施工管理から他職種・異業種に転職したい!成功のポイントは?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

施工管理は工事が円滑・安全に進むよう、責任者として現場を監督する仕事です。

社会に必要なインフラや巨大な構造物、人々が暮らす家づくりなどに携わるやりがいの大きい仕事ですが、その分、責任と大変さも伴います。

そこで、今回はアラフォー以上歓迎求人を扱う「FROM40」が、施工管理の経験を活かし転職したいと考えている40代に向けて、成功のポイントを解説。

施工管理という経歴を活かせるおすすめの転職先や、異業種への転職をめざす場合の成功可能性、使ってほしい転職サイトまでご紹介していきます。

施工管理から転職したいと悩んでいるなら、具体的な行動を起こす前に、ぜひ本記事を読んでみてくださいね。

【合わせて読みたい】
施工管理の仕事を解説!40代転職成功と求人応募のポイントとは?

目次

施工管理の経験が活かせる、転職先候補は?

施工管理として働く男性

工事の資材・日程・工程・人員の管理、現場の安全性と工事内容の品質の維持、工事に必要な申請や事務手続きまでこなす施工管理は、建設に関して幅広い知識を持っています。

また、転職市場においては年齢を重ねるほど「将来性・柔軟性が期待できない」「即戦力性がない」と判断されることから、未経験の分野・職種への挑戦が難しくなります。

この2点を踏まえると、施工管理からの転職は施工管理で培ってきた経験・知識を活かせる仕事を選ぶべきでしょう。

以下から、施工管理からの転職候補先に加えてほしいおすすめの業界・職種をご紹介していきます。

◆不動産関係
《不動産仲介営業》
家やビルなど、工事で出来上がった建物を販売する立場となる選択肢です。

建物を売買するには、その建物を正当に見極め評価する目が必要となります。建物を作る側である施工管理として培った知識・経験が多いに役立つ仕事と言えるでしょう。

《不動産開発業者》
「デベロッパー」などとも言われる職種。新しい住宅地やリゾート地の開発・造成など、大規模な不動産開発や再開発を行う立場のことです。

開発・再開発を企画し、業者を選定して施工管理者に工事依頼をかける立場となるため、施工管理として現場で積んだ経験が役立ちますよ。

【合わせて読みたい】
不動産業界への転職を目指す!有利な資格や求人の探し方を解説
40代から不動産営業に転職!やりがい&キャリアアップに役立つ資格

◆再生・開発関係
《ゼネコンの営業》
ゼネコンとは「総合工事事業者」「総合建設業」のこと。依頼者から各種工事を一式で請け負い、土木工事業者や電気工事業者などに振り分ける役割を担っています。

ゼネコンの営業はさまざまな工事業者や設計事務所、観光庁などを顧客とし営業をかける仕事であるため、工事や建築資材、施工に関する幅広い知識が求められる仕事です。

《都市再生機構職員》
大都市、または地方中心都市の市街地の整備、賃貸住宅の供給・支援を行う独立行政法人の職員になる道です。

都市の再生、住宅の建築や整備、ニュータウン開発、災害復興などに携わることができます。

◆自治体職員
《公務員》
各自治体は、土木・建築業界で一定の経験を積んだ人材を土木部門・耐震工事・実行関連部署の公務員として中途採用していることがあります。

採用の条件は自治体や職種により異なりますが、施工管理としての経験があれば、ある程度年齢を重ねてから公務員へ転職することも可能なのです。

◆設備関係
《住宅設備・資材メーカー営業》
建設やリフォームの工事で使用する資材・設備を製造・販売する会社の営業職です。

施工管理として実際に工事に携わった経験を活かし、顧客である工事関係者に商品を提案・販売することができます。

《設備管理》
ビルやマンションなどの設備を定期的に点検し、適切な状態に管理・維持する仕事です。「ビルメン(ビルメンテナンス)」などと呼ばれることもあります。

必要に応じて業者に修理依頼する立場でもあるので、施工管理として建物を作るなかで得た経験が活かせるでしょう。

◆設計・建築関係事務所
《CADオペレーター》
工事に必要な図面を、CADという専用ソフトで書きだす仕事です。勤務先としては土木や建築、建設、構造関係の会社の設計部門が挙げられます。

施工管理経験者であれば仕事上図面の見方や書き方、建設可能な図面かどうかを判断できる知識と技術が身についているので、即戦力として歓迎されます。

【合わせて読みたい】
需要大なCADの仕事!必要資格や40代転職&求人探しのコツは?

