアップも叶う環境があります。

社内では難しい場合も、社外の研修に参加できるなどの制度があれば、長期に渡るキャリアプランも立てやすくなります。

・評価制度が明確
直属の上司が評価するという個人の主観が入りがちな評価ではなく、例えば上司はもちろん本人や同僚、後輩など360度評価を取り入れていたり、数値化された実績による評価など、誰の目にもわかりやすい透明性のある評価制度があれば、キャリアアップが目指せる環境と言えます。

ベンチャー企業では経営層との距離が近く、さまざまなことにも挑戦しやすいため成長環境がありますが、ワンマン社長の独断で評価されるといったケースもゼロではありません。

また老舗と呼ばれる企業や大手企業では、中途採用が不利になるケースもあります。

「頑張りを評価する」という曖昧なものではなく、具体的にどう評価するのかを事前に確認しておくと良いでしょう。

・実力主義
年功序列や長く勤務している人が昇格していくのではなく、完全に実力主義の企業も転職してキャリアアップができる環境です。

成果を出せばステップアップができるため、社員のモチベーションアップにもなり、お互いに切磋琢磨できるから相乗効果も生まれます。

結果的に会社全体でスキルアップの雰囲気があるため、キャリアにつながります。

中途採用でも昇格の可能性が高いため、企業規模に関わらず実力主義の企業はハイキャリア転職に向いています。

《キャリアアップにつながる習慣》
・「未来の自分」を描く習慣
一ヶ月に一度の頻度で、10年後の自分の姿を思い浮かべてみましょう。
実際に文字や図にして表現してみるのもおすすめです。

潜在意識に「理想の姿」を働きかけることで、それに近づいていく意識が強くなっていき、日々の仕事に対する意識も変化していきます。

・毎年テーマを決めて行動する
年に一度は自分の中でテーマを決めて、それに基づいて行動することで別の視点での価値観や知識が生まれます。

例えば心理学の勉強をテーマにすれば、本を読んだりセミナーに参加したりして知識を増やすことができます。

その中で自分に足りないスキルに気が付き、次の勉強にもつながっていきます。

・現場の社員の意見を尊重する
上司として社員のマネジメントは必要ですが、上から指示するだけではなく、必要な時には現場の社員の意見を尊重することも大切です。

普段から働きやすい環境を整えたり、現場からの意見を取り入れたりすることで良好な人間関係を築き、業務をスムーズに進めることができて結果につながります。

40代でハイキャリア転職を成功させるには

ハイキャリア転職への道

次に、ハイキャリアに相応しい企業への転職を成功させるコツを見ていきましょう。

◆求められるスキルをしっかりと身につけておく
・マネジメント経験
会社でも重要なプロジェクトを任され、チームのメンバーをしっかりマネジメントする経験はハイキャリア人材に求められる要素の一つです。

納期、品質などを維持してプロジェクトを進めることはもちろん、そこに関わる社員一人ひとりの性格なども把握した上で采配したり、相談に乗ったりできる能力が必要です。

そこまでマネジメントするには社員からの信頼がなければできません。
つまり社員から信頼される人柄も求められるということになります。

・業界や職種での専門的な知識やスキル
実績を築いてきた分野の高い専門知識やスキルは、ハイキャリアに欠かせません。

実際に現場で業務をするのは他の社員になりますが、知識がなければ指示したりプロジェクトを円滑に進めたり、社外の取引先企業と折衝することができません。

また業界における企業の立ち位置や最近の動向なども把握しておく必要があります。
転職者に求められるのは即戦力ですが、ハイキャリアの場合はより高いスキルが求められます。

・広い人脈
40代であれば社内はもちろん社外の人とのつながりも多くなります。
企業はこれまで自社になかった人脈も求めています。

一から人脈を作っていくことも大切ですが、一朝一夕ではなく長い期間をかけて築いた人脈を持つ人は重宝されます。

業界内はもちろん、他業界や他職種など幅広く交友があれば、人脈をアピールできるでしょう。

◆どのように貢献できるかを具体的に伝える
高いスキルを持っていても、企業にそれが伝わらなければ採用には至りません。

しかし実績と違って目に見えにくいスキルを、どう言語化すればいいのか、どう伝えれば効果的か、見ていきましょう。

・自分の強みをどう活かせるか
スキルや実績をただ伝えるだけではなく、自分の持っている強みを転職先でどのように活かすことができるかを具体的に伝えましょう。

転職先企業の事業内容に沿った活かし方や、抱えている課題を解決する対策案などを提示することで「会社にとって必要な人材」と思わせることができます。

・過去の経験を交える
アピールする際には、できるだけ過去の経験を交えて具体的に伝えるようにしましょう。

過去の事例を交えることで企業側もどんなプロジェクトを任せられるかイメージがしやすくなります。

・入社後を見据えて話す
面接では、自分が入社した後のことを見据えて話すと、やる気や熱意、会社にとってのメリットを伝えることができます。

ただのアピールに終わらず、どう収益につながるのか、さらに企業の成長にも大きく貢献できることを伝えることが重要です。

40代のハイキャリア転職を支援してくれる転職サービス

ハイキャリアの転職先を探す人

ハイキャリア転職を成功させるには、転職サービスの利用が不可欠です。
数ある転職サービスの中から自分に合うサイトを選ぶための参考にしてみてくださいね。

◆CAREERCARVER
リクルートが運営する、年収600万円以上の人材に特化したヘッドハンティングサービスです。

コンサルタントからのオファーを待つだけという受け身の転職活動で、働きながらハイキャリア転職を探したい人にはおすすめです。

所属する約600名のコンサルタントの中から、プロフィールを見て担当者を指名することができます。

年収が低いと転職先を紹介してもらえないため、注意が必要です。

◆BIZ REACH(ビズリーチ)
優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイキャリアに特化した転職エージェントです。

