必見!30代の就職・転職を効率的に叶える、おすすめのサイト一覧

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

社会人として10年前後のキャリアを積んだ30代は、さまざまな出会いや経験を通してその後の生き方・働き方について、改めて考える年代ではないでしょうか。

このため、より理想に近いかたちでのキャリアアップや大胆なキャリアチェンジのために、転職に踏み切る人も増えてきます。

今回は35歳以上・アラフォー歓迎求人に特化した「FROM40」が、30代転職者に活用してほしい計10のおすすめ就職・転職サイトをまとめて紹介。

あわせてサイトやエージェント、スカウトサービスの違いや、30代転職を成功させるための効率化・企業選びのポイントも解説していきます。

理想的な働き方や仕事を手に入れられれば、人生全体への満足度も高まるはずです。

ぜひ本記事に最後まで目を通し、あなたの30代での就職・転職に活かしてくださいね。

目次

30代の就職・転職、企業選びのポイントは?

就職・転職先を探す30代女性

まずは、30代での就職・転職を後悔のないものにするために、求人や企業選びの軸とすべきポイントを確認していきましょう。

30代の就職・転職の軸にすべきポイントとしては、以下が挙げられます。

◆プライベートやライフステージの現状、予定
30代になると、男女ともに結婚して自身の家庭を築く人も増えてきますよね。

そうなると自身のことだけでなく、パートナーのキャリアプランや妊娠・出産の予定、将来的な育児や親の介護のことまで考えてキャリアプランを構築しなければなりません。

このため30代の就職・転職では、以下を参考に現在と将来的なライフステージの変化までイメージしたうえで、企業や求人を選ぶ必要があります。

・パートナーに転勤の辞令が出た場合、自身の仕事はどうするか
・将来的に子どもを持ちたい場合、女性は産休や育休を取って働き続けたいか
・将来的に子どもを持つにあたり、男性も育児休暇取得や働き方の変更をしたいか
・パートナーは家族の現状、将来を考えた場合、どのくらいの収入が必要になるか
・どの程度、家族との時間やプライベートな時間を優先的に確保したいか  など


独身の場合は、自身のプライベートな時間と働く時間、受け取りたい給与額とのバランス=ワークライフバランスの取りやすさを基準に考えてみてください。

◆これまでのキャリアや、習得してきたスキル
30代以降の就職・転職において最大の武器となるのは、過去の社会人経験を基にした転職先での「即戦力性」です。

このため、いまのあなたに「何ができるか」「どんな風に就職・転職先で貢献や活躍ができるか」も、企業選びの重要な軸となります。

就職・転職に際し、以下のような思いが強い30代は、過去の経験・キャリアを活かせるかどうかを主軸に企業や求人を選ぶと良いでしょう。

・いままでやってきたこと、身に付けてきたことが評価される場所で働きたい
・身に付けた経験や技術をもとに、転職でさらなるステップアップをめざしたい


【合わせて読みたい】
30代向け求人はこう見る!転職を成功させるための探し方と視点
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

【ポータブルスキルも、30代の就職・転職の大きな武器に】
どんな業界や職種に行っても役に立つ以下のようなスキルを、ポータブル(=持ち運びができる)スキルと呼びます。

例)交渉力、調整力、課題解決力、ビジネスマナー、マネジメントスキル、企画力、コミュニケーションスキル など

特定の業界や職種で役立つ専門的なスキル以外にも、上記のような汎用性の高いスキルも企業側から高く評価され得るものです。覚えておいてくださいね。



◆これからのキャリアプランや、将来への希望
一般的に若い人ほど柔軟性と適応能力が高く、年齢を重ねるほど物覚えも、物事への柔軟性も失われていくと言われています。

このため30代後半以降になると、正社員として過去に経験したことのない業界・職種に就くことは、非常に難しくなってくるのです。

しかし、人材としてまだまだ若く、ある程度の経験やビジネススキルが身についている30代であれば、未経験の業界・職種の採用でも勝ち取れる可能性は十分にあります。

むしろ、年齢を重ねるほど未経験分野への転職が難しくなる現実を考えると、30代は円滑にキャリアチェンジをする最後のチャンスかもしれません。

以下の条件に当てはまる30代は、5~10年後にどんな生き方・働き方をしていたいかをよく考え、キャリアプランを叶えられる就職・転職先を探してみましょう。

・挑戦したい仕事があるが、生活を変えるのが怖くて手を出せずにいる
・昔から興味があったが就業しなかった分野や職種があり、いまも後悔している
・いまと同じような業界や職種では、60代になるまで働き続けられる気がしない


【合わせて読みたい】
30代女性は就職できる!職歴・スキルがなくても成功させるコツ
心機一転!30代が未経験の職種・業界への転職を成功させるには?

