マネージャー職でハイクラス転職を成功させる方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

マネージャー職であっても待遇の不満や将来の不安などを理由に、転職を考えることがあるでしょう。

この記事では、年齢や経歴、実績のハードルが高く、転職が難しいといわれるマネージャー職でもキャリアアップできる方法を紹介します。

ハイクラス転職を成功させるコツも紹介しているので、併せて参考にしてみてください。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

マネージャー職のハイクラス転職とは


ハイクラス マネジャー 転職の画像

マネージャー職がキャリアアップするためには、ハイクラス転職を行なう必要があります。

まずはマネージャー職のハイクラス転職とは、どういったものなのかを確認しましょう。

◆マネージャー職が転職する理由
マネージャーという管理職であっても、転職を考えることはあるでしょう。

たとえば仕事内容と給料が見合っていない、休みが確保しづらいといった待遇面に不満を感じて転職を考える人もいます。

責任がある立場だからこそ、それなりの待遇は必要です。

休みが確保しづらい場合は、プライベートの時間を満足に楽しめる機会も少なくなるかもしれません。

ほかにも部署の異動や幹部の交代によって社風に納得いかなくなったり、これからのキャリア設計に不安を覚えたりする場合もあるでしょう。

働く環境によっては仕事へのやりがいを感じられなくなることもあるため、転職を考える人は珍しくないのです。

◆マネージャー職の仕事とは?
マネージャーの仕事は多岐に渡り、さまざまなことを行っています。

大きく分けると「タスクの進捗管理」「チームの管理」「メンバーのコーチングやモチベーションの管理」の3つです。

・タスク進捗管理
タスク進捗管理とはプロジェクトがうまく遂行するように、目的や目標を明確にすることです。

特定のプロジェクトがない場合でも、年度ごとや四半期ごとに目標を定め、「目標を達成するためにはどうしたらよいか」を考えます。

もし目標達成の進捗が遅れているようであれば、「何が原因か」「どのような対策が必要か」といった解決策を考えていくのです。

必要なことは上司やチームのメンバーと相談し、目標を達成するように軌道修正しながらチームを引っ張っていきます。

・チームの管理
プロジェクトや目標を達成するためには、「どのようなメンバーが必要か」「メンバーは何人揃える必要があるのか」といったチームのメンバーを管理するのも、マネージャーの仕事です。

必要に応じて、ほかのチームと人員の交渉を行ったり、必要な人材がいない場合は人事に相談したりして、必要な人材が確保できるように努めています。

人材不足によってプロジェクトの遂行が遅れたり、目標が達成できないという状態に陥ったりしないように、さまざまな方法で人材を確保していくのです。

・メンバーのコーチングやモチベーションの管理
コーチングとは相手の話を聞いたり、提案を行ったりと対話を通じて、相手の内側に隠れている能力を引き出し、目標達成に導くことを指します。

マネージャーはチームのメンバーが、「どのような能力を持っているのか」「何を得意とするのか」など、1人ひとりの個性を見抜いて、仕事を割り振る必要があります。

メンバーに適した仕事を割り振らないと、プロジェクトの進捗や結果に大きな影響を及ぼしてしまう場合があるため、慎重に個性を見極めなければいけません。

そのためメンバーの個性を引き出せるように、コーチング技術を身に付けるのもマネージャーには必要なスキルといえます。

またメンバーのモチベーションを維持するのも、マネージャーの仕事です。

メンバーを大事にすることで仕事にも良い結果をもたらします。

仕事だけでなく、時には親睦会などを開催し、メンバーのモチベーションが上がるような提案も必要です。

そのほかにもメンバーの評価や上司と業務の調整もマネージャーが行います。

メンバーの評価はプロジェクトでの能力や成績を総合的に判断し、上司や人事に報告することがあります。

マネージャーの評価が給料や昇給に影響が出る場合もあるため、慎重に判断する必要があるでしょう。

上司との業務調整は、チームに正しい情報を共有するために大切な仕事です。

仕事内容を正確に把握しなければ、チームの方向性もずれてしまい業務に支障をきたします。

またプロジェクトの内容がチームで遂行できる内容であるかを判断するのもマネージャーの仕事で、チームにとって難題すぎるのであれば、上司と相談する必要があるでしょう。

◆ハイクラス転職の定義
ハイクラス転職とは、明確に定義された言葉ではありません。

一般的には、「経営者と同じ目線に立って業務を遂行できる人材」「非常に優れたスキルを持つ人材」「年収800万円以上の人材」をハイクラス人材と呼び、ハイクラス人材に転職することをハイクラス転職といいます。

