40代男女にこそ介護転職がおすすめ!求人の魅力、将来性を知ろう

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

20代30代の頃に比べると、40代は転職を成功させるのが難しいと言われています。

これは、まず40代になるとポテンシャルや熱意・やる気よりも「即戦力性」が重視されるようになり、新しい分野・職種への挑戦を受け入れてもらいにくくなること。

そして40代を対象とした求人数そのものが、20代30代向けに比べ少なくなるためです。

今回はそんな状況のなかで、アラフォー以上歓迎求人に特化した転職サイトである「FROM40」が、40代からの介護職への転職について解説。

40代で介護職に転職することの意義やメリット、転職した場合に考えられるキャリアプラン、求人を探すのに適したサイトまで具体的にご紹介します。

40代での転職成功をめざすなら、介護職は有力な転職候補先となります。
ぜひ本記事の最後まで目を通して、転職先選びや転職活動の参考にしてくださいね。

目次

40代で介護職への転職!おすすめできる理由は?

介護転職をすすめる40代男性

「仕事がきつい」「給料が安い」など、介護職に対してブラックな印象を持つ人は、多いのではないでしょうか。

しかし、2010年の介護保険制度の運用開始以降の市場の高まりを受けて、政府も業界全体も介護職の待遇を上げようと動き続けています。

まだまだ地域や施設によって差はありますが、介護職の労働環境や待遇は改善されてきており、ブラックイメージは過去のものになりつつあります。

【合わせて読みたい】
もっと知ってほしい!需要が高まり続ける介護業界への転職を解説

介護職は、転職を考える40代にとって魅力ある仕事です。
ここではまず、転職検討中の40代に知っておいてほしい介護職の魅力、転職することのメリットをご紹介していきます。

◆仕事の成果を、利用者の様子から実感しやすい
介護職は社会福祉の仕組みのなかに入って、高齢者がより自立した、満足した生活を送れるようサポートをする仕事です。

具体的には、家事の代行や身支度のお手伝い、移動や食事・排泄・入浴時の身体介助などが挙げられますが、いずれも個々人に合わせ作成されたケアプランに沿って行います。

一番近くで高齢者に接し、直接きめ細かい支援をするのが、現場の介護職です。

介護職の仕事の成果は、そのまま「できることが増えて自立度が上がる」「生活が充実して笑顔が増える」など、うれしい変化として高齢者に現れます。

このように仕事の成果、やりがいを実感しやすいのは、介護職の大きな魅力でしょう。

◆利用者と家族から、感謝の言葉を直接もらえる
介護職は日々、施設や事業所、利用者宅で高齢者とその家族に直接接します。

いわばお客様である利用者とその家族との距離が近い分、大変なことがあるのも事実ですが、その分、感謝やねぎらいの言葉も直接受け取ることができます。

自分の仕事に対し、心から「ありがとう」と言ってもらえる喜びは、品物ではなく人間相手の福祉サービスを提供する仕事だからこそ、味わえるものかもしれません。

◆将来必要になるかもしれない、介護スキルが身につく
40代ともなると、その親は60~80代の高齢者。このため40代の転職は、将来的な親の介護問題にも備えながら、進めていく必要があります。

仕事として介護を経験しておけば、実際に家族に介護が必要になったとき、冷静に状況に合わせた対処や必要な手続きを進められるでしょう。

介護職に転職して介護の経験を積んでおくことは、40代の実生活にプラスをもたらす可能性が高いと言えます。

◆40代からの挑戦でも、十分キャリアアップが見込める
少子高齢化による市場拡大に伴い、介護業界では常に人手不足が叫ばれています。

このため、多くの介護施設・事業所では年齢や過去の経験にかかわらず、積極的に人材を採用し育成するための仕組みが構築されています。

即戦力性が重視され、挑戦やキャリアアップが難しくなる40代転職において、着実なキャリアアップが見込める転職先は魅力的だと言わざるを得ません。

40代で介護職転職すると、どんなキャリアプランがある?

40代 介護転職後のキャリアプラン

ここからは、前項でも少し触れた介護職のキャリアアップについて、40代で転職した場合を想定して具体的に考えてみましょう。

40代で介護職に転職する場合、以下のようなキャリアプランの選択肢が考えられます。

◆STEP1:初任者研修、実務者研修を修了し資格保有者になる
何はともあれ、まずは介護職員初任者研修、または介護福祉士実務者研修を修了して、介護の基礎知識を有する資格保持者になりましょう。

「介護職員初任者研修」とは ・介護職として働いていくための、いわば入門資格
・介護職として働くうえで必要な基本的な知識、技術を研修で習得する
・旧ホームヘルパー2級に相当する資格
「介護福祉士実務者研修」とは ・初任者研修の上位資格で、より実践的な介護知識や技術を習得する
・修了すれば、たんの吸引など一部の医療行為も行えるようになる
・国家資格である介護福祉士資格の受験に、修了が必要


