優秀な女性営業マンを採用する方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の雰囲気や取り扱う商品によっては、女性の営業職を採用したいと考えるケースも少なくありません。

本記事では、優秀な女性の営業職を採用するにはどんな準備が必要か、会社を魅力的に見せる方法、内定を出したときに承諾してもらいやすくなるテクニックをご紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

営業職で女性が活躍している理由とは

女性営業 採用

営業職の呼称として「営業マン」がある程度一般化していることからもわかるように、営業は男性の仕事というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

しかし、女性が活躍できる職業でもあるのです。

なぜ営業職が女性にも合う仕事だと言えるのか、そして女性が働きたいと感じる環境とはどのようなものか、解説します

◆女性の細やかな気遣いやフォロースキルは営業向き
個人差はあるものの、女性の方が男性と比べて、細部まで目が届きやすく、気遣いが細やかな傾向があります

これは、どのような商材を扱う営業でも、相手が人であることを考えると、大きな強みでしょう。

また、女性であれば親しみやすさを覚えてもらいやすく、愛嬌で相手との距離をうまく縮めることもできます

女性は相手の気持ちを上手に汲み取ったうえで気配りをしたり、信頼関係を築き上げることに長けています。

これは営業にとって欠かせないスキルです。

◆女性は共感力が高くコミュニケーションが得意
営業に欠かせないスキルには、共感能力が挙げられます。

相手が何を考えているのか、何を求めているのかを適切に察し、対応することが求められるからです。

女性はこの共感力が高い傾向にあります

営業職として、顧客が求める提案をするのに必要な能力でしょう。

営業はよい聞き手かつ、よい話し手である必要がありますが、日常生活を踏まえても、男性より女性の方がこのような性質を持っていることが多いようです。

◆女性営業を採用するのに気をつけるべき環境
オフィスや待遇、福利厚生といった環境を整えることは、優れた求職者からの応募を期待するのであれば必須です。

そのなかでも、特に女性視点で「ここは譲れない」とされる部分を紹介します。

まず、オフィス環境が清潔であることは欠かせません。

分煙であること、お化粧室がきれいであることを気にする女性も多いようです。

また、女性がライフプランを考えるうえで、大きなイベントが出産です。

会社に産休育休が使える雰囲気であるのかという点は、出産後も働きたい女性には非常に重要です。

取得実績がない、制度が整っていない場合でも、どう対応するのか明記しましょう。

さらに、土日祝休みであるか、時短勤務があるかに注目する女性は多いようです。

現在のライフワークバランスだけでなく、結婚や出産を経ても長く働けるかどうかという点で重視されています。

▼詳しくはこちら
40代女性の営業転職のポイント!仕事内容&役立つスキルをご紹介

女性営業採用のためにはペルソナ設計が必須

女性営業 採用

漠然と「女性の営業がほしい」と採用活動をスタートさせてしまうのは危険です。

優秀な人材を求めるのであれば、ペルソナを明確にしておく必要があるでしょう。

採用をスムーズに行い、採用後のミスマッチを防ぐためにも、ペルソナ設計をする際に気を付けるべきポイントを解説します。

◆ペルソナ設計とは?
ペルソナ設計は、マーケティングなどで使用される概念です。

会社や商品、サービスなどのターゲットとなる対象像を「ペルソナ」と呼びます

ペルソナは「30代女性」のようなざっくりした情報ではなく、年齢や性別、住所や職業、仕事をしている場合は会社の規模や役職、年収、さらに生まれと育ちや価値観、ライフスタイル、趣味、特技といった細かい情報まで、実在する人物のように決定します。

◆ペルソナ設計の必要性
ペルソナの設計を行い、社内で共有することで、採用に関しての「認識のズレ」を防ぐことができます

細かい部分を話し合いながら決めていくことで、曖昧だった脳内の希望イメージまですり合わせられるでしょう。

こうしてターゲットの詳細をしっかりと詰めていくことで、理想とする相手に対してどのようにアプローチをすれば効果的かという具体的な施策が立てやすくなります

◆採用したい人材と採用できる人材を見極める
ペルソナの重要な目的としては、自社で採用したいと考えている人材と、採用できる人材を見極めるということがあります。 見極めには、3つの重要なポイントがあります。

