未経験の40代女性への需要大!ヘルパーなど介護職への転職とは?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

年齢とともにコミュニケーション能力を培い、特有の人当たりの良さを持つようになる40代女性への需要が高い仕事の1つとして、介護職があります。

でも「介護職」とだけ聞いても、具体的にどんな職種・仕事内容のことを指しているのか、未経験の人にはわかりにくいですよね。

そこで今回は、業界未経験の40代女性向けの介護求人も数多く扱う私たち「FROM40」が、介護職についてわかりやすく解説していきます。

仕事内容や仕事の魅力、必要とされるスキルや考え方、向いている人の特徴と転職事例もご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

40代の業界未経験女性でもわかる、介護職のお仕事解説

介護職の女性 イメージ

「介護職」という言葉が表す意味は幅広く、単に「介護業界で働く人」全般を示す場合もあれば、いわゆる「介護施設でお世話をする人」のみを表す場合もあります。

ここではまず、介護職のお仕事内容について、いろいろな角度から理解していきましょう。

◆介護職の基本的な仕事内容
高齢や病気のために自力でできることが限られ、日常生活にサポートを必要とする人に対し、その人にあわせた内容の介護サービスを提供します。

具体的には、以下のようなお世話を「介護」として被介護者に提供します。

・起床や就寝の準備、着替え、排泄やおむつ交換、洗顔、入浴などの介助
・被介護者の状態にあわせた内容の食事の準備や、食事中の介助
・被介護者の下着や衣服の洗濯や、ベッドや部屋の清掃
・免疫を高め感染症を予防するための歯磨きや痰の吸引など、口腔のケア
・身体や脳機能の向上に役立つ手遊びや歌など、レクリエーションの提供
・ベッドから車いすへの乗り移り、または病院への搬送など移動のお手伝い
・通院している病院での、受付や支払い、薬の受け取りなどの補助 など



基本的には、被介護者が日常生活を快適に送れるよう身の回りのお世話をメインに行いますが、自立支援の概念も重要視されます。

介護職における自立支援の概念とは、被介護者本人ができるだけ自立して長く自身のことを行えるよう、介護を提供していこうという考え方です。

介護と聞くと「高齢者のお世話をすべてしてあげる仕事」というイメージが強いですが、自立支援の概念も大切にされていることも、覚えておいてください。

◆働き方と勤務先で変わる、介護職の仕事内容
ひとくちに介護職と言っても、その働き方や勤務先にはさまざまな選択肢があります。

勤務先としては、主に介護施設に出勤して施設を利用する高齢者に向けてサービスを提供する施設職員と、被介護者の自宅に出向く訪問介護員が選択できます。

《施設職員として介護職に携わる場合の、勤務先と働き方》
勤務先としては、以下のような選択肢が考えられます。

特別養護老人ホーム 入居する高齢者に対し、24時間体制で日々のお世話を行う施設。
特養(とくよう)とも呼ばれる。業務には要介護度にあわせた健康管理も含まれる。
老人保健施設 状態が安定した65歳以上に対し、リハビリテーションを中心とした医療・介護を提供する。
ほとんどの場合、利用者が居住することを前提としている。
養護老人ホーム 家族と過ごすことが困難と反出された65歳以上が居住できる、老人福祉施設。
軽費老人ホーム 居住型の介護施設だが、特養などに比べ安価で入居できる。
利用者の状態にあわせ、彼らが不自由なく暮らせるレベルの介護が提供される。
グループホーム 入居者を数人単位のグループに分けて、入居者同士の支え合いを促しながら、家庭的な雰囲気の介護と暮らしを提供する施設。
有料老人ホーム 主に民間企業や医療法人が運営する、入居型介護施設。施設によって提供している介護サービスには、バラツキが出ることも多い。
サービス付き高齢者向け住宅 入居者にあわせた介護や医療的なサポートが受けられる、高齢者向け賃貸住宅。
老人短期入所施設 基本的には自宅で暮らしているが、諸事情から一時的に入所できる介護サービス付きのホテルのような施設。
デイサービスセンター 保育園のように、日中など限られた時間だけ利用者が訪れ、入浴・排泄・食事の介助やリハビリ、レクリエーションなどを提供する施設。


施設職員として介護職に就く場合、特養や養護老人ホームなど入居を前提とした施設では、夜勤を含む24時間交代制のシフト勤務となります。

夜勤に応じると手当が発生するため、高収入をめざせる可能性も高いですが、少人数で利用者のケアに当たらなければならないため、身体的負担は大きくなります。

時間や身体的な負担を少なくしつつ、施設職員として介護に携わりたい場合は、日中のみ稼働しているデイサービスセンターなどが良いでしょう。

【合わせて読みたい】
もっと知ってほしい!需要が高まり続ける介護業界への転職を解説

《訪問介護員として介護職に携わる場合の、勤務先と働き方》
訪問介護員として介護職に就く場合は、被介護者の自宅を訪れてサービスを提供するホームヘルパーなどとして、働くことになります。