施工管理からの転職を成功させるためのポイント

施工管理からの転職成功イメージ

めざすべき転職先候補が見えてきたところで、次に、施工管理が転職を成功させるために理解しておくべきポイントを3つご紹介します。

◆転職に何を求めているのか、はっきりさせておく
退職に至る決定的な理由、そして転職後に望む仕事内容やライフスタイルは、同じ施工管理からの転職でも人によって大きく異なります。

長く、やりがいを持ってキャリアを積んでいける企業・職種に転職するには、自身が転職先に求めているものを正確に把握し、条件を設定しておかなければなりません。

まずは以下を参考に退職理由・転職先に期待することを、改めて整理してみてください。

《退職理由について》
・何が嫌で、我慢できなくて辞めた(辞めようと思った)のか
・嫌だったところが、どう解決すれば辞めない選択が考えられたか


《転職先への希望について》
・転職後の仕事と生活をイメージしたとき、絶対に譲れないことは何か
・譲れないことと合わせ、長く働き続けるのに必要な要素は何か


【転職先に希望することの例】
・人間関係の良さ、社内の風通しの良さ、上下関係のフラット感
・髪型や服装を含め、従業員個人の趣味嗜好を尊重してもらえる
・幅広い仕事をし、大きなことを成し遂げたいので、大企業への転職にこだわりたい
・アットホームな環境で楽しく働きたいので、中小規模の企業への転職にこだわりたい
・社長をはじめ、経営陣がその分野のエキスパートでついていきたいと思える
・残業時間が一定以内で、就業後や休暇に自分の時間がしっかり取れる
・現在の仕事、または前職よりも〇万円以上収入がアップしないと嫌だ
・勤務時間や勤務体制の自由度が高く、在宅ワークなどに対応している
・携わりたい業務に就ける、または獲得したい知識やスキルを得られる など



あなたの中で退職理由、転職先に期待することが3つずつくらい見えてきたら、これらを転職先の求人選びの基準としていきます。

退職理由となった「仕事上の嫌なこと・許せないこと」に当てはまらず、転職先に希望する「譲れないこと・働くうえで大事なこと」を満たす企業の求人を探すのです。

ただし、すべての条件を満たす企業の求人にはなかなか出会えません。
3つずつの条件のうち、妥協できる・他のポイントでカバーできるものはどれかも、自分の中で考えておくと良いでしょう。

【合わせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!
自分の『強み』を活かして転職成功!今すぐできるキャリアの棚卸し方法とは?

◆幅広く情報収集を行い、一度みただけの情報は鵜呑みにしない
企業が転職・求人媒体に掲載する求人を見て「良いことだけしか書いていない」「どの媒体でも同じようなことが書いてある」と、悩んだ経験はありませんか。

求人を出す企業の一部は、求人を出すにあたり過去に使った文章を各媒体で使いまわしたり、媒体の担当者に一任して作成を依頼しています。

別の媒体で出しているはずの求人が似たような内容になったり、抽象的な言い回しの求人が多く目につくのは、このためなのです。

また、残念ながら求人に平気で嘘の情報を記載するブラックな企業があるのも事実。

ひとつの媒体、または複数媒体の似たような求人だけを見て、その内容を信じ込んでしまうのは危険と言わざるを得ません。

転職活動中は以下を参考に、応募を検討する企業・求人について、さまざまなルートで幅広く情報を集めてください。求人内容の真偽をある程度見極めるのに役立ちますよ。

・転職を希望する業界や職種、または近しい立場で働く人からの証言
「転職会議」「カイシャの評判」「OpenWork」など、口コミサイトで情報を集める
・会社が持っているサイトを、経営理念や会社方針などをはじめすべて閲覧する
・地元密着の中小企業であれば、会社近隣や地域の評判を探ってみる
・Google、またはSNSで社名を検索してみる


求人に虚偽を記載するブラックな企業であれば、複数のソースからの情報を集めればボロが出てくるはずです。

【合わせて読みたい】
建築士に転職!ぴったりの求人を見つけるためのサイト選びと活用法
施工管理への転職!適性ある女性の特徴と利用すべき求人サイトは?

◆必要ならば、転職先に関係する資格取得も検討する
施工管理の経験が活かせる職種の中には、採用の条件として特定の資格保有者と設定していることもあります。

このため、転職を希望する業界・職種によっては転職活動と並行して新たな知識・技術・資格の取得が必要になるかもしれません。

以下に、施工管理から不動産・建築・建設関係の仕事へ転職する際に役立つ資格の例をいくつか挙げておきますので、参考にしてくださいね。

・二級建築士
・宅地建物取引主任者
・構造設計一級建築士
・コンクリート診断士
・CAD利用者技術者試験
・オートデスク認定ユーザー
・CAD実務キャリア検定試験


【合わせて読みたい】
建設・建築・土木業界へ40代で正社員転職!成功のポイントは?

