正社員をめざす女性が利用すべき15の転職サイトと、利用のコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

最初の就職をした後、年齢とともに結婚・出産・子育てなどの大きなライフイベントを経験することから、女性は男性に比べ転職の機会が多いとされます。

このため、女性をメインターゲットとして転職サイトもたくさん存在しますが、どれを使って転職活動を進めるべきか見極めるのは、難しいですよね。

今回は、主に正社員への転職をめざす女性に向けて本当に利用価値のある15の転職サイトと、4つの条件別にご紹介していきます。

あわせて、転職サイトで受けられる3つのサービス内容の違いや、賢く転職サイトを利用するためのポイントも解説しているので、参考にしてくださいね。

目次

「転職サイト」で受けられるサービス内容は3タイプ

正社員求人を扱う転職サイトを探す女性

いわゆる「転職サイト」と呼ばれる媒体は、サービスの特性によって「求人サイト」「転職サービス」「ダイレクトリクルーティング」の3つに分けることができます。

3つそれぞれのサービス内容の特徴や違いは、以下の通りです。

◆求人サイトとは?
多数の求人のなかから、求職者が各々の条件で絞り込んで魅力的な募集を探し出し、直接応募を行える転職サイトのことです。

一般的に、転職サイトと聞いてイメージされやすいのがこの「求人サイト」のサービス内容で、企業側から求職者へのスカウト機能を併設したサイトもあります。

《求人サイトタイプの転職サイト具体例》
リクナビ転職、マイナビ転職、女の転職@type、とらばーゆ  など



◆転職サービスとは?
求職者が登録した転職先・就職先に求める条件にあわせて、サイトやサイトに登録する人材紹介会社からの求人紹介や、転職支援を受けられる転職サイトです。

人材紹介・転職支援を行ってくれる会社には、その転職サイトが運営する転職エージェントや、転職サイトと提携する人材紹介会社など、さまざまな種類があります。

なお、転職サービスで受けられる「転職支援」には、非公開になっている求人情報の紹介や応募書類の添削、面接日時の設定や練習などまで含まれているケースが多いです。

《転職サービスタイプの転職サイト具体例》
リクルートキャリア、パソナキャリアなど、転職エージェントと呼ばれるものを含む



【合わせて読みたい】
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?

◆ダイレクトリクルーティングとは?
求職者が登録した職歴・保有スキルなどを見た企業の採用担当者から、直接「自社に転職しませんか」という声掛けを受けられる、転職サイトのことです。

「ダイレクトリクルーティング=直接採用」という名称の通り、サイトを介してヘッドハンティングを受けるようなかたちで転職活動できるのが、最大の特徴です。

無数にある企業と求職者のうち、マッチング度の高い組み合わせのみで選考の相談を行えるため、双方にとって効率的な転職活動が行えるサービスと言えます。

《ダイレクトリクルーティングタイプの転職サイト具体例》
FROM40ネオ、ビズリーチ など



三者三様に、受けられるサービスや利用することで得られる求人情報のタイプにも、違いがあることがわかりますね。

4つのカテゴリ別!女性におすすめな転職サイト15選

前項で見てきたように、転職サイトを利用することで受けられるサービスの内容は、各サイトによってかなり異なります。

だからこそ、女性が効率よく自分の条件に合った求人と出会って転職活動を進めるには、自分の希望・特性に合った転職サイトの見極めが必須になってくるのです。

以下からは、転職成功をめざす女性にぜひ使ってほしい15の求人サイトを、サービスのタイプ・年代・正社員未経験・正社員以外の雇用の4条件別に、ご紹介していきます。

◆サービスのタイプ別、女性におすすめの転職サイト
《求人サイトタイプ》
とにかく、まずはたくさんの求人に目を通してみたい、自分の条件がどのくらい募集と合致するのか知りたい、という人におすすめです。

・マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職女性のお仕事 イメージ

求人数の目安 18,000件(2018年10月時点)
運営会社 株式会社マイナビ
特徴/注意点 ・業界大手、マイナビが手掛ける女性向けに求人に特化した転職サイト
・一般的な条件の他、キャリア志向にあわせてオンキャリ・オフキャリ検索も可能

