急成長企業「ソフトバンク」に転職する方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

携帯電話などの無線通信サービスを提供するソフトバンク。
日本を代表する3大キャリアメーカーの一つとして有名な大手企業です。

大手企業への転職は、ハードルが高いと思われがちですが、決して不可能ではありません。

労働力不足である今は、新卒採用だけでは足りない部分を、経験豊富な中途採用で埋める企業が増えているからです。

今回はカリスマ経営者・孫正義が育てたソフトバンクに焦点を当てて、転職を成功させるための方法を解説します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

ソフトバンクとは

転職を成功させるためには、転職したい企業のことをよく知ることが大切です。

国内で携帯電話事業を展開するソフトバンクグループの株式会社であるソフトバンク。
まずは改めて、ソフトバンクという企業について、その歴史や特徴を詳しく見ていきましょう。

◆ソフトバンクの歴史
1994年、同業の通信会社のNTTやDDIが携帯電話事業に参入したことに対抗し、日本テレコムがデジタルホン3社を設立。

資金面での問題から、東名阪以外のエリアは自社のみではなく日産自動車系のツーカーと共同でデジタルツーカーを設立し、全国へ展開していきました。

その後、日産自動車が携帯電話事業から撤退し、デジタルホンとデジタルツーカーは日本テレコムの系列会社となりました。

両ブランドをJ-PHONEに変更し、写メなどの機能を積極的に導入。
2002年3月には1ヵ月間だけではあるものの、日本第2位のシェアとなりました。

しかし日本テレコムがイギリスのボーダフォングループとなり、2003年にはJ-PHONE からVodafoneへと名称を変更。

サービス内容が変わらないまま料金を値上げしたため、ユーザー離れが相次ぎ、ほかの2キャリアに大きく差をつけられます。

そこへ目をつけたのがソフトバンクグループでした。
同社はBBモバイルを設立して、携帯電話事業に新規参入を計画していましたが、ボーダフォン日本法人を買収することで事業へ参入。

2006年、Vodafoneから名称を変更してSoftBank Mobileが生まれました。

2007年からは「ホワイトプラン」など新プランを導入し、アップル社のiPhoneの独占販売体制などで大きく成長しました。

2011年には地上アナログ放送が終了し、電波の再編が行われました。
その再編で空いた900MHz帯をオークションで獲得。

その後、事業領域の拡大から社名をソフトバンクに変更しました。

◆ソフトバンクの特徴
ソフトバンクと聞くと携帯電話事業や、野球のソフトバンクホークスのイメージが強いかもしれませんが、グループでは幅広い事業を展開しています。

《主な事業》
・ソフトバンク、ワイモバイル、その他法人向けのサービスなどの国内通信事業
・アメリカの携帯電話や固定長距離通信、インターネット事業などのスプリント事業
・ヤフージャパンなどのメディア、ヤフオクやメルカリなどの事業
・携帯端末の販売などを行う流通事業
・半導体設計などのアーム事業
その他、福岡ソフトバンクホークス、ソフトバンクロボティクスグループ(Pepper)など、多岐にわたっています。

《経営戦略》
国内通信事業などで生まれたフリーキャッシュフローをもとに、M&Aなどを積極的に行い、成長してきた企業です。

特に通信事業に力を入れており、高速データ通信サービスやスマートフォンやタブレットの豊富な種類、モバイルコンテンツの充実などで収益拡大を目指しています。

またAIや自動運転、VR/AR、IoTなど新しいテクノロジーへの投資も積極的に行っています。

ソフトバンクに転職、気になる年収は?