勤務先としては、以下のような選択肢が考えられます。

・訪問介護事業所
・デイサービスセンター(通所型でなく自宅に伺うタイプの事業所)
・訪問入浴サービスセンター


上記のうち、ホームヘルパーとして自宅で被介護者の身の回りのお世話をするのは訪問介護事業所と、デイサービスセンターのみになります。

訪問入浴センターは、被介護者の入浴とそれに伴う着替えなどの準備のみに特化したサービスなので、原則として入浴以外の介助はおこないません。

働き方としては、施設職員に比べて特定の時間帯・時間数のみ拘束されるケースが多いので、収入は少なく時間の自由度は高くなりやすい傾向があります。

◆特定の資格の有無によっても、介護職の仕事内容は変わってくる
施設職員か訪問介護員かにかかわらず、介護保険制度上は、特に資格を持っていなくても介護職に就くことは可能です。

ただし、実務経験の年数や介護系資格の有無、またどの程度の資格を有しているかによって、行える仕事内容には差が出てきます。

【合わせて読みたい】
40代で転職を成功させるなら、とっておきたい介護職員初任者研修

転職検討中の40代女性にとっての、介護職の「いいところ」

介護職としていきいきと働く女性

介護業界が、きつい・汚い・給料が安いの「3K」の条件をすべて満たし、一般的に「ブラックな業界」と認識され続けてきたことは事実です。

しかし実際には、未経験から40代で転職した女性たちのなかにも、介護職として働くことに喜びややりがいを感じている人たちがたくさんいるのです。

ここからは、転職検討中なら知っておきたいいいところ、「介護職のやりがいや魅力」について、ご紹介します。

◆介護職に40代女性が見出せるであろう「やりがい」
《お世話をするだけ、じゃないところ!》
介護には、前述したような「自立支援」の理念と、利用者とその家族の価値観に基づいて介護サービスを選択できる「利用者本位」という考え方があります。

介護職にさまざまな勤め先や働き方の選択肢があり、また施設や事業所ごとに特色を打ち出しているのは、利用者本位の考え方に基づくものです。

利用者の要介護度にあわせ、身の回りのお世話をすることは介護職の大切な仕事ですが、担当する高齢者の希望によって求められる役割が変わるところも、魅力と言えます。

【合わせて読みたい】
40代の未経験者でも、介護の専門知識を学べる!介護職員実務者研修の魅力

《利用者の一番近くで寄り添い、サポートできるところ!》
介護職は、年齢や病気から不便さを抱える被介護者とその家族を、ときに医師や看護師よりも近い立ち位置で支える仕事です。

被介護者と家族の希望に寄り添って相談相手となり、彼らにあった介護サービスを提案することも可能です。

介護職の仕事内容は、被介護者との関係性によっても変化していきます。

単に作業としてお世話の仕事をこなすのではなく、人間同士として接して信頼関係を築き、仕事内容を変えていくことができるのは、介護職の大きな楽しみと言えるでしょう。

《利用者とその家族の人生を、一緒に歩めるところ!》
介護職は、利用者の人生の一部や終末期を家族と一緒に過ごす、ある意味で特別な存在です。

人生の大先輩である高齢者とそのご家族と、近しい介護職の立場で、終末期に向けて人生を共に過ごすという経験は、なかなかできるものではありません。

介護職の仕事を通して、40代女性が学べることは非常に多いでしょう。

《仕事を通して、多様な価値観を学べるところ!》
利用者本位の理念を大切にする介護職で働くことで、利用者やその家族の希望・選択する介護の内容から、さまざまな価値観を見ることができます。

そのなかには、自分の人生に活かしたいと思える価値観も、あるかもしれませんよ。

◆40代女性が介護職に転職することの「魅力」
《希望により、さまざまな働き方や勤務時間が選べるところ》
先に述べたように、介護職にはさまざまな勤務先・働き方の選択肢があります。

このため、育児や介護など、さまざまな事情を抱えた40代の女性であっても、自分の都合に合わせて働く時間帯や時間数、雇用形態などを決められます。

実は介護職は、女性にとって働きやすい代表的な職種であると言えるのです。

《経験や資格があれば、介護業界での再就職に困らなくなるところ》
全国的な少子高齢化に伴い、近年では日本のどの都道府県においても、介護関係の施設や事業所から、介護職の求人が出ています。

このため、一度介護の実務経験を積んでおけば、年齢・性別にかかわらず即戦力とみなされ、どこに行っても介護職として復職することができます。

さらに、実務経験に加えて以下いずれかの資格を持っていれば、介護職として積極採用される可能性はさらに高まります。

・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士


【合わせて読みたい】
40代で転職するなら「人のためになる」国家資格・介護福祉士を目指そう!