1つ目は、求職者が転職先に求める条件はどんなものかという点。

2つ目は、自社がその求職者が求めているものに応えられるのかという点。

3つ目は、競合他社が出している採用条件を確認したときに、自社が同じ土俵で戦えるのかという点です。

このような視点を持って、ペルソナで設計した人材は自社で採用か可能なのかについて、改めて考えましょう

難しい場合は、再度すり合わせが必要です。

◆会社のベンチマークを決めておく
採用を行う際には、競合となる他社のことも念頭に置いておかなければなりません。

そのため、ベンチマークする会社を設定するとよいでしょう。

このときに注意したいのは、採用という場での「競合」は、同じ業界に限らないということです。

会社の規模感、設定している応募資格、給与、勤務地が似ている場合、「競合」として判断します。

業種や職種が同じ会社だけをチェックすればいいわけではありません。むしろ、まったく異なる業種の会社が競合となるケースも多いのです。

競合の求人票を確認し、どんな条件を出しているのか、それに対してどんな待遇を示しているのかを確かめ、自社でも対抗できるかをチェックしましょう

女性営業職が応募したくなる求人票の作成方法

女性営業 採用

よい人材がほしい、というのはどの企業でも共通の希望ではありますが、まずは応募してくれる人の人数、母数を増やさなければいけません。

ここでは、特に女性が応募したいと感じやすくなるような求人票とはどのようなものかと、作成する際に気を付けたいポイントを挙げていきます。

◆女性が活躍している、活躍できることを伝える
営業として働いていきたい女性の場合、その会社で女性がどのような実績を残しているかに注目するでしょう。

例えば、現在在籍している女性の割合や、女性管理職の割合などは分かりやすく示されていることが望ましいです。

また、働きやすさという視点では、産休や育休の取得実績と、復帰した実績も重要です。

これらの数値に説得力を持たせるには、実際に働いている女性社員のインタビュー記事などを載せることです。

社内で働いている女性の顔を見たり、声を聞いたりすることによって、求職者は具体的にその会社で働くイメージを持ってくれるでしょう。

◆職場の環境や一緒に働く社員の写真を載せる
オフィスや社員の写真を載せることは、親近感を持ってもらうために重要なポイントです。

女性はオフィスの環境が整っているかという点、特に清潔感を重視する傾向があります。

働くオフィスはきれいである方が、好印象を持ってもらえます。

さらに社員同士の仲がよさそうか、活力を持って働いているかという点も重要です。

また、女性は同年代の社員がいるかどうかも気にする方が多い傾向にあります。

これらの疑問を解決するためにも、オフィスや実際に働いている社員の写真が見られるようにすることは、効果的であると言えます。

◆文章はわかりやすく、記号を多用する
転職活動中の場合、求人情報は通勤中や休憩時間にスマホで見るというパターンが多いようです。

そのため、長文になってしまうと、スマホの画面いっぱいに文字が表示されることになり、見づらくなります

文章も、若い世代の女性をターゲットとする場合は難しすぎる言い回しや漢字の多用は避けましょう

なるべく柔らかい雰囲気を出せるよう、優しい口調を心がけて書くことを心がけてください。

実際に、ひらがなをメインとした求人情報の方が応募率が高いという傾向があるようです。

業界が化粧品系やエンタメ系など華やかであれば、「☆」や「♪」といった記号を入れることで、空気感が伝わりやすくなります。

◆検索結果のメイン写真はクリック率に大きく影響する
検索結果に表示されるメインの画像は、求人広告の顔ともいえる非常に重要なポイントです。

男性と比べて、女性は視覚的な情報に影響を受けやすい傾向があるようです。

そのため、ただ写真だけ掲載するのではなく、写真に文字や記号を入れてアピールポイントを伝わりやすくする方法があります。

このように文字を入れる際には、スマホでも読みやすいようにフォントやサイズに気を配りたいところです。

用いる写真も、構図や明るさにもこだわったものを使いましょう。