電卓

転職するにあたって、もらえる年収がどれくらいか、気になるところですよね。

ここでは、ソフトバンクの年収について、年代別の年収や給料事情、初任給などを詳しく見ていきましょう。

◆ソフトバンクの平均年収は?
《年代別の平均年収》
20代:350~550万円
30代:410~650万円
40代:600~900万円
50代:700~1000万円

《業種別の平均年収》
営業:547万円
企画・事務・管理:652万円
販売・サービス:387万円
IT系エンジニア:703万円
IT系のエンジニアの平均年収が最も高く、逆い低いのは販売・サービスの職種となっています。

これはショップスタッフの方が多いからと考えられます。

《ソフトバンクの給与事情》
次に、ソフトバンクのボーナスや昇給などを見ていきましょう。

・ボーナスは個人の業績で大きく変動
ボーナスは6月、12月の年2回支給があります。
グレード制を採用していて、グレードと個人の業績、会社の業績が反映されます。

グレード2までは難しくないようですが、3以上へ上がるためには業績に加えて社内でのコミュニケーションや働き方などの評価も加わるためハードルが高くなります。

・昇給は6段階で評価
昇給は年1回、G1~G6の6段階の評価があり、年に2回MBOという評価が行われて昇給額が決定します。

ソフトバンクの年収は、賞与の占める割合が大きく、毎月の基本給はそれほど高いとは言えません。

手当などが充実しているため年収金額は高くなりますが、基本給で考えると全国平均と大きく変わらないようです。

《ソフトバンクの初任給》
大卒:月給22万円
大学院卒(修士):23.5万円
大学院卒(博士):25万円
となっています。

通信業界では、ソフトバンクとKDDIが同額で業界トップとなっています。

初任給の段階では一般企業と大きく変わりませんが、30歳を超えるころから他社に比べて高い金額になっていきます。

◆ソフトバンクとライバル企業との年収比較
《全業種との比較》
ソフトバンクの年数は他の企業と比べると高めに設定されています。

ソフトバンクの平均年収:733万円
上場企業の平均年収:612万円
全国の平均年収:432万円

全国平均より300万円ほど高く、上場企業の平均さえ超えています。
また上場企業全体の年収ランキングでは、3737社中674位となっています。

《競合他社との比較》
ソフトバンクの同業他社と比較して、大手キャリア3社の全体の平均年収と職種別の年収を見ていきましょう。

ソフトバンクの平均年収:733万円
G1:350~500万円
G2:500~620万円
G3:620~800万円
G4(課長):800~1000万円
G5(部長):1000~1400万円
G6(本部長):1400万円以上

KDDIの平均年収:953万円
一般:350~500万円
主任:600~750万円
課長補佐:800万円
GL・支店長:1200~1400万円
部長:1500万円以上

NTTドコモの平均年収:874万円
一般:500~700万円
主査:850万円
課長:1100万円
部長:1500万円

競合3社の中では最も低いことがわかります。
またソフトバンクは独特のグレード制があり、より給与が細分化されています。

ソフトバンクの評判は?

ソフトバンクに転職を検討する人

就職や転職の会社選びの不安を解消するために、これから応募しようとする企業がホワイトかブラックかを事前に調べておくことをおすすめします。

◆ソフトバンクの仕事のやりがい

・研修が充実
以前は研修が少なかった同社ですが、ここ数年で研修の部署が作られ、研修が充実しています。

現場で求められるスキルが学べる研修内容となっており、資格取得支援制度もあり、現場のレベルアップにつながっています。

・新規事業へ挑戦しやすい
ジョブローテーションがなく、異動に個人の希望はあまり反映されません。

しかし新規事業なら、希望者からの募集が多いため、個人的に成果を出していれば挑戦しやすいと言えます。

・いろんな人が働いて視野が広がる
M&Aでいろんな経緯を持つ人と一緒に仕事ができ、視野が広がったという人もいます。
派閥などもなく、各自が得意分野を活かして仕事に取り組むことができる環境があります。

・提案の幅が広がる
たくさんの商材を扱うため、提案の幅は広がります。

またお客様によって希望や悩みも異なるため、幅広い対応力も学ぶことができ、スキルアップにつながります。

・スピード感がある
会社としての意思決定が早く、これまでのやり方を考慮する必要もあまりありません。
トップダウンでの業務もあり、チームで仕事を進めていくところにやりがいを感じることができます。