ハイクラスな人材は経営者と同じ視点で仕事を遂行できたり、経営に関わっていなくても高度なスキルを持っていたりするため、年収も高い傾向です。

ただし年収が800万円以上でないと、ハイクラス求人にならないというわけではないため、参考程度にするとよいでしょう。

詳しくはこちら:管理職の仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは?

マネージャー職のハイクラス求人の特徴


ハイクラス マネジャー 転職の画像

マネージャー職でハイクラス求人を出している企業は、どういったことを望んでいるのでしょうか。

企業のニーズを知ることで、転職の成功率を高められます。

◆ハイクラスのマネージャーを募集する背景
ハイクラスのマネージャーを募集する背景はさまざまあります。

たとえば自社内でプロジェクトを遂行する力がなかったり、新規事業を行うにあたってアイデアが出なかったりすると、その分野の経験者を採用してマネージャーとしてチームを引っ張ってもらおうと考えるでしょう。

経験者を採用することで、プロジェクトがスムーズに進みやすくなり、事業の成果にもつながりやすくなるのです。

またスキル以上に重視されやすいのが人脈で、今までの経験の中で築き上げた人脈を持ちながら事業を任せられるというメリットが期待できます。

場合によってはマネージャーだけではなく、マネージャーの部下も引き連れて採用することもあるほどです。

各業界に顔が効くような人材は、どこの企業でも重宝されるでしょう。

そしてマネージャーはスキルや経験のほかにも、マネジメント力が重要です。

マネージャーがチームをまとめあげて、方向性を示しながらプロジェクトを遂行していきます。

そのためマネジメント力が低ければチームは成果をあげることができないため、マネジメント力の高いマネージャーを確保したいと企業は考えるのです。

◆ハイクラスのマネージャーに求められること
ハイクラスのマネージャーには、「聞く力」「判断力」「経営の能力」「自己管理能力」「業界の知識」 が求められます。

なぜこれらの力が必要なのか、詳しく確認しましょう。

・聞く力
マネージャーはチームをまとめるために指示を出すだけではなく、メンバーの声を聞くことが重要です。

メンバー1人ひとりに耳を傾け、「何か困っていないか」「不満に感じていることはないか」「よいアイディアはないか」などを聞くことで、よりよいチームに成長します。

指示を出すだけでメンバーの話を聞かない、といったマネージャーは、よいマネージャーとはいえず、メンバーも付いてきてくれないでしょう。

メンバーとは積極的に交流し、話しやすい環境を整えてあげることが大切です。

・判断力
マネージャーは上司とチームのメンバーをつなぐパイプ的な存在です。

上司からの指示を正確に理解し、チームのメンバーとプロジェクトを遂行していきます。

そのためマネージャーは上司の言い分も、チームのメンバーの言い分も、公正な立場で判断する必要があります。

たとえば上司の言い分におかしな点があっても、上司の命令は絶対だとメンバーに間違った指示をするのは、マネージャーとして好ましくありません。

反対にメンバーに遠慮しながら仕事を行っていては、プロジェクトが予定通りに進まないどころか、必要な業務さえ依頼できなくなってしまうでしょう。

またチームのメンバー内で対応を変えてしまうのは、問題です。

どのメンバーにも同じ態度かつ対応を行います。

・経営の能力
チームを運営するということは、いわば小さな会社を運営しているのと同じです。

プロジェクトで成果を出すためには、「何が必要なのか」「予算はどれぐらいあるのか」などを把握しながらタスクを管理していく必要があります。

どんなタスクにおいても、「今必要なことなのか」と経営陣と同じ目線で判断していくことで、より成果を得やすい環境を作れるでしょう。

・自己管理能力
マネージャーはチームのメンバーから注目される存在です。

マネージャーの言動によってチームの方向性が変わることもあるため、重要なポジションだということを忘れないようにしましょう。

冗談でいったつもりの言葉でも、部下には本気の声に聞こえる場合もあるのです。

