40代の人生経験が活きる!人事への転職と求人探し成功のコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

リーダーとして会社をまとめ引っ張る取締役や、会社に利益をもたらす営業と同じく、どの職場にも欠かせない存在の1つとして「人事」が挙げられます。

社内の各ポジションの採用活動や、雇用するうえでの管理・労働環境の調整などをメイン業務とする人事への40代での転職は、可能なのでしょうか。

今回は人事への転職成功をめざす40代に向けて、40代・50代向け転職サイトFROM40が人事職の具体的な仕事内容ややりがい、求められるスキルなどをご紹介。

さらに、40代が人事への転職成功を掴むうえで知っておくべき志望動機作成・求人探しのコツも、一緒に解説していきます。

40代での転職先の候補として人事職を考えているなら、実際に求人に応募する前に、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

目次

業務内容や給与の目安まで、人事の仕事を解説

人事の仕事内容 評価制度

まずは、よく耳にする人事という仕事について、具体的な業務内容や給与の目安を理解していきましょう。

◆「ヒト」を計画的に採用・管理するのが人事の仕事
公営か民営化にかかわらず、企業や機関の多くは人材を雇用しうまく活用することで利益や資金を得て、社会貢献や会社の存続を実現させています。

このため、新しい人材の確保や既存の優秀な人材の活用と管理も、経営上とても重要な要素となるのです。

人事職は、会社経営にとって重要な「ヒト」の採用や管理を一任されている立場です。

具体的には、以下のような業務が人事の仕事の範疇となります。

人事企画 会社の方針に従い、将来的な採用の有無や社員数の調整、どの人材をどこに配置するかなど人材を採用・管理するうえでの計画をたてます。
採用活動 計画に基づき、転職・求人サイトや自社の採用ページ、ハローワークなどを利用・管理して新しい人材を集め、選考して雇用します。
教育・研修制度
の管理
採用した人に対し、会社が求める人材となってくれるよう必要な教育・研修制度を考え、提供します。また教育するうえでの面談も、人事の仕事です。
労働環境・評価
制度の整備
既存、または新しく入ってきた人材に「ここで働き続けたい」と感じてもらえるよう、労働環境や報酬にかかわる評価制度などを考え、整備します。
労務管理 入社や退職の手続き、給与の計算と支払い、勤怠など、働く上での企業・社員それぞれの義務と権利を理解し、それらが適切に履行されるように管理します。


《労務との違いは?》
人事と似た意味合いのある職種・部署名として「労務」があります。

労務は、主に人を雇用・活用するうえで必要な事務手続きなどを行う部署や職種を指し、会社によっては人事と区別されています。

人事と労務、それぞれ別々の仕事・部署として募集がかかっている場合は、以下のように理解しておくと良いでしょう。

・人事…採用や教育、評価やそれにかかわる面談など、労働者と直接かかわる仕事
・労務…給与や雇用に関する書類上の各手続をメインとした、事務的な仕事


◆人事職で得られる、給与の目安
人事の仕事の時給・月給・年収の平均的な目安は、以下の通りです。

時給 1500円程度
月給 22万円程度
年収 320万円程度


一般的な事務・総務に比べると、労務管理や給与計算、人事企画などを行えるスキルが必要とされる分、給与額も割高になる傾向があります。

なお、上記はあくまで目安です。
過去の経験や役職の有無、会社の規模・規定によって人事職で得られる給与額は変わってきますので、必ず応募先または勤務先に確認してくださいね。

【合わせて読みたい】
人事の転職を成功させる!ミドルが持つキャリアとスキルの生かし方
中高年の転職!人事の仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは?

人事の仕事、やりがいや必要なスキルはどんなもの?

人事への転職について考える40代男性

人事の仕事内容を理解できたところで、ここからは人事として転職成功するために必要なスキルや、働くうえでのやりがいについて見ていきます。

◆人事の仕事で得られるやりがい
40代が人事に転職するうえでの魅力となる、仕事のやりがいは以下の通りです。

・採用から入社後の長期間にわたり、一緒に働く人の人生に大きくかかわれる
・面談やサポートも業務であるため、1人1人の社員との関係が深くなりやすい
・自分の仕事が、会社や同僚の利益や働く喜びにつながっていると実感しやすい
・社内はもちろん、採用活動で社外の人ともたくさん知り合うことができる
・人を相手にする仕事なので、正解がなくゆだねられる裁量が大きくなる
・ヒトを管理するといい業務から、経営者的な目線を持てるようになる
・労務上の手続きから、社会保険などの仕組みを理解できるようになる
・仕事からヒトを見る目や、計画・スケジュール管理能力が身に着く