介護職への転職は、パートナーの転勤や他地方にU・Iターンする可能性のある40代女性に役立つ、魅力的な選択肢なのです。

求められるスキルは?介護職に向いている40代女性の特徴

介護職への適性を持つ40代女性

ここまでは「介護職とはどのようなものか」「介護職に就くことのメリットは何か」という点に重きを置いて、ご説明してきました。

ここからは、介護職への適性となるスキルをもとに考える、介護業界への転職で活躍できる40代女性の特徴について、ご紹介していきます。

◆被介護者と家族と出来事を共有できる、共感力の高い人
介護職には、被介護者や家族のさみしさや孤独感、悩みなどに寄り添い、最も身近な他人として相談相手やアドバイスを送る立場となることも期待されます。

このため、介護という仕事を通して高齢者とその家族と一緒に過ごす時間を楽しみ、喜びや悲しみを分かち合える人が向いていると言えます。

◆これまでの生活で、さまざまな人生経験を積んできた人
人間は年齢を重ねる中で、良い人にも悪い人にも、好ましい人にも苦手な人にも、さまざまなタイプの人に出会います。

たくさんの出会いのなかで、相性や好みだけでなく相手と自分の関係性や立場に配慮した対応ができるよう、少しずつ成長していくものですよね。

このため、年齢とともに多様な人生経験を積み、柔軟なコミュニケーション能力をはぐくんできた40代女性は、若い世代にはない介護職への適性があると言えます。

◆社会人として、臨機応変な気遣いの方法を学んできた人
20年前後にわたり経験を積んできたベテラン社会人である40代女性は、若い世代が習得していない人間観察力や、臨機応変な対応力を身に着けている場合も多いです。

他人のちょっとした言動やしぐさ、表情などの変化から、20~30代の若年女性ではなかなか気が付けないようなところまで配慮できる、という人も少なくありません。

高齢者やその家族は、日々の生活への不便さからなかなか言えない悩みを抱えるケースも多いと言います。

人の変化に敏感で、細かいところまで気遣いできる40代女性なら、介護職は活躍しやすい職種と言えるでしょう。

【合わせて読みたい】
40代女性が自分らしく、幸せなキャリアを築くための考え方とは
40代女性にピッタリの求人が見つかる!おすすめ転職サイト10選

◆子育てや介護の経験がある人
これまでの人生で子育てを経験したことのある女性は、自らの経験から、介護の基本的な理念である「自立支援」を体得していることが多いです。

同様に過去、または現在進行形で介護を経験している人も、自分の経験から被介護者や家族の考え・希望に、寄り添いやすい状態になっているはずです。

人を慈しみサポートする、そのための行動や心遣いのコツを経験から学んでいる40代女性は、介護職の現場で非常に重宝される存在になれますよ。

◆奉仕や福祉の精神を持てる人
誰かのために動くことが苦痛にならない、他人のために頑張れるという感覚は、介護職を続けるにはやはり欠かせません。

このような奉仕や福祉に対する考え方は、経験から得られる場合もありますが、生まれ持っての本人の性格によるところも大きくなります。

昔から人のために動くのが好き、という方には、介護職は向いていると言えます。

《奉仕の心や共感だけでなく、冷静に判断する力も必要》
ここまで、介護職には他社のために共感・奉仕・サポートできる優しい性格で、子育てや介護経験のある40代女性に、介護職への適性があるとご紹介してきました。

しかし、介護職では利用者に感情移入し過ぎない冷静な心や、できることとできないこと、甘やかしてはいけないことを断るための判断力も必須です。

人の人生に寄り添うからこそ、冷静な心と判断力も欠かせないことは、覚えておきましょう。


◆医療や介護の業界に、興味を持っている人
介護職のなかには、ある程度な医療的な知識を持って、医師と連携しながら被介護者の健康を管理したり、痰を吸引する作業が含まれるものもあります。

