40代で大型ドライバーへ!転職サイトを賢く使い求人に出会うコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

国際的な輸出入やネット通販が一般的になった昨今、荷物を運ぶトラックドライバーの転職市場での需要は高いです。

なかでも、大きな車体で多様な荷物を運ぶことのできる大型ドライバーは小型・中型ドライバーに比べ給与が良く、花形の職種だと言われています。

今回はそんな大型ドライバーへの転職を検討中の40代に向けて、アラフォー以上歓迎求人に特化した「FROM40」が、転職成功のために知っておいてほしいことを解説。

転職成功に役立つ資格や経験、ドライバー求人を探すためのポイントやおすすめの転職サイトを、大型ドライバーという仕事の基礎知識とあわせ紹介していきます。

40代からでも、大型ドライバーとしての活躍は十分に見込めます。

大型ドライバーへの転職を真剣に考えているなら、ぜひ本記事を最後まで読み、あなたの転職計画にお役立てください。

目次

転職前に必読!大型ドライバー転職成功のための基礎知識

タブレットを操作する大型ドライバー

まずは、大型ドライバーへの転職を成功させるためのポイントを、大型ドライバーという仕事の基本情報とともに紹介していきます。

40代職種未経験の状態から大型ドライバーへの転職を考えているなら、以下をしっかり確認したうえで、転職に向け具体的に動き出すかどうかを決めてくださいね。

◆大型ドライバーという仕事の概要
トラックのなかでも最も大きい、車両総重量が11トン以上のトラックを運転し、荷物を配送するのが大型ドライバーの仕事です。

運ぶものは機械部品や工場製品、冷凍された食品、巨大なコンテナや大量のガソリンまでさまざまで、扱う荷物により車両タイプも以下のように変わってきます。

バン・ウイング ・荷台が両サイドから開くタイプのトラック
・機械部品、工場製品の運搬に使われることが多い
平ボディ ・荷台上部が解放された、大型の軽トラックのような見た目
・鉄骨などの長いもの、大きいものを運搬するのによく使われる
キャリアカー ・たくさんの車を乗せて運ぶことのできる、特殊な荷台のついたトラック
・主に輸入車を港から販売店まで運搬するのに使われる
トレーラー ・コンテナなど、大きな車両・荷物をけん引できるトラック
・短いトラックの車体に、荷物を接続するなどして荷物を運ぶ
タンクローリー ・荷台が液体を運ぶことに特化したタンク状になっているトラック
・主にガソリンなど、危険物とされる液体の運搬に使われている


運ぶ距離は中・長距離で、案件によっては1週間以上の時間をかけて走り続け、長距離間の荷物を運ぶこともあります。

◆大型ドライバーの魅力&給与の目安
《仕事のやりがい&大変なこと》
・社会に必要なインフラ的な仕事であるため、他者の役に立てる
・運転を始めてしまえば1人なので、ある程度自分のペースで仕事ができる
・決められた期日に間に合うよう、かつ安全に配慮して運転しなければならない
・長時間同じ姿勢を保ったり、荷物の積み下ろしがあったりと肉体的負担が大きい


《給与の目安》
厚生労働省発表の「平成29年 賃金構造基本統計調査」によると、大型ドライバーの平均年収(月額給与+賞与等)は454万円です。

【合わせて読みたい】
40代転職の年収下落は防げる!転職後の年収をダウンさせないコツ

◆大型ドライバーへの転職成功のため、知っておくべきこと
《転職はしやすいが、誰でもできる仕事ではないと知っておく》
ドライバーへの需要が高まるなかで、さまざまな荷物・車両に対応できる大型ドライバーは引く手あまたです。

募集要項を満たしてさえいれば、実務未経験でも比較的簡単に採用をもらえるでしょう。

しかしドライバーには、安全かつ期限を守って運転できるだけの技能と体力が強く求められます。誰にでもできる、続けられる仕事ではないのです。

トラックのなかでも大型の運転は特に難しいので、実務未経験の場合は、まず小型・中型の運転から始め、徐々にステップアップしていくことになるでしょう。

転職のしやすさと、転職後に活躍して本当の意味で転職を成功させられるかは別なのだと、よく理解しておいてください。

《給与の金額だけでなく、内訳までしっかり確認すべし》
トラックドライバーの給与は固定給、つまり残業代や手当を除いた変動しない給与の金額割合が、他業界に比べ少ないと言われています。

また先述した通り、実務未経験の転職者は小型・中型の運転や、先輩運転手の助手席に乗るところからキャリアをスタートさせることになります。

そうなると、実際に受け取れる給与額は求人の記載よりもかなり少なくなるでしょう。
給与の内訳、固定給の割合は会社によって違うため、しっかり確認しておくべきと心得てくださいね。