今回の就職・転職、そしてこれからの人生において30代のあなたが何を重視するのか。

次に勤める企業は、あなたの仕事や人生への価値観を軸に選べば良いと心得ておいてくださいね。

30代の就職・転職は、サイトをフル活用して効率的に!

効率的な転職 イメージ

近年、就職・転職先探しもネット上のサイトを利用して行うのが主流になっています。

【ネット上のサイトを使い、仕事探しすることのメリット】
・夜中や早朝でも、自分の都合のよい時に好きなだけ求人を探せる
・自分の居住する都道府県以外の求人情報にも、自宅でたくさん触れられる
・現職に就いたまま、バレずに効率的に転職活動ができる



ここでは、ネットを活用して効率よく就職・転職活動をしていくために、サイトの種類や特徴を知り、自分に合ったサイトを選ぶためのコツを解説していきます。

◆就職・転職サイトの仕組みは3パターン
ネット上の就職・転職サイトは、大きく「直接応募型」「エージェント型」「スカウト型」の3パターンに分けられます。

《直接応募型のサイトとは》

できること 自分で条件や経歴に合った求人を探し、応募する
メリット ・自分のペースで、好きな時間に好きなだけ仕事を探せる
・自分の意思や裁量だけで、応募先や就職・転職先を決められる
・無料の会員登録さえすれば、簡単に気軽に求人応募ができる
デメリット ・企業の良し悪しや求人の内容まで、自分ひとりで見極めなければならない
・幅広い業界や職種の求人があるため、ニッチな分野の求人は見つかりにくい
・応募に際し、第三者からのアドバイスや求人紹介は受けられない
こんな人におすすめ ・新しい仕事は自分の独断と偏見、一存で決めたい
・まとまった時間は取りにくいので、スキマ時間で仕事を探したい
・業界や職種を問わず、幅広くさまざまな求人情報を閲覧したい


《エージェント型のサイトとは》

できること ・自分の経歴や、新しい就職・転職先への希望を詳細に登録する
・担当となるアドバイザーやエージェントと面談し、求人紹介を受け応募する
メリット ・転職、または希望する業界や職種に詳しい専門家から客観的な意見をもらえる
・求人応募にあたっては、書類の添削や面接の練習までサポートを受けられる
・非公開求人の紹介や、転職にあたっての賃金交渉などもしてもらえる
デメリット ・自分の経歴やスキルによっては、求人紹介をしてもらえないこともある
・オンライン面談に対応していないところでは、面談対応は都市部のみの場合も
・担当者との相性によっては、面談が多大なストレスになる可能性がある
こんな人におすすめ ・自分ひとりで就職・転職活動を進めるのが不安で、誰かの助けが欲しい
・自分の市場価値や求人の良し悪しを見抜ける気がしないので、客観的意見が欲しい
・他のことをしている間にも、誰かに自分に合う求人を探していてほしい


【合わせて読みたい】
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?

《スカウト型のサイトとは》

できること 自分の経歴や新しい就職・転職先への希望を詳細に登録し、企業の採用担当者からスカウトを受ける
メリット ・きちんと情報登録さえしておけば、待っているだけでも転職活動になる
・声掛けの有無や件数で、自分がどのような業界や企業から評価されるか見える
・求職者や企業の実名は出ないため、勤務先にバレず転職活動しやすい
デメリット ・せっかく登録しても、人材としての魅力がなければ声がかからないこともある
・サイトや企業によっては、スカウトが一斉の自動送信で行われていることもある
・自分からできることは、情報の登録や更新以外はほとんどない
こんな人におすすめ ・いまの自分の経歴やスキルを、高く評価してくれるところへ移りたい
・人材としての自分と親和性の高い、企業の求人情報のみ知りたい
・仕事探しにおいて、とにかく匿名性を重視したい


なお、近年では多様かつ大量の求人情報を掲載する大手企業を中心に直接応募型、エージェント型、スカウト型すべての仕組みを備えるサイトも存在しています。

【合わせて読みたい】
《スカウト&エージェント》2大転職サービスの賢い利用法とは?