施工管理から異業種に転職するには、どうすればいい?

転職のため施工管理を退職する女性

冒頭でも述べたように、30代以上の転職者は年齢を重ねるほど即戦力性が重視され、未経験の業界へ転職することは難しくなります。

このため、前項までは施工管理と同じ建築・建設業界、または近しい不動産や設備業界への転職成功のコツを中心に述べてきました。

ここからは、施工管理から建築・建設・不動産以外のまったく違う業界へ転職成功できる可能性について、考えていきましょう。

◆施工管理からの異業種転職は、エージェントを活用するのがおすすめ
一般的に転職活動と言えば、サイトや雑誌・広告などを読み込んで条件に合う求人を探して応募し、選考の準備や面接日程の調整を自分で行う必要がありますよね。

これは、職業や転職先の業界・業種を問わず共通の工程です。

しかし働きながら自己分析や企業分析を行い、書類を作って面接に備えるのは、体力的にも精神的にもきついですよね。

特に、現場責任者である施工管理者は、転職活動のために仕事を休むことがままならないということも多いでしょう。

勝手のわからない異業種への転職に向けて動いているなら、より難しく感じられるかもしれません。

そこで活用してほしいのが、求人を扱う各媒体が運営する転職エージェントです。

転職エージェントとは、専任の担当者があなたの転職活動をサポートしてくれるサービスのこと。

具体的には、以下のようなサービスを提供してくれます。

《転職エージェントから受けられるサービスの内容例》
・電話やチャット、または対面による面談
・面談内容をもとに、あなたの強みや弱み、適性をアドバイス
・適性とあなたが転職先に求める条件をもとに、求人を選んで紹介してくれる
・応募の際には、志望動機や書類内容、面接で話すことを一緒に考えてくれる
・応募先との面接日程調整、あなたという人材の紹介・アピール  など

※細かなサービス内容は運営会社により異なります。ご確認ください。

施工管理から異業種への転職をめざす場合、転職者は以下のようなメリットを得られるでしょう。

《施工管理から異業種への転職で、エージェントを利用するメリット》
・適性と希望に合った求人を紹介してもらえるので、求人を探す手間が省ける
・仕事が忙しく転職活動の時間があまり取れなくても、求人探しを続けられる
・出勤前後、休みの日などプライベートな時間をあまり削らずに転職活動できる
・第三者の目線で経歴や人柄を見てもらえるので、自分の未知の魅力に気付ける
・施工管理以外に適性のある仕事、自分の人柄に合った求人紹介が期待できる
・自分に合う転職活動の方法や進め方、転職成功のためのアドバイスをもらえる
・退職や、転職活動の進捗に関するアドバイスももらえる  など


ひとりではうまくいかなくても、第三者の手を借りるとスムーズに進むこともあります。

エージェントは転職のプロですから、異業種へ転職するならぜひ力を借りてくださいね。

【性格によっては、エージェント利用が向かないことも…】
プロの意見とアドバイスをもらい、プロに厳選された求人を中心にエージェントと二人三脚で行う転職活動は、転職者を覆いに助けてくれるでしょう。

人間は以外と自分のことは見えていない、理解できていないことが多いので、転職活動に第三者の目線を入れるのは理にかなった方法と言えます。

しかし「自分のペースで転職活動したい」「惑わされてしまうので他人の意見は要らない」という人も中にはいますよね。

その道のプロと言えど、第三者から意見や紹介を受けるのがストレスになるよう人には、エージェントを使った転職活動は不向きです。

自身で求人を検索・閲覧するとともに、スカウトサービスや転職イベントなど、他の方法を併用して効率的な転職活動をめざしましょう。



【合わせて読みたい】
《スカウト&エージェント》2大転職サービスの賢い利用法とは?
ネットと一緒に活用すべし!大型ドライバー向け転職イベントの魅力

◆スカウトサービスも併用すると利便性アップ
エージェントと並び、求人を扱う企業が提供している転職支援のサービスに「スカウトサービス」があります。

【スカウトサービスとは】
あらかじめサイトに登録しておいた転職者の経歴をもとに、エージェントや企業の採用担当者からのスカウトを受け取れるサービスです。

あなたという人材に興味を持った採用担当から「あなたに興味がある」「会ってみたい」「選考に来てほしい」などのメッセージを、メールなどで受け取れます。



自力での求人検索とエージェントと合わせて、スカウトサービスも活用してくださいね。

【合わせて読みたい】
【登録推奨】理想の企業から声がかかるサービス「FROM40スカウト」
大手5社を徹底比較!転職スカウトサービスの違い&活用法とは?

