30代女性は就職できる!職歴・スキルがなくても成功させるコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

家庭の事情や自分の趣味・夢を優先したいなどの理由から、成人しても正社員として就職はせず、アルバイトとして働く道を選ぶ人は男女問わず一定数います。

フリーターとして働いてきた人が、30代になってはじめて将来への不安を感じ、就職活動に臨むというケースも珍しくありません。

今回は、正社員を含むアラフォー以上歓迎求人を扱う「FROM40」が、働いた経験がない、またはアルバイト経験しかない30代女性の就職成功について解説。

職歴なしで就職成功できる理由や失敗しないためにできる対策、おすすめの資格や人気の職業まで、就職活動を控える30代女性に知っておいてほしい情報を紹介します。

30代ではじめての就職活動をするから不安、自分の職歴・年齢で就職できるかどうか心配だと思っているなら、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

30代女性、職歴なしでも就職できる?

就職成功をめざす30代女性

一般的に企業の選考・面接に応募してくる30代には、20代の頃のような熱意やポテンシャルだけでなく、年齢相応の職歴・社会経験が求められます。

30代以降の転職市場では、柔軟性や熱意ではなく入社後いかに自社の利益を上げてくれるかの「即戦力性」が最大の武器になる、と言われるほどです。

そんな中、30代ではじめての就職活動をする女性が不安になるのは無理もありませんよね。

しかし、以下のようなほとんど職歴のない30代の女性でも、就職することは十分可能です。

・家庭の事情から高卒、大卒時に就職することができなかった
・心身に持病があったために、これまで定職に就くことが難しかった
・自分の夢や趣味を優先するため、短期バイトでのみ職歴を積んできた
・学校の卒業後すぐに結婚したため、就業した経験があまりない など



◆30代で職歴のない女性でも、就職可能と断言できる理由
《どの業界でも人材が不足しているから》
少子高齢化が進む現代の日本では、ほとんどの業界で人手が不足しています。

このため
・これから頑張って働いてくれそうな意欲
・人としての最低限のマナーや、清潔感がある
・自社の社風や、既存の従業員との相性が良さそう

と感じられる人材であれば「積極的に採用したい」と考えている企業も多いのです。

特に、求人を出してもなかなか応募が来ない地方都市の中小企業の多くは、良い人がいれば職歴にかかわらず来てもらいたいと考えています。

【合わせて読みたい】
年代によって正解が違う!?転職面接にふさわしい女性の服装を解説
40代の女性が転職で成功するヒケツ!面接の質問と身だしなみのノウハウ

《女性の就業支援を重用する企業もあるから》
一部の求人には「女性歓迎」「女性応援」などの文言が書かれていることがあります。

これは、その求人を出している企業、または求人を掲載している媒体が女性の就業を応援する方針を持っているということです。

30代の女性が、ほとんどの職歴のない状態で就職活動に至る事情は人によってさまざま。

事情を考慮し採用を考えてくれる企業がある限り、仕事に対する意欲と熱意のある30代の女性ならば、就職は十分可能と言えます。

《書類選考なしで、面接を受けられることもあるから》
過去の経歴や実績を問われやすい30代の転職・就職活動では、履歴書や職務経歴書に学歴・職歴・過去の実績やアピールポイントを書くことが求められます。

【合わせて読みたい】
【まとめ】これで完璧!中高年の転職者が必ず読むべき職務経歴書の書き方Q&A
郵送もメールも失敗しない!履歴書と職務経歴書の送り方完璧マニュアル

しかし正直なところ、ほとんど職歴のない30代女性の場合、自身の氏名・連絡先・住所などの個人情報以外に、応募書類に書けることはあまりないですよね。

書面からでは、書いた人の職歴や経歴は読み取れても、人柄まではなかなか読み取れません。

職歴・実績のある応募者と職歴のない応募者の書類を見た場合、企業側としては、職歴や経歴が自社の求める人材像に近い人物を面接に呼ばざるを得ないでしょう。

ただ、企業のなかには書類選考なし面接をおこなっているところもあります。

直接会って目を見て話せば、書面ではわからない人柄や就職への熱意も伝わるもの。
書類選考なし・面接のみで先行してくれる企業なら、30代女性が採用してもらえる可能性も高くなるでしょう。


30代の女性の就職、人気の職業は?

