《女性必見》女性限定の転職サイトを賢く使って求人を探す方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、働き方改革で女性が活躍できる場がますます広がりつつあります。

人材不足の中では、20代や30代はもちろん、40代や50代の女性も貴重な労働力として、さまざまな企業で求められています。

しかし、まだ自分の希望や条件にぴったりの求人を探しきれていない女性もいるのではないでしょうか。

家事や育児のスキマ時間で働きたい、育児が落ち着いたからフルタイムで働きたい、ブランクがあるけど復帰したいなど、希望は人それぞれありますよね。

そんな時は女性限定の転職サイトを活用するのがおすすめ
女性限定だから、「実は男性募集だった」なんて失敗もありません。

数ある女性向け転職サイトの中から、自分に合ったサイトの選び方やサイトのそれぞれの特徴、おすすめのサイトなどをご紹介していきます。

参考にして、自分にぴったりの転職サイトを見つけてくださいね。

目次

女性限定の転職サイト3つのメリット

女性向け転職サイトで求人を探す女性

女性限定の転職サイトを活用してみたことはありますか?

通常のサイトと違って女性限定の求人ばかりを集めた転職サイトは、全体の求人数では通常のサイトより少ないかもしれませんが、実は女性が転職するにあたって大きなメリットもあるのです。

まずは、女性限定の転職サイトとはどんなものなのか、3つのメリットから見ていきましょう。

【メリット1.働き方が選びやすい】
通常の転職サイトでは、フルタイム勤務での求人案件がほとんどです。

女性はライフステージに合わせて勤務時間が制限される人も多いため、通常の転職サイトでは自分に合う求人が見つかりにくい傾向にあります。

その点、女性向けの転職サイトなら、フルタイムはもちろん、週に3日や4日など、もしくはリモートワークができる求人など幅広い働き方の求人が多く掲載されています。

多様な働き方ができているため、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことができます。

【メリット2.女性向けの仕事が探しやすい】
女性限定の転職サイトに掲載されている求人なら、募集している企業がその職種で女性を欲しがっていることは確実です。

「この求人で本当に女性向きなのか?」という不安もありません。

興味のある仕事を探すことができ、応募してから「実は企業としては男性が欲しかったのに」という事態も避けることができます。

また、女性が気になる条件での検索項目が多くあるため、女性目線での仕事探しがしやすいことも特徴のひとつ。

イラストや色合いも女性らしいものがチョイスされており、見た目も重視されています。

【メリット3.働く女性向けの情報が豊富】
女性限定のサイトでは、働く女性向けの情報が豊富に掲載されている場合が多々あります。

例えばコラムなどで、転職活動の進め方や応募書類の書き方や面接対策など、気になる情報を得ることができます。

悩んだり迷ったりしたら、相談したり不安を解消したいものです。

そんな時にさまざまな情報や、転職成功事例などを知ることができるのは転職活動の心の支えにもなります。

フルタイムや時短勤務など忙しい女性向けの、時短レシピや育児のコツといった生活情報を掲載しているサイトもあります。

通常の転職サイトにはない女性向けの情報や心配りがあるところは、女性向けサイトを活用する大きなメリットと言えます。

おすすめ!女性限定の転職サイト厳選6つ

転職サイトを選ぶ女性

女性限定の転職サイトを活用するメリットがわかったところで、ここでは実際の転職活動に役立つおすすめのサイトを厳選してご紹介します。

女の転職@type
《特徴》
・正社員での求人が多数掲載
・幅広い職種を網羅
・こだわり条件での検索が豊富
・テーマごとにタブが分かれており、見やすい画面
・応募管理が簡単にできる
・仕事探しガイドなどの情報コラムあり
・スカウト機能あり
・毎週火・金更新

《向いている人》
・正社員での転職を希望する女性
・ブランクがある女性
・育児と両立して働きたい女性

エン転職 WOMAN
《特徴》
・幅広い職種を網羅
・特に企画や事務、営業やサービス系職種などでは、さらに細かい職種での検索が可能
・多様な働き方での求人もあり
・編集部が毎月おすすめの求人を紹介
・転職活動に役立つ情報や転職体験記あり
・スカウト機能あり
・毎週月・木更新
《向いている人》
・家事や育児と両立して働きたい子育て中のママ
・正社員にこだわらずやりがいのある仕事を探したい人
・やりたい仕事にこだわりがある人