使ってみて!施工管理からの転職におすすめのサイト

施工管理からの転職に役立つサイト イメージ

最後に、施工管理からの転職活動に役立ててほしい9つのサイトを、以下4つのカテゴリに分けてご紹介していきます。

《1》まず、求人をざっくり知りたい
《2》建築・建設業界など、施工管理に近い仕事を探したい
《3》大手企業のものを中心に、幅広く求人を見たい
《4》中小規模の企業が出す、優良な求人を探したい


あなたが求める求人の特徴と比較し、近いカテゴリのサイトを活用してくださいね。

◆まず、求人をざっくり知りたいなら
《FROM40スカウト》
自分という人材にどのような求人需要があるのか、まずざっくり確認したいなら、経歴を登録して企業からのスカウトを待つスカウトサービスを使うのがおすすめです。

必要情報の登録さえ済ませておけば、あとは何もしなくてもOK。スカウトを待って、自分に対してどんな企業から需要があるのか、確認してみましょう。

《Indeed》
各媒体の求人情報を一気に閲覧できる、求人情報に特化した検索エンジンサイト。
求人・転職情報を掲載するサイトの他、各企業が自社の採用ページでかけている募集情報もピックアップしてくれます。

転職を希望する職種、または経験のある施工管理などのキーワードを使って検索すれば、自分の希望や経歴に合った仕事情報が閲覧できます。

◆建築・建設業界など、施工管理に近い転職先を探すなら
《A-worker》
建築・建設業界の求人情報に特化したサイト。業界のなかでもCADオペレーター、設計・設計監理など、設計事務所勤務の求人を多く扱っています。

スカウトサービスも併設されているので、求人検索と合わせて利用すると良いでしょう。

《不動産Career》
不動産業界に特化した求人サイト。不動産関連の求人を社名や勤務地の他、売買仲介や不動産管理、建築営業などの具体的な職種名で絞り込める仕組みになっています。

合わせて「不動産キャリアAgent」というエージェントサービスも提供しているようなので、施工管理から不動産業界への転職を狙うなら活用しましょう。

◆大手企業を中心に、幅広く求人を見たいなら
《リクナビNEXT》
転職業界最大手のサイト。圧倒的な求人数を誇り、併設するエージェントサービス「リクルートエージェント」は、条件面の交渉力が高いと評判です。

ただし、大手だけに求人掲載にかかる費用が高額なため、掲載されている求人のほとんどは大手また大規模企業によるものです。

《マイナビ転職》
リクナビNEXTに次ぐ、転職業界大手のサイト。年齢・雇用形態を問わずさまざまな求人を掲載しているため、施工管理の経験が活かせる求人とも出会えるかもしれません。

併設のエージェントサービス「マイナビエージェント」では、電話での丁寧な面談と転職支援、求人紹介が受けられます。

《doda》
こちらも、雇用形態を問わず圧倒的な求人数を抱える大手転職サイト。
自分で検索・閲覧できる他、併設のエージェントサービスに登録すれば、非公開求人を紹介してもらえます。

面談やサポートは電話やメールで行われ、転職活動の進捗についても相談できます。

◆中小規模の企業から、優良な求人を探したい
《FROM40》
30代後半以上、アラフォーから50代の転職希望者をメインターゲットにしたサイト。
大手の転職サイトには掲載されていない中小規模企業の求人を中心に、幅広い雇用形態の求人を扱っています。

転職するにあたり「年齢がネック」と感じている、または「雇用形態や企業規模を問わず、優良な求人を探してみたい」人におすすめです。

《ハローワーク》
公共の職業紹介サービス、職業安定所のこと。企業側は無料で求人を掲載できるため、小規模・少人数・地元密着型企業の求人とも出会うことができます。

ただし、基本的に求人内容の精査は行われていません。なかには、明らかに過酷な待遇の求人も紛れ込んでいるので、優良な求人を見極める目が必要となります。

どんな仕事にも就けるはず!施工管理からの転職を成功させよう

施工管理からの転職に成功した男性

施工管理は工事や建築・建設関係の知識、図面を読み書きしたり、工程を管理する能力を身につけられる仕事です。

このため、施工管理の経験が活きる建築・建設業界の他職種、また近しい業界である不動産や設備関係の仕事であれば、比較的簡単に転職できるでしょう。

一般的に、年齢を重ねるほど未経験の仕事への転職は難しくなりますが、転職のプロであるエージェントの力を借りれば、施工管理から異業種への転職も十分可能です。

これまでのあなたが施工管理として働いてきた経験、そして真面目で真摯な仕事への姿勢があれば、どんな仕事への転職も成功できるはず。

本記事が役立ち、あなたの施工管理からの転職が成功することを、心から願っています。

Banner column01
Banner neo column 01

新着記事

関連する記事