司書資格が無くても働ける?図書館職員の仕事内容と求人の探し方

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

趣味が活かせる図書館スタッフは、本好きの方に人気の職業です。

「司書資格がないと働けない」と思われがちですが、実は司書資格がなくても、図書館職員として働くことはできるのです。

このコラムでは、未経験者OKの求人の探し方や求人サイト、図書館での仕事内容を詳しくご紹介します。

ぜひ最後まで読んで、図書館職員の求人探しの参考にしてくださいね。

目次

図書館職員の求人&待遇に関する基本情報

1492738544_77014.jpg

◆図書館職員の求人の現状
《図書館職員の募集ってあるの?》
まず、図書館職員の求人状況について、全国の図書館数から考えていきましょう。

日本図書館協会が2016年に実施した「公共図書館集計」によると、日本全国の公共図書館数は3,280館、対して経済産業省が2016年に実施した「2016年版 中小企業白書概要」によると、大企業・中小企業を含む一般企業数は382万社です。

図書館職員の求人数は、図書館の数そのものが民間の一般企業数と比較して圧倒的に少ないため、必然的に図書館職員の求人数は少なくなります。

《司書資格なしでOKの求人も!》
図書館職員の求人には、司書資格を必須としていないものもあります。

「図書館で働きたいけど司書資格がない…」とお悩みの方は、まずは職員として就業してから、司書資格の取得を目指すという方法もあります。

司書資格を持っていないからという理由であきらめず、まずは資格不要の求人がないか探してみましょう。

◆図書館職員の待遇
図書館の求人に関する現状がわかったところで、次は、図書館職員として働く場合の待遇について雇用形態・給与・勤務形態の3つの項目ごとにご紹介します。

《雇用形態》
図書館職員の雇用形態は、正社員、契約・派遣社員やアルバイト・パートなど様々です。
未経験者の正社員雇用は少ないですが、契約社員やパートからの正社員へのステップアップ制度を設けている図書館もあります。

《給与》
▼正社員の場合
月給で、約17~20万円程度からのスタートがほとんどです。
長期勤務を理由とした大きな金額の増加は見込めませんが、業務で使うパソコンのスキルアップや、司書資格の取得によって収入が上がることもあります。

▼契約社員の場合
正社員と同じく月給制である場合が多く、約17~20万円程度からのスタートが一般的です。

▼派遣社員の場合
時給は、1,100~1,300円が目安です。
給与に交通費が含まれていることが多いため、求人に応募するときは確認が必要です。

▼バイト・パートの場合
時給は、800~1,000円が目安です。

《勤務形態》
▼自治体などが運営する「公立図書館」の場合
開館時間は原則9~19時であることが多く、この時間内での交代制勤務が基本です。
平日に働く市民のニーズに合わせて土日も開館していることが多いため、休館日が月曜日に設定されていることもあります。

▼大学や企業が運営する「私立図書館」の場合
私立図書館の開館時間は、図書館を運営する学校や企業の規定によって変わります。
また開館日・休館日のルールも運営もとによって変わるため、変則的なシフト制勤務になりがちです。

図書館職員の仕事内容&やりがいとは?

1492738547_66622.jpg

◆図書館職員って何をするの?
ここからは、図書館職員の具体的な仕事内容について説明します。
司書資格の有無で、仕事内容に大きな違いはありません。

《貸出・返却手続き》
カウンターで本の貸出や返却に必要な手続きを行います。

《配架》
利用者に貸し出していた本が返却された際に、元あった棚へ本を戻すという作業です。

《選書》
過去の利用者の傾向や世間での話題性を考慮して、図書館に受け入れる本を選ぶことです。
利用者の満足に直接つながるため、経験がものをいう業務です。

《リクエストサービス》
予約された本を購入したり、図書館どうしで貸し借りをして利用者に提供します。

《レファレンスサービス》
資料を探している利用者に対して、参考資料を代わりに探し、紹介します。

《イベントの開催》
本に親しみを持ってもらうため、子供たちへの読み聞かせといったイベント企画を行うこともあります。

《その他》
新書の受け入れ業務や館内の案内、特集の企画といった業務もあります。

◆大変なこととやりがい
具体的な仕事内容を知ったところで、次は図書館のお仕事の「大変なこと」と「やりがい」をご紹介します。

《大変なこと》
▼幅広い分野の勉強
図書館利用者の様々な質問やリクエストに応えるために、得意な分野以外の知識も必要になります。

▼作業時間が長い
カウンターでの貸し出しや返却対応ではなく、裏方での作業がほとんどです。
例えば、何十冊の新書受け入れは、貸し出すための準備にかなりの時間を要します。

【やりがい】
▼直接感謝される
「必要な資料を的確に用意し、感謝される」「おススメした小説を、気にってもらえる」といった人との触れ合いが魅力的なお仕事といえます。

▼本をもっと好きになれる
もともと本が好きで働いていても、さらに新しいジャンルや本の魅力を発見することがあります。本の奥深さに、より一層気づかされるでしょう。

図書館求人の探し方

1492738551_24162.jpg

図書館スタッフの待遇や仕事内容がつかめたところで、実際に求人を探してみましょう。

◆近場の図書館の掲示板やホームページを見る
家の近くで働きたいという方は、近所の図書館の掲示板に足を運んだり、運用元のホームページがあれば目を通してみましょう。

運用元とは、市立図書館であれば「市役所」、大学図書館であれば「大学」です。
欠員が出れば募集をかけますので、定期的にチェックすることが大切です。

◆図書館に特化された求人サービスを利用する
図書館の求人を集めたサイトをご紹介します。

【日本図書館協会/図書館関連の求人ページ】
日本図書館協会が運営する、日本全国の図書館の求人情報を閲覧できるサイトです。
正社員の募集が原則のため、長期的に勤めたいという方におススメです。

【丸善雄松堂株式会社/図書館スタッフ採用ページ】
書店運営と、図書館支援を行う丸善雄松堂が運営する求人サイトです。

正社員だけでなく、「週1日~」「土日のみ」といったアルバイトの求人も閲覧できるほか、スタッフのスキルアップのための研修制度や、司書資格取得支援制度の情報もあります。


いかがだったでしょうか?

人々の役に立ち、癒しの場である図書館で働くことは、人生の貴重な経験となるはずです。
お役に立ちましたら幸いです。

▼合わせて読みたい!
40代でも転職できる!図書館のお仕事・待遇・求人情報を解説
秘書の仕事を徹底解説!40代からの転職成功のコツと待遇とは
【40代、営業アシスタントに転職】仕事内容や転職パターン3選
40代の仕事選び。人も自分も笑顔になれる!意外と知らない販売スタッフの仕事とは?

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1492737369_13516.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、ミドルの求人を探してみませんか?

東京都の求人  ◆大阪府の求人  ◆神奈川県の求人
埼玉県の求人  ◆愛知県の求人  ◆福岡県の求人

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事