幅広い職種・業界・勤務地の求人が掲載されているので、女性の転職活動の第一歩として登録・利用してみると良いでしょう。

・とらばーゆ
とらばーゆ イメージ

求人数の目安 4900件(2018年10月時点)
運営会社 株式会社リクルートジョブズ
特徴/注意点 ・リクルート関連企業が運営する、老舗の女性向け求人特化型転職サイト
・正社員を中心とした幅広い求人情報の他、女性の働きからや転職成功に関する情報も

さまざまな角度からの自己分析や応募書類作成ツールが用意されているので、転職にあたり、働き方や職種への希望が固まっていない方にお役立ちです。

《転職サービスタイプ》
1人での転職活動に不安や抵抗がある、求人サイトでは自分の条件合う求人が見つかりにくいという人に、おすすめです。

・Woman Career
Woman Career

求人数の目安 3000件(2018年10月時点)
運営会社 パーソルキャリア株式会社
特徴/注意点 ・転職サイトDODAなどを手掛ける、パーソルキャリア株式会社が運営
・コンサルタントによる、キャリアの磨き方や面接対策へのアドバイスが好評

これからのキャリアアップをめざす20~30代の女性向けの正社員求人が多いので、転職に際し、今後のキャリアについてのアドバイスが欲しい女性にぴったりです。

・LiBz CAREER(リブズキャリア)
LiBz CAREER イメージ

求人数の目安 1800件(2018年10月時点)
運営会社 株式会社リブ
特徴/注意点 ・「女性活躍を推進する」と掲げる、200社以上の企業と連携
・女性目線に徹底的にこだわり、女性が入社後をイメージできる情報を提供

自分の時間や幸せは大切にしながら、でも仕事もしっかり経験していきたいこだわりのキャリア志向を持つ女性は、ぜひ利用してください。

《ダイレクトリクルーティングタイプ》
これまでに築いてきたキャリアに自信がある、または培ってきたスキルを活かした転職成功を第一条件としている女性には、おすすめです。

・BIZ REACH WOMAN(ビズリーチウーマン)
BIZ REACH WOMAN イメージ

求人数の目安 9000件(2018年10月時点)
運営会社 株式会社ビズリーチ
特徴/注意点 ・管理職特化型求人サイト「ビズリーチ」の、女性向け求人限定盤サイト
・結婚や出産後も、その能力を活かし管理職経験を積みたい女性向き

自信の能力を長期的に活かしキャリアアップできる転職先を、国内はもちろん外資系・国外企業にまで視野を広げて、幅広く探したい女性におすすめです。

◆対象とする年代から選ぶ女性へ、おすすめの転職サイト
《20代の女性が正社員求人を探すなら》
まだ社会人としての経験が浅く、今後10年ほどの間に結婚・出産など大きなライフイベントが起こる可能性の高い20代には、以下がおすすめです。

・リクナビNEXT
リクナビNEXT イメージ

サイトのタイプ 求人サイト(希望者には転職支援や企業からのスカウトも)
運営会社 株式会社リクルートキャリア
特徴/注意点 ・国内最大級の求人掲載数と、豊富な転職支援サービスを受けられるサイト
・女性特化型ではないが、検索条件として「女性が活躍中」を選択できる

まだキャリアの方向性が定まっていないものの、とりあえず将来的な結婚・出産に備えて、育児休暇をとれる企業に転職したいという20代女性は要チェックです。

・ハタラクティブ

ハタラクティブ イメージ

サイトのタイプ 転職サービス
運営会社 レバレジーズ株式会社
特徴/注意点 ・第二新卒や既卒など、主に20代前半までの若い男女を対象としたサイト
・掲載されている求人の勤務地が、関東に偏る傾向アリ

マンツーマンで就活アドバイザーに相談でき、転職成功のためのアドバイスがもらえるため、転職やキャリアの立て方に悩む20代女性は必見です。

【合わせて読みたい】
20代女性が転職して正社員を目指すには?絶対知っておきたい知識

《30代の女性が正社員求人を探すなら》
社会人としての経験をある程度積み、仕事とライフイベントとの両立を重視する傾向の強い30代女性の転職では、以下をチェックしましょう。

・ウィメンズワーク
ウィメンズワーク イメージ

サイトのタイプ 求人サイト
運営会社 エン・ジャパン株式会社
特徴/注意点 ・正社員、または正社員登用アリの求人のみを掲載
・募集内容は事務、秘書、受付、人事や経理など、オフィスワークが中心

