40代OKの特許事務求人を探すなら!必見おすすめサイト7選

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>管理部向け求人多数アリ。丁寧なサポートで目指す仕事への転職成功を!

人事、経理、財務、総務職など管理部への転職を目指す方にオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、管理部人材を求める多くの求人からあなたに最適な求人を厳選して紹介。提出書類の添削から円満退社のためのアドバイスまで、充実のサポートも魅力です。
安心・安全の遠隔サポートもうれしいですね。転職が初めての方や忙しい方にもピッタリな「転職のプロ」による無料サポートを希望する方は、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

より専門性の高い事務職である「特許事務」への転職成功を目指して、40代OKの求人情報をお探しではありませんか?

今回は、40代OKの特許事務求人を探しているならぜひ利用してほしい、おすすめの求人情報サイト7選をご紹介していきます。

あわせて、実際の求人情報をもとにした具体的な求人内容や仕事内容、未経験からの転職成功のコツなども解説しています。

ぜひ最後まで目を通し、あなたの求人探しと転職成功に役立ててくださいね。

・たった5分で特許事務への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

転職検討中の40代必見!特許事務の求人内容を解説

特許事務の40代女性 イメージ

まずは特許事務という仕事と、40代向け特許事務求人の内容について、実際に掲載されている求人情報を参考にしながら、確認していきましょう。

◆特許事務はどんな仕事?
特許事務とは、特許・意匠・商標などの出願や申請を行う弁理士のサポートや、これに付随する事務作業を担う仕事です。

仕事内容や取引先、出願先の国籍により、以下の3種類に分けられます。

・国内顧客から日本での特許取得を請け負う「国内特許事務」
・海外顧客から日本での特許取得を請け負う「海外特許事務」
・国内顧客から買いが家の特許取得を請け負う「内外特許事務」

【あわせて読みたい】
特許事務の仕事内容、その詳細をチェック!
40代で特許事務へ転職!成功のために知っておくべきポイントとは

◆どんなところに勤務するの?
特許事務として働く場合、以下のような企業・団体が勤務先となります。

・特許事務所
・弁理士事務所
・企業の知的財産管理部  など

◆40代特許事務の一般的な雇用形態は?
正社員、契約社員、派遣社員が一般的です。
ただし、職種未経験からの転職の場合は、派遣社員など非正規職員からキャリアをスタートさせるケースが多いです。

【あわせて読みたい】
40代50代の「派遣」を徹底検証!後悔しない派遣先選びのコツは?

◆40代特許事務、年収の目安は?
個人のスキルや地域、会社などによって異なり、年収250~500万円程度が平均といわれています。

◆転職のために必須の資格はある?
年齢にかかわらず、特許事務への転職に必須の資格はありません。
しかし、実際に40代向けの後悔されている求人情報では、応募条件として以下のような学歴・職歴を歓迎する傾向があります。

・大卒以上、特に法学部卒業の方
・何らかの事務経験のある方(Word、Excelが問題なく操作できるレベル)
・英語に抵抗のない方
・法律や、法律の勉強に興味のある方

◆特許事務として歓迎されるスキルは?
企業の知的財産を扱う特許事務には、以下のようなスキルが求められます。

特許事務全般 ・情報を正確に処理する高度な事務処理能力
・特許、意匠、商標登録などに関する多少の法律知識
海外・内外特許事務 ・上記の能力に加えて、TOEIC800点程度のビジネスレベルの英語力

40代、職種未経験から特許事務求人に挑戦できるか

特許関係の書類 イメージ

特許事務という仕事と、40代向けの一般的な求人内容を確認したところで、ここからは、40代が職種未経験から特許事務に転職する場合の成功可能性を探っていきましょう。

◆40代職種未経験からの転職成功は難しい
一般的に、企業側は40代以上の転職者に即戦力性を強く求めています。

このため、事務職のなかでも比較的専門性の高い特許事務への転職成功は、職種未経験の40代には難しいと言わざるを得ません。

40代未経験者が転職を成功させるには、前述した「特許事務として歓迎されるスキル」のうち少なくとも2つ以上を満たす、事務のエキスパートである必要があるでしょう。

【あわせて読みたい】
専門性の高い特許事務へのキャリアチェンジ!転職成功の秘訣とは

◆40代未経験者が、特許事務求人への挑戦を成功させる2つのコツ
未経験からの成功が難しいとされる40代での特許事務への転職ですが、転職成功に効果的なコツを、以下に2つご紹介します。

《自分のキャリアと親和性の高い分野を選ぶべし!》
特許取得の分野には、芸術、科学、農業などさまざまな分野があります。
職種自体の経験がなくても、自分の過去の経歴と親和性の高い業界の特許事務に応募することで、即戦力性をアピールできます。

《応募先にメリットとなる経歴・スキルを具体的に伝えるべし!》
自分の持っているスキルがどのように応募先で役に立つのか、志望動機などでできるだけ具体的にアピールしましょう。
これにより、応募先に入社後のイメージを具体的に持たせることができ、職種の経験に関係なく即戦力性を感じてもらいやすくなります。



【あわせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!
40代転職の志望動機の考え方と文例3選!面接での印象が良くなる

40代での特許事務転職に!おすすめ求人サイト7選

特許事務求人のwebページ

最後に、特許事務求人への挑戦を目指す40代にぜひ利用してほしいおすすめの求人サイトを、サイトの特徴ごとにご紹介していきます。

すべてチェックし、自分の条件に合う求人探しに役立ててくださいね。

◆40代以上に強い求人サイト
・FROM40
・FROM40ネオ

◆特許事務、法律事務の求人情報がみられるサイト
・LEGAL NET
・求人ボックス
・パテントサロン 求人スクエア

◆女性向けの特許事務求人が見られるサイト
・女の転職@type
・とらばーゆ

いかがでしたか?
この記事を参考に条件に合う特許事務求人を見つけ、40代での転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new

関連する記事