《仕事の範疇が、どこからどこまでなのかは会社により異なる》
運転をするだけが、ドライバーの仕事とは限りません。多くの場合、荷物の積み下ろしはドライバーの仕事の範疇ですし、営業活動まで仕事のうちとする会社もあります。

仕事の内容は、転職してから感じる満足度や心身への負担に直結しますから、給与や待遇とあわせしっかり確認しておくべき要件と言えます。

《ドライバーの先のキャリアまで、考えておこう》
体力仕事である大型ドライバーは、60代になると続けることが難しくなってきます。

人生100年時代と言われる昨今、70代になっても働き続けることを前提にキャリアを形成しておくことが推奨されます。

40代未経験からでも大型ドライバーとしての活躍は可能ですが、60代を迎えるまでに、将来的にどのような仕事・働き方をしたいか、考えておいた方が良いでしょう。

【合わせて読みたい】
まだまだ働ける!増加するシニアの就業・転職の実情と成功の秘訣

大型ドライバーの転職に活かせる資格や経験

ルート営業で運転経験のある女性

続いて、大型ドライバーとしての転職成功に必要な、またはあれば重宝される資格・経験・適性について見ていきましょう。

◆大型ドライバーの転職に必須の2資格
運転を仕事にするなら普通自動車運転免許が、大型ドライバーとして働くなら大型自動車免許が欠かせません。

それぞれの特徴や、資格取得に必要な条件を以下にまとめましたので、確認してください。

普通自動車運転免許 ・満18歳以上で、指定の教習・試験を受けると取得できる
・2007年6月1日までに取得の場合は、車両総重量8トンのトラックまで運転可
・2007年6月2日までに取得の場合は、車両総重量5トンのトラックまで運転可
大型自動車免許 ・満21歳以上で、普通または大型特殊免許を3年以上保持できれば取得できる
・車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上の大型車両を運転に必要
・これを持っていれば、小型・中型トラックも運転できるようになる


上記2つの資格があれば、実務未経験でも年齢にかかわらず、ひとまずトラックドライバーとしての採用を勝ち取れるでしょう。

また会社によっては、入社後に大型免許の取得を支援する仕組みを持つところもあります。

普通自動車運転免許では小型、または一部の中型車までしか運転できませんが、将来的な大型免許取得を前提とした採用も期待できます。

【大型免許取得の難易度は、比較的高い】
扱い方によっては凶器となり、たくさんの人を死傷させる恐れのある大型車両を運転するための教習・試験は、難易度が高く設定されています。

資格取得をめざすなら、この事実をよく理解したうえで臨みましょう。



《+α、大型ドライバーにあると良い資格》
大型トラックの運転に直接のかかわりはありませんが、荷物の積み下ろしなどの付随業務を考えたとき、持っていれば重宝される資格をまとめました。

どんな荷物を扱う運送会社に入社するかにより、取得すべき優先順位は変わってきますが、参考にしてくださいね。

フォークリフト運転技能者 ・パレットの状態に梱包した荷物を、フォークリフトで積み下ろす際に必要となる
・特に機械部品、小さな工場製品、食品などの小口荷物を運搬する場合に重宝される
けん引免許 ・大きなトレーラーを引っ張り、トラックで運転する際に必要になる資格
・満18歳以上で、普通・大型・大型特殊免許を持っている人が受験できる
玉掛作業者 ・鉄骨などの重い物をクレーンで積み下ろしする際に、必要となる資格
・鉄鋼業、または建設業界を荷主とする運送会社で重宝される
危険物取扱者 ・タンクローリーで、液体燃料や薬品を運ぶ際に必要となる資格 ・丙種・乙種・甲種の3段階あり、丙種からなら誰でも受験が可能


【合わせて読みたい】
転職サイトが厳選!本当の意味で40代転職に有利な資格12選
40代転職でオススメの資格!危険物取扱者乙種第4類の資格とは

◆大型ドライバーの転職に役立つ経験
大型ドライバーとして働いた経験がなくても、以下のような経験があれば、運送会社から即戦力人材として歓迎される可能性が高いです。

・トラックドライバーの経験はないが、社用車で営業先を回っていたことがある
・営業兼納品業者として、社用車に品物を積んで営業先に納品していた経験がある
・大型、長距離ドライバーの経験はないが、小型トラックで地場回りしたことがある
・実務で使用したことはないが、大型免許を既に保有している
・家業や過去の仕事の関係で大型特殊免許を持っており、トラクターやショベルカーを運転できる


上記の経験がある人は、今持っているスキルを磨いていけば、大型ドライバーとして活躍できるでしょう。

◆大型ドライバーに適性のある人の特徴
以下のような性格・考え方の人は、大型ドライバーとしての適性があります。

・車の運転が好きで、長時間運転しても苦にならない
・責任感が強く、時間に正確で、他人も自分も遅刻することを許せない
・地図を眺めることや、知らない土地への移動や旅行が好き
・大人数よりも単独、または少人数で仕事をする方が良い