介護職では、資格の有無が給与や利用者、上司・同僚からの信頼度に大きく影響します。

40代から介護職に挑戦するなら、とにかく手の届くものから資格を取っていきましょう。

ちなみに、初任者研修も実務者研修も受験資格はありません。
どちらからでも受講できますが、介護の知識や実務経験がない状態から修了をめざすのであれば、初任者研修から実務者研修の順に受けた方がスムーズです。

【合わせて読みたい】
40代で転職を成功させるなら、とっておきたい介護職員初任者研修
介護の専門知識を学べる!転職したい実務者研修の魅力

◆STEP2:介護福祉士資格を取得し、介護現場のプロフェッショナルになる
介護現場での実務経験を3年以上積み、かつ、実務者研修を修了した人は、介護業界唯一の国家資格「介護福祉士」を取得する権利を得ます。

「介護福祉士」とは ・介護現場のプロフェッショナルとして、高齢者とその家族に寄り添う
・利用者だけでなく、共に働く介護職員を教育・指導・管理する
・より上位の介護系資格(一部)を取るための、受験資格して必要


【合わせて読みたい】
40代50代で専門職の介護福祉士へ!転職に役立つ求人サイト8選
介護福祉士・ホームヘルパーへの転職!利用すべき求人サイト10選

今後のキャリアプランにかかわらず、介護現場での経験を3年以上積んだら、介護福祉士資格を取得しておきましょう。

どのようなキャリアを歩むにせよ、介護業界で働く40代をきっと助けてくれるはずです。

ここまでにかかった期間は最短で3年。40代になってから介護職に転職しても、50歳までにはたどり着けそうですね。

さて、この後のキャリアは本人がどのようなキャリアパスを望むかにより変わってきます。
考えられる将来像を、A・B・Cの3つのパターンに分けて、紹介していきますね。

◆STEP3-A:これまで取得した経験と資格を活かし、施設内で昇進をめざす
勤務先が働きやすく気に入っている、または、ずっと介護の現場で働き続けたい場合には、施設内でマネジメント職への昇進・昇給をめざす道が考えられます。

まずは主任やリーダーなど、現場で他の職員を監督する立場をめざし、その後は介護長や施設長、事業所長などへの昇進に向け頑張ってみましょう。

昇進すると勤続年数と資格への手当に加え、役職手当も出るようになるので、30万円前後までの給与アップが見込めるでしょう。

【合わせて読みたい】
東京・大阪・福岡・名古屋…地域ごとの介護給与の違いを検証!

◆STEP3-B:現場の外から介護業界に貢献する、各種専門家をめざす
介護現場ではなく、現場の外から介護職員と高齢者・家族を支えていきたいなら、訪問介護事業所のサービス責任者やケアマネージャー、生活相談員などをめざしましょう。

「サービス提供責任者」とは ・通称「サ責」、訪問介護事業所においてすべての監督・責任を負う立場
・ホームヘルパーの指導や管理、教育、利用者間とのトラブル対処などを行う
「ケアマネージャー」とは ・介護職が高齢者に介護サービスを提供するための、ケアプラン作成を担当
・介護の現場はもちろん、介護にまつわる保険制度や法律まで知り尽くす
「生活相談員」とは ・実際に高齢者が施設に入居するまでに相談援助、指導業務を行う立場
・介護職だけでなく、ケアマネや高齢者・家族とも密に接し連携を取る


【合わせて読みたい】
40代未経験でケアマネージャーに転職!資格取得や求人の探し方を解説
40代未経験から福祉の仕事に転職するには?必要な資格&求人の探し方

いずれの道を選んでも資格が必要ですし、まず資格試験を受けるための受験資格を満たす必要もあります。

資格を取得し、再び転職したり事業所を起こしたりするには、時間もお金もかかります。

自分が今後、どのようなかたちで介護にかかわっていきたいのか。よく考えてキャリアプランを立て、逆算して準備を進めてくださいね。

◆STEP3-C:医療系国家資格を取得し、介護現場での貢献をめざす
介護に加え、看護師や作業療法士、理学療法士などの医療系資格を取得し、自分がかかわれる介護療育を増やして医療・福祉への専門性を高める道です。