《人事の仕事をするうえで、大変なことは?》
やりがいの一方で、人事の仕事をするうえでの難しさとしては、以下が挙げられるでしょう。

・経営陣の示す人事方針を正しく理解し、方針に合った人事計画を立てなければならない
・人を相手にするため、相手によって臨機応変に対応を変えなければならない
・会社の評価制度に大きくかかわるため、他部署から距離を置かれることがある
・他部署の業務をきちんと見極めて、正しい評価制度を整えることが求められる
・ときには業務の一部として、退職勧奨や解雇など難しい対応を迫られることも
・業務成果を数値化しにくいため、営業などと比べ仕事の成果を可視化しにくい
・会社の理想や文化と、現状や法律との乖離が大きいと、難しい調整を求められる


やりがいと大変さのいずれも、人事が会社の内外の人と深くかかわる仕事であればこそ、感じられる内容となっていますね。

【合わせて読みたい】
40代転職【人事の仕事】やりがいと大変さ&オススメ資格3選

◆人事として働くうえで、必要となるスキル
ここからは、人事の仕事に就くうえでどのようなスキルが必要となるのか、40代転職に際して必要となるスキルと、転職後に身に着くスキルの2つに分けてご紹介します。

《40代で人事に転職するために、必要となるスキル》
・人と話すこと、人と深くかかわることが好きで苦にならない人柄・資質
・相手の立場や年齢にあわせて適切に対処できる、高いコミュニケーション能力
・迅速に労務手続きを進められるだけの、PC操作能力と作業の正確性
(特にExcel、Accessなどのパソコンソフトの操作スキルは必須)
・やらなければならないことと、突発的な業務を並行できるスケジュール管理能力
・日々更新される法律や時流について自ら勉強し、取り入れようとする向上心


上記に加えて、管理職として人材と採用・教育・管理した経験があると、30代までの若手や他の候補者と差別化することができるでしょう。

また、労務や人事事務、人事アシスタントなど、少しでも採用や人事に関った経験を持っている40代の方が、即戦力として積極的に採用されます。

なお過去に実務経験がなく、40代転職で初めて人事への転職をめざす場合は、正社員として採用される可能性は低いと言わざるを得ません。

まずは派遣やアルバイトなどの非正規雇用で、人事アシスタントや人事事務など人事課でのサポート業務から、キャリアをスタートさせるのが現実的です。

《転職後、人事として働くうえで身につくスキル》
人事としての転職成功後、働くうえで身につく、または向上が期待できるスキルとしては以下が挙げられるでしょう。

・相手のタイプを見極め、臨機応変に対応できるようになるコミュニケーション能力
・会社を経営するうえで不可欠な、人を見る目や経営者的な考え方
・現状の問題を抽出し、その解決のために計画をたてる戦略的思考力
・課題解決や、評価に必要な情報を収集し取捨選択する情報管理能力
・就業や労働に関する、法律や保険の手続き、お金に関する知識


すべてではなくても、40代での人事転職に必要となるスキルのいくつかを持ち、将来的に上記のようなスキルを得たいと考えているなら、人事転職成功の可能性は十分あります。

《人事転職の際に、あれば役に立つ資格》
人事の採用に際して、必須とされる資格は特にありません。

しかし、以下のような採用や労務管理にかかわる資格を持っていれば、40代転職成功の大きな助けとなりますので、覚えておきましょう。

キャリアコンサルタント、社会保険労務士、産業カウンセラー、ビジネスキャリア検定



成否を分ける!状況別、40代人事転職向け志望動機例文4つ

40代の志望動機に食いつく人事担当者

40代での転職では、30代までの若手に比べて即戦力性が強く求められます。

このため、書類選考や面接で述べる志望動機に、いかに応募先への熱意や自己PRを効果的に入れられるかどうかが、採用を勝ち取るための大きなポイントとなるのです。

ここからは、40代が人事への転職を成功させるために知っておくべき志望動機作成のコツを、実務経験の有無別に計4つご紹介します。

書類、または口頭で述べる志望動機作成の参考にしてくださいね。

◆40代がおさえるべき、志望動機作成の基本的なコツ

・応募先に感じた魅力や入社の熱意は、具体的な根拠とともに提示すること
・退職理由は、志望動機とつながるように前向きな内容に整える
・過去の功績やアピールポイントは、エピソードや数値と一緒に
・できることとできないことを、将来的な目標と一緒に盛り込む



40代転職では人事への適性はもちろん、将来的に企業にとって利益となる「即戦力性の芽」をアピールできるかどうかが、転職の成否を分けると覚えておきましょう。

【合わせて読みたい】
ミドル世代の転職事情と履歴書への「転職理由」書き方のポイント
40代以上の転職面接に役立つ!よく聞かれる質問&15の回答例

◆人事の実務経験がある40代向け!志望動機例文2つ
《例文1》
私は20代の頃より15年以上、建築関係の企業の人事部で勤務してまいりました。

前職では主に新卒採用と、これにかかわる採用戦略の立案やスケジューリング、面接や新人教育・研修制度の整備などに従事し、直近の5年間はプロジェクトリーダーも経験。

その時代時代の景気や市場に合わせ、若い方と会って採用活動をし、彼らを育てていく仕事は非常に楽しくやりがいのあるものでした。

しかし、日々人事部としての仕事を行うなかで、新卒採用の分野だけでなく中途採用や労務を含むより幅広い業務に、大きな裁量をもって携わりたいと考えるようになったのです。