《大型ドライバーに不向きな人の特徴は?》
一方で以下のような性質のある人は、大型ドライバーには不向きかもしれません。

・運転そのものが苦手、または長時間の運転にストレスを感じる
・交通事情による渋滞、車両トラブルなどへの冷静な対処が苦手
・顧客との密な連携、臨機応変な対応が苦手でどうしてもできない
・長時間運転することや、荷物の積み下ろしに体力的な不安がある


【合わせて読みたい】
運転好き40代に一生ものの仕事を!大型ドライバーへの転職を解説

大型ドライバーの求人・転職先の探し方

ドライバーとしての転職先を探す40代男性

大型ドライバーへの転職について、具体的なイメージが沸いてきましたか?

ここからは、実際に大型ドライバーの求人や転職先を探すときに気を付けてほしいポイントを、合計5つご紹介します。

十分な報酬と満足感を得ながら、大型ドライバーとしてのキャリアを構築していくために大切なことを厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

◆掲載料金や成功報酬の支払いが必要な媒体を使おう!
需要が増している分、業界にはさまざまな運送会社が存在しています。そのなかには、低い給与と劣悪な労働環境を強いるブラック企業があるのも事実です。

このため、大型ドライバーとしての転職成功をめざすなら、まずはブラックな運送会社に応募しないようにするための対策が必要になります。

ブラックな運送会社を避け、比較的健全で優良な運送会社の求人だけを見つけるポイントは、採用にお金をかけている会社を選ぶことです。

会社側が求人の掲載、人材の採用に一切お金を払う必要のないハローワークではなく、求人掲載料か採用への成功報酬が必要な媒体で、求人を探すようにしてくださいね。

◆転職先候補と人材としての自分のマッチング度を探ろう!
めぼしい求人を見つけたら、次は、転職を希望する自分自身がどの程度求人の募集要項を満たしているかを確認しましょう。

会社側が示す「必要なスキル」をすべて満たしているなら、応募資格を満たしていると考えてOKです。

「歓迎するスキル」まで満たしているなら、その会社とあなたという人材は、かなりマッチング度が高いと言えます。採用される可能性が高いので、応募を検討しましょう。

もし「必要なスキル」を満たせていないようなら、先に資格取得などを通して条件を満たすか、別の求人を探した方が良いかもしれません。

◆給与の内訳は、質問してでもしっかり確認すべし!
先述したように、トラックドライバーは給与に占める固定給の割合が少ない職種です。

一見すると高額の給与を受け取れるように見えても、よくよく求人を確認してみると「みなし残業〇時間分含む」「退職金含む」など、よくわからない記述があることも。

求人を読んでみても、以下の給与の内訳が明確に理解できない会社は要注意です。

・具体的に基本給はいくらなのか
・残業代は何時間以上残業をすると発生するのか
・泊りが必要な長距離輸送の場合の手当はあるのか
・残業代以外にも、資格や住宅、通勤などへの各種手当はあるのか
・賞与や退職金など、月々の給与以外の金額は受け取れるのか  など


その他の条件が自身の都合に合うなら応募してみても良いですが、面接では必ず、上記の給与面の疑問・不安点について質問と確認を行ってくださいね。

【合わせて読みたい】
【中高年必見!】面接前に絶対読みたい、よくある質問と答えられない場合の対処法
40代以上の転職面接に役立つ!よく聞かれる質問&15の回答例

◆勤務体制や、長距離運送の場合の労働時間はどうか?
トラックドライバーの勤務体制は、会社によりさまざまです。昼勤または夜勤のみの場合もあれば、日をまたぐような勤務になることもあります。

特に中・長距離を走る大型ドライバーの場合は、車中または宿泊施設に宿泊し、何日か泊りがけで荷物を運ぶことも珍しくありません。

どのような勤務体系が選べて、泊りがけの場合は何時間運転することが求められるのかも、転職先を決めるにあたりしっかり確認しておくべき事項です。

◆自分の求める待遇、休日・休暇条件にどのくらい近いか?
教育・研修制度があること、家族との時間をしっかり持てることなど、個々人により転職先に求める条件はさまざまですよね。

長く働き続けるうえで、仕事中の環境や休日・休暇は非常に大切です。
労働基準法を遵守し、あなたの希望に近い働き方・休み方ができる環境が整った転職先を、慎重に探してください。