【特定のターゲット層に特化したタイプもある】
ここまでに紹介した直接応募型、エージェント型、スカウト型はサイトの仕組みの違いです。

各社の就職・転職サイトは、上記のような仕組みの違い以外にも特定の「分野」「ターゲット層」に特化したサイトも存在しています。

あなたの年齢や性別、就きたい業界・職種や資格名を掲げる転職サイトなら、まさにあなたのような人に特化したサイトと言えるでしょう。

サイトを使った効率的な求人探しにはこういった方法もあること、覚えておいてください。



【合わせて読みたい】
40代を求める企業から声がかかる!スカウト型転職サイト「FROM40スカウト」

◆自分に合う転職・就職サイト併用のコツ
いかにたくさんの、さまざまなタイプの求人に出会えるかどうかは、30代での就職・転職活動の成否を分ける要素のひとつとなります。

このため、就職・転職サイトは最低でも3つ以上の複数に登録し、併用しながら求人情報を集め応募先を探すのが一般的です。

《必ずしも、全パターンのサイトを使わなくてもOK》
あなたの性格や考え方、就職・転職活動の進め方に合わないサイトを使っての求人探しは、それだけでストレスになってしまいます。

ですから、併用するサイトもあなたに合った仕組みのものを併用すればOKです。

異なる仕組みのサイトを併用すれば、異なるタイプの求人と出会える可能性は高まりますが、使いやすさや条件とのマッチング度により併用するサイトを決めましょう。

《就きたい業界・職種に強いサイトを使うのもおすすめ》
次に働きたい職種や企業、業界が明確に決まっている場合は、そのジャンルに特化した就職・転職サイトを使ってください。

このとき、異なる仕組みや強みを持つ特化型サイトを併用しておくと、あなたがめざす業界・職種の求人情報を、さまざまな角度から収集できますよ。

【合わせて読みたい】
30代はキャリアのわかれ道!30代から転職成功するポイントを解説

《どれを使うべきか迷ったら、まずは大手と年齢特化型に登録を》
「自分に合う仕組みのサイトがわからない」「就きたい職業も、条件もまだよくわからない」という場合は、まずは複数の仕組みを持つ大手転職サイトを利用しましょう。

また、あなたの年齢・性別に強い特化型サイトに登録しておくのもおすすめ。あなたの経歴や、ライフステージに合った求人と出会えるかもしれません。

30代の就職におすすめの転職サイト一覧

直接応募型の転職サイト イメージ

ここからは、30代での就職・転職活用にぜひ役立ててほしいサイトを紹介していきます。

まずは直接応募型をメインの仕組みとするサイトを、それぞれの特徴ごとに3つのジャンルに分けて計6つご紹介します。

◆迷ったときの大手総合型
《doda》
転職業界大手、人材派遣業なども営むパーソルキャリア株式会社が営むサイト。

20代から40代以上まで、幅広い年齢・職種・業界・企業規模の求人を扱う総合型の就職・転職サイトですが、特に30代を対象とした求人が多い印象です。

実務経験のあるプレーヤー、マネジメント経験を持つ管理職候補、実務未経験者歓迎まで、多様な求人があります。

求人検索条件も豊富なので、あなたの条件やスキルにマッチする求人が見つかるでしょう。

またdodaは、他の大手総合型サイトと同様にエージェントサイト、スカウトサイトの機能も併せ持っています。

希望すれば触接応募機能と一緒に無料で利用できるはずですので、登録しましょう。

【合わせて読みたい】
企業・求人の実態が見える!30代転職を成功させる口コミ活用法

◆「30代」の年齢特化型
《FROM40》
株式会社ダトラが運営する、35歳以上から50代までの年代向け求人に特化したサイト。

「転職するにあたり、年齢が最大のネック」「年齢を理由に、面接までたどり着けず落とされてしまう…」という求職者の声を受けて誕生しました。

掲載している求人は、どれも40代以上の応募を歓迎する企業求人ばかり。
このため、たとえ実務未経験の職種への応募であっても、年齢を理由に採用を見送られる心配がありません。

30代で応募すれば、将来有望な若手として選考の機会を設けてくれるでしょう。

全体の求人数や正社員求人の件数では、大手サイトに劣ります。しかしその分、30代のあなたを求める幅広い雇用形態の求人と出会えますよ。

《ミドルの転職》
転職業界大手エン・ジャパン株式会社が運営する、30代・40代向けの求人サイト。

しっかりと社会人経験を積み、これからキャリアアップしていこうという志の高いミドル世代向けの求人をメインに扱っています。

経験豊富で、仕事を任せられるプレーヤー求人もありますが、マネジメント経験がある管理職候補の30代人材を求める求人が多いです。

年収600~800万円以上を提示する、いわゆるエグゼクティブ、ハイクラス求人も少なくありません。

エージェントサービス、スカウトサービスも併設しているので、各機能を併用しながらあなたに合う求人を探してみると良いでしょう。

【合わせて読みたい】
40代向け転職サイト「ミドルの転職」の評判から見る賢い活用法

◆変わり種のSNS系サイト
《Wantedly》
求職者は自身のプロフィールページを作成し、企業側は自社の採用ページや求人ページを作成して、高いに転職・採用活動を行えるサイト。