事務職の女性

30代女性の就職先として人気の職業は、「将来的に専門性を身に着けられる職業」または「挑戦の敷居が低い職業」の2つのカテゴリに大きく分けられます。

以下に、それぞれのカテゴリで人気の職業を仕事内容や特徴と一緒に見ていきましょう。

◆将来的に専門性を身に着けられるとして、30代女性に人気の職業
以下のような職業は、挑戦することで将来的なキャリアアップや独立が見込めるレベルの専門性が身につくとして、30代女性に人気があります。

《企画・マーケティング》

主な仕事内容 ・市場調査を行い、消費者のニーズや傾向を分析する
・市場調査の結果をもとに、一定の消費者層をターゲットとして設定
・ターゲット層のニーズに合った企画や商品の開発をサポート
・開発した規格や商品の販売時期、価格設定、売り出し方などを考える
主な就職先 ・商品の開発と販売を行うメーカーを中心とした、さまざまな企業


企業の顔となる企画・商品の開発を、徹底した市場調査のもとで主導するマーケティングは、花形職種と言われています。

女性が多くの消費活動を担っているため、流行や消費者目線を理解する女性の企画担当者・マーケターへの企業側からの需要は高いです。

ただし、活躍するには専門的な知識や高いコミュニケーション能力が必要となります。

《コンサルタント》

主な仕事内容 ・企業を運営するうえでの問題点を明らかにし、擬態的な解決策を提案する
・仕事を探す人材の就業を支援し、採用を検討する企業への紹介などを行う
主な就職先 ・企業コンサルタントを専門とするコンサルティングファーム
・人材コンサルタントを行う就職、転職支援企業、人材派遣会社など


経営や人材の育成、転職市場の知識が必要になる仕事です。
支援する対象が起業であるか、人であるかにより、経営コンサルタントと人材コンサルタントに大きく分けられます。

就職を希望する30代女性には、営業や人事担当として働いた経験や、自ら起業・経営した経験が求められることが多いでしょう。

【合わせて読みたい】
40代向けのコンサルタント求人は見つけられる!探し方のポイント
必読!40代が転職を成功させるためにコンサルタントを使うべき理由

《ITエンジニア》

主な仕事内容 ・クライアントの要求する内容のシステムやネットワークを提案、設計、構築する
・システムやネットワークの運用開始後、問題なく動き続けるよう管理、保守する
主な就職先 ・システムやネットワークの開発を行うIT関連の企業
・IT以外の業界企業のネットワーク、IT対策事業部 など


まず出来上がったシステムの運用・保守を経験した後、設計・構築など上流工程を手掛けるエンジニアへのステップアップが見込める職業です。

就業することでITにかかわる専門知識と、クライアントと要件を確認しプロジェクトを主導できるレベルのコミュニケーション能力が身につきます。

高いスキルが身についた場合は、フリーのエンジニアやITコンサルタントとして独立する道も見えてくるでしょう。

【合わせて読みたい】
未経験でもセールスエンジニアに転職できる?その仕事内容とは
これからのシステムを支えるシステムエンジニアへの転職

◆挑戦の敷居が低いとして、30代女性に人気の職業
昔から男性と並び、女性が担うことの多かった以下のような職業は就業時に専門性が求められるケースが少ないとして30代女性にも人気です。

《事務》

主な仕事内容 ・企業の運営に必要な書類手続き、人材や情報の管理、受付、電話対応など
・企業運営の裏方として、こまごまとした事務作業全般を担う
主な就職先 ・企業運営に欠かせないため、ほぼすべての業界企業が就職先となり得る


古くから女性が就業するケースが多く、残業や出張、イレギュラーな働き方を求められることの少ない事務職は、現代の30代女性にも人気が高いです。

ただし、人気ゆえに採用の倍率が非常に高くなること、昇給する機会が少なく長期的に見ると受け取れる報酬金額が少なくなるなどの欠点もあります。

《経理》

主な仕事内容 ・入出金、財務諸表の作成、税理士との面談、給与計算、決算業務など
・企業が受け取る、支払うお金の流れを記録し管理する
主な就職先 ・企業運営に欠かせないため、ほぼすべての業界企業が就職先となり得る


企業運営にかかわる、お金の管理を全面的に行う仕事です。
事務や総務と兼任されることも多く、昔から女性にとって身近な職業のひとつでした。

数字に強いこと、お金の流れや税金に関する知識が必要で、長く勤めると会社の根幹である経営や資産の状況まで深くかかわれるようになります。

【合わせて読みたい】
40代の【財務の転職】は難しい?成功のための秘訣と経理との違い
経理・財務・管理会計の転職に必読!ミドルが求められるスキルとは

《営業》

主な仕事内容 ・自社の商品や商材を、取引先となる企業や個人に紹介し買ってもらう
・企業の運営に必要なお金=利益を獲得してくる会社の稼ぎ頭
・こちらから客先に出向く外勤営業と、客の来店を待つ内勤営業がある
主な就職先 ・メーカー、不動産会社、広告会社などを中心に、ほぼすべての企業が就職先になり得る