オフィスワークの正社員求人のみを、労働時間や勤務地などこだわりの条件で絞り込んで探したい30代女性におすすめです。

・キャリトレ
キャリトレ イメージ

サイトのタイプ 求人サイト/ダイレクトリクルーティング
運営会社 株式会社ビズリーチ
特徴/注意点 ・登録する内容次第で、スカウトをくれる企業数は異なってくる
・対象年齢を30代前半までの若年層に設定されている

自分のこれまでのキャリアや考え方を公開して、興味をもってくれる企業との出会いを待ってみたい、という30代女性におすすめです。

【合わせて読みたい】
30代後半の女性が転職で失敗しないために知っておきたいこと

《40代女性が正社員求人を探すなら》
子育てが落ち着き、時間ができたことで社会復帰をめざすケースの多い40代女性には、40代に特化したサイトでの転職活動が効率的です。

・FROM40スカウト
FROM40スカウト イメージ

サイトのタイプ ダイレクトリクルーティング
運営会社 株式会社ダトラ
特徴/注意点 ・収入や働き方への希望など、40代が抱える事情に配慮した求人のみ掲載
・スカウトでは20代・30代で培ってきた職務経験が重視される傾向アリ

年齢、または40代以上の女性が抱える収入・家庭などの事情を理由に選考に落ちた経験があるなら、ぜひ利用してみましょう。

【合わせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

・マイナビミドルシニア
マイナビミドルシニア イメージ

サイトのタイプ 求人サイト
運営会社 株式会社マイナビミドルシニア
特徴/注意点 ・サイトの対象年齢は、40代、50代、60代の3つの世代のみ
・2018年10月時点で、検索できる勤務地は関東地方のみ

関東在住で、自分のペースで40代女性歓迎の正社員を探したい方におすすめです。

◆未経験からの正社員をめざす女性へ、おすすめの転職サイト
正社員としての勤務経験はないけど、転職に際して正社員へのキャリアアップを目指す女性には、以下2サイトの利用がおすすめです。

・RUN WAY
RUN WAY イメージ

サイトのタイプ 求人サイト
運営会社 株式会社アウローラ
特徴/注意点 ・未経験歓迎のみに特化し、幅広い雇用形態・職種の求人を掲載
・2018年10月時点で、絞り込める求人の勤務地は関東地方のみ

3つの質問に答えるだけで、適した仕事を診断してくれるサービスもあるので、関東在住で、初めての正社員転職に悩む女性にはおすすめです。

・JAIC(ジェイック)女子カレッジ
JAIC(ジェイック)女子カレッジ イメージ

サイトのタイプ 転職サービス
運営会社 株式会社ジェイック
特徴/注意点 ・就活講座と、数社の企業への面接機会を無料で提供してもらえる
・サービスの対象者は20代の女性のみと限定されている

ビジネスマナーに自信がなく、いつも面接で選考に落ちてしまう正社員希望の20代女性なら、ぜひ利用しておきたい転職サイトです。

◆幅広く雇用形態を検討したい女性へ、おすすめの転職サイト
正社員以外にも、幅広い働き方・雇用形態の転職先も探してみたいという女性には、以下2サイトの利用をおすすめします。