大型ドライバーおすすめの転職サイト

複数の転職サイト イメージ

ここからは、大型ドライバーの求人探しに役立つ11の転職サイトを具体的に紹介します。

それぞれサイトの特徴や、2020年1月初旬時点での大型ドライバーに近しい求人数とあわせて「総合型」「特化型」のカテゴリに分けて掲載しています。

ぜひ読み比べて、あなたに合いそうなサイトを見つけてください。

◆総合型大手4サイト
大手サイトの魅力は、何と言っても全国規模の豊富な求人情報に触れられる点にあります。
また、求人掲載は有料なので、ある程度経営状態の良い企業の求人との出会いを期待できるでしょう。

ただ、情報量が多いために大型ドライバーの求人にたどり着くまでの時間がかかるのが難点です。特化型の転職サイトとあわせて、有効活用しましょう。

《マイナビ転職》
配送・宅配・セールスドライバー、その他交通・運輸関連職を含む求人を494件抱える。

未経験求人が比較的多く、実務未経験、大型免許未取得でもOKの大型ドライバー求人が検索できるのが魅力。

《リクナビNEXT》
運輸・配送・倉庫関連の求人を561件抱える、転職業界最大手のサイト。
倉庫整理や検品、物品だけでなく子どもを送迎する仕事も含まれるが、豊富な情報がヒットする。

《doda》
ドライバーのキーワードを含む求人を855件抱える大手サイト。ただし、検索ワードをトラックドライバーに変えると、ヒット数が激減するので注意が必要。

《エン転職》
ドライバーで306件、トラックで250件の求人がヒットする。ただし、表示される求人にはルートセールスや観光ドライバーも含まれるので、小再建策が必要かも。

◆特化型7サイト
ジャンル特化型の転職サイトは、欲しい情報にピンポイントでたどり着きやすい点が最大の魅力です。

職種だけでなく働き方、勤務地、その他詳細な条件から、自分に合った大型ドライバー求人に出会うことができます。

働き方や勤務地、待遇など、大型ドライバーとして転職先に求める条件が明確になっているなら、特化型の転職サイトをメインで使うと良いでしょう。

《ドラEVER》
2133件のドライバー求人を持つ、ドライバー求人だけを扱う転職サイト。
実務経験者、また東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県近郊の求人に特に強い。

休日や走行距離、月給目安などの他に、車種によるユニークな検索も可能。

《ドラピタ》
大型で検索すると846件の求人がヒットするサイト。関東・東海地方の求人が多い。
他サイトに比べ未経験OK、職場見学OKの求人が多く見られるのが特徴。

《トラはた》
大型の条件で絞り込むと、全国で383件のトラックドライバー求人が閲覧できるサイト。
LINE応募可能で、他サイトに比べ愛知・大阪・京都、また契約社員の求人に強い。

《トラックマンジョブ》
大型トラックドライバーの条件で絞り込むと、60件の求人がヒットするサイト。
他サイトに比べ東京・神奈川・大阪の正社員求人が多いのが特徴。入社祝い金制度あり。

実務未経験なら、いきなり大型ドライバーで求人を絞り込むのではなく、条件の合う小型・中型ドライバーも含め幅広く求人を閲覧するのが良いかも。

《FROM40》
30代後半以上、40~50代歓迎の求人に特化した転職サイト。運輸・ドライバー・配送関連の条件で検索すると、全国443件の求人がヒットする。

姉妹サイトとして、経歴の登録で企業から直接スカウトを受けられる「FROM40スカウト」も存在。

総合型大手、ドライバー特化型に比べると求人数は少ないが、年齢をネックに感じている転職者はぜひ一度チェックを。

《ドライバージョブ》
トラックドライバーをはじめ、ドライバーへの転職を考える人向けのエージェントサイト。
大型の条件で絞り込むと89件の求人がヒットするが、全体の80%が非公開求人であるため、登録することで求人紹介を受けられる可能性がある。

《ジョブハウスドライバー》
タクシーやバスも含め、各種ドライバー求人に特化したサイト。一部非公開求人あり。
未経験OK求人から正社員求人まで幅広く取り扱い、電話やLINEでの相談にも対応している。

現状を分析し、大型ドライバー転職の計画を立てよう

大型ドライバーへの転職計画 イメージ

普通自動車運転免許と大型免許、最低限この2つの資格さえ持っていれば、実務経験がない40代でも大型ドライバーへの転職は可能です。

また未経験の場合、小型・中型ドライバーから経験を積むことになるので、普通自動車運転免許を持っていれば働きながら大型免許取得をめざすこともできるでしょう。

ただ、ドライバーを雇用する運送会社の規模やシステムはさまざまです。なかには劣悪な条件・環境下で働かせる会社もあるので、転職先選びには注意が必要です。

本記事を参考に、求人探しのポイントと転職サイトの賢い利用方法を理解し、あなたの大型ドライバーへの転職を計画的に成功させてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事