一般的な転職サイトと同様に、自分で求人を探して応募することもできますが、スカウトがメインのサービスです。

サイトに登録しているヘッドハンターだけではなく、企業からもオファーが届くところは大きな特徴と言えます。

無料と有料会員があり、有料会員はすべてのツールをフル活用できます。

◆iX(アイエックス)
ハイキャリア転職に特化した転職エージェントです。

優秀なヘッドハンターからのスカウトで転職活動を進めるため、急いでいる人には向いていないかもしれません。

希少性の高い求人ばかりを扱うため求人数は少なく、厳選された求人のみ紹介してもらえるためハイキャリアに絞って転職活動をする人にはおすすめです。

登録はレジュメがすべてで、面談がないため、レジュメをかなり充実させておく必要があります。

◆パソナキャリア(ハイクラス)
パソナグループが運営する、年収700万円以上に特化したハイキャリア転職サービスです。
管理職や役員クラスの求人を多く扱っており、キャリアアドバイザーが求人を紹介してくれます。

ハイキャリアに特化しているため、求人数は少なく、厳選された求人のみを紹介してもらうことができます。

アドバイザーの丁寧な対応には定評があり、一度チェックしておいて損はないサイトです。

◆JAC リクルートメント
外資系のハイキャリア転職に強い転職サービスです。

担当するコンサルタントが企業も求職者もどちらも担当するためミスマッチが起こりにくく、社内教育の徹底されているため質の高いサービスを受けることができます。

語学力を活かしてキャリアアップしたい人や、グローバル企業で働きたい人にはおすすめです。

30~50代と求職者の年齢もある程度絞り込んでいるため、市場価値の高い40代ならハイキャリア転職が叶う可能性が高くなります。

◆レバテックエキスパート
ITエンジニア・デザイナーに特化した転職エージェントです。

レバテックキャリアの中でもハイキャリアばかりを扱っており、多様なニーズに対応してくれるところに定評があります。

いきなりハイキャリアではなく段階を経てキャリアアップを目指したい人は、まずはレバテックキャリアから探すのも一つの方法です。

◆from40
40代、50代という年代に特化した転職サービスです。

掲載されている求人に応募することもできますが、登録すると企業から直接オファーが届くスカウトサービスが大きな特徴です。

登録した内容を基にスカウトが届くから、自分では思ってもみなかった企業と出会える可能性もあります。

スカウトが届いた求人は、書類選考なしで面接確約となるケースも多く、効率よく転職活動を進めることができます。

《転職サービスの活用法》
40代のハイキャリアにおすすめのサイトをご紹介しました。
最後に、転職サービスの活用法を見ておきましょう。

・複数サイトを併用する
サイトにはそれぞれ特徴があり、扱う非公開求人の数も異なります。

できればいろいろなサイトを見た上で、自分に合いそうなサイトを複数選び、登録することをおすすめします。

情報は広く多く集めておくと、自分に合う求人が選びやすくなります。
またいろいろなコンサルタントのアドバイスや意見を聞くこともできます。

・気長に転職活動を続ける
市場価値の高い人材でも、ハイキャリア求人は数が多くありません。

転職エージェントやヘッドハンティングのサービスでは、スカウトを待つ受け身のスタイルになるため、長期戦になることを覚悟しておきましょう。

急いでもいい求人が見つかるとは限りません。
現職でスキルを磨いたり実績を積んだりしながら、ハイキャリア求人が見つかるのを待ちましょう。

・働きながら転職先を探す
20代や30代での転職とは違い、3ヵ月や半年では見つからないと思っておいた方がいいでしょう。

長期的な転職活動を見込んで、働きながら転職活動をすることをおすすめします。
退職してから探すと経済的な面でも負担が大きくなり、焦りが出てしまいます。

転職サービスも、働きながら転職活動をする人に合わせて、面談や面接は平日の遅い時間や土日に行ってくれる場合もあります。

現職と並行して進めるのは忙しくなりますが、うまく転職サービスを活用すれば不可能ではありません。

・コンサルタントへの連絡はこまめにする
担当コンサルタントには、こまめに連絡し、密にコミュニケーションを取っておきましょう。

転職先への応募の前に、コンサルタントに熱意をアピールしておかなければ、いい求人を紹介してもらうことができません。

熱心な人にはいい求人を紹介したいと思うため、転職エージェントを利用する場合は、まずコンサルタントへのアプローチを大切にしてください。

まとめ

サマリーの文字を書く男性

40代からハイキャリア転職を成功させるためのポイントやおすすめの転職サービスをまとめてご紹介しました。

ハイキャリア転職を成功させるには、市場価値を高めるだけではなく、企業にどんな成長をもたらすことができるのかをいかに伝えるかが重要です。

一人でハイキャリア求人を探すことは難しいため、転職サービスをうまく活用しながら希望に合う企業を見つけてくださいね。

今回の記事を参考に、ハイキャリア転職を成功させてください。

年収

新着記事

関連する記事