転職がうまくいかなくて採用されるまで時間がかかりました

公開日:2018年10月28日
前職
職種:
アプリケーション設計(汎用機・制御系)
業種:
システムインテグレーター
年収:
400万円
現職
職種:
プログラマ(汎用機・制御系)
業種:
システムインテグレーター
年収:
440万円
転職活動期間:
3ヶ月
転職方法:
人材紹介会社

転職理由

今までアプリケーション設計などをして働いていました。その時の職場は6年以上勤めていましたが、残業が多くて仕事が大変でした。給与もほとんど上がらずに休日出勤も当たり前だったので、精神的にも肉体的にも限界を感じていました。仕事の効率が悪く、無駄な作業が多いせいで残業になってしまうので、上司に改善案などを出してもほとんど相手にされずに結局無駄な作業を続けることになり、残業時間も変わりません。そのため、このままこの会社で続けていく意欲が薄れていき、転職を考えるようになりました。

転職活動の振り返り

転職を考えるようになってから、まずは求人サイトなどをチェックするようにしました。気になる求人があったら応募して、自分なりに書類選考や面接の対策をしていましたが、採用されることはありません。転職活動をしてから数ヶ月が過ぎ、このままだといつまで経っても転職ができないと思ったので、何か違う転職方法を探していると、転職エージェントという、転職支援をしてくれるサイトの存在を知りました。こういったサイトの存在は初めて知ったので魅力を感じましたが、有料なんだろうなと思っていたら、完全無料で利用できるというので驚きです。

さっそく登録してみるとすぐに担当の人から連絡があり、転職する希望の条件や今までのスキルや実績を質問されました。その後、数日後に連絡があり、複数の求人を紹介してくれて、その中から興味のある求人へ応募しました。転職エージェントの人が職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたおかげで書類選考に通過して、面接でも予めアドバイスを受けていたため、緊張することなく面接に挑めました。後日、面接を受けた会社から連絡があり見事採用されました。

転職活動中の人へ、アドバイス

もし転職活動がうまくいかない場合はひとりで悩むのではなく、転職エージェントなどの転職をサポートしてくれるサイトに登録すれば、転職活動が楽になります。書類選考に通らなかったり、面接でうまくしゃべれなかったりする場合は、サポートしてくれる担当者からアドバイスを受けられるので、採用率が高くなります。また、自分では気付かないアピールポイントや、直した方がいい癖なども教えてくれます。しかも、応募する企業の情報も保有しているので、例えば面接官がどんな人物なのか、どんな質問をしてくるのかがある程度分かります。そのため、予め準備ができるので面接官の評判もよかったです。

転職後の現在の状況

転職後の仕事は、システムインテグレーターで汎用機や制御系のプログラマとして働いています。前職と比べて残業が少なく効率の良い働き方ができるので、ストレスもなくなり毎日充実した働き方ができるようになりました。また、収入も少し増えたので転職できて本当に良かったです。

close