前職場にて部署内の配置換えの希望も出しましたが、内部事情により難しいとの判断がありましたので、新しい活躍の場を求める運びとなりました。

御社はまだ創立5年目と若い会社でありながら、年齢によらない採用と、個々の能力にあわせて自己と他者から評価する、画期的な評価制度をお持ちです。

求人の募集内容によると今後、御社は新卒採用をお考えだそうですね。

御社の人材への価値観と私の新卒採用・新人教育を掛け合わせて貢献することができ、かつ幅広い人事業務の経験も積めるのではないかと考え、応募いたしました。

《例文2》
私はこれまで人事部にて、労務管理と評価制度の構築をメインに経験を積んでまいりました。

人を管理・評価する、またそのための仕組みを作るということは、いかに自社で働く人を活かし幸せにできるかを決定づける重要な仕事だと、私は考えております。

私がこの度、御社への転職を志望いたしましたのは、自身の経験から御社の出産や育児、介護に伴い雇用形態・評価方法を変えるという制度に、非常に魅力を感じているためです。

御社ほどの大規模で、かつ創立年数も長い企業において、過去の慣例にとらわれず労働環境を時流に合わせたものに変えるのは、非常に難しいのではと推察いたします。

そんななかで、従業員が長く働きやすい労働環境を整えるための制度を発案し、これを実行された御社の人事部と経営陣には、多大な尊敬の念を抱いております。 私も、これまで20年近くにわたり培ってきた労務・人事の経験を活かして、微力ながら幅広く御社で働く人の幸せに貢献できればと思います。よろしくお願いいたします。

【合わせて読みたい】
面接官の心を掴める!40代転職者必見、面接用の志望動機例文4選

◆人事の実務経験がない40代向け!志望動機例文2つ
《例文1》
私は20代の頃から35歳まで、飲食店の店長・マネージャーとして勤務していました。

在職中は接客や調理はもちろん、店の責任者またエリアマネージャーとして、新しいバイトの採用や教育、シフトや勤怠の管理までほぼ1人で担当していたんです。

新人の成長には、本人の素養に加えて教える人の能力や人柄がよく現れます。

私は自分が採用・教育した新人さんが、お客さんや他の従業員を笑顔にしてくれることに、この上ない喜びを感じていました。

前職は35歳のとき、家庭の事情でやむなく退職しましたが、この度の復職するにあたり「主に人の採用や教育に携わりたい」と考え、人事への転職を志望した次第です。

御社は、自社のお客様と同じくらい従業員の教育や幸福に力を入れておられると伺いました。

私には人事としての実務経験はなく、ご不安な点もおありでしょうが、微力ながら御社の従業員の方の成長と幸福に貢献できればと考えております。よろしくお願いいたします。

《例文2》
私は、これまでに営業職を15年、広報として5年程度の経験を積んでまいりました。

営業・広報のどちらも社内外のたくさんの人と接するため、自分だけではなく、他の方と交流することで仕事が大きく動く感覚が好きで、やりがいを持って働いていました。

広報時代には、仕事柄企業の採用担当者様や転職業界の方とお会いする機会も多く、その中で俯瞰的に時代を見て、人材を採用・管理する人事の仕事に興味を持ったんです。

これまでの営業・広報の経験から、企業の理解とPR、そして人を見極め教育する能力は十分に養ってきたと自負しております。

人事として働いた経験がなく、正直なところ、労務などの管理部門においては未熟な部分も多いですが、人材の採用・教育においては御社のお役に立てるはずです。

今後、事業拡大のためますます採用に力を入れていかれる御社において、私の経験を活かしながら貢献したいと考えております。よろしくお願いいたします。

《人事の経験がなくても、40代転職に活かせる職務経験》
過去に人事として働いた経験なくても、「人と接する」「処理・管理をする」という部分で共通する以下のような職務経験は、40代の人事転職に活かせます。