女性が好みそうなデザインにすることで、クリック率が各段に高くなります

◆休日や勤務時間は具体的に掲載する
同じ営業職として転職する場合には「休日や勤務時間」を重要視する方が多くなっています。

「休みが取りやすい」「残業が少ない」と記載するだけでなく、「年間休日120日以上」「残業平均は月10時間前後」といったように、具体的な数字を記載しましょう

さらに、1日の仕事の流れを時間とともに記載することで、これらの情報に説得力を持たせることができます。

◆勤務地の周辺情報を伝える
オフィスが駅からのアクセスがよいというのは、通勤の負担を考えると大きなメリットだと言えます。

駅から直結で雨に濡れずに通勤できるといったような特徴がある場合は、欠かさず記載しましょう。

また、オフィス周辺に女性がひとりでもランチができるお店やおしゃれなカフェがある、帰りにショッピングができるようなお店が多いといったことも訴求ポイントになりえます。

◆オフィス環境の快適性を伝える
オフィスや環境について伝えることも重要です。

オフィス内のドリンクサービスやオフィスコンビニの有無、また服装や髪型、ネイルなどが自由かどうかといった点に注目する女性も多いでしょう。

勤務形態として、リモートワークやフレックスタイムなどを取り入れているかどうかも、働きやすさのアピールという点では大きなポイントです。

▼詳しくはこちら
求職者を惹きつける、魅力的な企業PRテクニックとは

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

優秀な女性営業の内定率を上げるテクニック

女性営業 採用

自社にぴったりな人材を見つけ、採用したいと内定を出しても、先方からお断りされるケースもあります。

そのような事態を防ぐためにも、内定の承諾率を上げるテクニックについて解説します

◆面接官の印象が重要
面接官は、求職者が最初に会う会社の人間です。

この面接官の印象が、会社の印象に直結すると言っても過言ではありません。

面接は求職者に対して一方的に質問をする場ではありません。

相手の話を謙虚に聞く、目をあわせて会話をする、自社の情報もしっかりと伝える、笑顔で応対するといったことは、いい面接だったという印象を与えるには欠かせない対応です。

一方、高圧的な態度、こわばった表情、自社の情報は開示せず求職者にばかり質問をぶつけてくる、といった態度で臨むと、悪印象になりかねません。注意しましょう。

◆選考活動のスピードが重要
求職者は大抵他社と同時進行で転職活動を進めています。

選考に時間がかかれば、他社から内定が出てしまい、優秀な人材を逃すことになってしまいます

目安として、書類選考は1~2営業日、面接回数は2回程度が理想的とされています。

短い時間・少ない面接回数で相手を見極めることは難しいですが、時間をかけすぎないことを意識しましょう。

◆面接はWeb面接を導入することが重要
効率化という観点では、Web面接は有効な手段だと言えます。

直接顔を合わせる面接と比べて、スピード感を持って選考を進めることができるためです。

また、求職者の居住地や現職地と自社が離れていても、面接を辞退される確率を下げられるというメリットもあります。

Web面接を行う際には、インターネット環境やカメラ、ライトの状況といった面接当日のことだけでなく、履歴書や職務経歴書の送付方法や緊急連絡先を連絡しておくなど、細やかな気遣いが求められるでしょう。

▼詳しくはこちら
40代転職時に『面接』を成功させるには?面接前に知って得する6つの成功ポイント!

まとめ

女性営業 採用

優秀な女性の営業職を採用するには、採用したい女性の営業の強みを知ることからスタートしましょう。

さらにそのイメージから、少しずつ自社に合うようにペルソナを設定することが重要です。

実際に求人を行う際には、女性に応募・内定承諾してもらいやすくなるよう、工夫をすることが大切です。

優秀な人材を競合に入社されてしまうことのないよう、ポイントを抑えた採用活動を行うことを心がけてください

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new