・若い世代が活躍できる場がある
若い年代の社員をメインに目立つ業務が割り振られることが多く、実務的な経験が浅くてもプロジェクトリーダーなど活躍の場があります。

◆ソフトバンクの残業時間や福利厚生をチェック
残業や福利厚生は、ブラックかホワイトかを判断する指標のひとつです。
必ずチェックしておきましょう。

《残業》
残業時間は、月平均24時間。
残業時間の管理はかなり厳しく、月40時間を超えると上司から注意を受けます。

ダラダラと仕事をする雰囲気がなく、効率よく業務を終える意識が浸透しています。
スーパーフレックス制が導入されていて、遅く出勤したり、夕方早く帰ったりすることができます。

《休日》
完全週休二日制でしっかり休める環境です。
有休も取りやすく、休みは充実しています。

産休・育休制度は男性にも適応され、男性の取得率も上がってきている傾向にあります。

《多様な働き方》
テレワークや在宅勤務が当たり前にできる環境が整っています。

副業も認められていて、スーパーフレックス制で時間の融通がきくためワークライフバランスは充実できる環境と言えます。

《プレミアムフライデー》
経済産業省が推進している月の一度のプレミアムフライデーは、まだ残っていて月に一度は早く退社する文化があります。

《福利厚生》
住宅手当や退職金制度はなく、確定拠出年金、財形貯蓄や持株、ストックオプション制度はあります。

手厚い福利厚生とはいかないまでも、その分を業績によるボーナスでカバーしていると言えます。

《女性の働きやすさ》
スーパーフレックス制に加えて在宅勤務も推奨されているため、子育てしながら働きたい女性も仕事を続けやすい環境があります。

産休・育休の取得実績も高く、出産お祝い金がもあり、1人目で5万円、2人目で10万円、3人目で100万円が支給されます。

女性管理職も増えてきており、出産や育児と両立しながら働く女性が上のポストを目指すことも可能です。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

ソフトバンクの転職難易度

ソフトバンクに転職を目指す人

ソフトバンクの企業や風土、収入や制度などについて、詳しく見てきました。
ここでは、ソフトバンクへの転職がどれくらい難しいのかを見ていきましょう。

◆ソフトバンクの採用倍率は高い?
ソフトバンクは好調な業績から転職希望者にとっても人気の高い企業で、採用倍率も高い傾向にあります。

doda「転職人気企業ランキング2020」によると、総合でも10位にランクイン。

IT・通信の業種では1位のApple Japanに次いで2位をキープ。

年代別のランキングでは、20代では20位以下だったものの、30代が17位、40代が9位と働き盛りの年代に人気の企業であることがうかがえます。

人気が高いということは、採用倍率も高くなるということ。
採用倍率は30倍前後になると見られており、大手企業で安定しているという理由から転職は「やや難しい」企業と言えます。

またソフトバンクが転職希望者に求めるスキルや経験もハイレベルになるため、豊富な実務経験を持つ人材でなければ内定をもらうのは難しいでしょう。

◆ソフトバンクの中途採用の求人対策
《実際の質問内容と解答のポイント》
・これまでの経験
これまで意欲的に取り組んだこと、その中での役割や課題解決のために取り組んだことなどをエピソードを交えながら伝えると良いでしょう。

・人生最大の困難
これまでの困難や挫折経験は、面接で聞かれることの多い質問です。
人間性や思考プロセスを判断されます。

特に困難からどうやって立ち直ったのかが重視されます。
その経験から、入社後の働き方をイメージされます。

・志望動機
志望動機も、面接で必ず聞かれる質問ですが、特に競合他社との違いはしっかり押さえておきたいところです。

なぜKDDIやドコモではなく、ソフトバンクなのか、他者との差別化を図ってソフトバンクでなければならない理由を伝えることが重要です。

・周囲からどう見られているか、それをどう思うか
この質問には、自己分析がしっかりできているかどうか、周囲の声に耳を傾けているか、自分のことをどれだけ客観的に見ることができるか、を知る意図があります。

