40代50代女性が狙い目の仕事の種類はコレ!求人選びのポイント2つ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>人生後半の転職・独立起業・セカンドキャリアに、45歳からの実践型キャリア自律スクール

人生後半も活躍し続けたい40代・50代のビジネスパーソンには、キャリア自律のパーソナルトレーニング「ライフシフトラボ」がおすすめ。ライフシフトラボは、複業・社外活動を足がかりに転職・独立起業・定年後のセカンドキャリアなど、人生後半のキャリア自律を叶えるオンラインビジネススクールです。

人材業界に精通するキャリアコーチがマンツーマンで伴走支援し、キャリアプランニングから強みの棚卸し、あなたの豊富な経験を活かした複業デビューまで、体系的に学び実践できます。

※ 勤め先が複業禁止の場合でも受講いただけます。

キャリア自律のためにオンライン無料説明会に申し込む

40代50代の女性が仕事を探す時に、自分に合った仕事は何だろうと迷ったことはありませんか?

せっかく仕事をするなら、自分に合った仕事や勤務先を選んで楽しく働きたいと思うのは当たり前ですよね。

今回は40代50代女性の仕事選びの条件や、狙い目の仕事の種類について紹介します。

さらに転職に失敗する原因についても詳しく解説しているため、これからの転職活動に活かせる情報が満載です。

仕事探しの時に活用するべき転職サイトや転職エージェントも厳選して紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代50代女性の仕事選びの条件、その選択肢とは

40代女性成功のヒント イメージ

40代50代女性には、仕事についてどのような選択肢が用意されているのでしょうか。

ここではまず、仕事探しをする40代50代女性が選択を迫られる仕事と働き方、それぞれの選択肢について、紹介していきます。

◆仕事探しの選択肢
40代50代女性が仕事を探す場合、まずは職業を選ぶときの条件・基準を決めることが必要です。

職業の選び方の基準としては、以下の2つが挙げられます。

《職業選択の基準その1》経験を活かせる仕事に就く
働いたことのある業界・職種を中心に、それまでのキャリアで築いた職務経験を活かせる仕事を探す方法があります。

企業が40代50代に求めているのは、「即戦力性」です。

即戦力として働ける仕事を探すことは、一般的に厳しいと言われる40代50代での転職において、効果的な戦略と言えるでしょう。

《職業選択の基準その2》40代50代女性への需要が高い、未経験の仕事に就く
これまでの経験に関わらず、たとえ未経験の職種であっても、40代50代の今の自分が求められている業界・職業にすすんで挑戦する方法です。

介護や福祉関係を中心に、特に40代50代女性の労働力を欲している業界があります。

経験の有無にかかわらず、これらの業界・職種で仕事探しを行えば採用される確率が高くなるため、迅速な転職成功のためには有効な作戦です。

◆働き方の選択肢
一方、40代50代女性の働き方には、以下のような選択肢が考えられます。

《労働時間によって、働き方を決める》フルタイムか、短時間勤務か
どのくらいの時間働きたいか、ということを第一条件として、働き方を決める方法です。

大きく分けて「8時間のフルタイム勤務」か「5時間以下の短時間勤務」の2つのスタイルがありますが、どちらを選ぶかによって、収入・雇用待遇・働き方が変化します。

フルタイム勤務なら「正社員」や「契約社員」、短時間勤務なら「パート・アルバイト」「派遣社員」などの働き方が一般的です。

《収入によって、働き方を決める》扶養の範囲内か、バリバリ働くか
どのくらいの収入を得たいかを最重要事項として、働き方を決める方法です。

各家庭によって事情はさまざまですが、配偶者のある40代50代女性の場合、配偶者(主に夫)の「被扶養者」となっていることも珍しくありません。

この場合、収入を社会保険上の被扶養者と認められる年間130万円までになるように調整することで、社会保険料支払い義務の免除などを受けられることもあります。

扶養の範囲外まで働き、女性本人が社会保険料を支払う方が将来的な年金額は増えると言われていますが、毎月の税金・交際費などによる出費が多くなるかもしれません。

自分の持つビジネススキルと、現在の配偶者と家庭環境にとってどちらの方が得か、よく調べて決定することをおすすめします。

あわせて読みたい:
40代の転職時、一番おトクな「扶養控除」で働くには?!

【参考】
国税庁:配偶者の所得がいくらまでなら配偶者控除が受けられるか
厚生労働省:平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がっています!(社会保険の適用拡大)

《契約の種類によって、働き方を決める》勤めに出るか、独立するか
働く上での契約条件によって、働き方を決める方法です。

企業と契約して働く労働スタイルには、大きく分けて労働者として企業に雇われる「雇用契約」と、仕事単位で報酬や待遇について契約する「業務委託契約」があります。

簡単に言うと、「雇用契約」で働く人がいわゆるサラリーマン、「業務委託契約」がフリーランス・独立と呼ばれる働き方です。

会社員やパートなど、雇用されて勤めに出るだけが40代50代女性に許された働き方の選択肢ではないということを知ったうえで、働き方を決定すると良いでしょう。

配偶者や家庭の都合によって働き方を変える人も多い40代50代女性ですが、仕事を続けることができるよう、自分の状況・適性に合った選択肢を取ることが何よりも重要です。

40代50代女性が狙い目の仕事の種類はコレ!