看護師資格があれば、介護系の資格だけではできなかった医療処置ができるようになり、現場でジレンマやストレスを感じることが減るでしょう。

また作業療法士、理学療法士の資格があれば、心身に障がいや不自由を持つ高齢者の回復に貢献できます。

いずれも「介護職を経験した医療者」という視点を強みに活躍できますが、いったん退職して学校に通い、数年間勉強したうえで国家試験に合格しなければなれません。

これまでに紹介したキャリアプランのなかで、最もお金と時間のかかる道です。

それでも志があり、決意が固いなら、退職と進学を検討してください。やり遂げられれば、努力に見合った報酬と周囲からの信頼を勝ち取れるでしょう。

実は有利、40代で介護職への転職

介護現場で活躍する40代女性

20代や30代、また50代に比べ、介護業界への転職は40代が有利と言われています。

ここからは、改めて介護業界の仕事を解説するとともに、40代が介護の仕事に転職しやすいとされる理由を解説します。

◆介護の仕事って、具体的にどんなことをするの?
介護の仕事は、主に以下3つに分類できます。

《現場で活躍する介護職》
生活援助や身体介助を行う職員や、彼らを支える介護助手・介護補助、また現場を管理する主任や施設庁など、マネジメント職の人たちがこれに該当します。

高齢者に介護サービスを提供する介護職員には、施設等に入居・通所する人を相手にする施設職員と、高齢者の自宅に赴き介護サービスを提供するホームヘルパーがいます。

施設職員もホームヘルパーも、高齢者の体に直接触れて介護サービスを提供する場合は、初任者研修以上の介護系資格を持っていなければなりません。

このため、未経験・無資格の状態から介護の現場に入る場合は、まず介護助手・介護補助として、施設職員やホームヘルパーについて補佐をすることになります。

《介護施設・事業所を支えるバックオフィス》
高齢者を迎え入れる介護施設・事業所は、介護職員だけではまわせません。
組織としての施設・事業所をの経営を、事務面からサポートしてくれるスタッフも必要です。

このため介護関係の職種として、一般的な経理や事務の知識と合わせ、介護保険制度の知識を持った「介護事務」「ケアクラーク」と呼ばれるものがあります。

《現場の外から、介護をサポートする支援員》
先述の生活相談員やケアマネージャーなど、介護の現場を知ったうえで、さらに介護にまつわる保険や法律の知識を身に着け、介護のサポートをする人たちです。

生活相談員は介護施設・事業所に勤務し、介護を必要とする高齢者とその家族に寄り添い、不安点の相談に乗ったり、入所・対処にかかわる手続きを手伝います。

ケアマネージャーは、介護を必要とする高齢者と家族の相談を受けて、その方に応じたケアプランを作成し、適した介護サービスを受けられるよう手配をします。

◆40代の介護業界への転職が、有利とされる理由は?
ここからは、未経験からでも挑戦できる介護職に転職すると仮定して、40代転職が有利とされる理由を説明していきます。

《年齢ゆえの人生経験を活かすことができるから》
大学卒業をする22歳から計算しても、40代は、社会人としてのキャリア20年以上を誇るベテランです。

過去にどんな仕事をしていても、経験からある程度は職場での人間関係の築き方を心得ているでしょうし、若い人よりマナーも忍耐力も身についていますよね。

常に人間を相手にし、同僚とチームワークを持って働く必要のある介護職では、年齢とともに培った人生と仕事の経験を活かすことができます。

つまり、年齢分の社会人経験があるという事実だけで、40代は介護業界にとって即戦力性の高い人材になり得るというわけです。

接客業の経験がある人は、そのまま対人スキルを介護サービスの提供に活かせますし、管理職経験に介護の実務経験をプラスすれば、早期に昇進できる可能性も出てくるでしょう。

《働き方が選びやすく、時間の融通を利かせやすいから》
介護職の雇用形態には、正社員など正規職員と、パートや派遣など非正規職員があります。

また施設の運営方針により、働く時間も選ぶことができます。
デイサービスやホームヘルパーなら日中のみ数時間の勤務が多いですし、24時間対応の施設から、夜勤を求められることも少なくありません。

短時間での勤務や、昼または夜の勤務時間帯も選べるということは、それだけ働く時間帯や時間数も調整しやすいということ。

時間の融通が利きやすいのは、育児や介護、私生活との両立を第一に職業を選びたい40代には、嬉しいポイントですよね。

《同年代が多く、長く働き続けることも見込めるから》
20代30代に比べて落ち着きがあり、50代以上に比べまだまだ体力のある40代は、介護施設・事業所側にとってメリットの多い人材です。

一方で40代求職者側にとっても、未経験・無資格OK、短時間からでも気軽に就業できる可能性が高く、キャリアアップも見込める介護職はおいしい仕事と言えます。

このため、実際に介護現場で働く人には40代がかなり多いのです。

公益財団法人 介護労働安定センター発表の「平成28年度 介護労働実態調査結果」でも、訪問介護員・介護職員の平均年齢は40代でした。

しかも資格を取り、計画的にキャリアを積んでいけば、50代になっても60代になっても、業務内容に体がついていける限りは続けられます。

このように同年代が多く働き、長く続けられると見込める点も、40代が介護業界への転職に有利だとされる理由のひとつでしょう。

40代の介護職探し、おすすめの求人サイトは?