マイナビ転職女性のおしごと
《特徴》
・幅広い職種を網羅
・「オンキャリ系」と「オフキャリ系」でのキーワードが設定されている
・働き方や興味から検索できる
・求人欄には「ポイント」がわかりやすく箇条書きで掲載されていて便利
・雇用形態別に検索が可能
・全国で転職イベントを開催
・転職ノウハウや役立つ情報を掲載

《向いている人》
・正社員などフルタイムでの転職がしたい人
・キャリアから探したい人
・業務委託での仕事も検討している人

日経WOMANキャリア
《特徴》
・幅広い職種を網羅
・大手転職サイトからの求人を掲載
・ワーキングママ向けやキャリア向けなど、女性のワークライフバランスに合わせた求人の検索が可能
・ワーキングママのインタビューなどの記事も掲載
・ビジネスマナーやファッションなど使えるコンテンツも多数掲載

《向いている人》
・ワークライフバランスを大切にしたい人
・複数サイトをチェックする時間がない人
・いろんな女性の生の声を知りたい人

とらばーゆ
《特徴》
・幅広い職種を網羅
・人気職種やエリアからの検索が可能
・働く女性のインタビュー記事あり
・転職トレンドや職種図鑑などお役立ち情報あり
・女性が気になるライフスタイルやマネー情報あり
・20代~30代が多く利用
・毎週月・木更新

《向いている人》
・正社員などフルタイムでの転職がしたい人
・職種と勤務地が決まっている人
・女性に人気の職種から探したい人

しゅふJOB
《特徴》
・パート・アルバイトの求人サイト
・幅広い職種を網羅
・女性向けの職種が多数
・細かい条件での検索が可能
・「扶養内」「ブランクOK」など、家事や育児との両立が可能な求人が掲載
・採用されれば「お祝い金」がもらえる
・応募書類作成などのアドバイス情報あり

《向いている人》
・扶養内で働きたい人
・ブランクのある人
・条件から探したい人

女性向けの転職サイトでは、正社員メインのものから幅広い雇用形態の求人を掲載したもの、さらにパート・アルバイトに特化したものまでさまざまあります。

▼合わせて読みたい!
転職サイトのプロが厳選!本当に女性におすすめの転職サイト7選
正社員をめざす女性が利用すべき15の転職サイトと、利用のコツ

次に、転職サイトの選び方を詳しくご紹介していきます。

女性限定の転職サイトの選び方

比較する女性

女性限定のサイトすべてをチェックするのは困難です。

自分の希望や条件に合う求人を探すために、数ある転職サイトの中からどれを活用するべきか選ぶ必要があります。

ここでは、数ある女性限定の転職サイトの選び方をご紹介します。

◆雇用形態から選ぶ
正社員で安定した収入を望む人やキャリアを積みたい人、育児との両立を考えて時短勤務を希望する人、スキマ時間を活用するパート勤務など、雇用形態から転職サイトを選ぶことは重要です。

自分の希望に合う求人を探すためには、希望の雇用形態を多く扱うサイトを選びましょう。
まだ決められていないという人は、さまざまな雇用形態の求人を扱うサイトから探していきましょう。

また、ブランクがあることやキャリアに自信がない場合は、派遣という選択肢もあります。
その場合は派遣会社のサイトを活用することをおすすめします。

◆働く目的から選ぶ
収入、やりがい、スキマ時間でのおこづかい稼ぎなど、働く目的はさまざまです。
自分が何を求めて働くのかによって、転職サイトを選ぶのもひとつの方法です。

こだわり条件や目的が細かく設定されているサイトから探してみましょう。

◆求人以外の情報量から選ぶ
求人情報以外の、働く女性やワーキングママ向けのさまざまな転職のお役立ち情報やインタビュー記事など、情報量の多さから選ぶのもおすすめです。

