1日の流れも紹介!40代が知っておくべき特許事務の仕事を解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>管理部向け求人多数アリ。丁寧なサポートで目指す仕事への転職成功を!

人事、経理、財務、総務職など管理部への転職を目指す方にオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、管理部人材を求める多くの求人からあなたに最適な求人を厳選して紹介。提出書類の添削から円満退社のためのアドバイスまで、充実のサポートも魅力です。
安心・安全の遠隔サポートもうれしいですね。転職が初めての方や忙しい方にもピッタリな「転職のプロ」による無料サポートを希望する方は、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

事務としてのスキルの高さを活かし、法律的な専門知識を身に着けられる「特許事務」という仕事を知っていますか?

今回は、事務職のなかでも専門性の高い特許事務について、その仕事内容や年収、1日の仕事から考えるやりがいと大変さまで、仕事の魅力をたっぷりご紹介します。

あわせて、特許事務の仕事に向いている人の特徴も解説しているので、ぜひ最後まで読んで、特許事務への理解を深めてくださいね。

・たった5分で特許事務への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

専門性が高い、特許事務ってどんな仕事?

特許事務の仕事をする女性

まずは、特許事務というお仕事そのものについて、ご紹介していきます。

◆特許事務の種類&仕事内容
特許・意匠・商標の出願と申請などを専門に行う弁理士のサポートをメインに、これらの手続きに必要な、以下のような事務作業全般を担当するのが仕事です。

なお、特許事務は顧客や出願先の国籍によって、以下の3種類に大別されます。

国内特許事務 日本の顧客からの依頼を受け、日本語で日本での特許取得のため手続きを行う。
海外特許事務 海外顧客からの依頼を受け、日本語で日本での特許取得のための手続きを行う。
内外特許事務 日本の顧客からの依頼を受け、英語などで海外での特許取得のため手続きを行う。


顧客や出願先の国籍や言語、勤務先によって細かい仕事内容は異なりますが、どの特許事務も共通して、以下のような業務を行っています。

《特許事務の具体的な仕事内容の例》
・特許・意匠・商標の出願や申請に必要な書類の作成
・顧客や各特許庁とのメールや電話でのやり取り
・期限通りに特許取得できるよう、各方面とのスケジュール調整  など

◆特許事務の勤務先
特許事務の仕事の募集が行われている企業・機関としては、以下のようなものがあります。

弁理士事務所、特許事務所、企業の知的財産管理部、法務部  など



◆特許事務のお仕事、平均年収の目安
会社の規定や個人の能力によっても変わりますが、平均は250~500万円程度とされています。
ただし、外国が堪能、特許事務としてのキャリアが豊富などという人であれば、年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。

【あわせて読みたい】
40代で特許事務へ転職!成功のために知っておくべきポイントとは

1日の仕事から探る!特許事務のやりがい&大変さ

特許事務のタイムスケジュール

仕事内容がわかったところで、次は、特許事務の仕事をするうえでのやりがいと大変さを、1日の仕事の流れから探っていきましょう。

◆一般的な特許事務の1日の仕事の流れ

《出勤~お昼休みまで》
・メールや郵便物をチェックし、必要があれば連絡対応する
・本日、または近日期限の案件の状況確認
・打ち合わせ、書類の作成・チェック
・来客時には、来客応対も行う


《午後~退勤まで》
・書類の作成・チェック
・最終確認をし、本日出願書類の提出のため特許庁へ外出
・本日期限または動きのあった顧客へ、状況を報告
・本日期限の案件がすべて完了しいるか確認してから退勤


※上記はあくまで一例です。特許事務の種類や、勤務先によって異なります。

◆特許事務のやりがい
・世界の誰よりも先に、最先端の技術を知ることができる
・特許関係の専門的な法律知識を得ることができる
・自分の仕事によって特許取得に成功すると、顧客に喜んでもらえる

◆特許事務の大変さ
・企業の機密事項である知的財産を扱うため、情報の扱いにミスが許されない
・必要な書類を作成するのに、専門的な知識や経験を必要とする
・期限を厳守しなければならないので、状況によっては残業が多くなることもある

仕事内容とやりがい・大変さから、特許事務の仕事には「期限を守れる仕事効率の良さ」と「情報を的確に整理・処理する精度の高さ」が求められていると推測できますね。

どんな人が向いてる?特許事務の仕事に必要な素質3つ

特許事務に向いている40代女性

法律や企業の知的財産を扱うという業務の性格上、特許事務の仕事は、まったくの初心者が挑戦するには難しい仕事であると言えます。

そこで最後に、特許事務の仕事に向いている人の特徴を3つご紹介します。

◆事務や、企業の法務部で働いた経験がある人
特許事務という職種そのものの実務経験がなくても、関連する事務職や、法律関係の職種での実務経験があるなら、即戦力として採用される可能性も高くなります。

◆期限にあわせてコツコツと作業するのが得意な人
特許事務では、情報の取り扱いや法律と同じくらい、期限を厳守することも求められます。
このため、特許事務の仕事に就くには、設定された期限に向かってコツコツ確実に作業を進められる素養も欠かせません。

◆英語で問題なくメールや電話できる英語力のある人
国外、内外特許事務として働くには、最低でもTOEIC800点程度のビジネスレベルの英語力が必要になります。

英語が堪能な方も、特許事務として必要な素質を満たしていると言えるでしょう。

【あわせて読みたい】
40代OKの特許事務求人を探すなら!必見おすすめサイト7選
専門性の高い特許事務へのキャリアチェンジ!転職成功の秘訣とは

いかがでしたか?
特許事務は事務のなかでも専門性が高く、将来的な昇給や、弁理士へのキャリアアップも見込める仕事です。

この記事で特許事務の仕事に興味が沸いたなら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

年収

新着記事

関連する記事