またマネージャーとしてどのように成長していきたいかを考えるのも重要です。

「こんな上司になりたい」「あの人と同じ立場になりたい」などといった、目標を持つことで自己成長につながりやすくなります。

・業界の知識
マネージャーの業務はメンバーの管理やプロジェクトの遂行など、管理に追われてしまうこともしばしばあります。

そのため常日頃から顧客のニーズを研究したり、自分が関わる業界の知識を付けておいたりと自己成長につなげるのが大切です。

業界に詳しくなれば、より好条件の企業に転職できる可能性があるほか、キャリアアップも視野に入れられます。

詳しくはこちら:40代でハイクラス転職を成功させるテクニックとは

マネージャー職のハイクラス転職のメリットデメリット


ハイクラス マネジャー 転職の画像

マネージャー職のハイクラス転職におけるメリットやデメリットを理解し、今転職すべきかどうかを判断しましょう。

◆ハイクラス転職のメリット
・収入アップやキャリアアップが期待できる
ハイクラス転職に成功すれば、収入アップやキャリアアップが期待できます。

特に大手企業に勤めている人は、どんなに高度なスキルがあろうと幹部職のポジションが空きづらいために、収入アップやキャリアアップが見込めない人は少なくありません。

しかし視野を広げれば、高収入かつ高待遇で採用してくれる企業はいくつもあるのです。

求人や条件によっては、転職することで年収が100万円以上アップするということもあるでしょう。

そのためスキルや経験がある人は自社に留まらずに、視野を広げてみるのもおすすめです。

・ 経営層へのステップアップ
高度なスキルを持った人材は、外部の企業からヘッドハンディングされやすく、収入アップのほかにも、経営層へのキャリアアップといった今よりも魅力的な条件を提示されることがあります。

特に今の会社で何らかの管理職に付き、実績を残している人は声をかけられる可能性があるでしょう。

またヘッドハンディングのみならず、ハイクラス求人を活用することでも経営層にキャリアアップできる可能性があります。

◆ハイクラス転職のデメリット
・高いスキルを求められるプレッシャー
ハイクラス転職は収入アップやキャリアアップが見込める反面、求められるスキルも高度になります。

ハイクラスのマネージャーにはチームを統括する力やマネジメント力、人脈といったスキルを高水準で求めているのです。

ほかにも入社したら即戦力として活躍することも期待されているため、重いプレッシャーがのしかかってくるでしょう。

高いスキルを求めて採用した人材であるため、入社後の評価は厳しいものになると推察できます。

・結果が出ないと居場所がなくなる
企業はハイクラスマネージャーとして採用したからには、それ相応の結果を出してもらおうと考えています。

そのため企業が求めていたスキルと異なった場合や、結果に直結しない場合は、給料が削減されたり失業に追い込まれたりする可能性があるのです。

たとえば高いマネジメント力を持った人材を確保できたと思っていたのに、実際はあまりスキルがなかったと評価されれば企業での居場所もなくなってしまうでしょう。

・採用されにくい
ハイクラス転職の年収は高額なため、企業の面接も厳しい眼差しで評価されます。

企業としても一度採用したら簡単に辞めさせることができないので、慎重に人材を選んでいくでしょう。

そのため企業が評価できる人材だと判断できない場合は採用されにくくなっています。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

マネージャー職のハイクラス転職におすすめの転職サービス


ハイクラス マネジャー 転職の画像

ここからはマネージャー職はハイクラス転職する際におすすめの転職サイトを紹介します。

JACリクルートメント
JACリクルートメントとは、グローバルに活躍する管理職やエグゼクティブ求人を多数取り扱っている転職サイトです。

エグゼクティブ求人とはハイクラス求人と同義語のように使用されますが、主に経営者や役員の求人を指します。

JACリクルートメントでは人材を確保したい企業と、転職したい求職者の両方を1人のアドバイザーが支援する両面型の転職サイトのため、双方のニーズを理解したうえで求人を紹介してくれます。