このため、過去に医師や看護師など医療関係職を志した経験のある人なら、介護職に転職し活躍するための勉強が捗りやすい、という利点はあるでしょう。

また、直接サービスを提供する立場ではなくても、製薬会社や医療や介護の現場で使う器具の取り扱い会社など、近しい分野の経験者にも適性があると言えます。

◆介護は、40代女性人材への需要が高い業界!
ここまでに見てきた介護職に適性のある人の特徴は、多くの40代女性に共通するものではないでしょうか。

このように、高いコミュニケーション能力と柔軟で臨機応変な対応ができる40代女性は、介護業界から必要とされている、需要高い人材なのです。

介護職では、社会人としての経験だけでなく、その女性が経験してきた結婚・出産・育児・介護などのすべてが、仕事の糧となります。

そう考えると、介護職は40代女性がいきいきと働ける環境だと言えるでしょう。

【合わせて読みたい】
東京・大阪・福岡・名古屋…地域ごとの介護給与の違いを検証!
40代既婚女性の転職はできる?乗り越えるべき3つの壁と対策とは

実録!未経験の40代女性の介護職への転職成功事例

40代女性の介護職への転職成功事例 イメージ

介護職に挑戦しようという気持ちは、沸いてきましたか?

ここからは、実務未経験の状態から40代女性が介護職への転職成功をより具体的にイメージできるように、転職成功事例を2つご紹介していきます。

ぜひ、あなたの介護職への転職成功のために、参考にしてくださいね。

◆スーパーのパートから介護職に転職したAさんの場合
《転職を考えるようになったきっかけ、志望動機》
これまではずっと接客の仕事をしてきて、結婚後はスーパーで長くパート勤務を経験。

そのなかで、1人で来店する高齢者を見る機会が多くなり、そのたびに「この人のためにできること、手伝えることはないか」と考えている自分に気づく。

それならばと、思い切って未経験だった介護職への転職を40代で決断。

《転職後、介護職としてのAさん》
特に介護関係の資格などもありませんでしたが、パートとして介護施設職員に転職。

接客業をしていた経験が活き、柔らかな口調とにこやかな笑顔で対応するAさんは、利用者から「優しい」「感じが良い」「話しやすい」と、すぐに慕われるように。

介護の分野では知識や技術不足はあったものの、先輩から積極的に教わる他、自分にできるレクリエーションや買い物・外出のお手伝いでカバー。

また趣味である料理の経験から、栄養士に積極的に自らや利用者の意見を伝えて、食事内容を改善していくという改革もするように変化していった。

《未経験者だったAさんが、介護職で活かせたこと》
・接客で培ってきた笑顔や、臨機応変で柔らかな対応能力
・スーパー店員の経験から痛感していた、高齢者の買い物の難しさへの視点
・主婦として趣味で培ってきた、料理の知識や技術


◆イラストレーターから介護職に転職したBさんの場合
《転職を考えるようになったきっかけ、志望動機》
会社勤務を経て、30代後半からフリーのイラストレーターとして働いていたBさんは、40代になる頃に将来の仕事について悩むように。

そのなかで「世の中から、長期的に必要とされる仕事」「なくならない仕事」を考え、40代で未経験だった介護職への転職を決意する。

《転職後、介護職としてのBさん》
転職当初は、排せつや入浴の介助のために利用者に直接触れる、という業務内容に戸惑いを感じていたが、先輩のサポートと独学で少しずつ慣れていった。

利用者とのコミュニケーションは、フリーランスとして売り込みをしていた経験が活き、利用者から「話しやすい人」と高評価をしてもらえるように。

年に何度かあるイベントのときには、前職の経験を活かして看板などにさまざまな絵を描き、同僚や利用者から「すごい」「とてもきれい」と喜んでもらえた。

利用者のなかに精神疾患をもつ人がいたときには、自身の家族にうつ病患者がいた経験から、相手が望む言葉や対応を考え、適切に対処。

さらに自分だけでなく、利用者や同僚に向けても精神疾患や疾患を持つ人への対処法について、積極的に情報を開示してくれた。

経験年数が長くなってくると、実務者研修や介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格も取得して、年収も役職もアップすることができた。

《未経験者だったBさんが、介護職で活かせたこと》
・イラストレーターだった頃に培った、画力やアートの感覚
・フリーランスとして働いていたことによる、高いコミュニケーション能力と向上心
・自身がうつ病患者を看病した経験からくる、精神疾患への知識


40代50代にもおすすめ!全国で20000件以上を誇る介護業界の求人はこちらでチェック

40代女性は歓迎される!介護職への転職に挑戦してみては?

介護職に挑戦した40代女性

いかがでしたか?
介護職は、人をサポートすることが苦にならず、寄り添える気持ちがある40代の女性には、おすすめの転職先です。

無資格でも転職して職種に挑戦することが可能なので、介護職に興味があり、自分に適性があると感じるなら、一度挑戦してみるのも良いでしょう。

この記事を参考に、未経験40代からの女性の介護職転職への疑問を解消し、あなたが転職を成功させられるよう祈っています。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new

関連する記事