・しゅふJOBサーチ
しゅふJOBサーチ イメージ

サイトのタイプ 求人サイト
運営会社 株式会社ビースタイル
特徴/注意点 ・主婦、または主婦歓迎の非正規求人を中心に掲載しているサイト

正社員にこだわらないなら、働き方や労働時間を調整しやすく主婦歓迎のアルバイトや派遣・パート求人を、ここから探してみるのも良いでしょう。

・スマートキャリア
スマートキャリア イメージ

サイトのタイプ 求人サイト
運営会社 株式会社ビースタイル
特徴/注意点 ・限られた時間でも、専門的な経験やスキルを活かせる求人のみを掲載

これまでの経歴で専門的なスキルを養ってきたけど、フルタイムで働くことは難しいという女性に、ぜひ利用してほしい転職サイトです。

転職サイトを利用する女性が、知っておくべきこと

転職サイトを利用する女性

ここでは、正社員転職を成功させたい女性が、転職サイトを利用するうえで知っておくべき6つの注意点をご紹介します。

◆複数のサイトをこまめにチェックする!
多種多様な転職サイトのうち、どのサイトが自分に合っているのかをすぐに判断するのは、とても難しいです。

自分に合うサイトを見極めるには、まずは一定期間いくつかのサイトを併用してみて、各サイトの特性や得意分野・使い勝手を理解する必要があります。

はじめの3か月は、気になるポイントがあるサイトをすべてチェックするようにして、少しずつ数を減らしていくのが良いでしょう。

また、転職サイトは少なくとも週に1~2回、多いところでは毎日求人情報の更新がされていますので、サイトはこまめにチェックしてくださいね。

◆登録する経歴で嘘はつかない!
特にスカウトやダイレクトリクルーティングを受けられるサイトにおいて、経歴や保有スキルの詐称は、大きな問題となります。

本当にマッチング度の高い求人と出会えなくなるだけでなく、転職支援をしてくれる担当者と応募先企業からの信頼をなくし、サイトそのものを使えなくなる可能性もあります。

サイトに登録する経歴は、常に正直で最新の内容となるようこまめに更新してください。

◆サイトに掲載された求人内容は鵜のみにしない!
転職サイトに掲載された求人には、実態にそぐわない待遇などを記載して、求職者をだまし討ちにするような悪質なものも残念ながら存在します。

転職は、求職者の今後の人生を大きく左右する重大な出来事です。

入社後の後悔やミスマッチを避けるためにも、応募先企業の情報は転職会議Vokersなどの口コミサイトから必ず自分の目でチェックするようにしてくださいね。

◆コンサルタントはどんどんチェンジしよう!
サイト提携のコンサルタントやエージェントによる転職支援・人材紹介を受ける場合、転職活動がスムーズにいくかどうかは、担当者と求職者の相性によっても大きく変わります。

このため、ほとんどの転職サイトでは、転職支援担当者の変更に対応してくれます。

担当者との相性が良くないと、転職活動に無駄に時間がかかってしまいますので、以下のようなことがあって「合わない」と感じたなら、遠慮なく担当変更を申し出ましょう。

・紹介してくれる求人内容が、どれもこちらの希望とズレている
・自分の希望する職種などに対し、担当者の知識があまりにも不十分
・担当者との会話が、どうもうまくかみあっていないと感じる
・担当者のアドバイスが、こちらの希望を無視していると感じる
・担当者の話し方や対応が、高圧的で不愉快だ



◆同じ求人に対し、複数の媒体からの応募は行わない!
求職者自身が直接応募する場合、そしてコンサルタントやエージェントから応募する場合のどちらも、同一人物から1つの求人に複数応募しないようにしましょう。

1つの案件に、同一人物が複数の媒体を使って応募することは、転職サイト・コンサルタント・企業担当者のすべてに不信感を与えます。

選考が破談となる大きな要素となり得ますので、くれぐれもご注意ください。

◆丸投げにせず、主体的な転職活動を!
転職サービスやダイレクトリクルーティング型の転職サイトを利用する場合、経歴を登録したことに満足して、サイトに丸投げな転職活動をする人もいます。

しかし、転職した後に実際に応募先で働くのは、求職者であるあなた自身です。

丸投げにするのではなく、登録した経歴や自己PR分を見直したり、コンサルタントが用意してくれる推薦文を確認するなどして、主体的に転職活動をしていきましょう。

【合わせて読みたい】
40代女性の「正社員になりたい」は叶う!成功のためのコツとは

自分の転職条件にあった女性向けサイトを使い分けよう

女性向け転職サイトの比較検討

転職サイトが得意とする年齢や性別、職種や雇用形態は、媒体によってさまざまです。

利用方法も、事前の会員登録や経歴登録がマストなものもあれば、何も登録作業をしなくても求人の検索・応募ができるサービスもあります。

複数のサイトを利用しようと思うと戸惑う機会も多いでしょうが、自分に合うサイトを見つけて、効率よく求人と出会うことが転職成功の重要なポイントです。

まずは、あなたの事情・条件にあった女性向け転職サイトを10個くらい利用してみて、そのなかから5つ程度、使いやすいところだけをのこしてみましょう。

あなたが希望する働き方ができる職場を見つけ、転職活動を後悔のないかたちで終えることができよう、祈っています。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事