そのためより自分に合った企業を紹介してもらいやすく、満足度の高い転職を行えるのが特徴です。

リクルート キャリアカーバー
キャリアカーバーは転職業界の大手であるリクルートが運営する転職サイトで、登録した会員情報にあった求人をヘッドハンターが紹介してくれる仕組みです。

キャリアカーバーでは自分を担当するアドバイザーを経歴や実勢などで判断して指名できるため、「話が通じない」「性格が合わない」といったミスマッチが起きにくくなっています。

ビズリーチ
ビズリーチとは自分で求人検索するほかの転職サイトとは異なり、ヘッドハンターや企業からスカウトされることに特化した転職サイトです。

そのため忙しくてなかなか転職活動に時間を割けない人でも、効率よく転職活動を行えるでしょう。

また扱う求人も年収500万円以上のため、収入アップさせたい人にもおすすめです。

ビズリーチは無料会員と有料会員の2種類に分けられ、それぞれ使える機能が異なります。

無料会員でもスカウト機能は利用できるので、まずは無料会員から試してみるのもよいでしょう。

スタンダード会員 【料金】
無料

【特徴】
企業からスカウトしてもらうのを待つしかない
タレント会員 【料金】
月額2980円

【特徴】
年収1000万円以上の求人には応募できない
ハイクラス会員 【料金】
月額4980円

【特徴】
年収1000万円以上の求人にも応募できる


詳しくはこちら:ビズリーチの評判:転職に「使える」かを徹底調査

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数と転職成功の実績を持っています。

一般には公開されていない非公開求人だけでも豊富な求人数のため、ほかでは出会えない求人に出会える可能性もあるでしょう。

また年収800万円を超えるハイクラス求人も豊富に扱っており、エグゼクティブ専門のアドバイザーが転職をフルサポートしてくれます。

ランスタッド
ランスタッドは世界39を超える国と地域に拠点を持つ転職サイトで、日本には96カ所の拠点を持っています。

ランスタッドは世界第2位の派遣会社でもあり、大手を中心とした外資系企業の求人を豊富に取り扱っています。

doda(デューダ)
doda(デューダ)は年収800万円以上の求人のみを取り扱い転職サイトのため、収入をアップしたい人におすすめです。

「ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方」やエグゼクティブ専門のコンサルタントによる「転職成功のコツ」といったコンテンツが充実しています。

そのためさまざまな知識を身に付けながら、効率的に転職活動を行えるでしょう。

パソナキャリア
パソナキャリアは2019年から2021年の3年間、オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門総合1位を獲得してる転職サイトです。

派遣や転職など総合人材サービスの強みを活かして、ハイクラス転職をサポートしてくれます。

またパソナキャリアのアドバイザーは、求職者1人ひとりにじっくりと寄り添ったサポートを行ってくれるため、慎重に転職したい人におすすめのサービスです。

エンワールドジャパン
エンワールドジャパンは大手人材会社エン・ジャパンが運営する転職サイトで、外資系やグロバール企業に特化しています。

年収800万円以上の求人を常に1万件以上保有していることが特徴です。

またエンワールドジャパンを利用して転職を成功させた人のサービス満足度が94.8%という高い水準をキープしていることから、よりよいサービスを受けられる転職サイトだと判断できます。

From40
From40はWeb履歴書を登録するだけで企業からのスカウトが届く仕組みで、効率よく転職活動を行いたい人におすすめです。

企業からのオファー率は約85%と高水準で、中には履歴書や職務経歴書といった書類選考なしの面接確約オファーを受けられます。

まとめ


ハイクラス マネジャー 転職の画像

マネージャーはチームの管理やプロジェクトの遂行など、さまざまな業務を担う需要な役職です。

そのため待遇に満足しなかったり、社風に納得いかなかったりすれば転職を考える場合も珍しくありません。

マネージャーが転職を行う際は今までのスキルや経験を活かしたハイクラス求人を活用することができます。

しかしハイクラス求人にはさまざまなメリットやデメリットがあるため、よく理解したうえで納得のいく転職活動を行うのがおすすめです。

この記事を参考に、より自分の力を発揮できる転職先を見つけましょう。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new