自分の悩みの解決や他の人はどのように転職活動を進めているのか、成功体験などの外の情報は貴重です。

そうした情報を参考にすることも、転職成功の秘訣と言えます。

もしまだはっきり決まったことがない人や幅広い条件で探したいという人は、全職種を網羅している大手の女性向け転職サイトをチェックしてみてください。

いろいろな求人を見ているうちに、本当にやりたい仕事や条件での優先順位もはっきりしてくる場合があります。

▼合わせて読みたい!
プロが比較して解説!女性の転職活動におすすめの転職サイト18選
40代女性向けの転職サイト8選&知って得する選び方のポイント
女性の求人サイト選びはこれで決まり!厳選サイト5つ&使い方

「女性限定」転職サイトが必要な理由

女性転職サイトと求人を探す女性

ここでは、なぜ女性限定の転職サイトが必要なのか、その理由を求職者と企業側の両方のメリットから見ていきましょう。

【企業側のメリット】
求人広告では、男女雇用機会均等法により性別を限定しての募集を行うことができません。
そのため求人募集の中に「女性限定」「女性募集」といった記載ができないのです。

女性向けの採用の場合は、文章の表現をやわらかく女性受けのよいものにしたり、女性スタッフの写真を掲載したり、「女性が活躍しています」といった表現を使ったりして、女性向けであることをアピールしている求人が多くなります。

しかしユーザーが男女ともにいる通常の転職サイトよりも、女性ばかりのサイトに広告を掲載した方が効率よく募集したい人へアピールすることができます

【求職者側のメリット】
人材を求める企業が女性を欲しがっていることが確実なため、求職者側としても安心して応募することができます

通常の転職サイトで理想的な仕事だと思っても、実は男性が欲しいという企業側の本音が見えない場合もあります。

それではせっかく応募しても採用に至ることはありません。
こうしたリスクを減らすためにも、女性限定のサイトも併用することをおすすめします。

例外的に性別制限が認められていることも!
ただし、女性もしくは男性といった性別を限定した応募が認められる場合もあります

《一例》
・男女比が2:8など女性が少ない場合に、男女均等でない職場を改善するため
・映画製作で必要な女性役を募集したい時や、モデルの募集をしたい時
・守衛や警備員など防犯上から男性を募集したい時
・女子更衣室の係員として女性を募集したい時
・助産師などの募集をしたい時
・宗教上、風紀上、競技の性質上の必要性から特定の求職者を募集したい時 など

このように例外を除いて一般的な求人広告では女性だけを募集することができないため、女性を積極的に採用したいという企業は女性限定のサイトで人材を募集することが多くなります。

女性限定の転職サイトは、企業にとっても求職者にとっても効率よくマッチングする確率が高くなるため、お互いに大きなメリットがあると言えます。

女性限定の転職サイトで転職成功へ!

前述の通り、通常の転職サイトでは女性に限定した募集を行うことができないため、男性の採用を予定している求人も度々あります。

そこへ応募しても採用に至るケースはほとんどなく、時間と労力を無駄に使ってしまいかねません。

女性向けの仕事や採用を効率よく探すなら、女性限定のサイトを使うのが転職成功への近道です。

数あるサイトの中から自分の希望や条件に合うサイトを選び、情報収集を行ってくださいね。

《こんな企業は要注意?!気を付けたい求人の見分け方》
求人情報を集めるには、複数のサイトをチェックしてみるのもおすすめです。
中には同じ企業が複数のサイトで求人を出している場合もあるからです。

複数のサイトで募集をかけている企業は、掲載料を払っても広く人材を募集したいのか、資金が豊富にある経営が順調な企業なのかもしれません。

しかし、あまりに多くのサイトを使っている企業や募集がずっと継続している企業、また未経験からのスタートなのに高収入すぎる企業などは注意した方がいいかもしれません。

離職率が高くて常に募集をかけ続けなければいけなかったり、募集をかけても応募がこないという可能性もあります。 もしそういった企業が気になったら、企業の口コミサイトを見てみてもいいかもしれません。
企業のホームページや求人広告では見えない部分がわかることもあります。

もしくは、面接などで質問してみてもいいでしょう。

女性の転職成功への近道は、自分に合う女性限定のサイトを選んで効率よく求人を探すこと、そして求人広告を鵜呑みにせず疑問があれば確認することです。

今回の記事を参考にして、転職を成功させてくださいね。

新着記事