ビジネスSNS、ソーシャルリクルーティングサービスとも呼ばれる2012年から運用が開始された求人サイトの新しいかたちです。

求職者側の利用は、他の一般的な就職・転職サイトと同様に原則無料。普段使っているSNSのような感覚で、気軽に求人検索や応募ができます。

応募ボタンには、入社への熱意を企業側に伝えるための仕組みがあるのもおもしろい特徴。求職者のページを見た企業や採用担当から、直接スカウトを受けられることもあります。

掲載されている求人は、サイトの特性がらかIT関係企業が多い印象。特にWebに興味があり、IT業界への転職を考えている30代にはおすすめのサイトと言えます。

《LinkedIn》
2015年にサービスを開始した、ビジネス特化型SNS。ビジネスシーンでの連絡先交換や人脈づくり、就職・転職活動に広く利用されています。

海外企業、外資系企業を中心にインターンシップや中途採用の募集要項のシェア、採用担当からのスカウトなどが活発に行われています。

また、こちらからコンタクトを取って憧れの企業の採用担当、またはその企業で働く人とつながりをつくることも可能。

特に海外で働きたい、外資系企業への就職・転職願望のある30代なら、登録しておくだけでも損はないでしょう。

《NewsPickes》
経済関係のニュースをメインに発信するアプリ、サービス。企業の採用に関する記事を閲覧できる他、ジョブオファー機能で求人応募できる機能も備わっています。

募集件数自体は少ないですが、さまざまな経路から自分に合う求人を探していきたいと考えているなら、ぜひ利用してください。

【合わせて読みたい】
正社員をめざす女性が利用すべき15の転職サイトと、利用のコツ

30代の就職におすすめの転職エージェント一覧

エージェント型の転職サイト イメージ

次に、非公開求人の紹介や転職サポートを提供するエージェント型の転職サイトを計4つ紹介していきます。

◆リクルートエージェント
転職業界大手グループ、株式会社リクルートキャリアが宇寧するエージェントサービス。

大手ならでの圧倒的な案件数、内定決定数実績を誇っているため、かなりニッチな業界・職種の求人であっても紹介を受けられると評判です。

◆マイナビエージェント
リクナビに次ぐ転職業界大手企業、株式会社マイナビが運営するエージェントサービス。

特に20代・30代向け求人に強く、大手から中小・ベンチャー企業まで、若手を欲するさまざまなジャンルの求人を取り扱っています。

サポート体制への評判も高いので、仕事探しに不安がある30代はぜひ利用しましょう。

◆パソナキャリア
人材派遣などに強い、株式会社パソナグループが運営するエージェントサービス。

「利益よりも社会貢献」という価値観を掲げ、求職者を親身にサポートしてくれるとして人気を集めています。

グループ全体で16,000社と取引している関係から、年収の高いハイクラス案件を含め、幅広い求人との出会いが期待できるでしょう。

◆キャリアカーバー
リクルートグループが運営する、エグゼクティブ求人・ハイクラス求人に特化したエージェントサービス。

転職に関する相談相手となるコンサルタントを、自身で選び指名することもできます。

今回の就職・転職に際し、いまのあなたを高く評価し高額な年収を保証してくれる求人にこだわりたいなら、利用してみましょう。

【合わせて読みたい】
30代の転職に使いたい!おすすめのエージェントと賢い活用法
30代転職がうまくいく!利用すべきおすすめサイト&エージェント

同じグループ企業が運営するサイトでも、直接応募型を求人検索用、エージェント型を応募用として使い分けることもできます。

あなたが就業をめざす職種・業界や、好みによりうまく併用していきましょう。

就職・転職サイトをうまく使い分け、30代の仕事探しを成功へ

転職成功 30代

30代での就職・転職は、これまでの経験を活かしたキャリアアップも、新たな分野への挑戦もできる良いきっかけとなります。

しかし選択肢が多い分、どんなサイトを使って今後のキャリアを築いていくべきか、悩むことも多いでしょう。

そんなときは、本記事で紹介した就職・転職に役立つサイトやエージェントを利用して、いろいろな角度から自分の可能性や希望を探ってみてください。

ふと目に入った求人が魅力的に見えたり、エージェントから紹介された求人から新たな将来像が見えてくるかもしれません。

あなたのペースで、あなたにとって幸福なかたちで、30代での就職・転職の成功を勝ち取ってくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事