営業職、飲食店、接客業、経理、起業の経験、管理職の経験  など

このような職歴があるなら、志望動機のなかにうまく盛り込んでくださいね。



【合わせて読みたい】
40代の転職・・・魅力的で、説得力のある採用される「志望動機」の書き方

転職成功のため、人事の求人探しで気を付けるべきポイント

40代向け人事の求人探し イメージ

一般的な定年退職年齢である60歳までをキャリアとして考えると、40代での転職は、人生最後の転職となる可能性が高いでしょう。

ここからは、人生最後の転職先として人事への転職をめざす40代が、納得のいく採用を勝ち取るために知っておくべき求人探しのポイントをご紹介します。

参考にしてくださいね。

◆過去に経験した職種、業界などが近い求人を探す
既に述べてきたように、40代転職では即戦力性が何よりも重視されます。

このため、同じ人事業務未経験者でも、応募先の業界や業種、業態に近い企業での勤務経験がある人の方が、即戦力性が高いとして評価される傾向があるのです。

例えば、従業員数が10人未満の会社と100人超の会社、海外に支店を持つ会社と国内本社のみの企業では、同じ人事部では仕事内容がかなり違いますよね。

会社の規模や従業員数、企業にとってどのような時期を従業員として経験したかによっても、個人が日々の業務から獲得するスキルは変わってきます。

人事の実務経験がなければ、過去の自分の経歴にある業界・業種・業態などと重複や類似する点のある、人事求人を探してみましょう。

【合わせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

◆40代ならではの、多様な経験が求められる求人を探す
一般的に、20~30代に比べて40代は年齢を重ねている分、社会人としてもさまざまな経験を積んでいるものと判断されます。

このため、幅広い分野で多様な経験がある人を求める少数精鋭運営の企業や、創立から間もなく取締役の従業員の年齢層が全体的に若い企業では、40代は歓迎されるのです。

以下のような条件に当てはまる人は、少人数、またはIT業界などに多いベンチャー企業の人事求人を探してみると、うまくいくかもしれません。

・人事をはじめ、労務や総務などバックオフィス全般の経験やノウハウのある人
・企業規模は問わないので、できるだけ大きな裁量のなかで人事業務全般を携わりたい


◆変化や、採用の方針変更をめざしている求人を探す
少子高齢化の影響により、近年は人材不足・採用難の時代と言われています。

このため、企業側もあの手この手で採用活動を行っていますが、ハローワークや転職サイトなど既存の方法だけでは、人材確保が難しくなってきているのです。

そこで新しい採用手法として、応募者を募るための採用コンテンツの運営や自社の求人ページなど、新しい方法を積極的に試す企業も増えてきています。

人事の経験がなくても、実務経験のある業界や職種で使われていた採用手法などを提案できれば、人事部の即戦力として認められるかもしれません。

人事分野に力を入れていて、従来の人事の枠にとらわれない柔軟な発想を求めている人事求人を見つけたら、実務未経験でも積極的に応募してみましょう。

【合わせて読みたい】
40代の転職が失敗する原因から学ぶ!賢い転職サイトの使い方

◆人事として転職する上での、自分の条件をはっきりさせておく
今、40代の自分にとっての転職成功とは何か。その答えを自覚しておかなければ、本人にとっての転職成功をつかみ取ることはできません。

求人を探すときには、以下の項目について最低でもmust条件を1つ、want条件を2つずつ挙げて、自分の人事転職の成功条件を明確にしておきましょう。

・雇用形態や労働環境は、どのようなものが良いのか
・年収の希望はいくらで、どの程度の減額までなら許容できるのか
・メイン業務としたいのは、人事のうちどの分野なのか
・希望に即さない条件を出された場合、どの程度譲歩するか


なお、40代にもなれば個人の置かれる状況はさまざまです。

必ずしも、収入や正社員の雇用形態にこだわる必要があるとは限りませんので、あなたの環境にあわせて条件を設定してくださいね。

【合わせて読みたい】
40代転職の年収下落は防げる!転職後の年収をダウンさせないコツ
解説!転職を決意した40代が、まず確認すべき3つの項目と段取り

◆求人探しは、複数のルートから並行して行う
20代・30代向けに比べ、求人件数が少なくなる40代の転職では、いかに多くマッチング度の高い求人に出会えるかも成功のカギです。

このため人事の求人探しも、1つではなく複数のルートから行う必要があります。

転職・求人サイトを使う場合も、1社ではなく3社以上並行して利用してください。
40代におすすめのサイトの例としては、以下が挙げられます。

FROM40
FROM40スカウト

【合わせて読みたい】
40代女性の仕事探しを成功させる!探し方やコツ、心構えを解説!
40代で初めての転職!事前に知っておくべき成功&失敗しないコツ

なお転職サイト以外にも、自身の経歴と親和性の高い業界・企業の採用ページ、ハローワーク、知人の紹介、転職エージェントなども積極的に利用すると良いですよ。

過去の経歴と紐づけて、40代の人事転職を成功させよう

人事への転職活動を始めた40代

実務経験の有無によらず、40代での人事への転職は十分に成功可能です。

この記事を、人生経験を活かせる人事職への転職成功への第一歩にしてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new

関連する記事