40代で法務の求人に挑戦!歓迎される経験と未経験採用の可能性

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

企業の活動を法の面から支える企業法務は、難しく、狭き門という印象もありますが、やりがいのある仕事です。

この記事では、40代から企業法務にチャレンジしてみたい方のために、仕事の内容や、未経験から採用の可能性を高めるコツをご紹介します。

最後まで読み、あなたの転職活動に役立ててくださいね。

目次

40代も必見!法務の求人の「お仕事内容」とは

法務の求人 イメージ

法務の求人内容をきちんと理解できるように、まずは法務の仕事内容を確認しておきましょう。 ここでは主に、法務のなかでも「企業法務」についてご説明します。

◆企業法務とは
事務・管理系の職種のひとつで、企業活動における法的な側面のすべてを把握し、サポートするのが仕事です。

具体的には、社内外の法的トラブルへの対応、契約の起案・締結にかかわるチェック、株主総会や取締役会の事務局などがあります。

かつては発生した法的トラブルに対する「臨床法務(裁判法務)」が主な役割でしたが、近年ではトラブルを未然に防ぐ「予防法務」が重視されています。

◆業務のジャンルは大きく分けて4つ
勤め先企業や会社規模によっても異なりますが、法務の仕事は大きく以下の4つに分けることができます。

それぞれについての解説とあわせて、確認してください。

《1》契約・取引法務
国内外の企業活動で発生する取引や契約を担当する、企業法務のメインとなる仕事です。

売買契約や業務委託契約など、さまざまな契約内容に法律的な問題がないかをチェックします。

《2》組織法務
組織として会社を運営していく上で必要なもので、子会社の設立や、株主総会などの株式に関する業務を行います。

《3》コンプライアンス法務
近年重視されてきているコンプライアンス(法令遵守)に関係する業務です。
具体的には社内の法律相談窓口や、マニュアルの作成などを行います。

《4》紛争対応法務
企業活動において法的なトラブルが発生し、裁判の必要性が生じた場合に対応することを指します。

企業側の代表窓口として弁護士等の専門家と連携し、訴訟や交渉を行うこともあります。

法務の求人に40代未経験で応募、採用の可能性は?

法務の求人に挑む男性

法務の仕事内容がわかったところで、次は、未経験から法務の求人に挑む場合のポイントと、採用の可能性についてご説明していきます。

◆法律の知識か、経験がないと転職は厳しい
法務は、企業のなかでも法律に特化した専門性の高い仕事であるため、転職するには法務の経験か、法律に関する知識のどちらかが求められます。

職種未経験での転職の場合、最低でも大学または大学院の法学部か、ロースクール卒業程度の法律知識があることが条件となります。

法務が未経験で、かつ法律的な知識がまったくない状態からでは、法務専門職への転職は難しいと言わざるを負えません。

◆未経験なら研修の充実した企業を探そう
ほとんどの場合、法務での転職者には即戦力が求められますが、ごくまれに入社後の法務研修制度が整った企業の求人もあります。

丁寧な研修を行う企業であれば、全くの未経験でも採用される可能性はゼロではありません。

法務の求人で歓迎される資格・スキル

法務に役立つ資格 イメージ

まったくの未経験、知識のない状態から法務に転職するのは厳しいですが、独学で法律の知識を得てから挑戦するという方法もあります。

最後に、法務への転職が有利になる資格やスキルをご紹介します。

◆法律関係の国家資格
法務の求人に応募するのに特定の資格が必要とされることは少ないですが、以下のような法律関係の資格を持っていると歓迎されます。

・弁護士
・行政書士
・司法書士
・社会保険御労務士


いずれも難易度の高い資格ですが、職種未経験なら法律関係の知識があることの裏付けとして、取得を検討しても良いでしょう。

◆そのほか、歓迎されるスキル
資格以外にも、以下のようなスキルや経験があることがアピールできれば、採用の可能性が高まります。

・司法試験に向けた勉強、また受験の経験がある
・高いコミュニケーション能力がある
・基本的なビジネスマナーを備えている
・冷静で、臨機応変な対応ができる
・問題解決の能力が高い など


いかがでしたか?
40代から職種未経験で法務に転職するのは決して簡単ではありませんが、不可能ではありません。

知識や熱意のある人は、この記事を参考に自分に合う求人を探してみてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事