40代女性が狙い目の仕事の種類

さまざまある仕事の種類の中から、自分に合った仕事を探すのは大変なことです。

ここでは女性向けの仕事とその内容を紹介しますので、仕事選びの参考にしてください。

◆システムエンジニア、ITコンサルタントなど
今や日常生活に欠かせないIT系の仕事は求人数も増加傾向にあり、今からでも勉強をすれば男女の差が無く十分に働ける職種です。

特にスマートフォン向けの仕事は狙い目で、勉強次第で未経験でも採用の可能性は十分にあります。

◆接客業、販売業
細かな気配りが出来る女性にとって、飲食店や店舗スタッフは狙い目の職種のひとつです。

求人数も多く、将来的に店長やスーパーバイザーなどキャリアアップの道もあります。

◆不動産業界の営業やアドバイザーなど
賃貸や新築、リフォームなどの相談は顧客相手が主婦である場合が多いため、女性が求められることの多い仕事です。

また、女性ならではの感覚が生かされる職種でもあるため、おすすめと言えます。

◆保険営業
人生経験豊富な女性を積極採用する企業の多い業界です。

40代女性が活躍の場を広げられる職種と言えます。

◆介護や保育業界での仕事
高齢者や子供と接する仕事は、細やかなケアや気配りなどコミュニケーション能力の高い女性が求められる職種です

40代50代女性が転職を成功させるために必要な6ステップ

1497920810_30471.jpg

まずは、40代50代女性の転職をスムーズにするための、大切な6つのステップを以下に紹介していきます。

◆40代50代に求められることを理解する
一般的に40代50代の転職希望者に求められることは、経験や管理能力です。

それを理解した上で、自らの経験や管理能力はどのような武器となるか客観視してみましょう。

◆キャリアの棚卸をする
自らの客観視に効果的なのがキャリアの棚卸、これまでの経験の整とん作業です。

自分に何ができ、何ができないか、また応用するとどんなことができるか、しっかり把握しておきましょう。

◆妥協できるラインを確認する
給与や待遇、働き方に対する考え方は、一人ひとり大きく異なります。

今の自分にとって、拘束時間や勤務地も含め、転職による変化をどの程度受け入れられるか、よく考えてみましょう。

◆自分の市場価値を理解する
ここまでの3つのステップから、自分の転職市場における価値を確認しましょう。

市場価値を引きあげるため、資格取得などを視野に入れるのもひとつの方法です。

◆ゴールを設定する
市場価値や現状を踏まえた上で、つきたい職種や「○月までに転職する」などの期限の目標を設定します。

それを自分にとっての「転職成功のゴール」として転職活動を進めましょう。

◆ゴールに必要なことを実行する!
資格の取得や、求人への応募など、設定した転職成功に必要なこと・モノを整理します。

そしてひとつずつ達成し、転職成功に近づいていきましょう。

40代50代女性が転職に失敗する原因はコレだった?

1498538032_14397.jpg

まずは、女性が転職に失敗する原因から見ていきましょう。

◆情報収集が少ない、もしくは偏っている
求人情報の収集源には、様々な媒体があります。

これらの求人媒体を複数活用することで、求人情報の収集の効率が上がり、求人情報が見つからず転職できないという失敗リスクを下げることが可能です。

◆職種や条件を自分で狭めてしまっている
転職で失敗する40代50代女性の多くは、単純に年齢制限だけではなく自分の市場価値を理解していません。

「自分にはこれしかできない」と思いこんで、応募する業界や職種を狭めてしまっている場合もあります。

◆途中で諦めてしまう
転職活動で不採用ばかりが続くと「もう無理かも…」と挫折してしまいがちです。

転職は年を重ねるほど不利になるので、一度諦めてしまうと再開する際にはさらに難しくなってしまいます。

挫折しそうな時には、なぜ自分は転職をしたいのか自問自答を繰り返してみて下さい。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代50代女性が、仕事探し成功のために利用すべき媒体8選

スマホで仕事探しする40代女性

最後に、40代50代女性の仕事探しに役立つ媒体を8つ紹介します。

40代50代女性を歓迎する求人が豊富な転職サイトや、第三者からの意見や紹介が欲しいときに利用してほしい転職エージェントなどを掲載しているので、参考にしてくださいね。

40代50代以上歓迎求人が豊富な転職サイト ・FROM40
・FROM40ネオ
・マイナビミドルシニア
・enミドルの転職
40代女性が利用すべき転職エージェント ・パソナキャリア
・type転職エージェント
40代女性が未経験・非正規の仕事を探せるサイト ・RUN-WAY
・しゅふJOB


あわせて読みたい:
女性の再就職に役立つ!おすすめサイト13選と成功を掴むコツ

まとめ

40代50代女性が狙い目の仕事の種類や仕事選びのポイントは、しっかり把握できたでしょうか。

ITリテラシーの高い人ならSEやITコンサルタントなどのIT業界もおすすめですが、それ以外にも不動産や保険など、活躍できる業界は幅広くあります。

転職に成功するためのステップやおすすめの転職サイトなどもチェックして、40代50代の年齢だからこそできる業務や、仕事探しを進めて転職を成功させてください。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new