警備員の求人を探す40代必見!効率的な探し方と要確認ポイント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

様々な年齢層の人が活躍できる「警備員」の求人を、効率的に探す方法を知っていますか?

この記事では、警備員の求人の探し方や、求人内容でチェックすべき項目とポイントをご紹介しています。

あわせて、警備員の仕事内容も説明していますので、最後までしっかり目を通して警備員としての転職・再就職に役立ててくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

警備員の求人を探してみよう!

1495522329_49446.jpg

ショッピングモールやイベント会場など、目にする機会も多い警備員。
転職しようと求人を探しているなら、警備員として働くことも検討してみませんか?

◆警備員の求人の特徴は?
警備の対象となる施設や現場、個人宅などは地域を問わずに存在するため、求人情報も比較的見つけやすいのが特徴です。

また、警備員の求人は幅広い年齢層に対して募集をかけているため、40代50代からの転職でも、挑戦しやすい職業のひとつでもあります。

次の章からは、そんな警備員の求人情報の探し方や、情報の見方についてさらに具体的に見ていきましょう。

警備員の求人 探し方&チェックポイント

1495522608_49579.jpg

警備員の求人を探すときには、さまざまな媒体をチェックすることで理想の求人を見つけやすくなります。

以下からは、警備員求人の具体的な探し方や、求人内容を確認するときにチェックすべきポイントをご紹介していきます。

◆警備員求人の探し方3パターン
【誌面やネットで探す】
フリーペーパーや、折り込みチラシなどの紙面にも、警備員の求人は掲載されています。
また、インターネット上の転職・求人サイトで探すのも、手軽で人気のある探し方です。

【ハローワークで探す】
窓口に行けば、職員と相談しながら地域に密着した求人情報を探すことができます。

窓口の他にもハローワークのインターネットサイトから、自宅にいながら求人情報を探すことができます。

【派遣会社に登録する】
警備員の希望者に、現場ごとの仕事を紹介してくれる派遣会社もあります。
あらかじめ登録しておくと仕事があるときに声をかけてくれる場合もあるので、積極的に活用しましょう。

◆警備員の求人情報でチェックすべきポイント
自分の希望に合った警備員求人をみつけるために、求人情報は次のようなポイントに注意しながらチェックしましょう。

【雇用形態をチェック!】
希望する雇用形態かどうかは必ずチェックし、納得してから応募しましょう。
ただし未経験からの場合、アルバイト雇用からスタートというケースがほとんどです。

【勤務形態をチェック!】
シフト制か、もしくは現場単位で変動するのか、さらに夜勤の有無など、自分の条件に合う勤務形態かどうかをチェックしましょう。

【賃金をチェック!】
金額はもちろん、算定方法や支払い方法まできちんと確認しましょう。
時給か日給か、日払いか週払いかなど、求人によって表記は大きく異なります。

【募集要項をチェック!】
募集要項にある「求める人物像」や「応募資格」なども確認して、自分の経歴に合う求人情報かどうかを確認しましょう。

【仕事内容をチェック!】
警備員には、大きく分けて施設警備、交通誘導・雑踏警備、輸送警備、身辺警備の4種類があります。

警備の種類によって仕事内容も異なるので、求人内容をよく読み、確認しておきましょう。

●施設警備
マンションやショッピングモールなどの施設に配置され、施設内の安全確保や防犯・防災活動を行います。

●交通誘導・雑踏警備
工事現場や駐車場など、事故の発生しやすい場所に配置され、誘導などの事故防止活動を行います。

●輸送警備
貴重品や核燃料・薬品など、運搬に危険が伴う品物を安全に輸送するための警備活動を行います。

●身辺警備
依頼人のボディガードとして、24時間体制で身辺の警備活動を行います。

いかがでしたか?
この記事を参考に、あなたに合う警備員の求人を見つけてくださいね。

▼合わせて読みたい!
40代50代の転職なら、暮らしの安全を守る「警備員」のお仕事とは
転職・再就職でもやりがい十分!警備員の具体的な仕事内容とは?
未経験の40代から警備員へ転職!施設警備・交通警備の仕事とは
40代転職の備えは万全に!中高年の面接のために有効な事前対策とは

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1495522322_97411.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、ミドルの求人を探してみませんか?

東京都の求人  ◆大阪府の求人  ◆神奈川県の求人
埼玉県の求人  ◆愛知県の求人  ◆福岡県の求人

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

◆「警備員の仕事」についてもっと知りたい方はコチラ!
【警備員とは?】暮らしの安全を守る!40代50代から挑戦する警備員のお仕事
【警備員の待遇】40代から警備員へ!就職・転職のために知りたい募集内容と待遇

年収

新着記事

関連する記事