客となる企業や個人に自社の商品・商材を売り込んで買ってもらい、企業の運営費用となる利益を上げるのが仕事です。

仕事の成果が売り上げというかたちで現れるので、数字として認識しやすいのが特徴です。

ただ、売り上げがそのまま評価の対象となるため、具体的な売り上げ目標が毎月課され続けることになります。

【合わせて読みたい】
年齢が価値になる!40代にこそ法人営業への転職がおすすめな理由
飛び込み営業を辞めたい人が次の転職で成功するために必要なこと

《販売》

主な仕事内容 ・来店した客に対し、自社の商品を購入してもらって売り上げをあげる
・外に出向いて商品を売り込むことはないので、内勤営業の一種ともいえる
主な就職先 ・アパレル関係、布や小物、雑貨、家具、インテリアなどの販売店


店舗で待機し、来店したお客様に対し自社の商品を紹介・案内し、買ってもらうのが仕事です。

特別な資格がなくても、商材への情熱や知識、お客様とのコミュニケーションを楽しめるスキルがあれば就業できます。

【合わせて読みたい】
ミドルも転職しやすい!店舗販売の仕事の特徴とおすすめサイト6選
雑貨の求人の職種や扱う品物とは?40代で有利なスキルも解説

30代女性、失敗しない就職活動のコツ

コツをおさえた就職活動をする30代女性

人気の職種がわかったら、ここからは30代女性が就職活動を失敗させないために、理解しておくべきコツを見ていきましょう。

30代女性が就職活動を成功させたいなら、以下2つのコツをおさえてくださいね。

◆優先順位を付け、就職活動に明確な軸を持っておく
30代の女性をメインターゲットとする求人は、たくさん存在します。

その中で自分に合った求人を見つけ、マッチング度の高い求人にのみ効率的に応募するには、求人を選別するための基準がなければなりません。

30代女性が求人選別のための基準にすべきは、以下の2点です。

《自由時間・家族・仕事の優先順位》
30代になると、結婚に伴う配偶者都合による転勤、妊娠・出産や育児を経験する女性も多くなります。

なかには、祖父母や両親をはじめ家族の介護のために、30代での就職・転職が必要になったという人もいるでしょう。

就職・転職にあたり何を性優先に考えるか。その基準は、各人が抱える事情によりさまざまです。

まずは自分が自分のこと、家族のこと、仕事のどの分野に最も今後の時間を割きたいのか、考えてみてください。

就職・転職後の理想的なライフスタイルを具体的にイメージすることで、あなたが就職・転職先に求める働き方や雇用形態が見えてくるはずです。

例)
・趣味などプライベートを最優先したい…
⇒報酬の高低やキャリアより、決まった時間働けるかどうかを重視視するといいかも

・育児や介護、夫婦の時間を大切にしたい…
⇒職種を問わず、家族のために働き方を柔軟に変えられる企業の求人がいいかも

・仕事を通して専門性を磨き、キャリアアップしたい…
⇒コンサルタントやエンジニアなど、独立開業もめざせる専門職がいいかも



【合わせて読みたい】
あなたは向いてる?30歳女性の転職の決断・成功に必要なこととは
必見!すべての30代女性が、転職成功のために守るべき3つのコツ

《条件の優先順位》
家からの距離、報酬額、雇用形態、仕事内容、待遇など、就職・転職先候補に求める条件も、求人を選別する上で重要な基準となります。

30代女性が就職・転職活動をするなら、過去の経験と現状から新たな職場に望む「譲れない条件」「妥協できる条件」をそれぞれ3つずつ挙げておいてください。

あなたの希望を完璧に満たす求人は存在しませんから、どのくらい譲れない条件を満たしているか、不満点を妥協できそうかを基準に、自分に合う求人を見つけてください。

【合わせて読みたい】
30代女性の転職を成功へ導く!事前に知っておくべき求人の探し方
30代後半の女性が転職で失敗しないために知っておきたいこと

◆自分の経験や適性を活かせる業界・職種求人を狙う
記事の冒頭で、一般的に30代の転職には「即戦力性」が最重視されるとお伝えしました。

ただ、この即戦力性とは、必ずしも職歴からくるスキルや知識とは限りません。

あなたが本来持つ人柄やコミュニケーション能力、色彩感覚、タスク管理能力、手先の器用さなども、企業に即戦力性を感じさせる要素となるはずです。

職歴があるなら、過去の経験やスキルを活かせる業界・職種を。
職歴がないなら、あなたという女性が持つ人柄やスキル、適性に合った業界・職種の求人を狙うと30代での就職・転職成功率はぐっと高くなります。

【合わせて読みたい】
年齢は関係ない!30代の女性が、転職を成功させるための考え方

30代女性、就職に有利な資格はある?