自己分析をしっかり行い、反省も含めて自己理解ができていることを伝えるようにしましょう。

・ソフトバンクとの強みが合うところ
なぜソフトバンクなのかという質問にもつながりますが、ソフトバンクだからこその強みとあなたが持っている強みが合うことを伝えると、入社後の活躍がイメージしてもらいやすくなります。

《ソフトバンクの求める人物像》
ソフトバンクのコーポレートサイトによると、中途採用では営業や企画、エンジニアや経理など、幅広い職種の募集があります。

マネージャークラスの募集となると、ビジネスレベルの語学力が求められることもあり、応募資格もハードルが高くなっています。

ソフトバンクの採用ページからは、変化を楽しめる人、努力し続けることができる人、失敗を恐れずチャレンジできる人、などが求められていることがわかります。

《求人の傾向》
ソフトバンクの求人数はどちらかと言えば多いと言えます。
特に多い職種が営業です。

次に社内SEやITエンジニアといった技術職が多く、技術職では業務内容をかなり細かくわけて募集する傾向があります。

専門性の高いスキルや経験があれば転職の可能性は高くなりますが、経験が浅くてもチャレンジしたい人や新しいことをやってみたい人には広くチャンスがあります。

《転職成功のポイント》
・非公開求人から応募する
募集の多いソフトバンクの求人は、一般に公開されているものも多いため、転職サイトで検索しても探すことはできるでしょう。

しかし転職エージェントでは、一般に公開されている求人の3倍以上の非公開求人があると言われています。

その中には、人気が高く一般には公開されていない事務系などの職種の募集があるかもしれません。

一般に公開されている求人がすべてではなく、限定された求人もあるということを知った上で転職活動を進めてくださいね。

・転職エージェントを活用する
非公開求人を探すためにも転職エージェントは利用することをおすすめしますが、他にもエージェントを活用するべき理由があります。

転職エージェントはキャリアの相談や転職のタイミングから、求人の紹介や支援、さらに待遇の交渉まで手厚いサポートをしてくれます。

ソフトバンクに転職したいという希望を伝え、求人検索はもちろん、どの実績をどうアピールすれば採用を得られるか、一緒に考えてアドバイスをしてくれます。

また、ソフトバンクの非公開求人を紹介してもらえたら、書類選考は通っていて、面接へ進むことがほとんどです。

エージェントを介した紹介ということで、ソフトバンク側も書類選考にかける時間を省くメリットができます。

また、エージェントは企業とのつながりが強く、採用担当者ともコミュニケーションを取っているため、企業の詳しい情報を教えてくれます。

企業の情報が多ければ多いほど、転職を有利に進めることができます。
こうしたメリットを踏まえると、エージェントの活用は必須と言えます。

・複数のエージェントや転職サイトを併用する
さらにエージェントや転職サイトは複数を同時に登録しておくと良いでしょう。

全職種を網羅した総合型のサイトやエージェント、それ以外にもハイクラス求人に特化したサイト、職種や業界に特化したサイトなど、ジャンルはさまざまあります。

求人検索だけではなく、競合他社や転職市場のことを知る情報収取のためにも、複数サイトを併用することをおすすめします。

・グループ会社を狙う
合併した企業での募集も行われているため、グループ会社を狙うのも転職を成功させる道のひとつです。

グループ会社で特に募集が多いのは、エンジニアです。
エンジニアは移り変わりの激しい職種のため、採用枠は常にある状態です。

グループ会社のため勤務時間や福利厚生などに差があるかもしれませんが、大きく変わることはないでしょう。

まとめ

ソフトバンクに転職した人

ソフトバンクは日本でも有数のIT・通信の大手企業です。

大企業からといって、入社できれば全員が満足するわけではなく、転職成功するためには自分に合っている企業かどうかを見極めることが重要です。

業績に合わせたボーナスで年収は高く設定されていますが、基本給は低く手当も充実しているとは言えません。

しかしスーパーフレックス制や在宅勤務など、多様な働き方が推進され、副業も認められています。

自分が転職して何を優先したいのか、ソフトバンクに入社して何がしたいのかを明確にして、転職活動に臨んでくださいね。

年収

新着記事

関連する記事