介護の求人を探す40代男女

将来的な転職とキャリアアップのプランが見えてきたら、具体的な求人探しを始めましょう。

以下に、40代または介護求人に強い転職・求人サイトを計10社、そえぞれの特徴と一緒にご紹介します。

自分に合いそうなところを3つ以上選んで、登録・利用してくださいね。

◆FROM40
30代後半~40代、アラフォー以上の求人に特化したサイト。

パートや派遣など、時間の融通の利きやすい非正規雇用を中心に、介護職の求人も多数取り扱っています。

【合わせて読みたい】
全国16,000件以上!40代歓迎の介護・福祉系求人はコチラ!

◆カイゴジン
介護関係の求人に特化し、介護にまつわる用語解説や、介護テクニックなどのコラムも公開しているサイト。

正規・非正規職員ともに、幅広い介護系職種の募集を行っています。

◆介護ワーク
正社員、または正社員雇用を前提とした派遣雇用をする紹介予定派遣など、条件の良い介護系求人を保有するサイト。

特に介護業界での正社員への転職に強いですが、転職エージェントを利用すれば、アドバイザーが幅広い条件の求人から、あなたに合うものを紹介してくれます。

◆きらケア
首都圏、大阪、愛知などの大都市圏の案件を中心に、介護求人を取り揃えているサイト。

介護施設・事業所への派遣事業も手掛けているため、実際の労働環境など、求人にまつわる情報が豊富。転職時に起こる、求職者と施設側のミスマッチを防ぐ工夫をしています。

◆スマイルSUPPORT介護
関東、関西、東海の都市圏エリアの介護求人に強いサイト。

対応エリアは限られていますが、保有する求人数は豊富。希望者は、ケアマネや介護職として働いていたキャリアコンサルタントによる転職サポートも受けられます。

◆マイナビ介護職
転職業界の大手企業が、介護系求人に特化して運営しているサイト。

定着率の低い施設や、ブラックと疑われる施設・事業所の求人を扱わない方針をかかげているのが特徴です。

全体の40%にもなる非公開求人は、キャリアアドバイザーによる無料転職サポートを受けることで、紹介してもらえます。

◆かいご畑
関東、関西、九州の介護系求人に特化したサイト。

介護の実務経験ナシ、無資格OKの介護業界の求人を多数扱っているのが特徴です。
サイト運営母体の派遣スタッフとして働けば、介護系資格を取得するための受講料の援助も受けられますよ。

◆介護求人ナビ
全国の介護系求人を、最寄り駅や職種、資格などの条件から絞り込めるサイト。

自身で求人検索をする以外にも、採用者からのスカウトを受けられるサービスもあります。
コンサルタントが付くような転職支援サービスはありませんが、基本的には自分のペースで転職活動をして、事業者からの声掛けを待ちたい人におすすめです。

◆カイゴジョブ
「求職者のイキイキに貢献する」ことをポリシーに、介護系求人を掲載しているサイト。

自身での求人検索も、サイト側からの求人紹介も受けられます。求人紹介の際にも、ポリシーに沿って求職者目線に立った情報開示をしてくれるのが特徴です。

◆しろくま介護ナビ
全国の求人を、非公開で扱っているサイト。求人を閲覧して応募するには、登録してコーディネーターからの紹介を受けなければなりません。

さまざまな雇用形態・職種の介護系求人を扱っており、コーディネーターが実際に施設に足を運び、「ホワイトだ」と判断した事業所の求人しか扱わないことを明言しています。

【合わせて読みたい】
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?
《スカウト&エージェント》2大転職サービスの賢い利用法とは?

40代の強みを活かし、介護職への転職を成功へ

介護転職に向けて動き出した40代

年齢相応の落ち着きや経験があり、まだまだ体力もある40代は、他の年代に比べ介護業界からの需要が高い年代です。

40代求職者にとっても、未経験・無資格・短時間からでも始められて、将来的なキャリアプランも立てやすい介護職は、魅力的な転職先だと言えます。

40代から新しいことに挑戦したい、年齢とともに培ってきた人生経験を活かせる仕事がしたい、人間同士で深くコミュニケーションを取れる仕事がしたい…。

転職に際し上記のような希望を持っている40代には、介護職はおすすめの仕事です。

40代という年齢を活かし、設定したキャリアプランに沿って介護業界での経験を積んでいけるよう、計画的に転職活動を進めてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事