就職成功のため資格の勉強をする30代女性

最後に、30代女性の就職・転職を有利にするという視点で選んだ7つの資格を、それぞれの特徴や受験料の目安とあわせ解説していきます。

あなたの思い描く今後のキャリア、いま持っている経験・スキルに合わせ、必要だと思うものの取得を検討してください。

【合わせて読みたい】
20代30代40代の年代別!女性の転職に役立つ資格ランキング
40代女性の転職を有利にする資格10選と自分に合う資格の選び方

◆日商簿記検定2級
企業のお金の動きを計算のうえ記録・管理するためのスキルを証明する、民間資格です。

3級・2級・1級の三段階あり、最も上位なのは1級ですが、2級以上であれば経理・財務の実務能力がある即戦力性の証明として就職に役立ちます。受験料の目安は5,000円前後。

なお、最上位で難関資格である日商簿記1級を取得すると、税理士の受験資格を得ることができます。

◆MOS(Microsoft Office specialist)
マイクロソフトオフィススペシャリスト、通称「モス」と呼ばれる民間資格です。

事務作業などで一般的に用いられるWordやExcel、Access、PowerPointなどのソフトを使いこなす技術があることを証明してくれます。

受ける科目の数・種類によって受験料は異なりますが、10,000~30,000円が目安です。
事務や総務などの職種への就職を希望しているなら、受けて損はないでしょう。

◆ITパスポート
IT関連の情報を適切に分析・把握し、また経営にかかわる情報を正しく取り扱いできることを証明する国家資格です。受験料の目安は6,000円前後。

財務や経理などのバックオフィスの他、IT関連企業への就職・転職を有利にしてくれます。

あまり難易度が高くない国家資格ですが、求人の応募資格に「ITパスポート保有者歓迎」とされていることもあります。迷ったら、とりあえず取得してみましょう。

◆公認会計士
企業が作成する財務諸表が正しいかどうかを監査し、意見を述べる財務監査と呼ばれる独占業務ができるようになる、国家資格です。

会計士事務所に勤務したり、コンサルティングファームに所属するなどして、経理から財務まで企業経営を幅広くサポートします。

受験料の目安は20,000円、合格率は10%前後と難関資格ですが、経理や財務のプロとして将来的なキャリアアップを望むなら、働きながら取得をめざしてください。

◆社会保険労務士
労働・社会保険の専門知識を持つことを証明してくれる、国家資格です。

社会保険労務士事務所に所属して企業の労務・保険関係の書類手続きを代行したり、企業に所属して従業員の雇用や待遇、保険制度についての指導や相談を行えます。

合格率は6%前後、受験にかかる費用は10,000円が目安です。
将来的な独立開業や、幅広い知識を持つ事務・総務としての活躍をめざすなら、取得を検討してみましょう。

◆宅建(宅地建物取引士)
不動産の売買、または賃貸の仲介業を行うのに必要な国家資格です。受験にかかる費用の目安は10,000円以内、合格率は15%前後です。

不動産を取り扱う営業所では、5人にあたり1人以上の宅建士を置くことが法律で義務付けられています。

このため取得しておけば、長期にわたり不動産業界での転職を非常に有利にしてくれるでしょう。

◆介護福祉士
介護職における、唯一の国家資格です。介護現場での実務経験を3年以上積み、かつ、介護福祉士実務者研修の資格を得てはじめて、取得が可能になります。

受験費用は15,000円前後、合格率は70%程度です。学歴・職歴・年齢に関係なく取得をめざすことができ、高齢化の進む現代において社会的な需要も高い資格を言えるでしょう。

人と接する仕事がしたい、コミュニケーション能力を活かして働きたい、需要のなくならない仕事に就きたいと考える30代女性にはおすすめです。

【合わせて読みたい】
40代で転職するなら「人のためになる」国家資格・介護福祉士を目指そう!
介護福祉士・ホームヘルパーへの転職!利用すべき求人サイト10選

コツを知り求人を選べば、30代女性は就職成功できる!

就職に成功した30代女性

30代女性のなかには、事情があって過去に職歴を積めなかったり、ライフイベントのために離職したなどの理由から就職をめざす人がたくさんいます。

「職歴がない」「希望条件が多い」などの理由から、30代女性の就職は20代、また同年代の男性の転職に比べ難しく感じるかもしれません。

しかし、職歴がなくても、人柄がよく熱意のある30代女性を人材として欲している業界・企業は必ずあります。

本記事を参考に、あなたに合った業界・企業の求人と出会って、30代での就職を成功させてくださいね。

Banner column01
Banner neo column 01

新着記事

関連する記事